昨年の今日の日記は大雨が降ったとの記載あり。正月前のこととて屋根の雪が重く惨事があれば困るとのことで、自ら屋根に登り屋根雪の半分を降ろしたとのこと。昨年の今の苦労が思いやられた。
 それにしても降り始めが早くしかも根雪となった今年の雪、その後は風と雨と天気でそのほとんどが消えてしまった南葉山麓降雪状況、今年の29日は正に小春日和の暖かさが感じられ民生で訪問する玄関先の第一声が「ふらなくていい案配だね・・。」である。
 その昨日買い物先の清水屋から見る妙高山と火打ち山そして妙高連山の勇姿はこの時期にしか見られない大パノラマである。
b0161371_22305698.jpg

 板倉の清水屋スーパーへ正月買い出しへ。野菜から鮮魚まで大型スーパーと同規模だが一番の売りは安さにある。およそ市価の70%になるだろうか。遠くても駆けつけるお客は多い。
b0161371_22182645.jpg

 帰路脇野田の新幹線新駅に立ち寄る。既に駅舎の概要は完成しており、どこの新幹線駅も同じように卑近な例で申し訳ないがカステラの容器に似て立方体の箱物だ。しかし、よく見ると東側玄関の壁はなぜかカーメーカーの本田のエンブレムに似てHの形が多用されているように見えて仕方なし。
b0161371_22202663.jpg

 そして、この日我が民宿GAMANO亭には我が長男とその長男の2名様ご一行が到着しにわかににぎやかとなる。モザイク模様の中にも馬場否ばばの笑顔が見てとれるというもの。この日からじじは番頭へと変身しお客へのサービスにこれ努めることになる。
b0161371_2221043.jpg

 明けて29日は前述のように快々晴。穏やかに晴れ上がった日に本来ならばフライトに行きたいところだが飛行場は雪原の下。まさか車輪をそりに換えてのフライトも現実味なし、倶楽部のサノ氏を訪問し飛行機談義に花を咲かす。この工房には珍しい珍品がずらり、よだれがでるような逸品もズラリ。
 雪原でも走るホバークラフトは珍しい。
b0161371_22472430.jpg

 そして、発砲スチロールでできた小型電動飛行機、軽くぶつかっても壊れにくいのが売りの逸品。
b0161371_22491376.jpg

 そして本日のフィナーレは息子と孫と内湯ならぬ外湯へと・・。温泉は妙高市の「かわら亭」へちゃぽん・・。
b0161371_22513519.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-29 22:19 | 我が家のこと | Comments(0)

 TVに見る新潟県の気象の状況は様変わりだ。我が玄関の水銀柱は9時の段階で0度を示す。夜半以降地響きを立てて大活躍のブルの音まるで無し。おそるおそるカーテンを開ければ雪振らず東北は庄内平野をわたる地吹雪に似て恐ろしげな北西の風だ。
b0161371_2248328.jpg

我が山麓に振る雪は素直だ。まっすぐに降っては崩れもせずただひたすらに積もる。去年の冬など黙って降って60センチ相場であった。
 去年の26日のブログタイトルはこうだ。
「12/26 つに来た白い恋人ならぬ白い悪魔」
 そして、この日の本文はこうだ。
年末の一大イベントクリスマスをホワイトクリスマスにしてくれた白い恋人はその本性をむき出し白い悪魔と変化(へんげ)。起きれば30センチ超えの大雪、朝方のブルのエンジン音が降雪の多さを物語っていた。我が家のガラス窓はこの時期乾燥機に変身。窓の内側には一面の結露。乾燥機不要の季節となる。おかげで就寝中は乾いた空気にさらされて喉はカラカラ、加湿器がほしいとは筆者ばかりではないようだ。

 もういくつ寝るとお正月・・・4歳になる孫は田舎に帰ることを楽しみにしているとか・・・そり遊びをさせてやりたい、雪だるまも作ってあげたい、かまくらも作ってあげたい・・夢はふくらむじじの胸の内である。それにしても大雪はじじの手に余ること大。
 
b0161371_2249121.jpg

 以上はクリスマス寒波に見舞われた昨年の記事、白い悪魔に嘆くじじと孫を迎える準備にいそしむ二人`目のじじの姿がおもしろい。
 それにしても四季が折々過ぎる。夏暑すぎて住みづらく、冬寒すぎて住みづらい・・・高齢者には過ぎるほど潤沢な贅沢な自然もはた迷惑。一戸建て暮らしをやめてマンションに入りたい心境の今日月26日であった。


 安倍二次内閣が発足した。新人と再入閣者が相半ばという布陣。やはり長期政権を担った自民の人材の層は厚い。危機突破型内閣としおらしいことを言っているが来年の参議院選挙を境に牙をむくことだろう。
b0161371_23101057.jpg

 それにしても情けない民主党の凋落。結局ほとんどの国会議員は国の将来や国民の明日を考えることなく自己保身のために民主党に鞍替えし、今また保身のために自民や他党に走ったことは明々白々の事実。
 火中の栗を拾わなかった細野氏もいるが今誕生した民主党の海江田氏などが脂肉をそぎ落とした真の民主本家として滑り出すことだろう。筆者は彼らのこれからに期待したい。
 
[PR]
by m-gamano | 2012-12-26 21:00 | 我が家のこと | Comments(0)

 盆正月時の病気ほど始末の悪いものはない。医者の扉は堅く閉ざされ、病院も急病でなければ受付ない。
数年前目に入れたら痛いほどの愛すべき孫娘が夏風邪をひいて、ぐったり、息子夫婦はもちろんだがじじばば事の重大さに為す術もなく立ちすくむ無様(ぶざま))な姿をさらけ出すのみ。じじは車で休日診療所へ連れて行っただけ。
b0161371_2235692.jpg

 当時2歳の孫娘はおそらく記憶にも留めることはないだろう。なぜならば4歳前のことを筆者は記憶にとどめることはなかったからである。しかし、最近これには誤りがあると気づいた。
 なぜならば、筆者のご幼少の頃には写真機も携帯もなかったし、写真を撮って貰うのは学校における年1回の学年集合写真くらいのもの。
b0161371_10292595.jpg

 今の子供たちは生まれ落ちた時から即カメラやビデオのフラッシュの洗礼を受け、蝶よ花よの祝福を受ける。そしてこれら文明の利器を使って過去をたどることができる時代に生きている。誠にうらやましいことだ。

 さて、このイントロは脇に置く。孫娘がかわいかったことはもちろんだがこれは本題ではない。
 筆者3日間の連休終了を待ちこがれてかかりつけのS医院へ飛び込む。S氏一言ぽつり曰く「急性胃腸炎ですな・・。]
・・・・・・・と。下の写真はそのSドクターではない。夢に描いたかかりつけの女医さんである。
b0161371_2215178.jpg

と。病名が決まれば道は開ける。いい子になって酒を控え、暴飲暴食をやめ、寝不足せず、過労にならないこと・・・等々全ての病に効くような効能書きをいただいて帰宅。さてこれから帰郷する子供たちと孫たちをどうもてなすべきか、呑むことしか能のない民宿G亭の主人の真骨頂が問われる年末となりそうだ。
 帰宅すればパソコン仲間のIさんからはお見舞いのメール便、行間から読み取れるやさしい心根にしばし合掌であった。
 また、ブログ上に、とんと連絡のなかった横浜さんからも安否を気遣ってか嬉しいコメント、見ていてくれたかと思うと無性にありがたくこれまた長い返信となった。
b0161371_2274089.jpg

 テレビを見れば年の瀬に街ゆく人々に「年の瀬に思うことは」との質問をする番組、年配のほとんどは「健康で今年1年を過ごせたこと」と答えていた。当たり前のことが当たり前にいかぬ世の中、これを人は贅沢と言うだろうか?  
[PR]
by m-gamano | 2012-12-25 17:42 | 我が家のこと | Comments(2)

 昨夜からの雪はおとなしく、優等生のごとく起きて見てれば約20センチばかりであった。今年の異常気象は夏で終わらず冬まで尾を引いているようだ。
b0161371_22261756.jpg

 私的なことで恐縮だが本日我が齢(よわい)報(69)われたのか報われなかったのか訳のわからぬままに69歳を迎えた。よく言われるアラ何とかになるのだろうか。
 迎えてもあまり嬉しくない、言われてもあまり嬉しくない日、それは高齢者の誕生日とか。
 今年は殊更嬉しくない誕生日となった。数日前から今流行の下痢・嘔吐に始まり、食欲なく、七転八倒の苦しみが続いた。おまけに3連休ときた。妻曰く「酒の飲み過ぎよ」「わがまました罰よ!」と、この時とばかり激しいお言葉。若い時はあんなに優しかったのにと今更ながら現実の厳しさを知った数日。あれから40年・・は公麿の定番。月日の経つのは早いものとしばし、リセットボタンを押したくなる心境。

 もしかして「ノロウイルス」か・・・恐れ戦いた数日間であった。
  思えば自らの体をいたわることもせず、親父から貰ったこのこの強靱な肝臓を自慢することはあっても休むこともせず、飲みたいだけ飲んでこのざま。世界的に24日はクリスマスイブ、誕生日&イブのこの夜神を前にひざまずき悔い改めるべきか、妻の顔がまぶしくみえるのも毎年のことだ。
b0161371_22104399.jpg

 アオラアオラの清しこの夜、自らの誕生日を祝うために自らの足で形ばかりのショートケーキを買いに、ここ数十年来初めての酒なしの夕食を迎える。小さなケーキに互いに生きた歳の分だけ「自分を褒めたい。」気持ちを込めていただく。
b0161371_2145265.jpg


 子供や孫は夫婦の「かすがい」とはよくいったもの、遠くに住む息子夫婦や孫たちから「じじ誕生日おめでとう」の電話あり、何はなくとも生きてきたこの年月、この一声が一番のおくりもの、改めて夫婦の絆が固くなければならないことを知る。
 もうういくつ寝るとお正月は本来子供が歌うものだが、雪国の老夫婦が歌う歌に代わってしまったようだ。
孫と息子たちの話になれば二人の距離は急接近、「刺身はどこへ注文しようか、カニはいつ買いに行こうか・・」話は終わらない。
 ここまで生かしていただいた「八百万(やおよろず)」の神に感謝して今夜は「タイタニック」を見て就寝することに。
 
[PR]
by m-gamano | 2012-12-24 15:10 | 我が家のこと | Comments(2)

12/21 今日は冬至

 今日の食材の主人公はかぼちゃ。一年中で一番昼が短い日とは昔から言われる冬至の日だ。この日カボチャを食べると風邪もひかず、無病息災で正月を迎えられる、とは昔からの言い伝え。
b0161371_1033756.jpg

 本日我が家にカボチャ料理は出なかったがセリとしらたきを炒めた正月料理が何故か出た。加えて大好きな鯖のみそ煮も出て、つつましやかながらここ筆者にとってお正月気分。
 加齢が進むにつれ高齢者の多くは無くて七欲のいくつかが脱落していくと言われる。最後まで残るのが睡眠欲と食欲とかだ。
 しかし、健康的で若々しく生き、ピンピンコロリで逝くには性欲(いやらしい意味ではない)が無くてはならぬととも言う。
 若くきれな女性を見て身だしなみを整え、言葉遣いを改める・・このこと自体若々しく生きようとする努力の発露であろう。筆者の場合、これに加えてどん欲が未だに健在だ。
b0161371_1157554.jpg
 
 
 話は変わるがある会の幹事をしている。新年会の案内出すも参加申込の急激な落ち込みに驚かされる。「どうにか生きています。」「あちこち痛くて病院通い、失礼します。」「一人暮らしをしています。ご盛会をお祈りしております。」等々
 昨年までは元気に参加いただいた方々からもこのようなお返事をいただく。高齢者にとってこれからの一年一年は大変な体力勝負であることに今更ながら驚く次第。御身大事に
b0161371_10354222.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-21 20:45 | 我が家のこと | Comments(0)

 天下分け目の関ヶ原の戦いではないが、国を二分する闘いは民主党のある大臣の言葉を借りれば、「自爆テロ総選挙」とか、自らの腰砕けで終わった惨憺たる結果となった。この間のお天気は事の成り行きを静観するかのように穏やかであったが今朝あたりから気温も急激に下がり、市役所界隈も白いものが降り始めた。西高東低による寒気の南下は我ら越後人にとって毎年のことながら怖い気圧配置だ。
b0161371_1649444.jpg

 この日、今年最後の福祉センターにおける傾聴ボランティアのお手伝いに
b0161371_17255174.jpg

 前にも述べたが数十年前の朝は、市内をくるくる回る車は幼稚園・保育園のバスと決まっていたものだが今は福祉施設のマイクロや専用車両がひっきりなしに利用者宅を巡回している。 正に少子高齢化社会を絵に示した様相である。
 ボラで行く福祉センターも朝は大小様々な車が引きも切らず出入りし、大勢の昔若かった方々がいろいろな想いを抱きながら入室してくる。
 施設は季節の行事を大事にするところ。この時期大広間の壁面を飾るのは「サンタクロース」や「トナカイ」のデスプレイ。おそらくスタッフと利用者のコラボであろうと思われた。
b0161371_170115.jpg
 
b0161371_1703070.jpg

 傾聴ボラの仕事といっても相手が聞いてほしいとの意思表示がない限り、口を開けさせることはできない。
そうなれば塗り絵や漢字計算などの頭の体操を取り入れた手作業やカラオケ、簡単なリハビリが効果的だそうだ。
 筆者理学療法士でもなければエンターテイナーでもない。高度な機能訓練などできようもなく、ただひたすら映像を見ていただいて「ワハハオホホ」の世界に引き込むだけである。
 本日の映像は中高年のアイドルとして多くのファンをもっているかの「綾小路公麻」のライブである。
 永年泣かず飛ばずの下積み生活を送り、50歳を超えて大ブレークした正に中高年のアイドル。60歳還暦を迎えて公開した公演のDVD。今まで眠そうにしていた方も目をパッチリと開け、約60分間に亘る長帳場のショーは大成功で終わった。
b0161371_1739532.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-19 16:49 | 我が家のこと | Comments(0)

 一夜明ければ衆議院選挙当日。小雨降るやや寒い日曜日朝国民の義務の一つ投票所へ妻と出向く。
前評判では民主党はベタ負け、自民党は一人勝ちとのこと、期待する党や人物が見あたらないというまれに見る低調な投票率が結果を暗示しているようである。
 当地区に投票所k小学校出口には出口調査員だろうか、これまでは見たこともない人物が2名調査用紙らしきものを持ち突っ立っていた。しかし、我関せずの体。
b0161371_21375359.jpg

 
 更に一夜明ければ選挙結果は先回の結果とは真逆の自民大勝と民主の壊滅的敗退が待っていた。
張り子の虎よろしく最後まで強気の野田総理は口先だけで中身の無いことが分かった。本人に聞きたい心境である。あなたのブレーンは誰だったのか。
 そして、この看板で訴えた自民党の安倍総裁は本当に日本を取り戻せるのだろうか?。いや、きっと先ず古い自民党を取り戻し、そしてコンクリート中心の公共事業に大盤振る舞いの古い政治を取り戻すに違いない。苦節3年間の野党経験から得た大事なことを政治に反映してほしいものである。
b0161371_21454141.jpg

 
 本日の散歩道は未だ柿の木にたわわなる熟れた果実の残る新道であった。今年は柿が豊作とか、カラスさえ啄みに来ない中心配は熊の出現である。
b0161371_22305929.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-17 21:35 | 我が家のこと | Comments(0)

週末の昨日、お天気は久々の小春日和で、多くのの村人否街人が外で雪かまいや後れた冬囲いに励んでいた。
 箱入り娘ならぬ箱入り妻を誘い散歩へ。いつもならどこまでも続くあぜ道がコースが定番だが早い降雪はこれを阻んだ。獣道から市道、市道から県道へコースは変更に、日差しは柔らかいが風は12月寒い、一冬ごとに体力の衰えを感ずる。
b0161371_2252224.jpg

 さて、この日の午後は町内映写会となっていた。開催は数月第3日曜日と決めているが、当月は会館が町内行事とバッテンしており、一日繰り上げの週末開催となった。
 出し物は往年の名作「麦秋」である。銀幕の豪華大スターが出演するこの大作、出演者は原節子、笠智衆、杉村春子、佐野周二、三宅邦子等々の大スター、小津安二郎監督である。
b0161371_22444885.jpg

 客の入りは過去最高の20名を超える25名となった。
 今様のコマ落としのテレビ番組から長いワンカット仕立ては観る者に深い感銘を与えていた。
」の字幕が出た途端盛大な拍手が出たことは言うまでもない。
 今年の上映は5回を数えたが支援いただいた映像ボラ3名には大いなる感謝を差し上げたい。イケダさん、サノさん、シンボさんの3人である。本日はイケダさんとシンボさんから応援いただいた。
 映写会後はご苦労さん会があり、ささやかながらお酒がつき、おいでいただいたじいさん、ばあさんにはおはぎが振る舞われた。
 筆者はその後、イケダさん宅にて現物と見まごうばかりの繊細な作りの粘土細工を干渉否鑑賞す。奥さんの手作りだとか。芸は人生を楽しくすると言うが間違いのない事実。少しばかり紹介したい。
b0161371_2314677.jpg

b0161371_2322087.jpg

b0161371_2324269.jpg

b0161371_2331091.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-16 11:22 | Comments(0)

 2週間前から我がデスクトップPC(ビスタ)のグズリが始まった。これまでも使い込んだどのPCにもグズリはあったが今回はかなり重傷だ。仕事の最中に突然プログラムが原因不明のシャットダウンし、すぐに復元モードに切り替わる現象だ。インターネットでその原因を調べても一筋縄ではいかないところが悩ましい。
b0161371_23294383.jpg

 特に作業中だと作成したファイルや作成中のブログ、メールなどは完全にスッ飛んでしまう
 いつ来るか分からぬ突然のシャットダウンに怯える毎日となった。対応としてWindowsをUpdateをしたり、リカバリーをしようとするもcドライブの最近のソフトが飛んでしまうとの警告もあり、500GBの外付けHDを購入し、データを一時これに非難否避難させ、リカバリーを試みているところである。
 我がPCネットの研修材料になりそうだがどなたか知っておられる方があればお教え願いたい。コメント覧にてお願いする。
 
 
 さて、12月14日は何の日か・・と問われれば。高齢者の方々はよく知っておられるように、その昔赤穂の浅野内匠頭が殿中で吉良上野介の罵倒がもとで刃傷におびその恨みを果たさんがために吉良邸に討ち入った日とされている。
b0161371_23304430.jpg

 お陰で本日のテレビは北朝鮮の
大陸間弾道弾ミサイルの発射と選挙報道との三ツ巴となってややっこしい。 


12月15日(土)灰塚町内会館にて映写会をします!
時間:午後2時から4時4分まで
題名:麦秋

b0161371_23415985.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-12-14 23:14 | 映像関連 | Comments(0)

 根雪を心配した40センチ超えの降雪もようやく落ち着き、訪れた高田公園はひっそりと冬の風情を湛えていた。春爛漫の桜とぼんぼりに浮かび上がる極楽橋も今回遊する錦鯉の姿もなく白と黒のモノトーンの中に染まって静かだ。
b0161371_2039210.jpg

 パノラマ機能を使って移した150度ワイドの城と極楽橋は人気(ひとけ)もなくただ広くて寂しい。
b0161371_20395461.jpg

 衆議院選挙運動も本日を入れて余すところ3日間だけ。乱立多党の中、従来の2大政党による政権争奪戦は崩れ、どの党を見てもドングリのコピーにしか見えないマニュヘスト、舌戦は相手党や相手候補を引きずり降ろすしか能のない拙速な論戦ばかり。我ら善良な市民はどれを洗濯否選択したらいいのか迷うばかりだ。 我が町内会館を会場にした2大政党のN.T候補とS.T候補の個人演説会が12日と13日の本日夜開催された。町内役員の端くれを仰せつかっている我も両陣営、両候補の所信を聞きに出向いた。
 現役の実績を表に出して得票を訴えるM党の候補、3年間の期待はずれをどう挽回するのか、正に崖っぷちの危機感が浮き立つ。
b0161371_2040292.jpg

 片や過去2回の国政選挙で涙を呑んだJ党の候補は、これまた後がないと誠心と清心を前面に出して最後の協力を仰いでいた。
b0161371_20404610.jpg

 立候補するに足る人物が居ない、最後まで国を愛し自説を曲げない意志強固な人物が居ない、等々国民にとって国政選挙史上希に見る最悪の時代に選ばざるを得ない状況は若者を中心に45%に達する浮動票を見てもうなずける 最近思うことは、投票先の選択基準は小選挙区ではなく、むしろ政党本位の比例区の方が好ましいと考えたい。ヒラメのように周りを見て選挙区を裏切りすぐ鞍替えする自己保身の輩も多いからだ・・・。
[PR]
by m-gamano | 2012-12-13 20:41 | 我が家のこと | Comments(0)