このところ晴天が続き、高田公園の桜はついに満開とか。全国から花見客が訪れていることだろう。義母の見舞いに糸魚川に出向く。旧能生町鬼伏崩山の旧ルート8跡地のコンビニから白く雪をいただく黒姫山を見ることができる。凪の青い海、白い山、すがすがしい空気に触れてパチリである。およそ小一時間かけるこの道も苦にならなくなった。はやく元気になあーれ、である。

 本日10日は糸魚川の勇壮な「けんか祭り」の日である。市内に入ると大勢の市民が神社へ向かっていた。帰途8号線に入る所に奴奈川姫の像を見ることができた。元私の務めてい松代にも「奴奈川」なる地名の所があり、名前の由来を調べたことがあった。今は全て忘却の彼方へ飛んでいってしまった。

 
 靴を間違えた歓送迎会 
 この日、勤務していた職場の関係部署で歓送迎会を開いてくれた。総勢47名の出席であった。話弾んでしまい、畏れていたように、お酒をいただいたら酔ってしまった。こちらは一人相手は数十人、多勢に無勢。万歳の頃にはすっかり酩酊し、誰と何処へ2次会に行ったか、記憶は飛んでいた。しかし、持ち物はしっかりと持っていた。ポシェット、頂いた記念品、コートである。朝起きてよもやと思い、靴を見たら、やはり違っていた。私の靴と同じメーカーで寸法も同じだ。ただし、自分のよりも新しいのである。もし、これを見られて、お気づきの方がおられたら職場へご連絡をお願いしたい。私のはもっと汚れています。お恥ずかしい記事で本日はお開きにさせていただく。
[PR]
by m-gamano | 2009-04-11 21:03 | 我が家のこと | Comments(0)

4/9 トキ出現す

 お天気が続き、桜はほぼ満開に近くなった。午後は新井の経塚山公園に行くつもりが、我が団地傍の田んぼにトキが舞い降りたとのこと、。あわててカメラ担いで妻と出向く。既に野次馬ならぬ住民が遠巻きにしてやや汚れて灰色がかったトキらしき白い野鳥を見つめていた。ここら辺はサギ鳥がよく降り立つところであり、それだけドジョウやザリガニが豊富な所だ。見ると確かにくちばしは長く、目の周りは赤く、足首に認識環らしき物も見える。その動きは、溝の中のザリガニをくわえ、畦に拾い上げ何回かくわえ直しては弱らせているようだ。そして最後には飲み込むのである。また、タニシのようなものを泥からくわえ上げ、飲み込んでいた。 近所の人の話によれば昨日から来ていたとのこと。今日も夕方までこの場所を移動することはなかった。よほどえさが豊富なのか、天敵がいないのか、カラスと一緒というのも摩訶不思議である。とにかくメモリーがあるだけ、バッテリーが続く限り、テープが無くなるまでカメラを回した。満足のいく写真ではなかったが、2枚アップすることにする。今晩団地の夕飯時の話題はトキの筈。


 途中抜け出して、駐車料金のいらない新井の経塚山公園の桜を見物した。咲き具合は7分咲か。きれいな八重かはたまた彼岸桜か、色がきれいであった。これはソメイヨシノであろう。


 韓流映画「チャングムの誓い」3回見納め
NHKでやっていた韓国映画チャングムの誓い」レンタル盤を18枚×3話=54話をようやく見終えた。宮廷女官として医女として活躍した朝鮮王朝時代の物語である。初めは日本語版で2回目は、韓国語で、そして、3回目はレンタルDVD版で飽きもせず、よく見たものだ。妻曰く、「日本の女性が冬ソナを見ているようだね。」とか。久々にはまりこんだ韓国えいがであった。確かにビデオ屋には韓流コーナーが特設され、多くの物語が並んでいた。深夜のテレビ番組には韓国映画が多く見逃せない。困ったものだ。次は何を借りようか?(^^)
[PR]
by m-gamano | 2009-04-09 20:31 | 我が家のこと | Comments(2)

4/7 花より団子夜桜最高

 職を辞してから一日おきに宴会あり、本日は現職時代の仲間と月例の情報交換会の日、北城町の釜飯割烹「花子」である。よくもまあ、こんなに居酒屋があるもの、と感心しきりである。魚がふんだん、鍋もうまかった。二時間飲み放題をオーバーするくらい呑み、九時頃に高田公園にくり出す。先ほどまで伍代夏子さんがテレビ生中継で出演したとか。見られず残念至極である。天気が良く、ライトアップされた城は深緑に染まっていた。

 夜桜見物用の観光バスが客の多さを物語っていた。本日は二次会に行かず、いい子になって迎えの車でThe Endとなった
[PR]
by m-gamano | 2009-04-08 22:24 | 我が家のこと | Comments(0)

昨日に引き続き晴天。月曜日だがサンデー毎日、上越地区は全小中学校で始業式と入学式が行われる。晴れがましい新一年生を迎えてわくわくしていることだろう。若者のますますのがんばりに期待したい。
 今日は、パソコンボランティアの何人かで妙高市にある天地人ゆかりの史跡巡りをサノ代表の案内で実施。7人が参加する。初めに妙高市乙吉集落内、鮫ケ尾城々主の館があったとされる畑に隣接する勝福寺内の景虎公の供養碑と石像を見ることができた。いつも何気なく通るこの集落にこのような史跡があるとは・・勉強不足を痛感する。


  次は隣接する5世紀代の群集古墳群を見るが、その土塁の一部を見るだけで姿は見ない。きれいに整備されたそこはカタクリのの群落でもあった。先月末の降雪であまり大きくはなかったが、これま見事であった。

 次は、鮫ケ尾城登山コースの入口、斐太神社の傍の斐太遺跡・古代住居の丘にたどり着く。ここもカタクリがびっしりと生えており、所々に白い花弁を持つカタクリを発見した。珍しいものだそうである。採ってはいけないのは当たり前のこと。

 ここには、休憩所があり、お茶のサービスと漬け物のサービスがあったのには驚かされた。炊事場もあり、キャンプもできそうである。おにぎりをもって休憩したり、読書したりするのもいいようだ。傍には宮内池もあり釣りができそうだ。一度訪ねてはどうだろうか。「天地人」人気に多くの観光客もきていた。

 古墳群や鮫ケ尾城の入り口は、昨年できた温泉瓦亭のすぐ傍にある。史跡巡りの後温泉もいいかも。(^^)
 

 
[PR]
by m-gamano | 2009-04-06 22:06 | パソコンのこと | Comments(0)

 晴天となった日曜日、早朝6時からの今年度初めての団地一斉下水掃除は、サンデー毎日の小生にとってきつい日曜日のスタートになった。一年経ったら隣近所のメンバーに知らない人が多く見られた。ドアtoドアのせいか、まるでマンションのように隣は何をする人ぞ・・である。
 10時からは今年度1回のRC上越(ラジコンクラブ)の総会が市民プラザであった。安心安全を第一にし、迷惑行為をしないように規約が制定された。大人の趣味は自己責任で自己実現が求められる。終わりにコジマさんがクラゲ風のミニへりを打ち上げていた。クラゲかタコ風に室内をふわりふわりと浮かぶ様は癒されること間違い無しである。

 上越高田インター入口の桜は彼岸桜とか、ソメイヨシノではない、一足早く咲くそうな。飲み屋で知り合った方から教えてもらう。一日一日と赤く開いて見栄え良し。帰宅途中は必ずパチリである。

 昼に帰宅途中、信号機で隣り合わせた車の助手席からわんちゃんが顔を出していた。運転手はお坊さんのようであった。わんちゃんに声をかけたが通じなかったのか無視される。その内棒に当たるかも知れないぞ。

 夜桜見物にしゃれ込もうとワンカップを手にインターバス乗り場からシャトルバスに乗り込む。夕方のせいか、桜がまだ咲いていないせいか、客は私一人であった。100円でバス一台貸し切りとは申し訳ない。
 公園は、まだ明るく、カメラ担いであちこちパチパチと写す。露天商は客が少なく手持ち無沙汰の様子であった。お城はぼんぼりに囲まれながら、今はやりの「天地人」の観光客誘致に一役も二役もかっていたようだ。 

 夕闇が迫り、夜桜の醍醐味を味わいたく、さくらロードに出向く。ライトアップされた一番奥のしだれ桜が圧巻であった。

 ステ-ジは、若者のライブで盛り上がっていた。ホームレスではないがワンカップを手にした私もこのリズムにのってしまった。

 午後7時、ワンカップも残り少なく、帰途についた。バスはインター行きEコース7番線、乗って驚き、また一人である。100円でバス一台貸し切りとなった。往復ともである。これで百万人は大丈夫か?調子に乗り途中下車を申し入れた。居酒屋の前での下車である。なぜかOKとなった。おかげで予約席満席の中におじさん一人すべり込めた。時間が遅くお通しはカメラで撮れるものではなかった。仕方なくテーブルにあった何とかという観葉植物を撮った。雪割草だったかな?間違ったら御免。酔いもあり、ぶれてしまった画像がこれである。
[PR]
by m-gamano | 2009-04-06 17:50 | 趣味 | Comments(0)

 折角の土曜日曇りとなった。PCネットのサノさんからは、天地人に出た、直江兼続の幼少の頃の子役を演じている「与六」こと加藤清史郎くんが高田を訪れパレードに参加してくれたとのこと。写メールで送ってくれた。かわいい子であり、しっかり者である。版権のこともあり転載は避けたい。
 さて、我が家は、家が狭く、農機具などを格納するスペースはない。この時期は除雪機を農機具屋さんに預かってもらい、豆トラを引き出してもらう。午前中その交換をしてもらった。幸い石灰はすでに購入しており、あとは人手と農機具が揃えばよいのである。写真は届いた豆トラを畑に降ろし、耕した状態である。妻の不耕起栽培とぶつかる。「肥料は化学肥料を使わず、雑草と一緒に育て、農薬は使わず、自然の状態で育てることが最高である。」とのお説にぶつかり、借りている畑は、写真のように茶色と緑が虫食い状態となっている。成長は遅くても、収穫物は訳ありのような形をしていても味はすばらしい。しかし、いかんせん量が取れない。残飯を畑にすき込むがカラスが掘り、猫や犬が掘り、若芽は虫の集中攻撃に遭い無惨な姿になる。これとどう向き合うか、春になると頭が痛くなるのである。見てくれ派が勝つか、自然派が勝つか・・戦いは一年中続く。
[PR]
by m-gamano | 2009-04-04 20:30 | 我が家のこと | Comments(0)

新年度の幕開け、ライブラリーの事業を支援するパソコンボランティアPCネットの例会が行われた。
新所長ワタナベ氏を迎え記念写真に収まった。今年の研修は新しい風のもと、更に充実しそうだ。

 早めの夏タイヤ交換は、年度末の降雪に泣きも見た。すり減ったタイヤの前後入れ替えをオートバックスで行う。4本で2100円とか、安いか高いかは素人は分からなかった。酒一本分であり、自分でやれば酒が口に入る。が、やめた。先月のタイヤ交換は前期高齢者にはきつかったので。

 タイや交換の間、昼食をオートバックスから200m直江津寄りのラーメン屋「シャーレン」で取る。ここの野菜めんは美味であった。850円が安いか高いかは、一元客には分からなかった。

 日本三大夜桜の一つ高田公園の観桜会は本日から開幕。先日紹介した上越高田インター入口の歩道の桜は、以下のように色が強すぎるくらいきれいに咲き始めた。若木の元気はすごく、人間にしたらその歳は二十歳位か?

 本日は飛行機日和となった。午後はフライトへ、既に数名の仲間が思い思いの格好でフライトに興じていた。ふと、見上げると航空自衛隊の大型輸送機が2機低空で北に向かっていた。秋田か岩手行きか?北朝鮮のレーダーをさけ、ミサイル防衛のための兵器や兵員を輸送しているのか。戦記ものの読み過ぎか余計な憶測をしてしまった。

 いつもの飛行機大小を持参する。空を見上げて思いっきり飛ばすことはストレス解消、身体トレーニングなど健康にいいことずくめ。反比例して妻のストレスは高まるようだが。

 同じ年代0期高齢者のサイトウ氏の飛行機である。名前は「ルーキー10」とか。エンジン15を搭載してはいるが、自作のため前輪が弱く離陸体制に入ると草刈り機に変身。そして、離陸しないうちにマット運動の前転よろしくつんのめってしまう。数回離陸を試みたがフライトはあきらめ、サブの電動機を楽しく飛ばしていた。
[PR]
by m-gamano | 2009-04-03 22:24 | パソコンのこと | Comments(0)

 年度が替わり本日から21年度となった。「青い山脈」ではないが、「古い上着よさようなら・・・」のように一夜明ければ新しい上着に替わり、皆新しい気持ちでそれぞれの職場へ、そして、新しい部所の仕事に就いたことだろう。
ようやく自由人となった私にも本ブログへ「さらに励め・・」との激励とねぎらいのコメントをいただいた。うれしさ100%だった。いつも見ていただいている方々ばかりからであり、ことさらに感銘深いものになった。これに意を強くし、更に意味のある、価値あるものにしていきたい、と思った。
 本日は、曇りであったが、あちらこちらと自由人一日目の気楽さを満喫した。目を引いたのは、明日にでも咲かんとする八重桜(若木で花全体が赤くなっている名称不明)で上越高田インターを降りた歩道を埋め尽くしていた。

 このほか、どこの家の周りにも咲いている色鮮やかなスイセンが圧巻であった。私は「ラッパスイセン」しか知らないが。

 近くの郵便局へ行き、「サクラメール」のはがきをください、と言ったら、「もう販売していません。」とは若い女性の局員の返事。そろそろ認認傾向が始まったか、と畏れおののいた。局の裏の民家の庭先には、癒し系のきれいな花が元気づけてくれた。マジカルビオラとか、名前があり助かった。

 更に花びらは小さいが、これまたかわいい花が目についた。知っておられたら教えていただきたい。この2種は、鉢植えである。年度初めは花で画面を飾らせていただいた。お気に召したら「余も満足じゃ・・。」(^^)
[PR]
by m-gamano | 2009-04-01 21:19 | 我が家のこと | Comments(0)