<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

5/14   雲は流れて人生を考える

 地べたに仰向けに寝る。青空を眺める。南西の風強く雲は小走りに我が視野から遠ざかって行った。
雲の高度が違うせいか下の雲は早く、しかもその形はみるみる変わっていった。筆者の目にはチンパンジーに見えた。すかさずシャッターを切る。チンパンジーに似ていないだろうか。目が分かれば幸いだ。しばし俗世間を離れ、自分を考えることに・・・。
b0161371_204258.jpg

 ここは妙高市高床山森林公園の広場、駐車場に車は多くあるものの人影は無い。
b0161371_20442927.jpg

 子供の日はとっくに過ぎたのに歓迎のためか鯉のぼりが元気に泳いでいた。
b0161371_20461456.jpg

 消えた人たちはおそらく植物観察会へ出かけたことだろう。静かなこの場所は、年2回筆者が訪れる憩いの場である。誰もいなくて幸いであった。
b0161371_20492395.jpg

 園内のスイセンは初めて見る種類だ。ラッパではない。八重である。
b0161371_20502330.jpg

 さらに驚きはの時期はとうに過ぎたのにキャンプサイトにはこれまた初めて見るきれいに八重になった桜を発見す。
b0161371_21103323.jpg

 高床山への道中は曲がりくねって、ガードロープもレールも無い。脇見厳禁だ。が、が見頃、車を降りてカシャっと1枚撮影。五七五といきたいところだが、先を急ぐことに。
b0161371_21145751.jpg

 車窓からは妙高山大毛無山(だろう)が違って見えておもしろい。妙高山には「跳ね馬」の雪形が見える(筈)。
b0161371_21165580.jpg

b0161371_2117840.jpg

 園内の樹木はほとんどがであるが、よく見ると枝先が密生している部分のあることに気づく。その部分だけが枯れているのも多い。誰からか聞いた話だがこれらは樹木の病気であり、人間で言えばガンだとか。細胞が異常に増殖し、そこから枯れてくるのだとか。怖い話しである。
 そういえばこの場所で数年前、飛ばした模型飛行機が樹上に乗っかってしまい1日中待ったことがあった。結局その日はあきらめ、翌日訪れるも飛行機は樹上にも広場にも無かった。手元に残ったのは送信機だけ
こうして我が手元に何台の送信機が残ったことだろう。この送信機共有できないため、全て廃棄する羽目に・・・。
b0161371_21301725.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-05-14 21:05 | 我が家のこと | Comments(0)

5/10  雨降って植物ますます元気

 梅雨に入ったかと思われるように昨夜から大雨、雨音は就寝中も耳から離れることなく、結局本日一日中降り続いた。南国では梅雨入りしたとか。夕方には上越地方には大雨警報が発令される。
 天気が悪いとき筆者は晴耕雨読はしない、本を読むとすぐ眠くなるから。そこで先日始めた飛行機のキット組み立て作業で丸1日をつぶす。機種は練習開始当時から墜落せず頑張っている「メダリオン」の2代目である。この機種は初心者にはもってこいで、ベテランには癒しのセカンドプレーンとして人気が高い。今は主翼が終わり胴体を製作しているところだ。部品が細かく老人の目にはなかなかである。
b0161371_229245.jpg

この機体接着には瞬間接着剤が必要だ。買い足しに近くのコンビニへ出向く。団地在住の花咲爺さんことヤマギシさん栽培の花畑にすてきなチューリップを見つけた。名前は分からない、きっと外来種だろう。思わず盗撮してしまった。
b0161371_22123327.jpg

コンビニの帰り道インター入口の電光掲示板には高速道路の速度制限が表示されていた。50キロ走行では高速料金を返してくれるのだろうか
b0161371_2216179.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-05-10 22:12 | 趣味 | Comments(0)

5/9 花三昧の散歩道

 立夏も過ぎ、暦の上では季節は既に夏。今日は朝から気温がぐんぐん上がり、冬バージョンは自殺行為とみた。半袖、夏服を試みるも紫外線満載の5月の太陽光線は放射能ならぬガンの素。やむなく長袖で暑さを我慢する。節電予定の今年の夏をどう乗り切るか対応力乏しい筆者の悩みは尽きない。
 千葉の息子一家から昨日宅配の母の日プレゼントはこれ、お人形ではない。しゃれた手提げ(バッグ)である。さて、妻はこの手提げを持ってどこへ行くのか、興味津々。「プレゼントは電話だけでいいよ」はいつもの口癖だがやはり物(ぶつ)を贈ってもらうとうれしいらしい。顔は嘘をつかない
b0161371_19532647.jpg

 日中の散歩は暑さのために遠慮し、夕方の散歩となる。上越地方は今田植えの真っ最中である。大きな田んぼにちっちゃな苗が曲がり曲がり真っ直ぐ植えられていた。
b0161371_20192860.jpg
             
近くのお庭には桜はなく、花桃だとおぼしき色鮮やかな花が見事に咲いていた。
b0161371_2074798.jpg

いつもなら顔を出さないネコまでも暑かったのかトラクターの下から顔を出し避暑三昧。
b0161371_2091697.jpg

県道脇のとある民家の庭にはカキツバタとおぼしきムラサキの花びらをつけた植物が既に顔を出していた。
b0161371_20105190.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-05-09 20:10 | 我が家のこと | Comments(1)

5/8 母の日若葉と季節の花は美しく

 GWも終わり、一雨毎に若葉は青葉に変身し、その装いは更に美しい。極楽橋付近のピンクの花は去り。車窓を開ければ薫風が香しい、流し撮りの写真は今日も決まった。
b0161371_20183011.jpg

 今年も「母の日」が巡ってきた。青葉若葉に混じって季節の花も負けじと咲き誇る上越高田である。
遅咲きのスイセンも黄色の花びらに際立つラッパ、自己主張が続く。
b0161371_20204343.jpg

 我負けじの花はもうひとつ、長命のチューリップだ。斑入りのきれいどころ、カラフルさも負けてはいない。はて、この花はどこの家の花だろうか。「赤い華ならマンジュシャゲ オランダ坂に雨が降る・・。」の唄はかなり古いがいつも筆者の口をついて出てくる懐かしい唄だ。
b0161371_20262040.jpg

 我が家にお庭などないが、ここは南葉山麓、大きなお庭の家も多い。そこにはこんな花やそんな花が春を待って咲き乱れている。八重桜ハナミズキシャクナゲである。さて、どれがどれだか筆者には難題だ。
b0161371_20292767.jpg

b0161371_2225520.jpg

b0161371_2030348.jpg

 母の日の頃の花は多彩だ。我が年頃はだれもそうだが、両親と別れを告げてもおかしくない年代、筆者も二人の母と一人の父に別れを告げて久しい。贈る花は紅くてもいい白くてもいい届けたい人が居ることはうらやましいことだ。
 二男、三男に引き続き今日は酉の長男から嫁さん、孫二人と4人連名妻へ宅配が届いた。中身は何か。
妻は言うだろう。「中身も嬉しいが気持はもっと嬉しいね」・・と。
b0161371_2215669.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-05-08 20:30 | 我が家のこと | Comments(2)

5/6 我が家のGWもようやく幕

 小さな孫娘の元気な声「あかん、あかん!!」が聞こえた3日間があっという間に終わり、またじじとばばだけの我が家に静寂さがもどった。span>
孫娘が住む家は13階建ての空中都市、コンクリートとアスファルトジャングルに囲まれている。上越の道ばたに育つ
たんぽぽなどまさに珍しい植物だろう。
b0161371_17374227.jpg

 親はこの一人娘に何を習わせたいのか今日はリージョンプラザアイスアリーナへ。じじも背護霊のごとく付いていくことに。じじだってその昔、田舎の湖の氷上を加齢否華麗に滑ったものだ。10分としないうちに昔の勘がもどった。息子夫婦は娘を真ん中にしておっかなびっくりの体、結局孫娘を滑らせるのは危険とみてかチョンと相成る。
b0161371_17433170.jpg

アイスアリーナのあるリージョンはこの日一ヶ月遅れの成人式があった。会場付近は晴天、満車、八重桜満開、振り袖のきれいどころ満載であった。仲間に聞けば震災のために1ヶ月延期したがそれでも100名くらいの欠席が出たとか。会場を覗くとアトラクションの合唱団のコーラスが流れていた。
b0161371_19433722.jpg

一部終了後晴れやかな振り袖姿が三々五見られた。満足げに見つめる母親の姿がそこここにあった。
b0161371_1945139.jpg

父親と娘の絆はいつの世も固く、我が家の孫娘もこの日買い求めたシャツのボタンがけを手伝おうと頑張っていた。
b0161371_19563741.jpg

そして、じじばばもいつしか孫娘と仲良くなり二拍三日の里帰りはまるで絵に描いたようなものになった。

孫が居れば母が居り、母が居ればばばが居る。あさって5月8日は母の日。息子夫婦は「「ちょっと早いが」」と言って母の日のプレゼントを差し出した。造花であるが芳香あり身体に癒しを与えてくれる逸品だとか。今は昔父の日に缶ビール1本を差し出した三男の小学生時代を思い出す。すかさず「父の日もお忘れなく!」と付け加えた。
b0161371_2005036.jpg


PCネット研修会から
本日午前中パソコンボランティアPCネットの研修会あり。5月からデジカメやパソコンの講習会が始まる。PCネットはライブラリーが実施する講習会の支援をする団体だが事前の研修は欠かせない。筆者が今日はチューター、Word2003の一から勉強である。だれからどんな質問をされても答えられるようになりたい・・皆そう思っている筈。
筆者の本日の成果 ヤマダ研修担当に学んだものであるが
 Wordで表を作成し、数値を入れて合計を出す場合、合計欄にカーソルを置くが末尾、右したから上へ、 そして、右下から左へ順番にΣをクリックすれば合計が出せること。
 文字間にバーを入力する方法は、「ほ」のボタンにあるーをダブルで入力し、スペースバーをタッチすれば二本のバーが繋がるということであった。その昔聞いたが忘れてしまっていたもの。メモは大事である。 
[PR]
by m-gamano | 2011-05-06 17:43 | 我が家のこと | Comments(0)

5/3 憲法記念日は語られたか

 昨日のロングドライブの疲れがドットコムではないがどっと出てくるのは4~5日後と踏んで今日憲法記念の日はいい子に。メディアは大震災と原発事故、英国のウイリアム王子の結婚式の特集は組んでも、今日は何の日の憲法記念日に触れることはほとんど無かったようだ。
b0161371_23431123.jpg

 GW後半、目を外に遣れば後ろ隣では帰って来た子供と孫達が前庭でバーベキューで大賑わい。左隣は娘夫婦が子供連れて里帰り、長男で独身のお兄さんが慣れない手つきでシャボン玉飛ばしや洋風はねつきで子守り三昧。日本は平和である。少なくとも東日本大震災の雰囲気はここには無い。
 我が家のGWは二男去って三男帰る予定とか。二男は一人で来て3つ泊まり親の愛を独り占めした帰って行った。「今度来る時は三人ではなく二人で帰ってこいよ。」と冗談交じりの本音をポツリと伝え妻と直江津ま見送った。じじばばに残された時間は少ない。 
b0161371_2341751.jpg

明日は三男が孫連れて来る予定だ、「じじいばば、あんなあんな・これ買(こ)うて・・。」と大阪弁でまくし立てられたらどうしようか。今から心配だ。それにしても孫かわいがりは孫を持たねば分からない。これは事実!!
 先日もテレビを見ていたら帰省する4歳くらいの孫を新潟駅まで出迎えたじじのかわいくてかわいくて仕方がないように涙ながらの笑顔を見る。本当は3月に帰省する予定が地震のために延びたとか、それだけに孫の顔に頬をすりつけるように抱き上げたじじの喜ぶ顔に筆者も胸が熱くなるのを覚えた。このじじと孫楽しくGWを過ごしたのだろうか。明日はむさ苦しい我が部屋も掃除せねばなるまい
[PR]
by m-gamano | 2011-05-03 23:27 | 我が家のこと | Comments(0)

5/2 信濃路に桜を求めて

GW中の勤務日の2日、かねて計画していたPCネットの信濃路花見会を実施する。道案内は長野県民にしてもいいくらい長野に通い続けているサノ氏だ。サノ氏と筆者の車2台で計8人を運ぶことに。さすが長く信濃路を走り回ったサノ氏、おそらく頭の中にはカーナビが埋め込まれていることだろう。曲がりくねった高低差のある道を迷うことなく駆けめぐる運転振りに一同感心しきりであった。最初に訪れたのは閑貞桜とか、古木で往時の満開の写真も添えられ、傍の若木にその使命を弓弦風情であった。
b0161371_221169.jpg

次の桜は飯綱町の「袖之山シダレザクラ」。桜の植生の仕方も色々あり、長野県の桜は北信にみる限り一本桜が多く、福島県三春の桜もしかり。高田や弘前城公園のように桜並木を見ることはないようだ。見事なシダレザクラが数本、休日でないにもかかわらず、大勢のカメラマニアで溢れかえっていた。
b0161371_2211653.jpg

次は桜ではないが大きな岩石、名前は船の舳に似ていることから「舟石」と呼ぶそうな。今から数十万年前に噴火した古飯綱山火山が爆発した時に流れ下った岩屑の一つと言われているようだ。地表から出た部分は氷山ならぬ岩山の一角か・・・。
b0161371_2213394.jpg

次の桜はこれも一本杉ならぬ一本桜名前は「地蔵久保のオオヤマザクラ」。これは正に一本だけ堂々とした佇まいであった。
b0161371_221473.jpg

最後の桜は「萬霊寺のシダレザクラ」。ここも段々の参拝道に見事なシダレザクラが数本、上がった花火が消え去る時の風情に似て感心しきりであった。花見客のナンバーを見れば、和泉、横浜、品川など全国区に広がっており、長野の観光手腕に学ぶ所大いに有りの感じがした花見紀行となった。
b0161371_2215938.jpg

次は「ミズバショウ」の見学。飯綱山とおぼしき山の裾野に広がる広大な湿地におそらく数万株もあろうミズバショウの群生地を見ることができた。筆者この年までこれほどのミズバショウの群生を見たことは無く、入口付近ではシャッターを盛んに切っていたが、最後にはカメラを構えることもしなくなるほどその数に圧倒されてしまった。恐るべきミズバショウである。
b0161371_222125.jpg

b0161371_2222349.jpg

顧みすればここは越後の池ノ平、池ノ平はイモリ池のほとり、ここは観光客も多いが雪も多く、寒さが身に染みて越後であることを痛感。最後の立ち寄り先にて記念写真を一枚・・。PCネットのメンバー多くして車体のデフを地面に少しだけこすったが事故もなく、喜ばれたことが大きな収穫。エスコートしてくれたサノ氏には感謝しきりである。
b0161371_2223628.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-05-02 22:02 | パソコンのこと | Comments(2)

幸せ探して


by m-gamano
プロフィールを見る
画像一覧