3/30 飯門田新田線一部開通

 表題の道路がどこか筆者も知らない。朝刊のチラシ「上越ASAニュース」の見出しで納得
何時になったら開通するのか数年前から不思議に思っていた開かずの路線の一部開通である。飯交差点から北本町3丁目へ東進すること940メートル信越線をまたぐ暫定2車線の開通である。
 天気に誘われて東から西へ進む。山麓線と上越大通りを結ぶ現在の東西線は狭く苦労してきただけにこれは便利である。ただし、筆者が利用することはほとんど無い。この路線は確か上越と旧六日町を結ぶ魚沼高規格道路と結ばれている筈。筆者が生きているうちの開通はだめだろうな・・。
b0161371_21243777.jpg

                        北本町から跨線橋を登る
b0161371_21255881.jpg

                        跨線橋を下り飯交差点に向かう

年金暮らしは中古三昧 
 4月は町内会映写会の実施月。昨夜その上映映画を試写中にビデオデッキが机上から落下。高齢者故(ゆえ)の事故。電源は入らない。テープは取り出せない。困った時のライブラリーへ駆け込み所長さんからテープは無傷取り出していただく。これで技術料は助かった。が、次なるデッキは今電気店には皆無。帰路BOOKOFFにて探す。一年前に比して数は激減。かろうじて数台発見。値段もジャンク同様2000円から8000円まで、壊したデッキもここで買ったが二台目もここで買う羽目に  年金暮らしのもったいない作戦は続く。
[PR]

by m-gamano | 2011-03-30 21:17 | 我が家のこと | Comments(0)

3/29 鉄路の敷設か?

 が降ったりが吹いたり、花粉が飛び散ったり、目まぐるしい年度末となった。中でも日本中を震撼させた地震・津波、世界を驚かした原発事故、災害の歴史上に大きく残る惨事となってしまった。1日も早くもとの生活に戻れるよう国民が一丸となった支援と努力が不可欠だ。
 ここ一週間天気は午前中が安定しており、筆者の散歩も午前中にシフト。。「頭を橋(雲)の下(上)に出し・・・」の歌ではないが巨大な橋脚の上に下に南葉山が見え隠れするようなった。
b0161371_22161894.jpg

 筆者の散歩コースには新幹線の橋脚をくぐり抜ける場所が2カ所ある。その一カ所で新幹線の鉄路だろうかクレーンで引き上げられている物体を発見。
工事は少しずつだが確実に進んでいるようだ。生きているうちに開通してほしいものだ。
b0161371_22104942.jpg


さて、おもしろくもない小咄をひとつ 
先日妻と散歩の途中、さる家の庭木に「こぶし」とおぼしき芽吹き始めた樹木を見つける。しかし、次にこぶしに似たもう一つの庭木の名前が二人とも出てこない。まる1日が過ぎ、今夕の風呂上がり、血の巡りがよくなったか、ふっと思い出したのが「もくれん」。辞書も引かず、インターネットも見ず、散歩帰りの妻に自慢げに話そうとしたら「もくれんでしょう」、ときた。二人の脳細胞は既に相当虫食い状態となっていた。
 さて、読者の皆さんに問題です。どっちがどっちでしょうか?
b0161371_22433855.jpg

b0161371_22435125.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-03-29 22:14 | 我が家のこと | Comments(3)

3/28 公園にはぼんぼりそして残雪

 映写会試写用のDVD返却のためにライブラリーへ、帰途高田公園に足をのばす。公園付近の大通りはすでに雪も無く、4日から始まる観桜会のボンボリも設置され、開花を待つばかりとなっていた。
b0161371_19391087.jpg

高田城には西日が当たり花見頃の雰囲気を醸し出している。既に大手露天商小屋掛けも始まっており、後は開花とお客さんの入りを待つばかりだ。
b0161371_19414658.jpg

 お堀越に見える関田山系には昨日の雪がまぶしく輝き、冬将軍は未だ健在というところか。被災者のためにも早く退散してほしいものだ。
b0161371_19441158.jpg

 本日の散歩は陽春を浴びて気持ちよく、散歩コースの辻々からは、赤ちゃんを負ぶったお母さん否仲良し孫ばあちゃんが二、三人孫の自慢か嫁の悪口だろうかをしながら、大きな笑い声で公民館庭先へ。
b0161371_19482714.jpg

 今日の夕食はソバだそうな。妻自ら採取した春一番の山菜「フキノトウ」やマイタケなどの天ぷら主人公となる。ただし、このソバ筆者が食する時いつも伸びきっている。「お年寄りにはこれでいい」が妻の口癖。
b0161371_19543116.jpg


ここで退職された先輩OBの川柳を二つ紹介したい(広報紙より抜粋) 
 
 妻の色に染まりぬくぬく生きている 
 
老いも死もわかっているがじたばたし
[PR]

by m-gamano | 2011-03-28 19:48 | 我が家のこと | Comments(0)

3/27 季節外れの雪&洋画上映

地震、大津波、そして大雪加えて原発事故いつまでこの国の人たちを苦しめるのだろうか。季節外れての雪が南葉山の輪郭もかき消してしまった。今朝の寝室からの景色である。
b0161371_172327.jpg

 車を走らせれば近くの結婚式場アニバーサリオも白く雪化粧。前を走るマイクロバスのナンバーは福島だ
きっと被災者を上越に送ってきた帰りだろう。ひたすら皆さんの無事を祈りたいそしてこの車も・・。
b0161371_17231747.jpg

 毎月第四日曜日は視聴覚ライブラリーの映写会。本日は年度末の日曜日大勢の観客を期待するも夕べからの降雪と寒さで客の入りは悪い。多くの高齢者にとってこの雪と寒さは大敵。それとも本日の西部劇映画「シェーン」が悪かったか。観客は12名であった。サウンドトラックのBGMは今でも忘れることはできない青春の思い出曲だ。そして極めつきは去っていくシェーンに向かって叫ぶ息子の「シェーン カムバック」の台詞(セリフ)であった。
b0161371_17232917.jpg

予告
 ちなみに4月の映画は2本、その一つはチャンバラの片岡千恵蔵が好演する「七つの顔」二本目は高田に息づいた「ゴゼさんの唄が聞こえる」の2本。是非おいでいただきたい。
[PR]

by m-gamano | 2011-03-27 17:25 | 映像関連 | Comments(0)

3/26 地域活性化の原動力は一歩踏み出すことから

 肌寒い週末となった26日、妙高市市民活動支援センターで行われた「妙高市地域に元気づくり勝度事業成果発表会」に参加。杉野沢民俗芸能保存会の「杉野沢春駒」もこれまで2年間助成を受け、本日〆の発表となったもの。
b0161371_2134567.jpg

 本日の発表は終日かかり県からNPO地域づくり支援センターのスタッフ2名が駆けつけ成果の評価をしていた。
b0161371_17101990.jpg

「春駒」の発表支援に関わった筆者も昨夜まで画像のスライドプレゼン法の調整を進めたが、発表者との練習ができず、二人三脚は見事空振り。夫婦ならうまくいくんだろううが・・。
b0161371_17104564.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-03-26 21:01 | 我が家のこと | Comments(0)

3/24 巣立つ26名胸膨らませて

 報道によれば地震災害・津波災害・原発事故で全国に散らばった被災児童・生徒の卒業証書授与がいろいろな形で行われているという。友達もいない、狭い会場で授与する者される者の気持はいかばかりか察して余りある風景となりそうである。
 今日24日は市内全域の小学校の卒業式が滞りなく行われた筈。筆者もここK小学校の授与式に招かれ、26名の門出を祝う栄誉を得た。すくすくと育ち巣立つこの子等に幸多かれと祈りたい。
b0161371_16501671.jpg

 校長先生の式辞冒頭にやはり今回の災害の話しが出された。「長い人生には苦労もいろいろあるが今回のとように塗炭の苦しみもあることを肝に命じ、くじけることなく我が人生をまっしぐらに突き進んでほしい」と激励あり。
b0161371_16505561.jpg

 在校生と卒業生のお別れの言葉には6年間の活動を折り込みながら最後はともに祝意の合唱の交換で幕となった。
b0161371_1651958.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-03-24 16:44 | 我が家のこと | Comments(0)

3/23 データー救出成功す

 日本全国で連日地震・津波・原発・放射能汚染野菜・水をキーワードにしたニュース番組を構成している。
時間と講釈はできるが体力と金力はやや寂しい。
そこでお願いだが
b0161371_21374919.jpg

その一つ 未曾有の災害に各県や自治体、そして民間有志が受け入れを表明しているのに、宗教団体が組織として受け入れを表明したニュースは余り聞いたことがない。ここいらで是非慈悲の心を発揮し、儀式仏教などと呼ばれないように多くの避難民を受け入れてほしい。
その二つ ページ数を減らして配達されきたA新聞の投書欄。こんな国家の非常時に野党第一党のJ党総裁が首相から閣内に入っていただき是非この国難に力を貸してほしいと申しいれたのにこれを袖にし、男を下げた。と書いてあった。何時だったか確か経団連総裁が国会論争ばかりして何もしない国会議員を「税金泥棒」呼ばわりもあり、ボランティアと共に被災地に飛んで同じ救済事業に取り組んでほしいと願うのは私ばかりでは無い筈。

b0161371_20412192.jpg

 先日操作不能に陥った我が愛機といっても飛行機にあらず、5年操業のデスクトップパソコンが遂にダウン。結局修繕に出すこと一ヶ月余、やっと返されてきた。本体より心配した1年分の貴重な写真は無事であった。嬉しさで一杯だ。原因はマザーボードがへたってしまい、起動してもすぐダウンする始末。その夜はひたすら数十ギガに余る写真をDVDにコピー。終わったのがシンデレラ姫がガラスの靴を脱いだ頃だった。これで一安心。早めのパブロンではなく、早めのコピーが肝要である。
[PR]

by m-gamano | 2011-03-23 16:47 | 我が家のこと | Comments(2)

3/21 彼岸の中日は小雨模様

 地震襲来後11日目となった今日は彼岸の中日、全国的に雨模様のすっきりしない天気だ。被災地は寒く、この雨では気分も湿りがちな筈、それが心配である。報道によればガソリンや灯油などがようやくピンポイントで被災地に搬入され始めたとか、そして全国的に被災地や被災者を支援しようといろいろなイベントチャリティショーなどが広まり始めた。海外の支援の動きと併せてうれしい情報だ、はやく被災地に届き心の支えになってほい、と祈る。
 さて、昨日は終日快晴、この冬雪で折れた桜の木の枝、今はきれいな花も終わり一足早く葉桜となった。元気な薄緑の葉からはやる気をいただいたようで気持ちも落ち着く。被災者にも届けたい。
b0161371_11541016.jpg

 昨日は本町内会老人会の年度末総会が行われた。話題は地震と津波、そして原発事故に集中す。互いの無事を確認しながら宴会に入った。
b0161371_11402924.jpg

本日のごちは1000円の折り詰めだ、500円の酒代入れて1500円会費とか、このごちそうできることなら被災地の皆さんへ届けたい
b0161371_1146206.jpg


セブンイレブン後日談
 一昨日近くのコンビニにて警察の鑑識が調査していた件だが
 実は三重県ナンバーの車の中で男性一人とその子供らしき人3人が一酸化中毒で自殺していたとか。どんな事情があるにせよ自らの命を、しかも無理心中の様相で絶ったとは心が痛む事件としか言いようがない。今の仕事柄どうにかしてやれなかったものかと悔やまれることしきりである。ご冥福を祈りたい。
[PR]

by m-gamano | 2011-03-21 11:41 | 我が家のこと | Comments(0)

3/19 熱しやすく冷めやすい日本のマスコミ

 地震発生から9日目今日の天気は最高、洗濯、布団干しと忙しい一日となった。被災地では寒さのために20名以上の高齢者の方々が亡くなったとか。灯油不足で暖のとれない寒い体育館は病人や高齢者にとってはつらい場所に違いない。早く灯油をガソリンを、と嘆くが輸送手段がないとか。切ない話である。
 昨日から気がついたこと。民放が地震に関するニュースから一斉に手を引いたようだ。引いただけならまだいいが、いつものバラエティ番組に逆戻りである。節操がないというか情報モラルがないというか、困ったものである。正に日本のマスコミは「熱しやすく冷めやすい」のである。

 先日磐城市から津波で全壊放射能汚染避難と度重なる災害に遭った息子の嫁さんのおじさん夫婦が千葉の鎌ヶ谷へ難を逃れ避難されてきたと聞く。不気味に忍び寄る見えない放射能の魔の手から逃れる苦渋の選択であったろうが大変なことである。今は親戚に甘え、気力体力を回復して復興に立ち上がってほしいと願うばかりである。

 天気に誘われて珍しく妻無し一人立ちの散歩も今日は午前中に実施。慣れないことはするものではない。散歩最終コースに入ったセブンイレブン前通過時なぜか「立ち入り禁止」のオレンジテープ。
そしていつもテレビドラマで見慣れている警察の鑑識とおぼしき面々が足形を撮ったり、ブルーシートを持ったり現場検証中。「スワッ何事か?」と思わずカシャッと一枚撮る。「犯人は現場に戻る」と言うがその犯人は自分だったりして・・・。
b0161371_21331870.jpg


花咲じいさんその後
 先日雪消し没頭の我が団地の花咲じいさんの話題を投稿したが、気になり今朝再度雪消し状況を見る。今度はさらに深く掘られまるで巨大キノコ「サルノコシカケ」である。おもしろ半分に堀った訳ではないらしい。筆者推測するに上は除雪機の投雪で堅く、じいさん柔らかい下ばかり掘ったようだ。さて、心配なのは下を掘っている最中にバランスを崩してキノコが倒れて生き埋めにならないかである。早速一言ご注進せねば。われは海の子ではなく民生児童委員だから・・・。
b0161371_2141178.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-03-19 20:49 | 我が家のこと | Comments(0)

3/18 元気 元気 元気でいこう

 またもや訃報が舞い込む、兄嫁さんの近親の男性が大船渡にて車ごと大津波に呑み込まれ亡くなった。姉さんの落胆は推測すらできない。毎日テレビ画面から飛び込んでくる避難者の苦痛の声、原発の放射能漏れに苦闘する関係者のうめき行方不明の肉親を捜し求め瓦礫を掘り起こす被災者・・・。 雪が降り一段と冷え込んだ避難所命の明かりを点し続けることなく力尽きたお年寄りや病人
 これほどの悲惨な光景が過去日本の災害史上あっただろうか。
 今こそ日本はその総力を結集して国難に立ち向かう時である。今一度戦後の食料難時代を思い起こし被災者目線で「欲しがりません立ち直るまで!!」合い言葉にこれからの生活を引き締め復興支援に協力しましょう。

 さて、大震災の中にあっても今日は彼岸の入りとか、気候は三寒四温、確実に春に向かっていることが分かる。「春の来ない冬はない」、という言葉に期待をふくらまし、今いっときの辛抱を被災者にはお願いしたい。中越地震、中越沖地震という大きな地震を2度も経験し、全国から支援をいただいた新潟県民。今泉田知事は「望む被災者は全て受け入れる」とオファー(オファーって何だ?)した。今こそ往時の苦しみを分かち合う時、県民一人ひとりができる支援に汗しようではありませんか

 話変わって我が団地の花咲じいさん もうすぐ100歳になるとも体力には自信あり、春の花畑を夢見て、雪消しに没頭す。突っつき過ぎて残雪は芸術祭不参加作品になってしまった。気をつけないと倒れる危険も。春の花が待ち遠しい056.gif
 そしてなぜか我がブログの文字も肥大化して直らず、今回は高齢者にやさしい表記となってしまった
b0161371_20303.jpg

[PR]

by m-gamano | 2011-03-18 19:16 | 我が家のこと | Comments(0)