南葉情報探検隊

gamano.exblog.jp
ブログトップ

4/6 膨らんで咲けぬ悲しさよ

毎日ころころと変わるお天気に咲きそうで咲けない観桜会の桜。ほとんどの桜は赤く膨らんであとは開花宣言を待つのみとなった4月は6日。本日やっと高田公園の桜の開花宣言が出された。花の咲かない観桜会なんてワサビ抜きの寿司に似ておもろくない。
 しびれを切らした露天商のおじんさんたちはほっとしていることだろう。
昨日のことになるが昨日午後一人花見に繰り出した。天気は快晴&暖かい。
まずは、本部のある極楽橋を撮る。学校は来週から始まる。この時間に出向いているのはほとんど高校生や子供連れのヤンママである。しかし、これでは露天商の商売にはならない。じじばば連れの孫たちがいて、商売は成り立つ。
 筆者など露店から買うものなどまずない。思い出すのは三男が6年生の時、どうしても連れて行ってほしいとの珍しい陳情。単身赴任ばかりで子どもたちと遊んでやれなかったパパの罪滅ぼし、二人で連れ立った。お母さんと違い会話はない。それでもほしかったものをねだって買えた喜びは満喫したようだ。もっと遊んでやればよかったの悔やみは今になって大きい。
 話戻って、スーパーで買った酎ハイと裂きイカ、噴水前のベンチを一人占めしてしばし、花ならぬお客さんを見ながらほろ酔い気分に浸る。
めったにないこの気分。妻抜きの花見もまた乙なものである。
b0161371_20094585.jpg
出店はあるが昼の商売は「あかん」とみたか、ところどころブルーシートでくくった店もあった。目にするのは若い女性ばかり。花無しでは目のやり場に困る公園界隈である。

b0161371_20104468.jpg

内堀に面した公園には色とりどりの店舗が並ぶ。その昔、水がなくお掘りの水で食器洗いしたことやイカの下ごしらえに使ったという今では「ヤバイ」伝説もあった。焼いてよく噛んで、アルコールを流し込めば食中毒など逃げていく・・などと平和な時代であった。


b0161371_20110583.jpg
ソメイヨシノは赤く膨らんでいるが「旅の夜風」と「朝の冷え込み」が桜の決意を鈍くしているようだ。
b0161371_20102409.jpg
この日、午後は傾聴ボランティア例会あり、黒一点の筆者は昔若かったおばさまに囲まれて、酎ハイの後にワンカップ2本を空けて元気が益々出てしまった。
外で飲む「酒はうまし吉乃川」と肌で感じた昼酒の旨味であった。






[PR]
Commented by msanwa at 2017-04-06 21:00 x
ご無沙汰です。
高田公園の観桜会の様子・・・。有り難う御座います。桜の花はなくとも一人でそれなりに楽しんだ様子が良く伺われます。
桜もようやく開花したとの事、これからが楽しみですネー・・・!
信州松代城址の桜と東条のアンズの開花は来週の15日頃になると思います。お出掛け下さい。
by m-gamano | 2017-04-06 20:07 | 世の中のこと | Comments(1)

孫よ来い


by m-gamano