<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

6/30 田舎も暑く

 親戚の玄関に植栽された「~♯秋田の蕗なら日本一、小野の小町の出たところ♭」と民謡「ドンパン節に」に唄われる蕗。少しの雨ならこれで凌げるほどの大きさだ。
b0161371_131128100.jpg

 田舎の天気は気まぐれである。 暑くもあり寒くもあり 異常気象そのもの 。昨日は投稿できず。 兄貴との酒盛りが主たる理由だが、決定的な理由は我が実家は携帯の電波も届かぬ「圏外」だった。妙高山頂でもあるまいに、 正に情報過疎地であった。
昨日は、西目地区にある「ハーブワールド」を紹介してもらう。ハーブの名前など知る由もないがサルビアのピラミッドだけは何故か印象深かった。プランターを積み上げたサルビア。咲いたら凄いこと間違いなし。
b0161371_22513380.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-30 13:11 | Comments(2)

電車乗り換え2回の旅

b0161371_12364989.jpg

快速「くびき野」は高速バスと同じ2時間の所用時間。 新潟駅では特急「いなほ」に乗り換え3時間の旅、東京なら折り返して越後湯沢へ戻る時間だ。
 羽越線「羽後本荘駅」にて2回目の乗り換え、普通電車に乗り換え一つ目「羽後岩谷駅」にて下車す。駅舎には大きな纏のような「梵天」というこの地方独特のぼんぼりのような大きなお飾りが飾ってあった。確か早春には、各集落から集まって競って神社に奉納するとか。昔の楽しみのひとつであったようだ。
b0161371_235830.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-28 12:36 | 我が家のこと | Comments(2)

私の旅行記

b0161371_1017811.jpg

今日から二泊三日の一人旅が始まる。「 大人の休日倶楽部」の恩恵に浴することに。 行き先は我が田舎である 。先ずは直江津駅頭にて新聞と週刊誌とコーヒーを買う。これで旅らしくなる。
[PR]
by m-gamano | 2010-06-28 10:17 | 我が家のこと | Comments(0)

6/27 嵐が丘はほぼ満員

 いよいよ梅雨も佳境に入ったか、早朝より大雨降る。昨日でなく良かった、と思いながらライブラリーが毎月実施している映写会へボランティアで出向く。既にメンバーのNさん、2人のSさん、Iさんが準備に入っていた。今日の上映映画はかの有名な作品「嵐が丘」である。本来であればライブラリーなどでは買えず、ましたや無料上映などできる筈でも無かったが、著作発表後50年が経過し、著作権利が消滅したので格安に購入できたとか。それで今回の上映に漕ぎつけられたとは、ワタナベ所長の言。
b0161371_19244399.jpg

 映画は勿論白黒ではあったが鮮明であり、いわゆる雨降りノイズも無かった。「風とともに去りぬ」などと共もに青春時代に観た方々が40人も訪れ、この手の映写会としては満員の盛況となった。
b0161371_19273114.jpg

 
 次回も以下にご紹介したい。是非おいでいただきたい
7月25日(日)午前10時から
上越教育プラザ2F研修室にて
上映映画 「泥棒と殿様」 「かあちゃん」
       の2本立て 山本周五郎作
入場無料
大勢のおいでを期待したい

[PR]
by m-gamano | 2010-06-27 19:34 | 映像関連 | Comments(0)

6/26 旅は道連れ信州まで

 昨日は妙高今日は足を延ばして軽井沢へ。千円効果に目がくらみ、行って帰って高速料金2千円ポッキリ。が、リッター10kmの我が愛車、どこかの与党のようだと馬鹿にされること間違い無しの限りなきガソリンのばらまき。帰ってみれば腰と肩と目が疲労困憊大魔神。東京へ帰る二男と軽井沢へ行きたい妻の要求が一致して、本日も筆者はアッッシー君を務める羽目に。訪ぬれば、千円効果の恩恵に浴そうと全国各地から大勢の老若男女は集まっていた雨の軽井沢。中でもアウトレット人人人で溢れかえっていた。
 我が家の家訓、ではない、妻の信条は「見に行っても買わない。」だそうだ。先回は500円の野沢菜漬けを購入。お陰で500円の漬け物は数千円に跳ね上がる計算に。高い漬け物でご飯を食べる羽目に。その反省を生かして今回はここでは何も買わなかった。「松代」SAで野菜を少し買ったようだが。
 
b0161371_2142322.jpg

 雨にけぶるプリンスショッピングプラザの前の池ポチャ
b0161371_215421.jpg

 軽井沢駅、表玄関よりも南玄関の方がにぎやかになり・・・。車は少ないが(^^)
b0161371_216372.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-26 21:06 | 我が家のこと | Comments(0)

 帰省した二男と三人で池の平へ出向く夏至も過ぎ、梅雨真っ盛りとは思えないほど天気晴朗の中、池の平らは思いがけなく観光客も少なく、広場を独り占めしながら昼食を摂ることができた。
 水連は高田の蓮とはまた趣を異にし、違ったきれいさがあった。
b0161371_2010440.jpg

 そして、表題にも掲げたが、セキレイかどうかは不確かだが傍に寄っても逃げない人慣れした小鳥と出会う。何枚もシャッターを切るも逃げず、「お前は誰や・・。」とでも言いたげ,ビューファインダーを通してしばしにらめっこ
b0161371_2011262.jpg

 この時期の妙高山は、残雪もほとんど無く、白い火打山とは対照的であった。全て濃いグリーンに覆われ、山麓まで練習中のウグイスの鳴き声が絶えることは無かった。
b0161371_20133170.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-25 20:03 | 我が家のこと | Comments(0)

 昨日のうっとおしい天気はどこへやら今日は快々晴。天高く馬肥ゆるではないが、久々にさわやかな1日を過ごす。昨日二男帰省す、我が家の食卓はお盆のようにご馳走が並んだ。父(筆者)が喜んだことは言うまでもない。未婚の息子との会話はもっぱら彼女のことばかり楽しくも味わい深い夜となった。
 さて今日は、天気に誘われ、トンと遠くなったフライトへ出向く。カルマートを持参。既にヘリ組2人が陣取っており皆、機体の調整に余念ががなかった。天気良すぎて機体はまぶしく、追尾困難なこと甚だしい。2フライト2戦勝であった。
b0161371_2202122.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-24 22:00 | 趣味 | Comments(0)

 梅雨空に戻ったかのような鬱陶しい空模様。ライブラリーと大学共催のデジカメ教室が行われた。定員10名、サポート8名、マンツーマン体制で支援できた。持参のパソコンもデジカメも皆マチマチ。受講者も老若男女個性豊かな方々ばかりだ。
b0161371_1133786.jpg

1日6時間コースの講習は中身が濃い。一枚の暑中見舞い作成に集中。本日の被写体は大学前の色鮮やかな紫陽花である。この紫陽花、熟れたアケビの実に似てすばらしい色合いを醸し出していた。
b0161371_11343428.jpg

 学習効果は教えて頂くよりも人に教えることの方が一番。そのせいか。ボランティアの表情は真剣そのもの。若い女性受講者でも居ようものならボランティアのやる気は一気に上がろうというもの。筆者のカメラも自ずとこの被写体に向けられた。本日2回のコーヒータイムはパソコン談義に華が咲いたことは言うまでもない。
b0161371_1144468.jpg

早速受講者のコヤマ氏方からメール添付で自作の暑中見舞いをいただいた。感謝感謝である。

[PR]
by m-gamano | 2010-06-24 11:34 | パソコンのこと | Comments(0)

 二日遅れの父の日プレゼントを宅配のきれいなお姉ちゃんから手渡しでいただく。受領のサインをしながら「軽いけど何だろうね。」と筆者のツブヤキに「いい品物だと思いますよ、ブランド品のようだから。」との褒め言葉。三男からだ。二人で選んだとか。開ければこれからの季節にぴったりの「ジンベー」というのだろうか。軽くて風通しのいい和風ドレス。妻から一枚撮ってもらうが、モデルがイマイチなので公開はできない。箱入り姿で勘弁していただく。
b0161371_2028659.jpg


 本日の気温は27度、加えて湿度は80%か、とにかく蒸し暑い。隣の空き地を陣取っていた白い花「除虫菊」に替わって黄色い花が全盛となった。別に植えた訳でもない。午前中の仕事は黄花を避けての草刈りとなった。
b0161371_20465346.jpg

 団地の花咲爺さんの畑では「ネギボーズ」がこれまたきれいにゆらりゆらりであった。これってどうやって食べるのだろうか?
b0161371_2052288.jpg

 散歩途中でよく見られる背が高く、大きな花といえばこの「タチアオイ」赤、白、ピンク、ムラサキ等々、実にきれいである。本日撮ったセブン高田インター店前の花は客寄せパンダのようにきれいであった。
b0161371_20553754.jpg

 話は続く。お隣さんに元自衛隊関係者の方がいる。そろそろ80才を越えるころだろうが、何を思い立ったかお蔵入りにしていた大型プラモ「戦艦大和」の掃除をしていた。筆者のカメラの餌食となる。掃除前はほこりまみれだ。一枚撮らせていただく。今度は重巡洋艦「妙高」を作るとか。楽しみを分けてもらうことにした。団地発飛行機と船のコンビ誕生である。
b0161371_21191038.jpg

[PR]
by m-gamano | 2010-06-22 20:46 | 我が家のこと | Comments(2)

 父の日をこれまで何回迎えたことか、長男の歳を数えればよいのだが、赤ちゃんの時は自分のことより田舎の父や母のことしか頭に無かったように思う。既に30数回を数えるか・・・。
b0161371_22213027.jpg

 ■お父さんの足の大きさを教えて・・は長男から  きっと靴だろう。今日には間に
                                合わないが期待大
 ■妻のお父さんと同時に送ったからね・・・は三男から 何だろうか。あけてびっくり
                                  玉手箱
 ■今引っ越しの準備中だから送れないよ・・は二男から だけどお上がりを送るか
                                 らね。二男の体型は筆者と
                                 ぴったり。大分助かってい
                                 る。
 電話だけでいいのに、いつまでも父親をさせてもらえる喜びを味わった父の日の夜であった。
 
 本日の町内会の映写会は、お天気がよかったせいか、入りは今ひとつ。総勢15名であった。リピーターのおばあさん達が三々五々集まってくれた。町内会長さんも駆けつけてくれ、事業の進行に一役かってくれた。嬉しい限りだ。本日の映画は、田村高広主演の「そこに愛」と山本周五郎作「泥棒と殿様の2本立てである。
b0161371_22215828.jpg

16ミリ映写機操作はボランティアのイケダさん。そしてシンボさんの2名。ボラなしでは出来ないこの事業、感謝しきりである。
[PR]
by m-gamano | 2010-06-20 21:02 | Comments(0)