<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 昨年の6月30日の天気は晴れ時々曇りであった。今朝の天気は快晴、朝玄関先の外気温は28.5度でまるで暑い。それよりも北海道内陸地方は予想気温が32度とか、正に異常である。
 
 何をするか決めないまま「梅ちゃん先生」に続けて見たNHK首都圏SP番組「あなたの老後と死は?一人暮らし高齢者急増生活保護で三畳一間に孤立死・遺品は誰が」というショッキングなタイトルの番組
 閉塞感漂う日本列島を象徴する要因の中で一番が少子高齢化である。なかんづく高齢者のこれからが大きな課題となる、とTVは伝えていた。
b0161371_22223560.jpg

 核家族化が生んだ親の想い、「子供の世話にはならない迷惑はかけられない」語録。が、元気なうちはいいが歳をとり、一人暮らしから病気になり、国の世話にならなければ生きていけない時を迎えた時、一時期「孤独死」と言われたいわゆる孤立死が現実の問題となってくる。貧富の差はあれ、誰にでも公平に覆い被さる加齢という現実、貧しい老人は生活保護を受け、自分らしさとはほど遠い終末を迎えざるを得ない昨今を紹介していた。私たちは自分の最後をどういう形で迎えようとしているのだろうか・・本気になってシュミレーションする時期が目の前にきていると主宰者は締めくくっていた。全国からはリアルタイムで視聴者からのメールが紹介され、国の無策を非難する声、自己責任に欠ける高齢者の増大を心配する声、家族の絆の希薄を嘆くもの、等々多くの意見が寄せられていた。 さて、前期高齢真っ直中の筆者も考えることは一緒だ。生きるも地獄、死ぬも地獄のこれからの世の中・・皆さんはどうお考えだろうかご意見を是非お寄せいただきたい。

 本日はこれで終わらない
サンデー毎日の筆者のフライトはウイークディだが、現役世代のフライトは土日に限られる。本日は二人のメンバーが午後に集まりそれぞれ持参した機体を披露しながらフライト&フライト談義に華を咲かした。
 まずは、本会の代表サノ氏が持参した「青い天使」先回とばしたのは昨年のこと、エンジン調整しながら費やした1年ぶりのロスタイムを取り替え山とばかりに元気なフライトを披露してくれた。かっ飛び系の名機である。
音もさることながらとにかく速いのである。集中力を欠いたら即墜落の憂き目に・・。
きれいな機体は別名「ブルーエンジェル」とか。
b0161371_21514124.jpg

 始動から離陸までサポートはキムラ氏だ。
b0161371_2153978.jpg

 そのキムラ氏がひっさげてきたのは小型ながら30(サンマル)クラスのエンジンを積んだ「フライベイビー」である。コロコロしているが低翼機機動性抜群の4サイクル機であった。
b0161371_21552213.jpg

 この機体、操縦席に誰もおらないところを見るとリモコン機であることが分かる。当たり前だのクラッカー・・。
b0161371_21554112.jpg

 そして、本日初公開のヘリを披露してくれたのもキムラ氏。ヘリ独特のオイルのにおい、草刈り機とはやや違ったエンジン音・・・。飛行機並みのスピードで青空を飛んでいた。あまりにも速く撮影不可のために地上撮影を敢行す。
b0161371_2215863.jpg


 この日、筆者のフライト戦果は3機種で5戦4勝1敗であった。失敗談を一つ。エンジン始動のためにスターターを移送した際、12Vのバッテリー上に不用意にスターターを置いた途端、プラマイ両端子がショートして、スターターのリード線が煙を噴いて燃え上がった。あわてた筆者その焼けたリード線を握った途端指を大やけどをする。数時間氷水で冷やす羽目に。真剣さを欠いた戒めの事故顛末であった。
[PR]
by m-gamano | 2012-06-30 21:29 | 我が家のこと | Comments(0)

6/29 日本海独り占め

b0161371_2193679.jpg

 梅雨の話などどこ吹く風の花金。洗濯と布団干しは心配無用と長野県勢に独占される前の直江津海岸に出向く。毎年この時期閑静な海岸にてお食事会を執り行うことに決めている。案の定天気快晴、波小さく、アベック二組、疲れた運ちゃんがしばし息抜きの直江津海岸。すでに浜茶屋エリアには大きな浜茶屋が組み立てられ県外勢のおいでを待っていた。
b0161371_2112242.jpg

郷津海岸方面も小波がチャブチャブと寄せており、
b0161371_21111768.jpg

直江津方面もチャブチャブと大波小波が寄せては返していた。
b0161371_21114245.jpg

 いつもの折りたたみ椅子と小型テーブルを出し、原信にて求めた以下否イカの天ぷらと山菜の煮物を加え、2時間前の朝食など忘れた認知症の御仁のごとくぱくりと食らいつく。潮のカホリ、熱い日差しに心地よい潮風、いっときの清涼飲料のごとく心を癒してくれた。
b0161371_2119493.jpg

 食事が終わればもはや用なしと子供のごとくそそくさとこの場を退散。魚勢に寄って太刀魚、ほっけ、とあと何とかの赤い魚の魚盛り合わせを買い求め実家へいちもくさん・・。

この日の散歩は意見合わず別ルートに、今まで見つけなかった馬頭世観音の碑をを発見す。灯台下暗し・・とはこのことである。
b0161371_21231254.jpg

 さらに足を進めれば、春から始まった古代人の生活にロマンを抱ける発掘現場の訪問。古代人の栄枯盛衰の世にしばし思いを馳せた。
b0161371_21265727.jpg

 
[PR]
by m-gamano | 2012-06-29 21:12 | 我が家のこと | Comments(0)

6/27 空梅雨に花は鮮やか

異常気象は6月に入っても直らず、空(から)梅雨を呈す。今日の散歩はカメラ担いでしばし花と戯れる。
隣家の花と道中の花好きさんのお庭の花は目を釘付けに。今日はいつものワイドからズームアップ
気味に近づく。残念ながらこの花の名前は知らない。今度はネームプレートもつけてほしい。
b0161371_22361769.jpg

 あじさいの花だけは知っている・・・。
b0161371_223635100.jpg

 次もあじさいの花
b0161371_2237178.jpg

 花びらだけを見ていると特定できないこと多し。このタチアオイだが花びらは八重のようだ。
b0161371_223743100.jpg

 更に鮮やかなのがこの花。ど真ん中がガングロのごとく魅力的である。毎年この時期になるとなんだっけ?と大騒ぎになる。今年もまたも失念した。
b0161371_2238640.jpg

 最後はややピンぼけだがあじさいの花だ。がくあじさいと言うそうな・・山アジサイだろうか。
b0161371_2238282.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-06-27 22:34 | 我が家のこと | Comments(0)
 頼まれると断れない筆者にいろいろな仕事が回ってくる。今年は町内会老人会の会計の仕事が追加され、日曜日は妙高へ日帰り旅行だ。この旅行いわく付きであった。出発前2週間に電話をしたところ廃業になっていた。つまり破産である。会長大あわての末代打のホテルをゲットし事なきを得た。この時期下界はすでに梅雨の真っ最中の筈だが、天も我に味方したの快晴のトラベルとなった。休憩のイモリ池から見る妙高山はあくまでも深緑。
b0161371_21263933.jpg

 少し早かったのか水面に浮かぶ水蓮の花は少なかったが赤はきれいであった。高田の蓮とは似て非なるもとなっていた。
b0161371_21271585.jpg

集合写真の写りはかがっぽしくてかなわない方々多し。筆者など太陽光に関しては無防備、しかたなく一人防止否帽子をかむり遠慮がちに最後尾に逃げlこむ。
b0161371_2128271.jpg

 人生は楽しまなくては・・・歳のせいか最近特にそ思うようになってきた。そして「今を生きるべき」との言葉を福島に住む兄貴から「赤い佐藤錦」とともに本日いただく。宴が始まれば司会進行に変身。31名の参加者はおいしいお酒と料理にしばし歳のことなど忘れ去り、今の今を楽しむことに・・・。
 老人会といっても旅行に来られる人は皆元気印ばかり。当然「飲み放題」コースである。根が真面目、A型の筆者にお上手など言える筈もなく、せいぜいとっくりとビール瓶を持ってお酌するだけの体たらく・・。酔ってはいけない幹事役、いっぱいお注ぎし、2杯の返杯で数人進んだだけでここはどこ、私は誰の世界へ・・・。
b0161371_21292589.jpg

 人生を長く過ごした方々に芸達者が多い。カラオケが始まれば、併せて踊ってくれる方々も多い。今日のために準備した衣装とラジカセで座は大いに盛り上がり温泉巡りの00一座の興業そのものであった。 
b0161371_21364516.jpg
 
b0161371_21295269.jpg


 そして、本日は月曜日、学校や仕事なら完全に遅刻の8時起き、午前中はゲートボール大会の写真撮影の依頼あり。筆者自慢ではないがこの歳になるまでおよそ球に興味を持ったことなし。パチンコ、ゲートボール、ゴルフ等々・・・。
b0161371_22563186.jpg

 そして午後はフライトへ、小さな飛行機とモーターグライダーを持参す。小型飛行機は、点火プラグのバッテリー不足で通電せず没。モーターグライダーは風があるにもかかわらず、高度な飛行テクニックでゆっくり、高く飛んでくれた。どこかのじいさん立ち止まって見ていた。苦情を言いたいのか、それとも飛行機に興味を覚えたか・・近づくとそそくさと去って行った。
b0161371_22565060.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-06-25 21:28 | Comments(0)

6/23 44年前の姿に戻り

 「教え子二人(友の)遠方より来るあり、また嬉し(楽し)からずや」どこかで聞いた漢詩だろうか。新卒時の教え子、といってもすでにアラ50の世代。子供が居て孫もいる世代、二人とも現役最後の踏ん張りをしているそうな。
 師である筆者最近見聞きすることはとんと忘れがち、失念することも多いが新卒時代の記憶は不思議とメモリから消えることはない。新卒時小学校5年生だった二人だが、当時に戻るに時間はかからなかった。成績や性格、行動すべてが鮮やかに蘇ってくるから不思議だ。T子さんとHさんの二人からは教師一年生の筆者の未熟さがこれまた鮮やかに蘇ってくるなど正に赤面の至りとなる。
b0161371_20512577.jpg

 話弾んで駅前の酒舗に入ると話は更に弾んだ。Hさんは近い将来旦那と北の大地に雄飛するとの話。TV「人生の楽園」を地でいくような話に筆者驚きとうらやましい気持ちでおなかいっぱいとなってしまった。二度と来ない人生、将来を自らの手でゲットしようとする教え子に拍手喝采であった。
 なるようにしかならない人生を送ってきた筆者には学ぶべきことの多かった週末となった。この子等に幸多かれと祈る。
[PR]
by m-gamano | 2012-06-23 20:47 | 我が家のこと | Comments(0)
 「最初は何をどう動かせばいいのかわからなかったパソコンでしたが教えていただいたおかげでどうにか分かり堅い頭と指先に血が通ったようです・・・。」とは、講習会最終日それぞれ発表いただいた中のAさんのお言葉。受講者は学ぶ喜びを感得し、ボラ各位は教えながらも自分で今までにない何か新しい発見をした喜びを満喫したようだ。
b0161371_22403744.jpg

 今回は、ボラのサノ代表さんもワンポイントレッスンでUSBのデータの出し入れの仕方を懇切丁寧に指導、講師のサポートに回った。
b0161371_22443190.jpg

 ライブラリー主催のパソコン講習会は2回目が終わったばかり、今後7月3日~6日まで3回目上越教育大学学校教育総合研究デンターで行われる。まだ、余裕があるとのこと、問い合わせて見てほしい。電話545-9214へ
内容はWindows7上でマイクロソフトOfficeWord2010を研修することになっている。

 さて、講習会終了後、妻のお昼の手料理を逃れて、ささやかだが今回のボラのご褒美として、女子会の向こうを張って一人食事会に出向く。ところは高田駅前高田キャッスルホテル内「和食処吉田」だ。駐車場は隣にあり、680円で日替わりランチコーヒー付き。先日は天ぷら定食だったが本日はキスのフライ定食。弁当を作ってもらえぬサラリーマン、少し年増の女子会のメンバーで結構はやっていた。配膳担当はお姉さんではなく、黒の背広をきた立派なホテルマン・・。「筆者の紹介です」と言えば半額にしてはくれないだろうな・・?。
b0161371_2323574.jpg


 話はこれで終わらない。酷使しため眼鏡のねじが我が顔と同じく緩み始め、鼻眼鏡になりつつあったので眼鏡スーパーに点検を依頼。待つ間「コスモ本屋」にてPC本を探すがここも以前の元気はなく、PCの本も少ない。結局飛行機の本と「15万円で暮らせる年金生活」なる本にはまってしまった。
我が人生のエンデング交響曲を聴かねばならぬ年頃に愕然とす、飛行機どころではないと自覚することおびただしかった。

 さらに作文は続く。先日北陸新幹線の路線名が決まったと書いてしまったが、年寄りの早のみこみで実は並行在来線の名前が決まった、とのことであった。本日TVで知ったこと。
b0161371_2328546.jpg

 新会社は「えちごトキめき鉄道株式会社」、そして、2本の路線名は「妙高はねうまライン」と「日本海ひすいライン」となったようだ。さて、あとは北陸新幹線の新駅の名前はどうなるのだろうか。JR東の出方が気になるところ。
[PR]
by m-gamano | 2012-06-22 22:44 | パソコンのこと | Comments(0)
 昨日はパソコン講習会を欠席した筆者3日目は参加。与えられた課題のベタ打ち原稿に皆必死となっていた。かすむ目、10.5の小さい文字、その受講者をあざ笑うかのように画面を踊りまくるマウスポインター
 大きな文字、画面サイズを大きくすることをアドバイスして机間巡視に励む。
b0161371_21333937.jpg

 お楽しみは15分の休憩。コーヒー一杯のご褒美だがパソコンから解き放たれた心の内をパソコン談義が彩る。今日はチョコレートの差し入れがあり、話は更にブレークす。
b0161371_2137243.jpg

 我がスタッフの二人ヤマダさんとヤマモトさんだ。この表情を見る限り支援もうまくいった模様。二人の肖像権は無視、忘れないでね~とでも言いたげに見えた。
b0161371_2140221.jpg


 帰途、脇野田駅近くに用事ありで新駅の写真をパチリ。すでに線路敷設後の2階には新駅舎の骨格ができあがっており、道路の拡張工事も活発であった。明日22日にはこの路線の名称が発表されるとか。筆者「北陸新幹線」とばかり思っていたが・・。
b0161371_21455653.jpg


 曇り空ながら21日本日は年に一度の夏至とか。昼が一番長く夜が一番短い・・当たり前だが・・。
妻が喜んだのは玄関灯と駐車場灯の点灯時間が短くて済むから・・とか。さもありなん。
隣家を見ても玄関灯をつけている家は皆無。街灯の明かりだけがぼんやりと照らすのみ。考えてみればこの暗闇を歩く女子供など今時いない。すべて車でドアtoドアの生活。おかげで転居者の顔など見ることも少ない。まさに「隣は何をする人ぞ」を地でいくような話。
b0161371_22101160.jpg

 しかし、考えてもみよ・・。今灯りを引き合いに出したが援助や親切は人からしてもらうものではない筈。まず灯りは自分が立ち上がり率先して近所や地域に貧者の一灯になるべきであろうと思う。いつかはくるかもしれない大災害の備えに必ず役立つことだろう。
[PR]
by m-gamano | 2012-06-21 21:34 | パソコンのこと | Comments(0)
 [BS日本の唄」の録画番組がテレビに流された。今まで眠っていたAさん、むっくり起き上がり、目を凝らしてテレビを見る。隣ではやや固まった手を小刻みに震わせながら拍子を取ろうとするBさん。懐かしい演歌に反応した利用者。本日の傾聴ボランティアの仕事は、演歌の拍子とりの支援に尽きた。ボラのオオイさんの手拍子に続いて拍子をとるCさん笑みが若々しい。
b0161371_22104392.jpg

 職員にタンバリン、カスタネットなどを楽器を出していただき、利用者に配る。皆思い思いに振りながらキム、ヨンジャ堀内孝雄の唄に合わせていた。
 筆者持参の映画はアニメーション、小川未明作「二度と通らない旅人」「龍の目の涙」「校長先生が泳いだ」の3本立て、普段はバラエティ番組や韓国ドラマを見ているであろう高齢者の方々も昔見たアニメにはほっとしたのか食い入るように見ている。
b0161371_2221338.jpg

毎月訪問して驚かされるのが壁のデコレーションだ。来月のテーマはおそらく、私の願いであったろうか、トイレットペーパーの芯で作った竹の竿には沢山の願いを書いた短冊が張られていた。利用者の気持ちはすでに7月、七夕の天の川に流れていた。
 
b0161371_2225012.jpg

b0161371_22252563.jpg

 一と月ごとの逢瀬ではあるが、利用者は我が不細工な顔は忘れられないらしい。3時間のお勤めを終えてお暇(いとま)乞いの時には我が手をしっかりと握りしめる温かい手、「また来月も来よう」と思う不思議なパワーを感じて仕方なし。
b0161371_22484477.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-06-20 22:25 | 我が家のこと | Comments(0)
  表題の言葉は、今日カーラジオで聞いた草笛光子さんのコメントである。「草笛さんはどうしていつもお若いのですか?」と大学教授からの愚問に答えた言葉。ものは考えよう・・と言ってしまえばそれまでだが、筆者は「もう」と「まだ」の違いと同じく、ものは解釈によりけり、考えによりけり・・と同じととらえた。ネガテブに考えるかポジテブに考えるか・・とも同義語のようだ。

 さて、歳のことは忘れることにして、本日から恒例のライブラリーが主催するパソコン講習会上越教育大学で行われた。受講者11名にボラは6名、初級コースにつき、持参の機種は千差万別、ソフトもバラエティに富み、経験差は宇宙のごとく広大であった。
b0161371_20433118.jpg

 父の日のプレゼントに息子からもらった新品PC持参の御父さん、賞味期限の切れたOFFCE互換のソフトを持参された御婦人、全員がローマ字入力で進めた珍しいケース異例ずくめの楽しい3時間となった。
b0161371_20482834.jpg

 立ち向かうボラ6人は、つかず離れずをモットーに親切丁寧の背後霊に化けて支援にこれ務めた。
b0161371_2050466.jpg

b0161371_20502220.jpg

 ここは付属小学校に隣接する学校教育総合研修センターが会場、子供の歓声がグラウンドいっぱいに響きわたり、花壇にはきれいななんとか花がほほ笑んでいた。
b0161371_20525025.jpg


 本日はこれで終わりではなかった。眠くなる午後1時半からは、民生委員児童委員ブロック研修会で2時間半高速否拘束される。研修テーマは「介護予防事業について」だ。全国3位と高い市の介護保険料、これの説目にも当然質問が集中したのは言うまでもない。疲れた午後のひと時であった。
 それよりも今夜襲来する台風4号の方が怖い。
[PR]
by m-gamano | 2012-06-19 20:50 | パソコンのこと | Comments(0)
 昨日は日本全国津々裏々父の日であった。筆者も父の日の該当者の一人であるが、孫ができたからというもの父の意識は日に日に希薄となり、じじ意識は日毎濃密になるばかり
 しかし、息子たちが居て父が居ると思うようになってくるから不思議だ。今年もそれぞれから電話あり、プレゼントあり、祝い酒まで送ってくれる心やさしい息子たちである。
 午前中には唯一独身を貫いている二男からお酒が送られてきた。ちょうどお酒が切れて焼酎に切り替え、その焼酎も切れたところ、酒飲みには酒が集まるというのは本当らしい。ゆっくりじっくり味わって呑むことに。
b0161371_161226.jpg

 隔月第三日曜日は町内映写会が午後2時から行われている。当日もボラ3名の応援を頂いて実施す。観客は堂々の15名、大広間はやや広すぎたが16ミリ映写は距離が必要。どうやらレトロ調の昔映画は喜ばれたようだ。
b0161371_22231076.jpg

 父の日のプレゼントはうれしいがさらにうれしいのは孫の写真と近況報告を聞くことだ、「這えば立て、立てば歩めの(親)じじ心」のごとく、孫の様を隣家の赤ちゃんに重ねて喜んでいるのが新潟のじじである。
b0161371_1674983.jpg

夕方には三男から電話があり、そして長男からは孫誕生祝いの内祝いと父のために「ジンベエ」が送られてきた。うれしくもありうれしくもありである。
b0161371_1681170.jpg

さて、梅雨に入っても雨は降らず、夕方の散歩は続く。昔クズ屋根とか茅葺屋根と呼ばれた大きな屋根も今では茅の調達や職人不足で皆トタン葺にするとか、ここでは瓦風の屋根に葺き替えていた。古民家の復活である。
b0161371_1611278.jpg

さらに歩みを進めれば、我は一番の背高のっぽと言わんばかりの「タチアオイ」を見つける。しかもこの時期のタチアオイの色はほとんど赤の目立つ色だ。深緑の中の真っ赤、アジサイのとは違ったインパクト、みんな違ってみんないい。
 
b0161371_1611211.jpg

 インター入口に向かって進めば、ほとりの小川(とは言ってもどぶ川だが)の土手にはサワグルミかオニグルミだろうかすでに実をつけていた。カラスがくわえて上空から落としたり、車につぶさせるスゴ技を思い出す。
b0161371_16114054.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-06-18 16:00 | 我が家のこと | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano