9/28 小さい秋見つけた

 朝夕はめっきり寒く、紅葉の便りも北海道からは聞かれる。もうすぐ10月、きっと今年の紅葉は素晴らしいものになるだろう。すでに南高田地域もコスモスが満開となっている。その中に下のノボリがはためいていた。
「市政立て直し」である。立候補3氏の誰かのものであろうが、分からない。今回の選挙、3人とも異色のスタンスで市民に訴えていることから、おもろい結果になることだろう。いずれにしてももっと住みやすい市にしてほしいものだ。

 夕方妻と散歩する。遠くには行けないが、歩くことにより発見することも多い。山麓線T字路、JAの駐車場には、色づいた楓(だろうな)が少し早い秋を提供してくれていた。これからが見所か。

 また、インター近くの街路樹サクラの根本には、だれが植えたのか「サフラン」とおぼしき花がきれいに咲いていた。この花、長くはなく、すぐにしおれるとか、見つけた筆者にはラッキーだった。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-28 22:25 | 我が家のこと | Comments(0)

 のっけから一言苦言を宣う。昨日開会式を盛大に挙行した国民体育大会、さぞ今朝の新聞紙上を賑わしているかと思いきや、朝日新聞の何処にも掲載されてはない。驚いた。政権交代の記事はうなずけるが、日本のスポーツの祭典が何も書かかぬでは済まされまい。ノリピーなど、どうでもいいことだ。この事件新聞・テレビも派手に取り上げているのに、メディアのアンバランスを感じた一日であった。情報操作されないよう、かつての日本が開戦への道を突き進んだ悪しき轍を踏まぬように・・。

 さて、晴れの本日、飛行場にて体験飛行会があった。午前中は二人の若者が参加した。内一人は航空写真の撮影マニアであったが、二人ともきわめて興味深く練習機のフライトにチャレンジしていた。
 筆者は、記録を命ぜられ、カメラ片手に墜落シーンならぬフライトに集中する二人の若者とスタッフを撮り続けた。

 使用した練習機は、スケルトンよろしく骨組みが見える飛ばしやすい機体。プロポ(送信機)は指導者と練習者が持ち、連結コードで結び、フライトの指示を二人で交互にできるようになっている。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-27 20:25 | 映像関連 | Comments(0)

 
本日は新潟国体開催の日、前回の昭和39年から45年目の開催である。この国体は筆者にとっても大きな節目のイベントとして忘れる事ができない。筆者が新潟に来てからちょうど45年が経った。大学生として新潟駅頭に立ってから正に45年を数える。受験、そして入学式に新潟に来たときは国体のために施設が整備され、きれいな町並みが印象に残っている。学舎は高田にあったが、国体が終わってすぐの新潟地震、これまた県民を試す大きな災害であった。もろくも崩れるとは思っても見なかった昭和大橋をバックに撮した写真は今でも筆者の歴史に深く刻まれたままだ。

 今、テレビで開会式を見ブログを書き連ねている。アナウンスの一つ一つが当時を思い起こさせるキーワードの羅列。世代が変わっても健康と幸せを願う人々の心に変わりはない。スポーツを通し、この国体を通して全国民が幸せになることを願う一人である。選手の健闘を祈る。!!(^^)
 
友の遠方より来たるあり、また嬉(楽し)しからずや
 
 妻がPart2の病気になり、手術をし、退院してから早2ヶ月余が過ぎた。快復はPart1より早くはない。体力不足は否めない。それでも口だけは達者だ。快方に向かっている証と喜んでいる。毎月仲間と呑む機会も自粛し、一人ワンカップでお茶を濁している。飲む喜びは、酒のコクを味わい仲間とダベリながら呑む雰囲気がいい。全快したら思いっきり呑むことにしよう。

昨夜の仲間の飲み会欠席を聞きつけ、南葉のポン友二人が見舞いに来てくれた。二人とは南葉山麓に住み、新卒時代からのつきあいからトライアングルよろしく呑み続けてきた。妻を心配し、慣れない家事に従事する筆者を慮って訪ねてきてくれたのである。お見舞い&ケーキに勇気づけられた本日午前の出来事であった。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-26 14:38 | 我が家のこと | Comments(0)

 10周年目を迎えた今年のくびき野市民活動フェスタに参加。RC上越の一員として飛行機とへりの展示による普及活動を実施。
へりは大小合わせて7機、飛行機は冷戦時代の東西を問わず、大小も問わず7機展示した。シュミレーションコ-ナーもあり、小学生からおじいちゃんまで多くの方々が参加してくれた。市民プラザの1Fコンコースを使ったこのイベント、盛況のうちに6時間のショーを終えた。「若き血潮の予科練が・・・」の元サムライとおぼしき年配の方々が熱い眼差しを飛行機に遣っていた。

 飛行機は会員所有のスホーイ、P-38、零戦、カタリナ等々勢揃い。筆者は先日完成したカルマート40Lを展示できた。

 シュミレーションコーナーでは、小学生はもちろんのこと、還暦を終えたおじいちゃんとおぼしき方々が熱心に展示機を見ており、シュミレーションにも参加してくれた。遠くは糸魚川早川から奥さんに連れられて来られた方、この日曜日の体験飛行会にも参加するとのこと。若き血潮にスイッチが入ったようだ。さてこれからどう発展するか。天気よ晴れてほしいのだ!!

 さて、ナグモ氏によるミニへりのデモフライトも数回館内で行われた。初めはプロポ一式で約5万円の逸品、
お客さんの目の前で静かに電動機のすばらしさを示してくれた。

 続いて、ローターが反転する二重反転へりのデモフライト、これもきれいに決まって、大きな拍手をいただいていた。ちなみにへりのメインローターの素材は、発泡スチロールであり、当たっても致命傷になることはない。痛いが・・・。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-23 20:19 | 映像関連 | Comments(2)

 
ラジコンへりや飛行機に興味のある方は是非おいでください!!
時 9月23日(水) AM10:00~15:00
所 市民プラザ1F中央通路
内容 ラジコンへりと飛行機の展示およびミニ電動へりのデモフラ
イト



体験飛行会のご案内

時 9月27日(日) AM9:00~
所 高田大橋上流500m 別所川関川合流点河川敷


備えあれば憂い無し 
 めったにない5連休も明日の秋分の日で終わる。我が家は、三男一人のみの帰省。受け入れ態勢がとれず、全員の帰省は叶わなかったが、息子一人でも帰ってくれば親は嬉しいもの、普段は出ない料理も一品多くして迎えた。息子の笑顔から元気をもらった三泊四日であった。
 三男は、生命保険会社に昨年度転職。以前の呉服問屋の勤務でこの種の仕事に興味をもったのか、この子が、と思うくらい営業への思い入れは大きい。お陰で成績を上げるためにいち早く入った妻はこれまたいち早く保険のお世話になってしまった。還暦過ぎれば何時何があってもおかしくないこの身体。入りたくても入れない保険、またはとてつもなく高い保険料。当の息子曰く「私たちはお支払いできる喜びをお客さんと共有したいのです。」とか、今の保険が合っているか否かも含めて応相談とのこと。本人の勤務は神戸だが、いつでも出向くとか。筆者もお手伝いできるかも。表記にメールされたし。
 その息子、今さっき自宅に無事着いたとのこと。ほっとした親二人である。ブログの目的外使用で恐縮至極である。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-22 21:42 | 映像関連 | Comments(0)

練習機アクトの墜落以来、本格的なフライトはできずにいたが、その後カルマートモデルの中国版「VENUS40L」がようやく完成した。調整をサノ氏に依頼し、初フライトができた。プロポの調整やエンジン調整など点検調整は実機と同じである。上空に上がってからではできない。第一離陸しないで墜落の運命をたどることになる。

 墜落前に一枚愛機とカメラに収まる。フライトはそれぞれ機体毎に個性があり、緊張の一瞬である。どうにか無事に着陸できた。この世界では「持ち帰ることができる。」ことが名誉なのである。

 時間遅くアナグマさんがセスナ機2機を持参す。機体は同じだがエンジン機と電動機だ。電動機は静かに飛ぶが、エンジン機はやんちゃ坊主のようにころころと音とともに暴れ回る。小さいだけに不安定この上なし、しかしそこはベテランのアナグマさん、見事なフライトをして見せた。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-21 11:59 | 映像関連 | Comments(0)

大型連休初日、国民の多くは1000円効果を活用して、ひたすら高速道路を渋滞とつきあう中、我が家は病明けの妻と近くのぶどう園に出向く。国道253号線を走り、表題のごとくどちらから読んでも同じ名前のぶどう園にドライブした。ここは新卒の頃仲間とファミリーで来た懐かしいところ、記憶は定かでは無いが、懐かしい雰囲気を感じた。たくさんのぶどう園はあるが、最近は跡取りがなく閉園を余儀なくされるところも多いとか。
買ったブドウの中に、知っている名前は一つもなかった。品種改良が進んだせいか、正に浦島太郎、マスカット、巨峰、キャンベル、種なしぶどう、しか名前は知らない。

今年のできは、天候不順であまりよくなかったとか。それでもいいにおいがここかしこと漂っていた。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-19 16:26 | 我が家のこと | Comments(0)

 大型機がエンジン不調で小型機メダリオンを持参する。飛行場はすでにメンバーがこの草刈り機を使ってきれいに仕上げていた。人間の頭で言えば五分刈りというところか。

 さて、飛ばそうと車を見たが、主翼がない。あわてて主翼を忘れてしまったようだ。本日は主翼無しのダチョウの駆け足、地上滑走のみの変な格好になってしまった。幸い誰もいない。恥を忍んで思いっきり飛ばぬ飛行練習をして引き上げた。次回は胴体を忘れそう。(^^)、歳は取りたくないものだ。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-19 16:24 | 映像関連 | Comments(0)

 残暑が少なく、即秋模様となった。肌寒い日が続く。夕方一人田圃道を散歩する。頭を垂れた黄色の稲穂が今年の収穫を待っているようだ。黒ネコとカラスのダミーが田圃の四隅につりさげられていた。スズメ対策か、または、イタチ対策か?初めて見た人形であった。


 山麓線南端三叉路近辺には、きれいな秋桜「コスモス」が可憐なん花をつけていた。赤や白もきれいだが、コスモスはやはりピンクに限る。信濃町のコスモス園には負けるが。

 夕方友人宅を訪ねる。多趣味の人だが、今度はヘリにはまると言う。先日救難ヘリが機体を岩石にひっかけ墜落したばかり、ヘリは機動性はあるが、操作は難しい。小型室内用のヘリ2機種を紹介してくれた。
 なるほど、実にうまく飛ぶ、上昇、下降、旋回、ホバリングなど一通りの動きはできる。これで5・6千円は安いか。ミニではあるがスケール機としては格好がいい。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-13 21:27 | 我が家のこと | Comments(2)

 朝夕ばかりか、日中も秋の気配を感ずる。毛布なしでは夜は風邪をひきそうだ。日用品や食料の買い出しとフライト以外、外出無しの日が1か月半以上続いた。宴会無し。友と逢うこ無し、である。ひたすら家事をし、家事をし、である。自分の口は満足させられても、家内の口を満足させることは難しい。今になってようやく、家事の、難しさ、食事作りの難しさを思い知らされた。家内に感謝せねば。
 それでも食事の段取りは少しはうまくなったようだ。メニューは定番で味気ないが、熱い」ものは熱く、冷たいものは冷たくつくることに気を配る。「おいしい。」と言ってもらえるとなおさら元気がでる。お世辞でもだ。本日の夕食、一汁一菜よりも多くつくった。自前のキュウリ、オクラ、トマト、ゴーヤ等々である。
 空気が寒くなり、保存も効くようになった今、毎食新しいメニューを考えることはしない。一品と残り物をうまく活用すれば事足りる。今晩のメインリッシュは、イカの煮付である。「イチコ」の特売一ぱい100円のイカである。これからは生サンマが旬、「目黒のさんま」といくか。(^^)
 秋の気配は、「山田電気」前の街路樹に顕著に出ていた。「サクラ」の街路樹の葉っぱのいくつかはすでに黄色く紅葉していた。まさか「わくら葉」ではないだろう。

 一方、泉田知事の発言で心配される北陸新幹線新駅工事は、その橋脚の一部が大きな形を現わしてきている。上越市地方にとって、大事な交通の要所、すべての電車が停車してほしいいと願うばかりである。先般車で帰省し、つくづくそう思った。老人は車はもう無理なのである。
[PR]
by m-gamano | 2009-09-09 21:50 | 我が家のこと | Comments(2)