<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 日本経済の悪化、政治の空白を見透かすようにロシア首脳による北方領土の訪問、東に目を遣れば尖閣諸島問題、中国の活動家の手によってやすやすと上陸される体たらく、竹島問題では韓国大統領による訪問を指をくわえて見ている始末、そして数日前中国に於いて日本大使が乗った車の国旗が暴徒によって略奪される事件等々日本近海波高しの様相を呈してきた。この内憂外患の危機をどう切り返すのか日本、立ち上がれるのか日本、小松左京の「日本沈没」が現実味を帯びてきたことは確かととらえなければならないようだ。
 それにしても、どうしてこうまでなったのか、筆者の浅学な知識で考えた拙説を確認したい。
 勤勉、実直、忍耐、融和など多くの良識でこれまで世界をリードしてきた日本人に何かが起こっており、何かが崩れかかっているとしか思えない。もともと日本は小資源国、加工貿易にしかその活路を見いだせない島国である。先の大戦勃発の火種も元はと言えばアジアに資源を求め、アジア市場に打って出ざるを得なかったところにある。日本は袋小路を前進するやけのやんぱちの子供に等しかったと見える。
 負けは分かっていた太平洋戦争。それでもやめることをしなかった大本営、だまされ続け、多くの肉親を失った国民、今言えることは本当に日本を憂い、日本のために動こうとするリーダーに恵まれなかったことであろう。 自民党時代もそうであったが期待した民社党の時代に入ってからは自滅への道をまっしぐらとしか言いようがないのも悲しい事実だ。
 日本全国、優秀な人材はそろっていると言うが、国のために身を挺し、資材を投げ打って奉仕する企業人や政治家を見ることはない。サラリーマン政治家、首をすげ替えるだけの国政では外国から馬鹿にされるは必定。評論家オンパレードでは日本の再生は不可能なのである。
 棋界い例えるならどうにかして将棋,碁のごとく相手の三手十手先を見て動けるスーパーリーダーから出てもらいたい。そして、我々国民は学問をし、常に新しい製品作成のためにアイディアを磨き、世界に冠たる人材立国になってほしいと願うばかりである。学ばなければ弱肉強食のこの世界餌食となるは必定がこれからの世界。元気のない若者には発憤してもらいたい。
 
 ドゼウの野田総理は忍耐強くぶれない政治をしていると思ったが、この首相のブレーンは誰か、シンクタンクはどこにあるのか。貧者の一票をしっかりと握りしめ、衆議院解散まで今の政治、政局を見据えたいものである。
 つぶやきを少しばかり書いたが元気の出る日本、ギリシャやスペインのようにならない昔の「明るいナショナル」のコマーシャルソングのような日本再生を是非果たしたいものである。

 いささかお疲れモード、友人から送られてきた「サギ草」で一服していただきたい。育てている方はイマイ氏である。
b0161371_23271729.jpg

b0161371_23273881.jpg


 そして本日のエクセルの研修会の画面、グラフを作成する仕方を学ぶ。家計簿の支出項目と支出の増減そか筆者思いつかなかった。
b0161371_23293463.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-30 23:29 | 我が家のこと | Comments(0)

8/29 8月もあと二日

 親にとって遠く離れた子供の健康安否ほど気がかりなものはない。音信不通なら普通否不通で心配、どこか具合悪ければこれまた心配。千葉に住む息子は昨夜体調不良で救急外来の扉をたたいたとか。点滴を受けてどうにか帰宅したものの、気丈と心配が交差する声が電話の向こうから。そういえば昨日は当の息子の3ヶ月の孫がこれまた風邪から肺炎となり入院騒ぎを起こしたばかり。夏の暑さを悪者にしたが心配は絶えない。遠くにいても何もできない越後の親は傍に住む向こうのご両親の世話に安堵の胸をなで下ろすことは多い。ありがたいことだ。この暑さ看護に行ったじじばばが倒れたのでは申し訳ない・・・と。そんな2012年8月29日もあと数時間で終わる。
b0161371_20573754.jpg

 毎朝の挨拶「今日も暑くなりますかね~。」も定番となった。気温33度超えは当たり前。その当たり前の今日PC講習会2日目を迎えた。レベル中級といいうことで上越教育大学教授のイシノ氏を招いて。講話「ITの最新情報とフェイスブックなどのSNSの活用」をお願いした。
 SNSやフェイスブックなどカタカナや英語はよく知らないがIpadを使った実技は正に目からウロコであった。下の写真は我がメンバーが居眠りをしている風景ではない。Ipadを使って真剣に検索作業をしているところである。
b0161371_21201930.jpg

見たい夜空にIpadをかざせばそこに現れるであろう正座否星座がはっきりと表示され、だれでもプラネタリューム観察の気分に浸れるから驚きだ。講師の話によればポータブルナビにもなるとのこと。
b0161371_2121272.jpg

外国では携帯とIpadとeーモバイルがあれば案内無しで目的地にたどり着くことができるとか。
 講師はその外に恐ろしいことを宣った。「今後携帯はなくなり、ほとんどIフォンやスマートフォンになるでしょう・・。」と。今3000円超えでまかなっている我が受信専用の携帯電話、この倍以上するスマートフォンには乗り換え不可ということだろうか。10%増税による社会保障のための財源は我が余生に回ってはこないようだ。


 世の高齢者は早朝気温が上がらぬ内に散歩に励んでいるようだ。筆者は若者と同じく朝に弱い。したがって散歩も従来夕方としていたが暑さでカット。代わりに「プファー」でお茶を濁してきた。久々に散歩にでる。
建設中の山麓線は片側2車線計4車線が急ピッチで造成されていた。これだけの広さがあれば格安航空機も着陸はできるだろう。完成前に一度は我が愛機を飛ばしたいものだ。言ってみただけ。(^^)
b0161371_2135752.jpg

 市の上水状況は豪雪でつながっているらしく、これだけ暑くても「節水勧告」未だでない。散歩コースにある青田川の用水はほとんど枯れて流れを認めない。
b0161371_21373187.jpg

 それでもこの暑さは新潟コシヒカリの生育には欠かせない。柏崎では刈り取りが始まったとか、ここ上越市の米も順調に育っていた。早いものである。筆者の加齢速度もきっと加速したことであろう。
b0161371_21393731.jpg

 団地に帰ればいわゆる「花咲じいさん」ことヤマギシのじいさんが作った「ケイトウ」ではない、真っ赤な葉が周囲を圧倒していた。名前を知っておられる方はお教え願いたい。
b0161371_21414265.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-29 20:44 | 我が家のこと | Comments(0)
 その昔、筆者が少し若かった頃、8月に大きな行事は無かった筈。暑い夏、息子たちが帰省し、家中どんちゃん騒ぎでとてもとてもおじいちゃんやおばあちゃんがパソコン研修どころではなかった・・と記憶している。が、時代は変わり節電しなければならない時代になっても電気は来る。エアコンのお陰で涼しい環境で学習はできるいい時代になった。年々老いる我らPCネットも今ではすっかり頼りにされ、本日から4日簡にわたって、ライブラリー主宰のエクセル中級のお手伝いをする羽目に。学ぶ機会に感謝!!
b0161371_21112931.jpg

 10名の受講者にボラとその見習いが10名も集まった。さして大きくもない中会議室、20人超えが出す二酸化炭素は28度設定のエアコンの冷却能力を遙かに超え、皆酸欠の金魚のごとくクチパク状態であった。
 パソコン講習会の写真のアングルほど色気のないものはない。アップはいけない、背中はやはりおもろくない・・。
b0161371_216238.jpg

 帰路、役所にて用事を足す。(用を足すではない。)お昼休みであったせいか、トイレでは数人の男子が(当たり前男子トイレ)歯磨きに余念がない。異様な光景だ。貧乏くさい上越市の福利厚生施設だ。もう一つ異様な光景は、勤務時間中にそれぞれの課の窓口に出向くとほとんど全ての職員がパソコンのデスプレイ(オスプレイではない。)に向かってキーをたたいている。自分のことで恐縮だが、しなくてもいい仕事のようで疑問沸騰だ。お叱りを受けるかも・・。

 さて本題その2 出口で新幹線の新駅00駅のモックアップ?を見ることができた。上越大通り側から見た駅頭である。期待に棟も膨らむ。
b0161371_20574481.jpg

 筆者が乗るであろう西側(山側)から見た駅頭のモックアップである。こちら側は遺跡公園ができるとか。古代人のロマンが忍ばれる。
b0161371_2104874.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-28 21:00 | パソコンのこと | Comments(0)

8/25 オスプレイか?

 週末の土曜日、くそ暑い中仲間と飛行場の刈りに出向く。交代で行う草刈りもこの広さでは、熱中症覚悟でしなければならない。梅干しと麦茶を用意し、冷やしたタオルを首に巻いて作業。元気はあるがやる気のない老体をだましつづけて行うことに。
 この日の夕方、Nさんが持参した今はやりの米軍新鋭輸送機オスプレイに似て非なる飛行物体を拝見することに。オスプレイは双発だがこれは4発のペラあり、空飛ぶ円盤のごとく。
b0161371_13252462.jpg

 コントロール送信機はなんとこれまたはやりのIPadである。Ipadを傾けるとそれに呼応して飛行機も傾いて前進することに。これは上昇中の飛行物体。無いものねだりの気持ちがムラムラ・・。
b0161371_132851.jpg

 翌日は日曜日、お盆からこのかた休みはまるで無くなった筆者。今日は「森の幼稚園てくてく」の暖房用の薪割り作業のお手伝い。爺組3人のじじ力を発揮しようというもの。筆者の仕事はまさかりを担ぐのではなく、エンジンで圧縮した油圧で斧をドンコロに食い込ませるもの。輪切りにした栗の木をセットする。レバーを引くとまさかりの刃が静かに輪切りに食い込んでいく。負荷がかかるとエンジン音が大きくなる。「メリメリ」「バリバリ」の音とともに大きな幹がぱっくりと割れる。驚きの一瞬だ。
b0161371_20243616.jpg

 ブログをアップしている今は月曜日の午後8時過ぎ、隣のテレビでは「鳥人間コンテスト」の番組が始まっており、目はアッチコッチとアップもままならぬくらい目まぐるしい。
b0161371_13352941.jpg

 ここは山中だが風は吹かず気温は上がるばかり、スタッフと園児の保護者総勢15名くらいか、暑さと疲労でじじたちも次第に寡黙に、しかし、その成果は下の写真の通り、立派な割り木の山ができあがった。
b0161371_13355111.jpg

 終わってみれば時刻は午後3時半、がんばった自分をほめてジュースで乾杯、体力と気力にいささか自信を取り戻した日曜日となった。ちなみに左からオオタキ氏イマイ氏筆者の3バカ否3人トリオじじ組
b0161371_13361453.jpg

 
 帰れば乾いた喉を潤すごとく隣の班の暑気払いのお誘い、早速冷えた「プファー」の洗礼をうけ、冷酒、サザエ、枝豆をいただく。この宴暗くなっても終えることななかった。
b0161371_13363693.jpg

 
 書いている今日は27日、テレビを見ながらのブログアップ、鳥人間コンテスト、デスタンス部門は東北大学が10キロを超えたところでパイロットの足がつったとのアクシデント、これって昨年のパイロットも同じ災難に遭った筈・・とか。がんばってほしいもの。
b0161371_2025441.jpg

b0161371_20252813.jpg

 筆者の空飛ぶ願望は歳とともに衰えるどころか益々強くなっていく。愛機で散骨、日本海へ、♯私のお墓の前で泣かないでください。そこに私はいません。♭日本海上空でパラパラ・・風になって・・なんてことにならないだろうか心配だ。
[PR]
by m-gamano | 2012-08-27 13:34 | 趣味 | Comments(2)

8/24 成果はいかほど

4日間にわたった柿崎区におけるパソコン出前講座が終了す。課題は高齢者向けの「紅葉狩りのご案内」経験差、年齢差等多くの違いがある中、最後は皆世界にたった一つの作品を完成。
b0161371_21144198.jpg

 限られた時間の中、受講者は勢力的であった。この講習会単にWordのスキムを学ぶだけではない、仲間づくり、生涯学習など多くのねらいが詰まった講習会と位置づけた筈。最終日後半はインターネットによる情報検索の課題。「上越市の人口は?」「上越市にはどんな温泉があるの?」等々身近な課題にチャレンジ、皆喜々として取り組んでいた。
 最後は学んだ仲間が一堂に会して集合写真に収まっていただく。次回は年賀状作成につなげるとか、「明日パソコンを買います。」という声、やる気満々を感じた暑い暑い2012.8.24であった。筆者この日検索した現地の「ゆったりの郷」で温泉に入り、天丼を食して講習の垢を落とす。
b0161371_227358.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-24 21:57 | パソコンのこと | Comments(2)
 暑さは続く23日、8月も後半、そういえば本日は処暑、二十四節気の一つとか、余り聞かない言葉だが暑さもこの頃でそろそろ終わりとなる頃とか・・。しかし、暑さは去らず、夕べのゴロゴロピカリは期待外れの空振りとなった。 
 明ければ今日は柿崎パソコン出前講座の3日目、一昨日が工事停電で実施できず本日はふたコマをこなすことに。ベタ打ち原稿の打ち込みから編集まで、初めての受講者には何が何だか分からぬままに作品ができあがったかも知れない。
b0161371_21332617.jpg

 ボラも真剣そのもの、いつも新しい発見があり、解決策を求めることに・・。
b0161371_21342048.jpg

 この講習会、受講者全員が必ずしも満足して帰宅できるものではない。学ぶ喜びのきっかけになればそれでいい筈。あとは自学や本格的講習会に参加する選択肢も・・。そのお手伝いがボラの仕事である。
b0161371_21371421.jpg

 片道20キロを超える柿崎詣では明日で終わり。明日は欠席者が出ませんように、と祈るばかりだ。
[PR]
by m-gamano | 2012-08-23 21:38 | パソコンのこと | Comments(0)
 夕方形ばかりの雷と稲光そして夕立、干上がった畑や庭木を潤すまでにはとても及ばない焼け石に水のごとくのおしめりあり。しかし、夕立の効果は気温には覿面(てきめん)。これで外気温が2~3度は下がった気がするから不思議だ。 
 さて、20日から高齢者パソコン講習会の出前講座が柿崎中学校で開催された。2時間5日間コースである。受講者は13名、整備されたコンピュータ教室で冷房の効いた環境はしばし暑さを忘れるほどだ。
 筆者はなぜか今回講師に祭り上げられてしまった。習うより教える方が余程勉強になることは必定。
下調べ、指導法の工夫など毎日が勝負となるから暑いなどとは言っていられない。幸いライブラリー所長以下PCネットの主要メンバーがスタッフとなってくれ、初日、二日はどうにか無難にこなしたようだ。
b0161371_20162082.jpg

 今回使用するのはビスタ&Word2007でマシンもデスクトップである。
b0161371_20172830.jpg

 
 二日目の夕方、風も凪となり、暑さも落ち着いた4時半頃、飛行場へ。今日はモーターグライダーとカルマート52のエンジン機持参である。
 モーターグライダーは、ゆっくり優雅に飛び、カルマートは馬力にものを言わせて大空を駆けめぐった。が、燃料パイプの詰まりかエンストを起こして、2回とも緊急着陸となった。幸い下手ながらも落ち着いた操縦で2回とも滑走路上に無事着陸する。夕闇せまる滑走路上に西に位置した土手の陰がダークに延び、秋は近くに来ていることを実感させられた21日の関川河川敷であった。
b0161371_2024238.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-22 20:24 | パソコンのこと | Comments(0)
 言いたくもないが暑さは衰えることなく盆地高田を毎日覆い尽くす。公園のお堀の蓮の花、この暑さに耐えきれず恥じらいもなく風をいっぱいに受けるがごとく花びらを全方位に投げ出していた。何だかわかるような気持ち・・・。
b0161371_21535150.jpg

 我が家の晩生(おくて)のカボチャもお天気には勝てず、しおらしくだらしなく無気力に息をしているようだ。さもありなんである。
b0161371_2151366.jpg

 そして、食われる前に食べられたくないように色気づいたゴーヤの実、グリーンに映えてオレンジ色となった。これでは錦鯉を食べるかと言われるようで気持ち悪い。
b0161371_21512544.jpg

 冷えた大広間、少ない観客、8月の町内映写会の観客は15名とやや不漁であった。この会館へたどり着くまでに倒れるのを心配した高齢者も多かったと解釈。しかし、上映した映画は笠 智衆、原 節子、杉村春子など銀幕のスターを配した「晩春」。ゆっくりと流れるショット、父を想い嫁に行こうとしない一人娘、母を早く無くした父子の切ないまでの親子の情が大広間に流れ「終」の文字が出た時には、思いかけず拍手が出た。主宰としては感激の一瞬であった。支援いただいたイケダ氏、サノ氏には感謝の言葉しかない。
b0161371_21514663.jpg

 この日は、いいことばかりで終わりとはならなかった。前町内会長をされたサイトウ氏が一昨日72歳の若さに別れを告げ黄泉の国へ旅立って行った。いつかは誰にも訪れる終末、それにしても早すぎたお迎え、世の無常を感じぜざるを得ない終日となった。聞けば人との関わりを重んじ、酒をこよなく愛し、家族を愛し、地域を愛した人物であったとのこと。人は死してその評価がされるものと思った。通夜に参じた弔問客の数から推して知るべし。
b0161371_2152282.jpg

 我が映写会も故町内会長に背中を押されて実現した遺産のようなもの。今は只故人のご冥福を祈りたい。合掌
b0161371_2152194.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-20 21:52 | Comments(0)
 第2団の息子と孫二人組は、三泊四日の民宿生活を終えて本日お昼前帰路についた。
b0161371_21281947.jpg

b0161371_21284074.jpg

じじの膝をしっかりと温めた孫、母の手作り料理を満喫した様子の息子、現場では苦労が絶えぬのかはたまた小さな子供3人を抱えた綱渡り生活に苦労しているのか、よく寝よく食べよくしゃべって帰って行った。
民宿「がまの亭」の今期の営業は本日で終了。明日からはじじとばばの元気回復期としたい。またのご利用を心よりお待ちする。ご愛顧に感謝感謝だ。
b0161371_21305379.jpg


 静けさが戻った我が家、早速鈍った腕を磨かんと未だ暑さの残る飛行場へ。2機持参す。誰も居ない。グライダーを飛ばすも充電が不十分で途中でバッテリー切れ、川の上からうやっと飛行場へ滑空させるも背丈を超える芦原へ不時着。長靴に履き替え探すこと30分。ようやく無傷の愛機を発見。喜びはひとしおであった。初心者時代は半べそで探したのも今は昔、初心忘れるべからずとはいつの世も同じだ。
b0161371_21395884.jpg

 2番手は小型エンジン機「メダリオン」小さいながらもくるくるとよく飛んでくれた。高々度飛行もループ(宙返り)も自由自在だ。全てを忘れ集中できた2時間、夕立を招く雷を避けて早々に退散す。
[PR]
by m-gamano | 2012-08-18 21:16 | 我が家のこと | Comments(2)

8/15 第2団到着

 お盆も中日、15日午前次男とその仲良し組が帰っていった。暑い高田、狭い家をよく訪ねてきたものだ。出会いは大事、どこかでお世話になるやも知れぬ。そんな想いでお迎えしたが3泊4日のスケジュール。互いの健康とご多幸を祈り駅頭まで見送る。
b0161371_22512834.jpg

 その後三男ファミリーも自宅へ向う。3歳の長女と8ヶ月の長男、口もきけないだけにばばの気持ちを一番引いたのはこの孫である。
b0161371_22533657.jpg

 翌日16日は、月一の慶弔否傾聴ボラの担当日。相棒のオオイさんと二人出向く。お盆だから少ないと思いきやなんのなんの普段と変わらない利用者の数。
ホール入り口のデコレーションは今は夏模様、スタッフと利用者で仕上げた「海の物語」だ。
b0161371_2258227.jpg

今日の見物は「昭和30年代のニュース映画」と「晩春」である。昔に帰ってゆっくりと見ていただく。しかし利用者はお風呂や別室へと移動は激しい。
b0161371_2303279.jpg

 この夜帰省第2団を迎える。長男と孫一人、夏風邪を引き遅ればせながらたどり着いた二人である。翌日16日、夕方からバーベキューをセット。先日の10人のバーベキューと違い静かなゆっくりとした時間が流れたことは言うまでもない。
b0161371_2383424.jpg

その昔、バーベキューやソーメン流しなどどこの高貴な方々がやるものかと他人事のように息子たちには寂しい思いをさせてしまった。しかし、孫連れともなれば話は別、一つ買い二つ揃えて今年は初めてのバーベキューとなった。団地で一番うるさくしてしまった「がまの亭」のイベント。第一団の反省により大人のバーベキューとなった。
b0161371_2385520.jpg

 息子に孫を加えて呑むビールはうまく、ばばも上機嫌の数時間を過ごしたようだ。もし小学生だったらどんな絵日記になったことだろう。じじの思いは既に豪雪なるだろう正月のイベントにすっ飛んでいた。
b0161371_2392676.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-08-17 23:02 | 我が家のこと | Comments(2)

孫よ来い


by m-gamano