<   2011年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

9/30 初めての展示会出品

 短い秋が去り、初冬の冷雨に老いた身体がついて行けないまま「皇潤」がほしい日となった今日は月末。夏と冬の衣替えも出来ぬまま明日から10月を迎えることに。午後は退職した仲間のグループが年一回作品を一堂に出し合う展覧会の準備に出向く。筆者初めて駄作の写真を1枚を出品することに。年度初めにはやる気満々であったが次第にその意欲も減退し、ついには昨年撮影した作品を出すことに。野尻湖の秋を写した風景写真だ。撮影はよかったが、民間のカメラ屋にて自分がプリント。思い通りの秋模様は出ず大きな写真を豪華な額縁で演出した仲間の写真には追いつかない。
興味のある方は是非足を運んでいただきたい。
1日目の展示は10月1日(土)午前9時から午後6時まで
2日目の展示は午前9時から午後3時30分まで
会場市民プラザ1階。
b0161371_2046497.jpg

b0161371_20462443.jpg

筆者の出品作品 野尻湖一周の途中で撮影 秋夕暮れ時
b0161371_13535721.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-30 20:31 | 我が家のこと | Comments(0)

9/28 覚えて忘れて覚える

 ライブラリーが実施した2回のウインドウズ7&ワード2010の研修が終わり、そのケアー研修会が10名の受講希望者に対して行われた。やる気満々確かな結果を得たいとするリピーターだけが集まった感じである。
受講に先立ち本日のねらいを述べてもらうと以下に集約された。
① 写真の加工
② イラストや写真の挿入の仕方
③ 文書の保存の仕方>
④ 自分のpcで作品を作る。
⑤ 講習会の最後の課題、点線上に切り取り線の文言を挿入
⑥ 文字列の左揃え、中揃え、右揃えなど

⑦ 表の挿入の仕方
⑧ 自前のPCは古く、2010のソフト通りには行かない、
⑨ 図の移動の仕方
等々多くの研修課題が示された。一斉指導では対応できず、ボラ5人、イマイ氏、フジサワ氏、サノ氏、シンボ氏、筆者の5人でマンツーマンで対応することに。
b0161371_22572871.jpg

 筆者もそうだがこの歳になると物忘れは激しい。脳の容量は日々減じているせいか、覚えようと努力はするが年齢とともに小さくなったメモリーに入る記憶容量はたかが知れている。頭で覚えるのではなく、身体で覚えるしか術はないようだ。10月に予定されているワード中級の講習案内を受講者にしたが大勢の手が挙がった。
本日の研修は成功と言っていいだろう。

b0161371_2321471.jpg

 天高く馬が肥えたかどうかは知らないが、絶好の飛行日和、朝から積み込んでおいた小型飛行機「メダリオン」を飛ばす。誰もいない一人だけのフライト、少々の北西の風にもパワーアップした本機はめげず約30度の角度で上昇していった。成果は2戦2勝。
[PR]
by m-gamano | 2011-09-28 22:52 | パソコンのこと | Comments(0)

9/27  やっと秋晴れ

 月曜日の昨日、校区の小学校は振替休日、隣家の子供二人と友人割り箸で作った輪ゴムピストルで撃ち合いっこ、我が家2階軒下のクモの巣当てを提案す。3人で撃つこと10分、ご覧のように見事クモの巣にひっかかった輪ゴム五輪マークのできあがり。襲撃を受けたクモ、すざまじい勢いで輪ゴムを襲撃、その様子をパチリ。が我が家のクモの一匹
b0161371_21342172.jpg

 天気晴朗の下、高齢者にとって医者通いは大事な仕事。年2回の歯科定期検診の今日は最終日、歯石取りや歯茎の検査も終わり歯の染め出しと歯磨きの練習で全て終了となった。M歯科医院の診察台から見えるのは居酒屋やラーメン店、春日野までは足は伸ばせない。隣には喜多方ラーメン店もあった。
 
b0161371_2148226.jpg

 夕方は定番の妻と二人三脚の散歩。散歩といっても1万歩を歩く訳ではない。ゆっくりのんびりの30分、近くに広がるコシヒカリの田んぼの畦道を回るだけである。数年後開通となる新幹線のアクセス道路山麓線の工事も進む。そこへ通ずるアクセス道路灰塚~沖灰塚を結ぶ取り付け道路はいつのまにか舗装されていた。
b0161371_21543277.jpg

 上越高田インター線と山麓線の交差する付近では商業ゾーンを構成する盛り土工事が盛んだ。
b0161371_21593451.jpg

 最近3kg増量の筆者と違い軽量級の妻の足は速く、カメラを意識せずドンドン置いていくのみ。お陰で筆者にとって後追いはしんどい夕方の散歩となってしまう。
b0161371_2223793.jpg

 この日、2台目デジタルテレビにBSパラボラアンテナを接続すべく総二階の屋根へ。高所大好き人間の筆者でも夏の屋根はビビル。支柱を立てる面倒を省くために、風見鶏の立つ煙突にパラボラを設置す。東西南北の方位もねじ曲げパラボラを設置。ばっちりBS放送を受信。WOWWOWもスカパーも見たくなってしまった午後の3時である。
b0161371_2295991.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-27 21:34 | 我が家のこと | Comments(0)

9/24 快晴空飛ぶ爺

 やっと晴れた三連休の中日。溜まりに溜まった洗濯物、そして湿気た布団干し、焦る気持ちを飛行機に載せてフライトヘ。昨日までの大雨で滑走路は所々水溜まり。誰もいないと思いきや先着の仲間ではなく、ゴルフマニア一人。筆者の姿を認めたか何処かへ雲隠れ。後には主に見放されたゴルフボールが1個押収。
b0161371_20435628.jpg

 エンジンのパワーアップの効果はてきめん。中スローのままではあるがパワフルに青空を巡った。カメラ片手で撮った愛機、大空の豆粒のような機体をとらえることは至難の技、ピントなど合う筈もなくUFOのようなボボけた写真となった。まかり間違えば墜落の憂き目に遭うところ。
b0161371_20515494.jpg


 今日の出来事から
その1 散歩の途中、道路一杯に寝そべって動かない黒い蛇。シマヘビでもなく、ましたやマムシでもない。
カメラを構えたら肖像権を主張したいらしくそそくさと草原へ姿を消した。
b0161371_20553459.jpg

その2 散歩途中に見つけた隣家の見事なアサガオの花。聞けば種はなく、茎で増やすとか、このアサガオ日中も花はしおれず、花の色は午後になると赤系に変化するとか。いつか分けてくれる言葉を信じて去ることに。
b0161371_20584269.jpg

その3 更に進みある民家の軒先に梨のような色をした果物が数個。きっとカリンだろうと予測。確か先日安曇野旅行で見つけた実と同じと見た。
b0161371_2104215.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-24 20:43 | 趣味 | Comments(0)
 彼岸の中日、昨日までの大雨もどうやらEndか。雨で篭もっていた老体にむち打ち散歩へ。子供たちのザリガニ釣り現場に出くわす。釣果はまだ無しとのこと。現役時代子供たちを連れて近くの池へ。高価なスルメをエサに沢山釣った記憶がよみがえる。今ならザリガニならずともワンカップを片手に持ち釣られたい気持大だ。
b0161371_23132445.jpg

 この時期午後4時を過ぎれば妙高山から南葉山山系は日陰となり、妙高山もぽっこり山のシルエットに過ぎない。ここ灰塚は水没する西日を見ることはできない。
b0161371_2316196.jpg

 帰路ヤマギシ花咲じいさんの花壇には、この時期の花「クジャクソウ」が色違いにたわわに咲いていた。
b0161371_23171986.jpg

b0161371_23173351.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-23 23:17 | 我が家のこと | Comments(0)

9/21 晴れ後雨

 春以来日本列島は自然の災害に晒され、あたかも災害列島と化した感がある。これでもかこれでもか、と地震・津波・大雨・大風、ありとあらゆる想定外の試練が襲いかかっている。自然に対する畏敬の念を持ち、想定外などど言わせない備えが必要。所詮人間は基準につかまり仕事をする生き物。自然について言えば基準が当てはまる筈もなく、常に被害を最小に押さえる準備が求められる。そのせいか、震災後、「防災」から「減災」へと軸足を移してきたようだ。「形あるものは壊れ、生ある者は死す」ということを肝に命じて生活したいものである。分かったようなことを書いたがどう生きるか老いたる筆者の大命題だ。
b0161371_20551422.jpg

 さて、雨の本日、月一の傾聴ボラの日。福祉協議会をY子さんと訪問し、来所者の皆さんが皆元気であったことに先ずホットする。職員の方から「今日は何をやってくれるのか楽しみにしていました。」という言葉が嬉しい。今日の出し物は「アニメ」で6本用意。越後の民話を2本、日本人なら誰もが知っている昔話を4本。
観客はお風呂に出たり入ったり落ち着かない動きながらもじっくりと見てくれた。準備した者にとって嬉しいご褒美である。
b0161371_20342095.jpg
 
 聞けば今日は「お茶する日」とか、ホール入り口には入所者の一人がきれいに看板を製作。本日のコーヒーブレークにぴったりだ。
b0161371_20351210.jpg

 ホールの壁面を見れば先月の力作雨蛙のモチーフは既に無く、代わりに「兎のお月見」デスプレイがこれまた見事に仕上がっていた。その一部の紹介である。
b0161371_2038059.jpg

 通所者がここで過ごす時間はそう長くはない。しかし、ここで大勢の仲間としゃべり、活動を共有することで仲間づくり、生き甲斐づくりの成果は計り知れない。スタッフの働きに及びもつかないボラとしての貧者の一灯もその成果に大きく貢献していることを信じたい。
b0161371_20431178.jpg

 気が付けば今日は「彼岸の入り」目出度い日の担当となった、思いがけなく昼食をいただくことができた。オハギ二種、そして、すまし汁、ノッペイだろうか。美味なるランチを二人でいただく。作ってくれた方に感謝、仏に感謝しきりである。
b0161371_20492865.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-21 20:29 | 我が家のこと | Comments(0)

9/19 4人に1人は高齢者

 秋の涼しさは朝夕に冷え込むが昨夜からの冷え込みは雨によるもの。既に昨日の気温引くこと10度、21度そこそこが我が家の玄関先の温度だ。急激な温度の変化は高齢者にとって酷。身体の潤滑油が固くなり、ベッド離脱にはウオーミングアップベッド上ラジオ体操が欠かせない。「敬老の日」とは言え、あちこちの町内会からは経費節減の折「紅白まんじゅう」や「お赤飯」がなくなったと聞く。一つ屋根の下息子夫婦や孫達に囲まれて笑いさんざめく暮らしは望むべくもないが、せめて老後の経済的・精神的負担はチャラにしてほしいもの。
 確か徳川家康公が遺した人生訓と記憶しているが「人の一生は重荷を背負って坂道を登るがごとく。」とか。正に老後の生活環境がこれにぴったり当てはまる。
 また「姨捨」を思い出した「敬老の日」となった。我が家に自称じじとばばは居るが息子達には若く見えるらしい。敬老の日の今日、息子達からはそれぞれ安否を気遣う電話あり。メディア報道によれば新潟県は全人口の内四分の一は65歳以上の高齢者。粟島浦村が一番高齢化が進み、一番進んでいないのは聖籠町の20%」台とか。上越地方の山間部に限界集落が多い。高齢者の割合は更に高まることだろう。

 話しは暑い昨日に戻る。暑かった昨日の気温は30度を超え、日差しの強さと併せて夏本番を思わせる残暑厳しい日曜日となった。暑さに雨が降ると雑草の伸びは早い。新設飛行場の草の伸びも早く、飛行機を離陸させようものなら先ずペラで草刈りすることに、そして車輪を引っかけて前転すること間違いない。
 少ないメンバーで当番をつくり小型草刈機地球にバリカンをかけることに。天気よく地面乾燥のために土煙が立ち、おまけに小石がドンバチと跳んでくる。除草幅はわずか60センチ超えか、昔の田耕こし似て道のりは遠い。
b0161371_19323192.jpg

傍を流れる関川には「さぎ」という釣り人もおり、エンジン音で驚いたか数羽が飛び立った。わが飛行機より離陸も跳ぶ姿は優雅だ。
b0161371_2232148.jpg

b0161371_19331838.jpg


 ヘリコプター実機が2機離着陸できるだけのスペースを誇る河川敷の滑走路、午後早速テストフライトへ。
飛ばすのは安定性抜群のスポーツ機「SONIC」90クラスである。初めての滑走路からの離陸、機体は4サイクルの粘りのある低音の排気音を青空にこだまして飛び立って行った。プロポ(送信機)を握る手、ロットを押さえる指先は昔の感触を忘れたようだ。目は遠近感がつかめず難しい飛行を繰り返す。
b0161371_22173451.jpg

 この飛行機、離陸に要した距離は僅か20メートル、着陸はこれほど広い範囲を確保したにも拘わらず、距離感つかめず滑走路から外れること3メートルの柳の若木ケ原へ軟着陸す。無傷で万歳。
北東方向を見れば、県立中央病院と看護大学が丸見え、決して病室への自爆はさせないと誓った日曜日の夕方であった。
b0161371_22224037.jpg


韓国歴史ドラマ「朱蒙」81話視聴完了
b0161371_1454465.jpg

 今年のいつから見始めか定かではないが、今流行の韓流ドラマ歴史シリーズ「朱蒙」を見終えた。「冬ソナ」に代表される韓流ドラマオンパレードの時代だが、「ミイラ取りがミイラになった」の諺通りになってしまった。古朝鮮を漢から取り戻すために立ち上がった「朱蒙」がやがて朝鮮の三国時代「百済」「新羅」「高句麗」の中の「高句麗」を建国し新しい時代の幕開けを宣言した、というストーリーである。時代考証などインターネットによればかなりでたらめであるとの指摘もあるが、1年以上に亘って韓国のテレビ視聴率50%をたたき出す作品の魅力はとりもなおさず日本の視聴率の高さやレンタル数の記録破りにも反映されている。観ても観ても飽きない作品の新鮮さと構成のうまさは日本の歴史物の比ではなく、他の追随を許さぬものに仕上がっていた。終わってみれば1本80円、合計3120円のDVDレンタル料。この料金を高いとみるか安いとみるかは価値観の分かれるところ。韓国の歴史に一部に触れることができたと解すれば安いもの。妻のテレビ視聴とは50歩100歩のいい勝負だ。
[PR]
by m-gamano | 2011-09-19 17:53 | 趣味 | Comments(0)

9/16 安曇野もやはり暑し

 9月も半ば、暑さはなかなか去ってはくれない。昨日から全国各地では運動会練習中に熱中症に倒れる子供たちの悲鳴にも似た声が聞こえてきそうである。新聞は今週末は全国的に運動会が多いと報じていた。そんな中、昨日15日は同業のOB会で旅行先をもうじき終わる朝ドラ「おひさま」のロケ地安曇野にした。筆者も今年はずっと「おひさま」は見ている。陽子のキラキラした瞳、そしてイケメンを配した脇役、ドラマ展開はどこにでもありそうな中、牧歌的な信濃路に魅力を感じているのは私だけではない筈。総勢63名は2台の頸城バスに分譲して越後路から信濃路へ・・・と進んだ。
b0161371_20481014.jpg

 姨捨にて休憩、爺捨にならぬように気をつけようと心に決め、動作を若く見せながら「大王わさび園」
そこは、今若尾文子さんが回想に耽っている瀟洒な水辺の洋館。今日はウイークデー、人は少ないと思いきやいるはいるはの混みようであった。水草はテレビと全く同じ、洋館も同じであった。
b0161371_20531174.jpg
b0161371_20532948.jpg

b0161371_20534584.jpg

b0161371_2054827.jpg

ロケ地はきれいな安曇野の水の流れの中にあり、そこはこの水を使った大きなわさび畑となっていた。
b0161371_20553468.jpg

 わさび園からから少し進めば「安曇野スイス村」、お楽しみの昼食には本場の蕎麦、川魚の刺身、漬け物百種、そしてビールに酒、呑めない方々の分までいただき、ほとんど飲み放題コース。これが導火線と相成り、ワンカップとつまみの追加で2号車後部座席はさしづめ赤提灯「養老の瀧」と化した。
b0161371_214368.jpg

b0161371_2144820.jpg

 運転していただくバス旅行の醍醐味を久々に味わい、幹事の指示に従い下車すれば、そこは「奈良井宿」。陽子たち「白紙同盟」の三人娘達が過ごした有名な宿場町とか、家並みを見る限り電柱なし、新築の家なし、アスファルトなし、時代劇のロケにはぴったしの旅籠となっていた。
b0161371_2185882.jpg

b0161371_2191449.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-16 20:54 | 我が家のこと | Comments(0)
 毎月第二水曜日午後は筆者が属する「傾聴ボランティア」の研修日、8名が集まり情報交換する大事な日だ。本日の研修はいつもと少しばかり違った。筆者達の1年前に県高齢者大学を卒業した先輩受講者と1年遅い後輩受講者の集まりとなった。そして、名立にある診療所のDrから「終末期における緩和ケアーのための傾聴ボラのあり方」についてお話をお聞きする。こんなことが一介のボラにできるかどうか不安しきりの1時間であった。
b0161371_2031751.jpg
b0161371_20312216.jpg


  一人散歩の夕方、3週間前に伐採された樹木には、根性芽というのか、死滅した親木に今なお脛をかじる誰かに似て元気な新芽を発見。まるでキノコである。朽ち果ててもなお栄養となる親の鏡ともいえる姿にしばし考えさせられた。
b0161371_20543582.jpg

 団地の花咲じいさんことヤマギシさんの畑兼花壇にはこれまた秋の青空に似て色鮮やかな花が目についた。残念ながらこの花の名前も知らない。教えてほしい・・・。
b0161371_20563013.jpg
 
[PR]
by m-gamano | 2011-09-14 20:23 | 我が家のこと | Comments(0)

9/13 電気が来ない

 晴れた火曜日の本日、先週に引き続き高齢者パソコン講習会が大学センターで行われた。Windows7とWord2010が主たる内容。10名の年齢不詳の男女が集まった。迎え撃つボラは4名、始まって間もなくあるグループから「電源が切れた」、という申し出。線は繋がっているがおかしい。PCを抜いて直にコンセントに接続すればランプは点いた。コードリールやテーブルタップの断線のようだ。最初からフライングの講習会のスタートとなった。
b0161371_2037963.jpg

b0161371_20372339.jpg

 空は底抜けに青く、気温はやけに高く、冬が来るなど予想だにつかぬこの頃だが、ごひいきのジョーシン電気に寄れば入口に反射型石油ストーブが鎮座する。何時起きるか分からぬ自然災害、エコ、など多くの国民は自らの生活を振り返った筈。そして、今冬の目玉はこれだと思った筈。宣伝ではないが9月14日までの第1回セールの二つお商品をを紹介したい。値段も手頃だ。覗いては如何だろうか。
b0161371_20433921.jpg

b0161371_20435398.jpg

 
 これは昨日の散歩を華やかにしてくれた花々だ。色鮮やかな「日々草」である。
b0161371_20461328.jpg

b0161371_20462652.jpg

b0161371_20464054.jpg

 上越大通りを南下し、市民プラザを通過した頃信号左にお城の天守閣のような拡張高い建築物。大杉屋惣兵衛菓子店の店舗。目線を変えると見えることもあることに驚いた夕方であった。
b0161371_20522311.jpg

[PR]
by m-gamano | 2011-09-13 20:43 | パソコンのこと | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano