2017年 10月 01日 ( 1 )

9/1 どろどろでスタートした10月

 たぬきときつねの化かし合い、と言ったら失礼な話だが。小池知事が1枚上手なのか、そんな風に映る今回の選挙裏。したたかな女性、と評する現職民進党議員の悲鳴にも似た声がひっかかる。
 ニュースキャスターではないが、前原代表が合流の仕掛けを小池知事に持ちかけたという産経新聞記者の弁が際立つ。野党第一党のネーミングに胡坐(あぐら)をかいていた現職議員だが、前原代表の全員希望の党から出馬公認をと取り付けるシナリオは、小池知事が示した政策が一致しない人やリベラル派の議員の公認はしない、と踏み絵を課した感じだ。特に地方議員にとって、無所属からの出馬や事実上解党した民進党に戻れない、事態は受け入れられない苦しい状況となってしまった。
 前原氏の指導力不足や政略の稚拙さがしたたかな小池氏のしたたかさには及ばないように見えて仕方ない。
対自公連は、対抗軸の野党の政策やごたごたを追求するだけで、一大勢力となった希望の党の選挙活動には戦々恐々としているように見える。
 何かが起こりそうな北とアメリカ&同盟国の圧力と脅迫の応酬、こんな時に選挙をやる政権与党の気持ちが知れない筆者だ。

9月30日は「ボラ連ふれあい広場」へ
 毎年この時期、上越社会福祉協議会所属のボランティアグループが「金谷の里」その他の施設利用者たちと交流の場を持つことにしている。
 今年も牧区にある元川上小学校であった施設川上笑学館」にて行われた交流会に参加。笑いと軽運動、踊りと餅つき、紙芝居鑑賞等々で終日体育館は元気な声に包まれた。お昼はここで調整された新米の「コシヒカリ」弁当をいただく。
 
b0161371_22350104.jpg
午後には、餅つきがあり、大小の杵を使い分けし、利用者みんなが二臼の餅をつき、楽しむことができた。写真は、ボランティアの手による黄な粉餅とあずき餅づくりの様子である。

b0161371_22364288.jpg
出来上がった餅だが、昼食後とあって小さく丸められ、食べやすくしてみんなの胃袋に納まった。お餅は別腹とのこと。

b0161371_22380341.jpg
お昼休みには地元の農家の人たちが自家製の野菜や食料品を沢山販売してくれた。
筆者一つも買わなかったが。
b0161371_22343908.jpg
10月1日今日はラジコン倶楽部のバーベキュー&飛行会
写真手前から2機が筆者の飛行機。二つとも青空に吸い込まれるようにきれいに飛んでくれた。
b0161371_22362063.jpg
サノ代表のかっ飛び系の飛行機。この人たちは小学生・中学生の頃から飛ばし続けてきた超ベテラン。
b0161371_22353205.jpg
調整が終わってこれから離陸するサノ氏の飛行機。
b0161371_22360126.jpg
筆者の高翼機「ACT」機が離陸を始めたところである。翼長は自分と同じ背の高さくらいはあり、
視認性に優れ、安定性に優れた練習機である。
b0161371_22370174.jpg






[PR]
by m-gamano | 2017-10-01 22:33 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano