2/28 本日で2月ともさようなら

 一日中雨模様 何事もないつまらない月末。明日からまたがんばろう
[PR]

by m-gamano | 2011-02-28 21:47 | 我が家のこと | Comments(0)

2/27-大入り20名

 2月最後の日曜日、ライブラリー主催の映写会はお天気に恵まれこれまでにない20名の大入りを記録した。いつもなら寒風、大雪で数人の筈。皆昔人であるが笑顔が印象的であった。
映画題名は「四季の妙高高原セピア色ではあったが古(いにしえ)の妙高がなぜか新鮮であった。
2本目は昭和30年代の映画「お母さんの幸福(しあわせ)」、社宅に住むサラリーマン一家の母の苦労が浮き彫りになった映画であった。昔の衣食住人間模様が懐かしかった。
b0161371_1747117.jpg

 紹介するマークは、これまで枯葉マークとかシルバーマークとかとかく不評であった高齢運転者マークの改訂版である。2月1日から使用されているマークである。今回初めて駐車場で拝見し、許可をいただいて撮影したもの。前作よりも見やすく穏やかな図案であると感じた。確か75歳以上の高齢者で必要とする人が付けるはずだが・・・。
b0161371_19342452.jpg

 本日の午後は妻と散歩に出向く。我がボランティア仲間と違い1万歩などにチャレンジはしない。疲れない程度のタラタラの歩みで2755歩のカウント。それでも二人羽織のような二人には難儀だ。散歩コースにある二羽神社境内には小さな桜のような花がほころび始めた。寒桜だろうか、はたまた河内桜だろうか。知っている方は是非教えてたも・・・。花はとても小さい。
b0161371_19404159.jpg

 さらに進むと新しい地名にぶち当たった。上中田は知っていたが中中田、そして下中田の地名は始めてだ。「人も歩けば棒ならず新地名に当たる」か。
b0161371_19555692.jpg

 更に進むと毎日やせ細っていく雪の固まりを歩道に見つける。1ヶ月前までは車道と歩道を分けていた分離帯の雪壁だ。すでにやせ細ってこの始末、余命いくばくか・・・。お疲れさんだ。
b0161371_19593550.jpg


 別件 先日から時折報道されているニュース。中国マネーによる日本の「自然とりわけ山地と水資源とその権利」を買い占め始めていることが報道されていた。バブル期の日本に似ている行為不景気の日本、そしてごたごたしている政情につけ込む中国のエコノミックアニマルの所業は許せない。妻も珍しく怒りを露わにしていた。「鳶にあぶらげをさらわれない」ようにしっかりしてほしい、税金泥棒とも言われている日本の政治家達よ・・。 
[PR]

by m-gamano | 2011-02-27 17:47 | 我が家のこと | Comments(2)

2/25 口の中は春

 ここ数週間のお天気は3月末か4月という気象予報官の言。そう言えばパタリと止んだ雪
気分最高につき、今夜は月一の「呑んだくれ仲間」の例会だ。
 会場は全国居酒屋チェーン店のひとつ「船栄」である。高田駅前店は交通至便につき年寄りにはうれしい場所だ。もっとうれしいのは2時間呑み放題4000円ぽっきりと財布にも優しいコース。
まずは、本日の呑兵衛は9人、生で乾杯、刺身と鍋でスタートしたのが6時10分、これからカウント開始だそうな、
b0161371_17144713.jpg

生野菜チャシューの盛り合わせも食欲をそそり
b0161371_17151216.jpg

エビチリも滅多に口にしない年金生活。妻にも食べさせたい衝動に駆られる後ろめたさ有り。
b0161371_17154613.jpg

生ビール、酒、焼酎などなどあらゆる酒に目を丸くしているのは我が愛する胃袋
酔うほどに話に華が咲き、日々のストレス全てが忘却の彼方においやられていった。
仲間はいいものである。是非尋ねてほしいお店の一つである。
b0161371_1716460.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-02-26 17:16 | 我が家のこと | Comments(0)

2/23 ♯ も~すぐ春ですね~ ♭

2月に入り雪はぱたりと止んだ。雨に風、そして連日の快晴のおかげで雪はどんどんその姿を消しつつある。とはいってもやはり大雪の後遺症は大きい。車道と歩道を分ける雪の分離帯はそのままだ。むしろコンクリート壁の様に倒れないか子供の登下校が心配だ。
 我が家のじじとばばの散歩も再回。真白き富士ではないが関田山脈妙高連山を見ながらの散歩は心休まる。泉田知事のクレームで開業が心配の北陸新幹線も橋桁と橋脚部分は外見上ほとんど完成だ
b0161371_19401425.jpg

 近くに寄って見ると橋脚からは融雪の雨水が滝のようにしたたり落ちている。まだ、構造物の上には大雪があるかも。
b0161371_19421363.jpg

 上越高田インター入り口から伸びるアクセス道路脇の街路樹根元にはすでに「スイセン」とおぼしき花芽がでていた。「どこかで春が・・」である。
b0161371_19512777.jpg

 しかし、ま暦はまだ2月「油断大敵火がぼうぼう」とならぬように用心に超したことはない!
[PR]

by m-gamano | 2011-02-23 19:51 | 我が家のこと | Comments(0)

2/20  旬菜酒処「ふくろう」にて痛飲

 PCボランティアと映像ボランティアの酒をこよなく愛する仲間4人にて、メンバーがオーナーの新井の、とある飲み屋さんへ招かれる。絶えて久しく降りた立ったことのない新井駅、迎えのステップワゴン、処は新井警察署並びの妙高寄り姫川原であった。夜目に見えたその名も「おふくろ」、目を凝らして読んだら実は「ふくろう」であった。古民家を改造した落ち着いた風情のお店。行燈風の照明も珍しく少人数で語り合う隠れ家のたたずまいだ。
b0161371_15514868.jpg

 出されたお酒も新井が推奨の4種類の銘酒。鮎正宗君の井あと一つは失念。鍋もあり、刺身も新鮮、天ぷらは揚げたて、鍋はあんこうときた一合徳利は品(ひん)があってこれまた良し。杯はざるに出された全て違う種類、「お好きな杯でどうぞ」ときた。次から次へと出されるお酒、確か飲み放題ではなかった筈。電車時間がこなければエンドレスの4人衆であった。
[PR]

by m-gamano | 2011-02-21 15:33 | 我が家のこと | Comments(0)

2/19 2月の今日は「行くの日」

 高気圧がでんと本州のど真ん中に居座った本日、朝から快々晴、しかも日付も19日(行くの日)である。これで衆議一決いざ冬の信濃路へ。目指すは天狗の館チャッポンである。
 途中妙高高原の新鮮野菜などを直売している四季菜館「トマト」へ立ち寄る。毎年ここには巨大雪滑り坂が造られており、二人とも童心に帰り滑る。
b0161371_17362998.jpg

 試験はないし、滑りを阻害するものなしで楽しい10分間となった。この坂の土台には「カマクラ」が造られており、入り口には「ワラグツ」が展示されていた。上越が生んだ児童文学作家「杉みき子」さんの作品である「わらぐつの中の神様」を思い出す。小学校の国語教科書に取り上げられた作品でもある。
b0161371_17354965.jpg

 今年の信濃路も例外ではなく雪は多い。信濃町に入って雪の壁は厚く高く、寒さの厳しい地とて越後のように融雪は進まない。
 杉の越後に比べ北信地方は唐松が多いのだろうか。そう言えば爪楊枝のごとく細く短い枯葉はどこへでも入り込み苦労した杉野沢時代を思い出す。「からまつの林を出でて、 からまつの林に入りぬ。 からまつの林に入りて、 また細く 道はつづけり・・」その後は忘れた。確か北原白秋の詩だったか。 霊前寺湖入り口の林は昨夜の雪が淡く積もり一際(ひときわ)光り輝いていた。
b0161371_17522658.jpg

 天狗の館の天狗若き男性を思い出させるほど力強く、玄関先にて出迎える。
b0161371_17533821.jpg

 露天風呂から見る霊前寺山と飯綱山は夏より近く、それぞれ1800mと1900mとか。右が霊前寺山、左が飯綱山だそうな。
b0161371_20325050.jpg

 本日長野ナンバーは上越長岡ナンバーは信州にて見つけることおびただしい。それにしても関東甲信越にもの申すが信越はなんで越信ではないのか、江戸から離れているのだろうと想像はつくが・・・。
 なにはともあれ、信州の温泉にて日頃の疲れとストレスを全て捨て去り、心身共に軽くなって戻れたことは二人にとってこの上ない収穫であった。感謝感謝
[PR]

by m-gamano | 2011-02-19 17:36 | 我が家のこと | Comments(0)

2/17 ライブラリー2月映写会のご案内

 2月のライブラリー主催の映写会を行います。大勢のおいでをお待ちしております。

■とき 2月27日(日)午前10時から
■ところ上越教育プラザ
■映画タイトル 四季の妙高高原 16ミリ映画 32分
       お母さんの幸福(しあわせ)DVD映画 48分
入場無料
[PR]

by m-gamano | 2011-02-17 22:12 | 映像関連 | Comments(0)

2/16 我が愛器ついにダウン

 今冬これほどの晴天は見たことなし。天高くブラウヒンメル(そういえば大学1年時ドイツ語で苦労させられたっけ)青空がどこまでも続く水曜日となった。「春は名のみの風の寒さよ~」と歌われるように寒さはそう簡単に優しくなってはくれないようだ。お昼時南西に目を遣れば白き妙高連山未だ冬は動かじとばかり凛として元気だ
b0161371_22414922.jpg

 国道を走る車は皆速く、雪道ののろさを取り返すようにはじけていた
b0161371_23123623.jpg

 今朝の寒さに驚いたか、3年前に大枚をはたいて買うた我がデスクトップパソコン。倒産したか今は名前すら聞かなくなったSOTEC社のヒット商品が今朝ついにダウン。電源を豆乳否投入してもすぐにダウン。カスタマセンターに聞けば、最悪の場合ハードデスクを初期化するので中のデータはパーを覚悟してほしいとの恐ろしいお言葉。何よりも1年分の写真が惜しい。そしてインストールしたソフトも惜しい。「大事なデータはDVDに保存しておきましょう」と講義していたのはどちら様だったか顔が見たいものだ。
 幸い、同じシステムはサブとしてノートにもあるのでブログやメールに支障はない。やや非力だが・・。明日はいよいよ宅配で点検修理の旅へ送り出す羽目に。
 データ消滅も怖いが未知の修理費が年金暮らしには更に怖く、ますます居酒屋が遠くなりそうな晴天の霹靂を絵に描いたような一日となった。
[PR]

by m-gamano | 2011-02-16 22:40 | パソコンのこと | Comments(2)

2/15 雪国の母より

 我がブログに妻から初めての投稿が寄せられた。このブログ始めてからかれこれ7になるが、読者には見えたものの妻の目に留まることはなかった。ただひたすら驚愕の一語に尽きる。雪の越後から息子を想う母の投稿、気持ちは伝わるや否や・・。

 雪のニュースが伝えられる度に
   遠くに住む息子から電話が入る
     「雪はどんなですか?」
       必要があればいつでも駆けつける
         という思いが伝わって来る
          その心遣いが心強く 嬉しい
            寂しい夜には 電話が鳴らないか と耳を澄ます
  
b0161371_9204695.jpg

        雪折れの桜の小枝を拾って来た 
      枝の先に尖った 蕾をつけている
    毎年 3月10日の愛息子の誕生日に この桜を咲かせて
  その誕生を祝い 命を与えて下さった方に 感謝するのだが
今年はどんな色を見せるのだろうか 春は近い

[PR]

by m-gamano | 2011-02-15 09:10 | 我が家のこと | Comments(2)

2/12 スキー発祥の地100年祭は地域活性化となるか

 午後9時、NHKテレビ番組は「これからの日本無縁社会」が放映されている。不景気で職を得ることの出来ない日本の雇用制度や社会のしくみが今の社会から乖離していることなど、多方面から集まった出演者によって討論がされていた。人ごとではない正に近くには多くの該当者が居ることに気づく。日本の多くの制度は今急速に訪れた不景気に制度疲労を起こし対応できないところまできてしまったようだ。
 さて、本日はレルヒ少佐がスキーを日本の高田に初めて紹介し100年を迎えた。そこで「スキー発祥100周年レルヒ祭」の一部を紹介したい。
 曇りながら雪がすっかり止んでしまった上越、12日と13日の二日にわたって本町通りと金谷山を主会場に行われるイベントにチャリンコで出向く。
 本町通りに雪は無く、春めいた雰囲気い驚く。歩道のあちこちには手作りの雪灯籠が飾られ東京の歩道と同じだ。雪の越後、雪の高田ならもっと雪を残しておくべきと残念この上ない。
b0161371_22163178.jpg

b0161371_22164885.jpg

 元気なのは露店のみ、焼き鳥屋、お菓子屋、豚汁屋、焼きそば屋などは大いに賑わう。また、小学生がポストカードを売りにかけずり回っていた。
 
 次にパソコンボラの仲間から案内をいただいた切り絵同好会「ほおずき」の作品展を覗く。本町の「ふれあい会館」で行われていた。夏よりも厳選された作品が多く、手の込んだ作品に仕上がっていた。撮影禁止なので面のガラス越し一枚と案内状の作品を紹介したい。友人なのでOKと勝手に思いこむ。
b0161371_22251853.jpg

b0161371_22253578.jpg

 
 帰宅途中に今晩前夜祭が行われる金谷山に立ち寄る。ゲレンデは既に整備され、ドンド焼き用のぼんぼりも準備され、露店用のテントも立って販売開始のお店もちらほら、喉も渇いたので缶ビールとお神酒と鳥の唐揚げを現地調達しおいしくいただく。甘露甘露である。
b0161371_2230260.jpg

           金谷山入口に設置されたスキー発祥100周年記念標柱
b0161371_22323930.jpg

           雪中の熱燗と鶏の唐揚げは美味
b0161371_22302390.jpg

           会場にはレルヒ像を模した雪像も作られて
b0161371_22304528.jpg

           レルヒ像は今日も高田市街を見下ろして 
b0161371_22305754.jpg

            今日の高田地区の天気はこんな感じ
[PR]

by m-gamano | 2011-02-12 22:31 | 我が家のこと | Comments(2)