4・30 春は来るか

 ゴールデンウイークは、我が家にとって息子たちが帰省する盆暮れと同じ三大行事の一つ。独り者の次男は一番身軽で今年もいの一番で帰省した。二泊三日の期間限定ではあったが、母の手料理に舌鼓を打ち、父と美酒を傾け、かわら亭にて互いに背中を流し合い、親の愛を一身に受けて30日の今日長野周りで帰って行った。否出かけて行ったというべきだろう。
 孫を連れてくる息子たちとは明らかに違う次男に親は心配もし、期待もしてきたが既に三十路を越える歳、歳に不足はないが不足しているものはただ一つ。
 いつまでも親をさせてもらえることに感謝感激雨アラレ。子離れしない親の再教育の方法があればお習いしたいもである。  
b0161371_23293610.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-30 22:54 | 我が家のこと | Comments(0)

 連休初日は快晴に恵まれ、行楽地はどこも大にぎわいとのニュースを見聞きする。折角の連休だが出かける勇気と体力はなく、帰省する次男を迎えるのが精一杯の二人だ。
 それでも快晴の天気は気持ちを飛行場へと誘う。今日は一人に非ず、サノ代表と二人、サノ氏は小型のラダー機の初飛行とか、風が強く、フライトのチャンスをうかがうがなかなか上げられず。手投げ発進機、思い切ってとばす、ラダーとエレベーターの調整を素早く行う。機体は強風ながらもやんちゃな子馬のごとく元気いっぱい大空を駆け抜けていった。
b0161371_15382944.jpg

 翌29日日曜日は労働の日となった。高田の花見も本日でお開き、既に花は花いかだとなってちじぢり、若葉は既にピンクの花びらにとって替わって春を醸し出していた。
b0161371_2205135.jpg

 図書館前のしだれ桜はピンクと緑が相半ば同居していた。
b0161371_2211246.jpg

 団地といっても我が団地にはいかがわしい角地もある。プレハブの中に花見の露天商が使う大道具小道具がぎっしり、今年の大雪では耐えきれずついにつぶれてしまった。危険物一杯、シロアリやは虫類のすみかとなっては大変と主を捜すも不明、仕方なく、行政代執行を市ではなく団地でやることに・・・。
住民にはこの道のプロが大勢居り、仕事は半日で終わる。
b0161371_22105279.jpg

 雪の続いた真冬に住民が集い酒を酌み交わすことはできなかったが、緑の風が吹き抜け、暖かい風も吹き抜ける春に心は浮き浮き、夕方の作業ご苦労さん会のビールは殊の外美味。揚げたてのタラの芽、コシアブラ、ウドの芽の天ぷらは最高であった。
b0161371_2215387.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-29 15:37 | 趣味 | Comments(0)

4/27 明日から大型連休

 観桜会が29日まで延長されたものの、花の命は短くて、先日の大嵐で花びらも我慢できず飛んでしまったようだ。
こんなに満開のソメイヨシノや赤系のきれいな桜も
b0161371_233837100.jpg

 いつの間にか葉桜となっていた。ピンクと緑、さわやかなコントラストに遅ればせながら訪れた花見客も喜びを隠しきれなかったようだ。
b0161371_2339189.jpg

 夕方の散歩コースは既に山麓線整備工事でとぎれてしまった。工事は物流施設周辺の流雪溝から流れる排水が注ぎ込む調整池作りがさかんであった。青田川の一部をせき止め、着々と進められていた。
b0161371_23393871.jpg

 山麓線延伸にともない灰塚集落を包み込んでいる多くの杉林も次第に切られるようになってきた。
娘を嫁に出すときに木を切って嫁入り道具を買おう、、家を新築するときに柱にしようと植えられたこれらの杉、時代が変わり、柱には使えない、切ってもらっても莫大な経費がかかるというのだろうか、早々に間抜ならぬ全伐するところ多し。
b0161371_23395590.jpg

 この写真は飛行クラブのサノ代表が四国は四万十川で行われた水上飛行機大会を見てきた時の一枚。
河原にて離着水する水蒸気否水上機群の写真を転載させていただいた。行きたかった、見たかったは筆者のつぶやき・・。
b0161371_23401850.jpg

 筆者が好きなアニメの一つ「紅の豚」の飛行艇。憎めない面相のぶーちゃんが小さな飛行艇に収まって飛ぶ姿を想像しただけで胸がワクワクだ。
b0161371_20432527.jpg

 この飛行機もおもろい飛行機。ローターが一枚だとオートジャイロだが米軍の軍用機にもあったツインのローターを持つオートジャイロだ。飛ぶ姿を想像するだけで背中がゾクゾクだ。
b0161371_20463499.jpg

 お次は旧日本軍機で九四式水上戦闘機だ。おそらく空母搭載の偵察機であろう。きれいな仕上がりだ。
b0161371_20514098.jpg

この水上飛行機は確か「紅の豚」でぶーちゃんと一騎打ちした飛行機のはず。格好はすこぶるよい。アニメではブルーの機体色であったと記憶しているが・・。
b0161371_20544964.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-27 23:41 | 我が家のこと | Comments(0)

4/24 黄砂の中のフライト

 「花には嵐」のように大嵐が吹いて締めくくった高田城百万人観桜会も一週間延長となった。花の命は短く、と申すがシーズンを超えた観桜会に人影は少ない。これからは環境客ではなく、豪雪に痛めつけられた地元市民が雪を忘れるために集う地元のための観桜会であってほしい。その昔、高田に降り立った時、なぜこのように桜ごときに皆酔いしれるのか、よそ者の筆者には摩訶不思議であったが豪雪を何回か経験するうちにその謎が解けた。四季がはっきりし過ぎる所以であろう。
 インター入り口の八重桜は若木だが色ピンクにして妖艶である。
b0161371_22565481.jpg

 そのインターから見た我が南葉山にはもう種籾を蒔いてもいいぞとばかりの雪形「種まきじいさん」の姿がしっかりと確認できる。さて、どこか分かるかな?右上から左下に歩いているように見える筈だが・・。
b0161371_22591812.jpg

 この日中国から日本を覆い尽くした黄砂が新潟にも届いたらしく、なぜか白内障の症状に似て春霞のごとくだ。明日は分からない天気を予想して、本日2機種モーターグライダーとエンジン付き飛行機を飛行場へ持ち込む。先日カルマートの主翼のデザインを変えて、少しは格好つけたがその分機体はやや重くなり、二回フライトしたが二回とも上空でエンストを起こす。幸い、高度をとってあったのでグライダーよろしく滑走路にぴたりとつける。二戦二勝となった。無事帰還のカルマートである。
b0161371_236747.jpg

 次はくだんのモーターグライダーのフライト。やや風があり、非力なトルクながゆっくりと上昇していった。
高度はどんどん上がるがサーマル(上昇気流)がなく、風下への降下は急激な加速度が加わる。
それでも墜落させず着陸敢行。だれも居ない一人満足の一時間となった。二つの飛翔体を並べたところ。

b0161371_23153695.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-24 23:09 | 我が家のこと | Comments(0)

4/22 花に嵐

 異常気象は4月に入っても止まらない。昨日の好天気・高気温に反して今朝は強風の吹き荒れる曇り空。日曜日に花見を計画して高田を訪れた人も多い筈。しかし、無情にも強風は一日中県内を吹き荒れた。これでは園内でござを敷き、花見しながら団子ととはいかない。無情の天気に上越市民の一人として心が痛む。幸い観桜会期間は一週間延ばされ、Gwの前半までずれ込んだ。憎っくきは花に嵐だ。
b0161371_19513493.jpg

 今日第四日曜日はライブラリーの映写会の日。強風の中高齢者のリピーターが多い映写会にどれだけ集まるか心配。16ミリ映画3本という懐かしい設定、上映操作は新所長となったハセガワ氏、サポートは筆者とシンボ氏、サノ氏、ナンバ氏である。ちなみに本日の入りはスタッフ込みで20名。
b0161371_19512041.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-22 19:44 | 我が家のこと | Comments(0)

4/21 花は満開人出も満開

 朝から快々晴、気温もぐんぐん上がり、週末と会って花見客の出も多い。加えて明日投票の市議選の街宣も本日限りとあって、市内あちこちにボリューム全開の「お願いコール」が響き渡る。

 我が家の隣の空き地には、豪雪の今年3メートル以上あった残雪も今はお魚の形に似て静かに消えて無くなろうとしていた。あれだけ降った雪も自然の力で跡形もなく消え去ってしまうとは。
b0161371_2326586.jpg

 賑わいを見せる高田公園には近寄らず、飛行場へエンジン機を持参しフライト三昧を目論む。関川と矢代川合流地点の河川敷に整備した滑走路は未だ草も生えず、絶好のコンデション。堤防道路傍には高田公園の桜にも負けない若木の桜が今満開。
b0161371_23311077.jpg

 飛行場周辺には誰も居らず、思う存分フライトの筈が一つ大事なエンジンプラグに電気を送るブースターの無いことに気づく。あとの祭り、エンジンかけることもできず、取りに戻る勇気もなく、仕方なく鳴かず飛ばずの週末フライト物語となった。明日は飛ばすぞ、と念じて・・・。
b0161371_23354149.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-21 23:35 | 我が家のこと | Comments(0)

4/20 花金は満開

 パソコン講習会が5月から始まるのに合わせ、メンバーによる研修会がこの日行われた。
b0161371_23173420.jpg
 
パソコン研修はぼけた頭にやる気元気を呼び戻す効果絶大の脳トレ。本日は筆者の当番でWORD2010のフタコマをこなす。担当に当たり人より多く学ぶ機会を得る、貴重な機会である。

 せっかくの無風快晴の天気、こんな日にフライトしない手はないと帰路飛行場へ。一本のバッテリーでモーターグライダーワンフライトににチャレンジ。大きな翼にスロット全開だと頭上げとなり縄跳びのように大波小波風に飛んでしまう。失速はしないが不安定な非行否飛行となり、みっともない。だれも見てはいないのだが・・・。晴れが続いたせいか関川の水量は依然多い。幸い着水にならずほっとす。1戦1勝の成果で幕。
b0161371_1525208.jpg

 フライトの帰路、公園に通じる道路は渋滞気味、車窓から撮った極楽橋界隈の様相はこうだ。
b0161371_15273364.jpg

本城町付近の道路は混雑してきた。花見会場も近い。足立、横浜、長野、品川と県外ナンバーの多いこと。
b0161371_15274885.jpg

 上越高田インター傍の排雪場所には、この冬多量の雪が運ばれた。白雪も融雪モードになるとご覧の通り汚いことこの上なし。
b0161371_11334482.jpg

 そしてこの夜、地区の小学校の職員の歓送迎会が金谷山下の音羽館にて。筆者も役員の端くれに席を置いたためにお招きをいただいた。新旧校長さんとは面識大あり。以外ほとんど面識なし。ただひたすら杯を傾ける作業に没頭す。
b0161371_11344193.jpg

 いつもの事ながら、旧職員へは選別やら祝いの花束が贈呈される。筆者も何回いただいたことか。今は遠い昔のこと。
b0161371_11384843.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-20 15:25 | 趣味 | Comments(0)

4/19 春満開

 快晴となった19日は毎年熊野神社春の大祭と決まっている。世の中に伝統と言われる地域行事ほど魅力がなく、廃(すた)れる運命にあるものはない。いや、伝えていく努力と理解がないだけである。参拝者は昨年よりやや少なく、皆1歳年を経たせいか元気に欠ける。昨年と一昨年の写真を持参す。元気で再会できた喜びを神に感謝した御仁も多かったようだ。
b0161371_21211980.jpg

 女性の神主さんのお祓いで格好がついた。無病息災。家内安全、商売繁盛を盛り込んだ祝詞、参拝者全員のご祈祷、約30分で幕となった。
b0161371_21214150.jpg

 いつものことながら集合写真に納まっていただき、参拝した実感が沸いた方も多いと聞く。木漏れ日のために写りがまだら模様で失礼した。ここに筆者は居ない。
b0161371_21215881.jpg

 この日の午後はさらに気温は上がり、公園の花見環境は更にヒートアップ。自転車にて出向く。お堀、桜、ボートの三拍子そろった写真が久しぶりに撮れた。学生時代を思い出す。
b0161371_21222534.jpg

 円内の沿道には、てんこ盛りの露天がひしめき、花見客の財布の中味をねらう。今年はやくざ系の露天商は閉め出したと聞く。安心安全で花見ができるのはうれしい。だが、商品の値段が下がったとは聞かない。
b0161371_2122549.jpg

 夏ならお堀、蓮の花、芸術作品と納涼気分になれるが春はお堀、桜の花、芸術作品の三点セットに置き換わる。しばしチャリンコを止め、宴席に腰を下ろしてワンカップ、するめ、ピーナッツでわたし流の花見気分に浸る。それにしても1月2月の大雪からこの桜花への自然の変化(へんげ)、自然の力の大きさには驚くばかりだ。
b0161371_21231299.jpg

 時は夕暮れ4時に突入せんとす。陽は西に傾き、桜の木の根本には夜桜待ちの場所取り当番が陣取る。
b0161371_21233833.jpg

 花はソメイヨシノ、酒はスキー正宗、おでんはセブンエレブンとスタッフがそろったところで名残の桜に別れを告げる。
b0161371_21244096.jpg

b0161371_21252159.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-19 21:23 | 我が家のこと | Comments(0)

4/18 桜咲く

熊野神社境内には4月半ばを過ぎたと言うに残雪はうずたかく積まれていた。明日はこの神社の春の大祭。といってもお宮があるわけでもなく、石造りの祠が数個こあるのみ。むしろ虚空蔵菩薩堂のほうが立派である。
 春は曙、ようよう白くなりたる・・・この時期早朝6時のお宮掃除は後期高齢者にとって苦にもならないだろうが前期高高齢者にとってはつらい時間帯。体全体が眠りについているところを無理矢理起こしての掃除はつらい。 
b0161371_14555146.jpg

 4月3日からの大風で杉の枝や葉っぱはいつもの倍以上だ。
b0161371_14561436.jpg

 昨今杉っ葉おいえども野焼きは御法度。大きな袋に入れて焼却場へ。
b0161371_14563295.jpg

月一のボラに出かける。新しい体制に変わって半月、名前を覚えられないのがしんどい。
b0161371_14565728.jpg

 本日の出し物は、ビデオ30分のお年寄り向きのお笑い物、そしてニュース30年代の懐かしい時代もの。喜ばれた。
b0161371_14575491.jpg

 高田公園ではないが、ここは直江津に近いホームセンター「ムサシ」前の公園。きれいに咲いた桜が美しい。シロありピンクありでそれは美しい春のコラボであった。
b0161371_14584549.jpg

b0161371_1459176.jpg

b0161371_14591640.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-18 14:57 | 我が家のこと | Comments(2)

 高田公園の指定桜の花が数輪開花し、上越地域の桜もやっと重い腰を上げて開花となった。遅きに失した開花と言えることだろう。
 本日の高田は21度超えの気温。今週300本を超える高田公園の全ての桜が桜花爛漫となることだろう。
仲間のサノ氏からは「花の宅配便」と称して近隣のきれいなこの時期の花が配信されてきた。転載の事後承諾をいただいてアップすることに。
b0161371_21334248.jpg

b0161371_21335587.jpg

 日中003.gifは満を持して飛行機の点検をす。エンジン始動テストでは2機は合格で1機は始動せず。さらに点検が必要。飛行場の整備が待たれる。
b0161371_2139410.jpg

 今日は夜も忙しかった。昨日公示の市議選の個人立会演説へ。地区から立候補の候補者には応援の動員がかかる。地域のためとはいうが、多くの選挙民は先日もらった30%アップの介護保険料の値下げ、国保税の減額の取り組みを願うことだろう。党派を超え、市民の生活を守る候補を大事にしたい。
b0161371_2144205.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-04-16 21:44 | 我が家のこと | Comments(0)