6/14 南葉キャンプ場は爽やかで

 昨夜から今朝にかけて南高田は大雨となった。しかし、新潟が梅雨に入ったとの話しは聞かない。何時になったら入るのか、沖縄は既に梅雨明けしたというのに。
 本日出(で)仕事はなく、天気も持ち直したので、我がブログの御本山である南葉高原キャンプ場に一人出向く。道すがら採取予定の山菜は草木に覆い尽くされて片鱗も見えず。熊との遭遇や遭難の心配で深く分け入ることすらできない小心者。決定的なことそれは携帯を忘れてきたことだ。忘れ物は今に始まったことではないが・・。しかもこの携帯、3社の中で後発のためか通信距離が一番短い圏外表示の常習犯である。
 しかし、一旦登ればそこは別天地、眼下に見える日本海、頸城平野、そして、金谷山から板倉へ平野を突っ切る北陸新幹線高架橋が印象的だ。
b0161371_20301437.jpg

 やや曇ってはいるが関田山系の向こうは北信の地の筈、戦国時代なら狼煙通信が頻繁だったことだろう。日曜日の大河ドラマ「江」もろくに見ない筆者でもしばし、戦国の世に想いを馳せた
b0161371_20344495.jpg

 キャンプ場に人影はなく、食堂ロッジは夏のキャンプシーズンを前にが外壁塗装にいそしむ。真新しい看板も数枚。テントサイト案内板、登山ルート案内板、そして名物「流しソーメン」の看板である。筆者これまでこの名物流しソーメンを食したことなし。何故か越後の名瀑名山にこの流しソーメンは君臨する。杉野沢にある「苗名滝」の流しソーメンも有名だ。
b0161371_20392288.jpg

b0161371_20393558.jpg

b0161371_20394875.jpg

 このキャンプ場、エコな生活を実践するならぴったしの穴場だ、読者の方々もだまされたつもりで一度訪れては如何だろうか。
 テントが面倒な方は、素晴らしいバンガロー(ガンバローではない)も多く用意されている。名前も「ひばり」「かっこう」「せきれい」等々鳥の勉強にもなりそうだ。
b0161371_20414449.jpg

 最後に感心したのは、トイレがキチンと整備さていることである。、水洗式で紙もしっかりと備え付けたあった。お陰で頭をよぎったのはその昔「木の葉を握って藪へ直行の愚」をすることもなく・・・・気分爽快にしかも無事に下山できた半日であった。FIN
[PR]
by m-gamano | 2011-06-14 20:33 | 我が家のこと | Comments(0)