2017年 08月 29日 ( 1 )

8/29 何が起こってもおかしくない今朝の日本

北のミサイル日本全域をミサイル射程内に
自衛隊のヘリが落ちようとグライダーが落ちようと我が愛機が墜落しようと比較にならぬほど日本の空が危険だ。
 昨夜のお酒が抜けきらぬ早朝、6時過ぎ、ラジオのスイッチをひねるや否やこれまで聞いたこともない警告音とアナウンス。外では町内会館傍の大型拡声器から何やらこわばった声でアナウンス。

b0161371_14424660.jpg


 北朝鮮が午前5時58分ミサイル発射、ミサイルは6時12分北海道襟裳を越えて三つに分かれて太平洋に落下した模様と報道された。
 これでは日本の自衛隊はなす術(すべ)がない。どこに落ちるか、どうやって落ちるのか、発射から着水までわずか20分弱というからとてつもないスピードと誘導の正確さである。
 地上から迎撃ミサイルを撃っても無理だろう、戦闘機などスクランブルをかけても到底捕捉はできないだろうとは専門家に意見だ。
 この事態に国民の多くは驚きを通り越して恐怖を感じたようである。

b0161371_14431319.jpg
夏の屋根は熱い
 何年振りだろうか、経年劣化という言葉は人間だけではなく、形あるもの全てにかかる運命的なもの。我が家の屋根の色がこんな色だっかと見まごうばかりに日焼けしていた。記憶にないくらい前に一回屋根のトタンを替えた。と、言っても前の屋根に被せただけの安直な替え方であった。
それでも自然落下式ではないが、雪のすべりと溶け方は遅くなった。
 この歳になって主(あるじ)自らが危険な屋根間に上りペンキを塗るなどの危険極まりない作業はしない。
第一高所恐怖症が第一難関だ。筆者高所は好きな方である。昔から高い木に登り、組み立てた鉱石ラジオのアンテナ線を貼ったり、ツリーハウスを作りここで遊んだり、それはそれはわんぱく王子であった。



b0161371_14422980.jpg



[PR]
by m-gamano | 2017-08-29 14:41 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano
プロフィールを見る
画像一覧