<   2011年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

7/31 燕仲むつまじく

 先日のこと。大雨の中燕が数羽我が家の伝染否電線にとまり何事かピーチクパーチク(これはヒバリだった)とおしゃべりをしていた。
b0161371_19565679.jpg

鳥語は理解不明で唇の動きだけで意味を推測したのだが、「ここの主人はいい人だねー。」と解読。そうでなければ我が家の電線だけこれだけの数の燕がとまっておしゃべりをする筈がない・・。と、勝手に思った大雨の午後であった。
b0161371_195772.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-31 19:52 | 我が家のこと | Comments(0)

7/30 大雨益々ひどく

 我が上越地方にも大雨の被害はやってきた。三条、加茂、魚沼から大雨の足音は十日町、松代を経て直江津へ。3.11の地震・津波には及ばないが静かな水の悪魔襲来のために避難勧告・避難指示が36万人に出された。親戚からは安否確認のメールやコメントが続く。嬉しいい限りだ。
 昨日の温泉疲れを癒やす安息日があ今日。それでも散歩は雨の間をねらって実行す。
 日照りと大雨にもめげず、近くの田んぼでは「コシヒカリ」に穂が出す。あとはお天気がほしいところ。
b0161371_2152373.jpg

 散歩コースにある民家の家のも日々大きくなってきた。しかし、成熟することなく若くして生を終える数個の落ち栗の遺影をパチリ、残る栗に栄養を与える犠牲になったか・・・。
b0161371_21552114.jpg

 
[PR]
by m-gamano | 2011-07-30 22:07 | 我が家のこと | Comments(0)

7/30 元気です

近況報告 
先日から新潟県及び福島県会津地方には大雨降り被害が出ております。心配をおかけしていますが筆者の住む上越高田・南葉山山麓は被害はありません。ご安心ください
[PR]
by m-gamano | 2011-07-30 07:32 | 我が家のこと | Comments(4)

 8月の町内会映写会は以下の内容で実施します。
大勢のおいでをお待ちしています。
b0161371_20513074.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-29 20:45 | 映像関連 | Comments(0)

 新潟県三条市を中心としてまたもや大雨のニュースが飛び込んできた。梅雨が2週間も早く明けておかしいとの思いがズバり的中。梅雨末期に予定した大雨が梅雨明け猛暑後に県内を襲った。7.13水害を思い出した人も多かった筈。
 この間、身体中カビが生えたように気持ち悪く。久しぶりの衆議一決、二人で温泉へ。コースは板倉区やすらぎ荘だ。途中にある大型スーパー「清水屋」も魅力の一つ。近くのスーパーよりも物によっては半値で買えることもあり、ついつい多く買ってしまった。しかし、支払った金は少なく家計を握る者にとって福音だ。(この使い方はおかしいが)
 
b0161371_20373533.jpg

 ウイークデーのやすらぎ荘に人は少なく。チャッポンしている人のほとんどが前期か後期かは知らぬが高齢者である。一瞬ディサービス施設かと見まごうばかりである。ワンコインを払ってお茶を呑み、仲間と持参のお菓子を食べ、お風呂に入り、昼食を食べ、昼寝をして帰る・・。一連の流れは全くディサービス同じなのである。 筆者たちもその一員となったのだが。
b0161371_2036688.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-29 20:37 | 我が家のこと | Comments(0)

 目まぐるしく変わる天気に身体は対応できない一日となった。午後は2時頃からは大粒の雨が、その時筆者は教師OB会の「悠々講座」で市総合博物館に缶詰となっていた。集まった元教師集団は90名を超える数。
 演題は下の垂れ幕だ。東日本大震災にちなんで、上越地方の地震を考えてみようというもの
b0161371_21234721.jpg

 江戸時代に高田を襲った三大地震
寛文地震(1966年高田地震)
寛延地震(1751年いわゆる宝暦の大地震)
弘化地震(1847年善光寺大地震)
 しかし、その後旧高田市及び上越市に地震は起きてはいない。いわゆる地震の空白地帯となっている。「いつ起きてもおかしくない巨大地震に気をつけたい。」講師の講演はこの言葉でおしまいとなった。
 
b0161371_21331455.jpg


講座の後半は、博物館の展示物である高田藩榊原家遺言書をもとに解説が約1時間、譜代大名として貧乏ながら5回も転譜を繰り返した榊原家の内情が赤裸々に語られた。聞いていたメンバーは遺言書を目にしながら残り少ない我が人生を考えたことだろう。筆者ももちろんである。
[PR]
by m-gamano | 2011-07-27 21:33 | 我が家のこと | Comments(0)

 先の結婚式で、とある挨拶の中に「本日の結婚式は日本のメディアの大きな節目となる記念すべき日と同じであり意義深い。」と述べていた。なぜなら24日は日本のテレビがアナログからデジタルへ完全に切り替わる日だからである。なるほど結婚記念日を思い出すには丁度いい。
 ちなみに我が長男の結婚記念日は12月24日クリスマスイブの日、三男の結婚記念日は5月5日子供の日、忘れがたい日であることに間違いはない。さて、二男はどうなるかやや頭の痛いところだ。
 さて、その24日のアナからデジに切り替わりが我が家ではどうなのか心配しながら帰宅した日、恐る恐る我が部屋のアナログTVのSW(スイッチ)をONする。砂嵐はなかった、音声も出る。先日までチューナーを買い、HDMIケーブルを買い備えたものの、全て無駄となったようだ。
b0161371_2152356.jpg

 よくよく考えると我が家のテレビはケーブル方式で分配されたテレビ信号は居間の地デジテレビにはデジタルで、我がアナログテレビには地アナで入力されており、この方式は2015までサービスとして提供されるとかケーブル会社から説明があったとのこと。我が命の終末まで持つかどうかは知らぬが、ヒストリーチャンネルテレビ東京も見れることには、ほっと安堵した25日であった。
b0161371_21524784.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-26 21:47 | 我が家のこと | Comments(0)

九州は延岡の姪と尼崎生まれの新郎が結ばれる結婚式は横浜にて挙行された。 華燭の祭典で 婿さんが申すには全国12都府県から参列者が集まってくれたとか さもありなんの顔ぶれであった
 挙式は今流行のチャペル形式。式場は運河を見渡す絶景のロケーション。私たちは二人の誓いに立ち会った生き証人。誓いの履行を最後まで見届けるべきと心に刻んだ30分間であった。
b0161371_2084712.jpg

  式が終われば一同室外へ。新郎新婦の幸せを願いプールサイドから風船一揆ならぬ風船を一斉に空に打ち上げる趣向。風船の下には重いスーパーボールが繋がっており、どう見ても空に浮かぶとは思えない。「願いを唱えながら、風船をプールに投げ込んでください。」とはこれまた意味不明。 
b0161371_2019252.jpg

 だまされたつもりで皆スーパーボール付き風船を池に投げ込む。風船は浮きつ沈みつすること数秒、あら不思議スーパーボールの重りが取れ風船だけが元気よく離水し、青空に吸い込まれていった。紐は水に溶ける材料だったのだ新郎新婦もあっけにとられしばし上空の風船軍団を共同作業で見続けていた。
b0161371_20264415.jpg

 
 挙式が終わればお待ちかねの披露宴。きらびやかなてテーブルにはグラスとお皿とスプーンやフォークなど普段お目にかかれない食器類がズラリ。もあってほっと一安心。
b0161371_16161571.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-24 16:16 | 我が家のこと | Comments(0)

7/24 横浜も快晴

b0161371_7371252.jpg

ここは横浜今日も快晴。駅前のホテルからの景色は格別である。しかし、こちらはどの方角か方向音痴に筆者には不明。 姪の結婚式が今日のメインイベント。 さて 行ってくるか。
 
[PR]
by m-gamano | 2011-07-24 07:37 | 我が家のこと | Comments(0)

7/22 散歩再開

 台風一過の空は高く、昨夜は急激に気温が10度も下がり、あわてて夏がけを探しに・・。お陰で本日午後の気温も28度止まり、嬉しい日となった。お陰で3週間もお休みしていた夕方の散歩を再会。この暑さに耐えたカンゾウはその色も褪せ、新たな花々にその道を譲っていた。
b0161371_19385014.jpg

 よそのお庭に咲き始めたのが芙蓉。タチアオイよりも大きく花はどれも皆向きが「アッチ向いてホイ」となっていた。
b0161371_19411229.jpg

 あるお宅の庭先に咲いたノーゼンカズラは年代物で、絡みつかれた杉の木にはまるで蛇2匹に絡み付かれたように見えた。
b0161371_19433849.jpg

 春先には白く長い花をいくつもぶら下げていた栗の木もこんなかわいい毬栗(いがぐり)を実に付けたようだ。さて、収穫はいつ頃か?色を付ければ00ウニとなるが。
b0161371_1947672.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-07-22 19:47 | 我が家のこと | Comments(0)