2017年 05月 03日 ( 1 )

5/3 憲法記念の日

 これから5月3日は5歳になった孫の命尽きるまで誕生日であり、今までもこれからも5月3日は憲法記念日として日本が存在する限り国民の祝日として日本の行く末を語ることになると思う。。
 毎年この日を頂点として護憲・改憲の両派の論議が華々しく展開される。憲法がどう変わろうと、決して孫たちが戦場に赴き、他国の人々を殺めることのないような国になってほしいと祈るばかりだ。
b0161371_20290222.jpg
 祖国日本は負け、故に矛盾と言う言葉が示すように、戦いは致しません、武器も持ちません、軍隊も持ちません。と明快な不戦の誓いを世界に示したにも拘わらず、国家をなすためには無手勝流とはいかず、敗戦国の悲しさか・・戦勝国のアメリカのご指示通り、自衛のためと称し、警察予備隊、保安隊そして自衛隊と誰が見ても立派な軍隊を持つようになってしまった。派兵はしない、国内でもっぱら災害救助などに派遣されるきわめて高い信頼を集める自衛隊に自衛隊違憲論や不要論が出にくかった時代背景がここにある。
しかし、多くの国民は「軍隊である。」との矛盾の狭間に悩んだ筈だ。
b0161371_19181935.jpg
筆者は改憲を望まない。ここで言う改憲とは第9条のことを指す。この9条は偉い憲法学者をもってきもても、その論理は「矛盾」と同じく、どちらにも軍配は挙がらないと言う。
このために、学者も政治家も解釈において、持論を展開し、矛盾を飲み込んだまま、揺れ動く解釈論議で戦後70年間を乗り切ってきた。しかし、国内外において、解釈だけでは乗り切れなくなったために、国は改憲に大きく舵を切っていこうと一生けん命である。
 そう言っている内に夕方のニュースによれば、安倍自民党は、オリンピック開催の2020年に9条の1項2項を変えることなく、従来言われ続けてきた自衛隊の立ち位置を明確に示す改憲を行う、と明確に打ち出した。今後国会内外で大いに論議してほしいとその意気込みを吐露した。
 この決意のほどを言わせしめた背景には、時も政権に組するかのように一強他弱、日本の置かれている状況も同盟国アメリかと対北の牽制にやっきにならざるを得ない状況。尖閣諸島周辺における中国艦船とにらみ合い。北方領土の返還等々・・・バックにどれだけの軍隊を持つか否かで勝ち負けが決まる世界情勢になってきたことが大きく影響している。
b0161371_20081411.jpg
 その昔、無抵抗主義で通したインドのガンジー首相の生き方、施策の轍を踏むまでもなく、法治国家としての国民の叡智を結集すべき時が来たと安倍自民は考えたようだ。
 洋の東西古今を問わず、富国強兵はどこの国でも国策の最重要課題。
世界は大きな国ほどナショナリズムに傾倒し始めてきた、そして排他的になりつつある。国益を重要視するようになってきた。かつて辿ってきたあの忌まわしい歴史に逆戻りするようで余命いくばくもない無職の筆者は不安である。

祝日は静か
連休二つ目の初日、団地に子供の声もじじばばの姿も見えない。天気は晴れ、風さわやかである。隣近所の人は言う。「お孫さんたちは帰って来ましたか。」と。筆者息子家族でも迎えるように、芝を刈り、布団を干し、更に調子づいて玄関のドアの色まで塗り変え明るくまでして、待っていたがじじを喜ばせる文字をLINEに見つけることはなかった、
 きっと、金がかかるから、小学校高学年にもなれば田舎より、部活や友達づきあいが大事なんだろうともの分かりがよくなったじじ、無口な二人住まいの我が家は更に静かになっていくばかりの今日であった。
 築三十数年の我が家の玄関ドア、bbifore & afterがこれだ。
b0161371_17021082.jpg
玄関を変えても家主が変わらなれば意味がないことは分かっているが・・・。

b0161371_20010960.jpg
 

[PR]
by m-gamano | 2017-05-03 16:01 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano
プロフィールを見る
画像一覧