<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2/28 春よ来い

上越高田インターチェンジ入り口の歩道にはこのような残雪が見られた。大雪の時は、人がやっと一人通れる位の除雪しかされず、散歩もしばしばラッセルとなった記憶がある。溶雪が進んだ今は、このようにかわいい雪型が見えるだけである。一ヶ月前には車道、歩道の両方から投雪のせめぎ合いがあり、その名残がこの境界のような残雪となったのだろうか。

 「雪が溶けると水になる。」ではなく、「雪が溶けると春になる。」は言い古された比喩。比較的大雪となった今年の高田の三大夜桜まであと一ヶ月。市では今年も大勢の観光客を呼び込もうとう躍起だ。きれいなポスターもできた。昨年は「天地人」効果と「国体」効果で百数十万人の観光客が訪れたそうだ。大雪の年の花見客は多いとか。今から計画してほしいものである。ご案内はまかせてほしい。




 病で6月から休んでいた映写ボランティアを再会した。ボラは5名。上映映画はアニメ5本である。観客は15名、ほとんどリピーターとか、昔の映画よろしく上映開始と終了時には拍手が自然と出る。3月の予定は3月28日(日)午前10時から。上映映画は有名な「仔鹿物語」1本とか。是非ご覧いただきたい。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-28 17:51 | パソコンのこと | Comments(0)

 大雪の山場はおおむね峠を越したようだ。夜は南葉山山麓に住む同期の月一の飲み会に参加する。12名中8名の参加。会場は高田駅傍の日本海しょう屋であった。5000円の飲み放題コース。もうこの歳になれば飲み放題は身体をこわすばかり、とは言え酒が少ないとこれまた寂しい。ビール、熱燗、焼酎など好みに応じた酒を傾けながら2時間を過ごした。仲間の動静が聞ける貴重な機会だ。この後2次会には行かない。時間と身体と金を考慮してのことである。仲間と飲む酒は、一人で飲む寝酒よりもやはり旨い。写真は狭い宴会場に並んだごちそう群である。おしなべて飲み放題の料理はやや軽いようだ。 
[PR]
by m-gamano | 2010-02-27 19:59 | 趣味 | Comments(2)

 この船は私の作品ではない。友人と今日吉川区のAさん宅で見せていただいたカヌーである。自作ではあるが、板一枚一枚丁寧に貼り付けて型枠通りに仕上げた作品である。形が出来あがったらFRPで仕上げるとか、木目が出てすばらし逸品になりそう。真似したいが製作する場所もなく、何よりも制作費がおぼつかない。二人指をくわえて帰ってきたことはいうまでもない。

 さて次は自作のおもちゃ箱である。かわいい孫のために作った作品。1月に訪れた息子の家では、沢山のレールのおもちゃはあったが、それを入れる箱がなかった。そこで作ったのがこのおもちゃ箱。スーパームサシにて材料を求め、自前のテクニックで作ったのがこの作品である。気に入ってくれるかどうかは孫次第、孫娘への祝いの品と明日は届く筈。喜んでもらえるかどうかは神のみぞ知る。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-26 17:28 | 映像関連 | Comments(0)

 今年最高の天気となった。今日ばかりは雲ひとつ無い太平洋側の天気と同じ。気温はぐんぐん上がり、冬支度は一枚また一枚と脱ぎ捨てていった。予報と予定がぴったり当たり、本日の雪見会は寒さの心配も無く、お隣さん同士が8名があつまって焼き肉雪見会となった。前後期高齢者に雪上はちと厳しく、前の家の駐車場を借用。ビールあり、酒あり、焼酎あり、ウーロン茶ありで盛り上がった。ついにYじいちゃんのお得意の唄まで出る始末。雪に痛めつけられた多くの地域民になりかわって大いに気炎を上げた2時間であった。今後花見会、暑気払い、紅葉狩りと宴会は続く予定。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-24 20:38 | 我が家のこと | Comments(2)

2/23 花見会場は未だ雪

 お天気に誘われ高田公公園へ、昨年の今頃は雪も無く、桜の開花を待つだけであったが、除雪機が数台道の除雪に汗していた。冬囲いも取れぬまま傍では、花見用のぼんぼりの電線張りが行われていた。なんとアンバラな・・。

 園内のあちこちには、今年の大雪の被害が。松の大枝がボッキリ否ポッキリ、痛々しいものであった。

 公園の西側に広がるお堀には春の花桜は無く夏の蓮も無く、未だ白いものが遊歩道を覆い尽くしていた。

 帰り摩訶不思議なことを発見す。今某自動車会社のハイブリッドカーが問題になっているが、前を行くハイブリッドカー一台、信号待ち、んっ、マフラーの先から排ガスが白く見えるではないか。確かハイブリッドカーは停車中はモーターで駆動し、あるスピードになるとエンジン駆動の筈、何で停車中に排ガスが出るんだ?、解せないまま自宅まで来てしもうた。今更聞けない車の常識、教えてたも・・。(><)
 不思議講二つめ 夕方自宅近くの青田ー高田を結ぶ県道の方から、散弾銃かライフル銃の連発音がした。漁期は終わった筈、最近出没のイノシシ追いか、とも思ったが、ここはれっきとした市街地、聞けば団地入り口の駐在さんもあわてて追いかけたとか。この銃撃音、すごい速さで高田方面へ移動した。いったい何だったのだろうか。テロか変質者のいたずらか。今晩眠れるか心配だ。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-23 19:30 | 趣味 | Comments(0)

 今日は何の日か? ラジオは語っていた。筆者はよく分からないがなんと2が沢山着くほだとか。
特異日なのか、平成22年2月22日それに2時22分22秒が入ればパーフェクトなるか。
なるほど、今日誕生の方はおめでとう。でも何故今日はネコの日なのか、意味不明。分かった方はお教え願いたい。
 そんなことより快晴が高齢者にとっては何よりのプレゼント。皆スコップを持って家からでてきた。別に雪堀をするでもないが、四方山話に花が咲く。どうせ集まるんだったら近々雪見会でもをやろうということになって、我が家の隣の空き地であさって老人達で雪見会を実施することに衆議一決。
まずは雪の大看板にスプレーで大書きし、通行中の皆様にアピールすることに・・・。カマクラを期待していた隣の兄弟には申し訳ないが20歳未満はお断りであることを先ず伝えねば。


 商売っ気無しのお店
 はまりこんでいる韓流ドラマ(朝鮮王朝時代のもの)3本をビデオ屋に返却。さて次をコーナーから探すが無い。目が悪いかよく見ても無い。店員に聞くと申し訳なさそうに「引き上げました。」とこのこと。「なんぜよ!」と思わず言ってしまった。9本目、18話も終わって話も佳境に入ってたのに・・・。何故か消化不良を起こしたようで気分を害したが、そこは物忘れとあきらめの速い筆者、若い女店員を許し、「王の女」なるドラマに手を出した。韓国の名前は全てカタカナで表記されており、ホ・ジュン、ウン・パンスク等々名前もごちゃ混ぜ、ストーリーもごちゃ混ぜ、妻に言わせれば、「見てても無駄じゃないの・・。」ときた。少しは当たっているが・・・。今夜もご就寝は明日になるか。
(^^)
[PR]
by m-gamano | 2010-02-22 21:27 | 我が家のこと | Comments(2)

Hi8ビデオデッキを求む、中古で結構です。眠っているデッキがありましたら格安で譲ってください。このコメント欄に伝言をお願いします。ビデオカメラでもWデッキでもかまいません。気長に待ちます。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-21 22:21 | 我が家のこと | Comments(0)

 新年度ライブラリー事業に向けたパソコンの研修会が毎月2回行われている。昨年は大病のためにお休みを頂いたが、その間この世界は大きく変わった。特にIT産業の進歩は目ざましく、ハードとソフトのいたちごっこは止(とど)まるところ知らない。高齢者のパソコンスキルを支援する我がグループもおちおちしておれず、研修を積んできている。本日のテーマはウインドウズ7が入ったことから、ライブラリー所長さんから無線LANを使ったGメールのやりとりの体験。一家に一台のノートパソコンでは、無線LANの有り難みはそれほどと思うが、そこは大手プロバイダーグーグル、いろいろな便利機能を満載しての提供であり、大いに楽しめた1時間であった。
 2番目の研修は、ウインドウズビスタから進化たウインドウズ7の特徴についてであった。特にデスクトップのカスタマイズでは沢山の変更点があり、とても興味深く研修できたようだ。筆者が担当したが、事前の資料作りが大いに役立った。習うより教えることの方がより学習になると痛感しきり。

 帰路妻の要望でイチコスーパーへ立ち寄る。最近我が家の事業仕分けは格段に厳しくなり、余計な食材の購入は全て筆者の小遣いから引き落とすとのお達しあり。世知辛い世の中になったと稼ぎの無い我が身をノムさんに負けじとぼやく毎日である。
食材も1日0000円以内とか、特売品とモヤシ2袋を買い求め褒められること間違いないと確信す。
 スーパーの出口には、豪華なひな壇が飾られており、孫娘二人のことをふっと思い出す。おひな様はお嫁さんの実家が買う習わしがあるとか、貧乏農家であった実家のそれと重ね合わせ、失うものは何も無いと豪語していた我が身が懐かしく思い出された。それでもあの曲とおひな様は今でも憧れである。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-19 17:08 | 我が家のこと | Comments(0)

 2月18日も晴天。隣近所の旦那衆と雪かきをしながらおしゃべりは続く。暖かく家には入りたくない心境である。雪国では2月も20日を過ぎれば大雪は終わり、あとは雪を楽しむだけ、とよく言われる。
 大雪のお陰で平年ではできない外壁のペンキ塗りができた。我が家は総二階造り、2階の外壁のペンキ塗りはなかなか出来ない。今年は大雪、屋根雪降ろしの効果ははしごも簡単に掛けられ筆者でもペンキ塗りが出来たことだ。転落に気を付けどうにか一番高い外壁を塗ることができた。業者換算でいくら安くあがったのかは分からない。今晩お銚子一本余計につくか否か、事業仕分け人の妻の気分如何にかかっている。
 
 ペンキ塗っても時間はまだ早い。隣家のじいさん庭先で野外炊事か?。雪中で山菜の下ごしらえである。ドラム缶で釜戸を造り、春に採取した山ウドの塩漬けを煮出し中。出来上がったウドを油で炒めたら最高の酒の肴になる筈。いつ呼ばれるのか楽しみにしながら散歩に出かけた。本日のコース、4600歩であった。
[PR]
by m-gamano | 2010-02-18 21:38 | 我が家のこと | Comments(0)

 雪は暖気でどんどん消えていくようだ。それでもあちこちの家からはお年寄りがスコップを持ち出し懸命に雪をつっついていた。心配性もあり、暇でもあり、存在感を示す絶好の場でもあるようだ。そして除雪後の道を奥さんや子供達が車でご出勤の光景もいとおかしな話である。
 朝日新聞の「天声人語」に我が意を得たり」の川柳がいくつか載っていた。紹介したい。先般「サラリーマン川柳」を目にしたところだが、今朝の川柳もまた、当を得た秀逸が多かった。
 全国老人福祉施設協議会主催>「第6回60歳からの主張・川柳部門」の入賞作品である。
 ● 定年前の肩書き言うな居酒屋で
 ● 新婚と思って老々介護する
 ● 子や孫が無理をするなとこきつかう
 ● カラオケで美声聴かせて入れ歯落ち
[PR]
by m-gamano | 2010-02-15 20:36 | 我が家のこと | Comments(4)