<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2/28 春はそこまで

 月一度の傾聴ボランティアの例会は9名中4名の出席。この会員の年齢は筆者全く教えてもらえなかった。正に幽霊のごとくである。自己の眼力を信じて見た目と態度で判断することにしている。
 この活動3月末で2年目終了。「石の上にも3年」という諺もあるようにあと1年がんばってみよう、ということで祝儀否衆議一決。
 しかし、この活動ボラをする我らも老いて行く、お世話される利用者によっては「お世話になりました。」と言ったかどうかは知らぬが次回に拝顔できぬ方も。いささか寂しい事が続く。正に今の今をどう生きるかをどうお世話してあげられるかが問題。
 黒一点の筆者は居心地はいい。本日はいろいろと女性ならではの心配りが憎いこと多し。甘酒、羊羹、冬瓜の粕漬け、全て手作りという。これ以上の糖分は当分不要だ。
b0161371_21595424.jpg

 この話は昨日27日のことであった。

 「ビスケットの日」だとかいう「2月28日」本日のこと。2月は嬉しい月だ。次の年金支給まで3日間短縮となる。待たれる4月15日である。
 今朝も越後の空は日本晴れ。予報では8度くらいまで上がるというから驚きだ。山麓線は至るところで除排雪作業。納税者のこちとらはそこまでやらなくてもいいのではないかな~・・と思うが。
 ここは飯の交差点付近。里味食堂のそばである。
b0161371_2251416.jpg

 お天気につられて、散歩は午前中に繰り上げる。妻は最近一緒に歩きたがらない。おそらく「これが主人です。」とは言いたくないのだろうが。そして、歩幅も違えばコースも違う。やはり散歩くらいはマイペースで行きたい・・は皆同じだ。こっちもコンビニにて焼酎やワンカップを買う都合もある。
 高田と新井を結ぶひだ線沿いにはこおにょうにきれいにおめかしをした杉の木がある。我が灰塚は杉の森で知られてはいるがこれからの季節は中国のPM2.5に負けない「杉花粉」がきな粉のように飛散する。
 それだけにお隣さんに気を遣ったのだろうか、子犬の足のすね毛を剃ったようでかわいらしい。
b0161371_22135920.jpg

 そして、更に進めば以前とは全く違った様相で「人からコンクリート」へ移行した新幹線の橋脚を見ることができる。これまでは上部構造物を見ることはなかったが今は架線の支柱が立ち、碍子までよく見えるようになった。
 企業体では北陸新幹線の列車名前を募集しているが「わかんない(\●●/)」が本音。上越、糸魚川、妙高、柏崎の地名を考慮した名前でひらがなにしてほしいとのこと。「にほんかい」はどうだろう・・・・。不採用か~? まさか「けんしん」でもあるまいし。おっと、既にお酒があったな~。
b0161371_22231491.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-02-28 22:10 | 我が家のこと | Comments(0)
 3軒はしご酒の末帰巣本能は未だ衰えなかったか、隠れるようにしして滑り込んだせんべい布団、爆睡も早朝の寒さには勝てず5時起きとなった。寒い筈だよ、布団は定位置に在らず、屋外ならとうの昔に昇天といところか。
 そして本日は快晴の二乗くらいの上天気。深酒で飛散した脳細胞は呼び戻す術もないが、残った細胞に渇を入れるべく一人散歩へ。大雪は雪下ろし作業を通して人々を外へ誘い出す。同じくお天気も人を外へおびき出す力をもっている。ミニ散歩でも6人もの地域の方々と言葉を交わした。「春よ来い 早く来い」である。
南西には南葉山が白銀を被ってひときわ輝きを増していた。
b0161371_17354654.jpg
 
 今日の寒さを証明するかのように長く垂れ下がった「つらら」はゴボウより太く人参より長くどこの家でも見ることができた。
b0161371_17381514.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-02-26 17:03 | 我が家のこと | Comments(2)

2/24 暴風雪でも千客万来

春は名のみの風の寒さよ・・の歌詞と同じく、終日東北に負けない地吹雪が上越地方を襲った。車の外気温は0度以下とこれまた寒く、一年中異常気象は続いたことに。
 2月第四日曜日はライブラリーの映写会日、この天気ならお年寄りの来館は少ないと踏んだが完全防備で集まったリピーターは30名超え、この時期としては恐れ入った来館者数であった。
b0161371_17311529.jpg

  監督:溝口浩二、出演:田中絹代、山岡 総、森 雅之、轟 夕起子、戦中・戦後の武蔵野台地に繰り広げられる不倫騒動・・。昔も今も変わらぬ男と女のラブゲーム、そのせいか一人として上映中に抜け出す人はいなかった。
 
 次回は3月24日(日)に「お遊さま」のタイトルで映写会が行われる予定。是非おいでおいでいただきたい。上映時間:95分 白黒映画
[PR]
by m-gamano | 2013-02-24 17:31 | 映像関連 | Comments(0)
 地区の小学校から金管バンド移杖式の案内。この時期どこの小学校でも6年生から5年生へ金管バンドのすべてが引き継がれる。年中行事と言ってしまえばそれまでだが学校規模によっては事情は大きく変わる。人数が少なければ学級・学年全てが何かのパートを担当することに。22日は快晴につきじいちゃんばあちゃんの顔も見えた。その昔、赴任した全校児童21名の小規模校では全児童がそれぞれパートを組んで演奏、うまく音が合わなくてもそこは地域の温かい応援がカバーしてくれた。指導は珍しく校長先生一人。複式授業は勿論、校長先生も何かをせねば・・・と思ったのだろうか。今はこの世には居ないが。
b0161371_223933.jpg

 この日も先ず6年生31名の演奏から始まった。さすが6年生上背は高く、美男美女ばかりだ。
 1年違うとこんなに成長するものかと2学年の違いに感心しきりであった。これから大きくなるであろう我が孫たちのこんな姿を見ることができるか否かは疑わしい。
b0161371_16395137.jpg

 続いて25名5年生の演奏。小勢でやや小粒ではあるが教頭先生曰く「ノーマイク、ノー原稿」で元気では負けない主杖者挨拶。パンパンにはじけていた。
b0161371_16415873.jpg

 お楽しみはここまで、引き続いて学校運営協議会委員の端くれとなった筆者は数名のメンバーと今年度の学校評価を聞くことに。学力向上、挨拶の向上、いじめ対策や体験活動の到達状況などをつぶさに聞くことに。教育を取り巻く環境や子供たちを取り巻く状況は刻々と変化している中、学校職員の多忙さが浮き彫りになった。学校は地域や家庭の更なる支援を求めていることが分かった
 そんな中、学校からは登下校の児童を執拗に撮りまくる不審者がいるとの報告があり、対応に苦慮していた。筆者もカメラ大好き人間、肖像権侵害の法に触れるニアミスはいつも注意しているだけに思わず襟を正さずにはいいられなかった。

 そして、下の写真は前日の夜、と、あるT寿司屋で仲間との情報交換会のフィナーレ。何を食べたかは定かではないがコップ酒の威力は翌朝まで効いていた。やや老けた顔は公開に耐えがたくそして肖像権に配慮してモザイクでカバーさせていただいた。
b0161371_17543416.jpg


数日前、毎年のことながらサラリーマン世界を如実に表現した第一生命の「サラリーマン川柳」なるものが発表された。ユニークな句が多く出され、その気持ちに大いに納得したいくつかを紹介したい。
IPS 再生したい 国・経済」 「家のこと嫁のブログを 見てわかり」 「我が家では 子供の寝顔が 金メダル」  とほほえましいやら納得やら そして是非してほしいやら 世相を的確に掴んだ句となっていた。
b0161371_2222529.jpg


 
[PR]
by m-gamano | 2013-02-23 16:27 | 我が家のこと | Comments(0)
 「若く明るい歌声に 雪崩も消える花も咲く 青い山脈 雪割り桜 空の果て 今日も我らの夢が呼ぶ」
月一の傾聴ボラの活動に持参した映画は原節子 池辺 良 杉 葉子 等々豪華俳優をそろえた「青い山脈」だ。 
b0161371_13561773.jpg

一か月の空白は筆者にとって長い空白、日々感ずるのは自らの体力と容姿の衰え。起き掛けの関節は「こきこき」と鳴り、「お前は古希なんだよ。」と言わんばかりに我を映す鏡は意地悪だ。
b0161371_1471399.jpg

 デイサービスを利用する方のスケジュールは多忙だ。入ってくるなりうがい、血圧測定、体温測定、脈拍測定等々本日の体調が確認される。保健士大変である。
b0161371_14135069.jpg

 利用者の心はすでに3月へ、ルームの壁面はひな祭りへと衣替えしていた。ひな祭り=春と認識している人は多い。これは利用者とスタッフ共同作品のおひな様。
b0161371_1436186.jpg

 そして、これは障害者の方々手作り貼り絵のお内裏様。芸が細かい。
b0161371_14491618.jpg


 
[PR]
by m-gamano | 2013-02-21 13:27 | 映像関連 | Comments(0)

2/18 今日は雨水

 今日は暦の上では雨水とか、聞けば終日雨が降っていた、と妻は言う。早朝より懐かしい妙高市に出向いた。杉野沢民俗伝統芸能「春駒」の活動の成果発表会のプレゼンの作成支援が主たる仕事。
 地域おこしにこの民俗伝統芸能をどう位置付け育てるかが今年のテーマ。
 資料をいただき、p・pに落として、これが仕事。見る人にどれだけインパクトを与えられるか、これからが勝負が。
 ここは杉野沢の、とある民宿。西にはガスに煙る黒姫山
b0161371_21414880.jpg

 今年の妙高は山に雪あり、里に雪少なく、ほっとしているとか。しかし、今の景気を反映してかスキー人口は漸減とやや寂しい口調。少子高齢化は日本最大級の杉の原スキー場にも確実に影響しているようだ。
 打ち合わせを終えて出されたゴチは地元特産寒冷地仕様の大根煮物、しかし、これはただの煮物に非ず、荏胡麻(えごま)を混ぜて煮込んだ健康第一に仕上げた逸品。そして添えたのは勿論この地特産の野沢菜漬け、それに混ぜご飯と多彩だ。
 月曜日に客はなく、ほっとした夫婦の息遣いが聞こえそうな2時間の打ち合わせであった。荏胡麻は極小でこれから抽出した油は少ないという。おなかに入った逸品の効果は何か月後に出てくるか楽しみだ。
b0161371_2153418.jpg

b0161371_21535730.jpg


 話は昨日にさかのぼる。天気快晴につき、フライトのリベンジにチャレンジ。 
 しかし、この日も調整はよかったはずだが天下否点火プラグに電気を供給するブースターが完全に充電されておらず、いくらプロペラを回してもウンともスンとも言わず。またもや飛ばずのご帰還となった。
 しばし、本機にカツを入れる。機体はねじれて悲鳴を上げていた。
b0161371_22173052.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-02-18 19:28 | 我が家のこと | Comments(0)

2/16 週末は寒く

やっと巡ってきた週末、早朝の外気はマイナス1度、車庫前の屋根からしたたり落ちた滴は不揃いな櫛の歯となって寂しくなった筆者の頭髪を整えようとするのか・・その筆者寒さは足元から来るのではなく頭から来るようになって久しい。
 今年は異常低温強風が多く、静けさで知られるここ灰塚にも吹き溜まりが多き見られた。東北の片田舎にあった幼少時代の我が実家、つららは茅葺屋根のせいか巨大つららと化し、下手をすれば凶器にもなるため毎朝つららを落としが子供たちの日課となっていた。
b0161371_17462692.jpg

 あれから60年、去年の「高田の春は爛漫と・・・」ではなく、高田の春は豪雪のために遅く、4月20日頃にやっと公園の桜も満開となった・・とブログは伝えていた。今年はどうか、待たれる桜はもちろんだが「凧揚げ」はそれ以上に首を長くして待ちたい恋人である。
b0161371_10561547.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-02-16 17:46 | 我が家のこと | Comments(0)
 2月15日は2月14日の次の日、期待はしなかった通りバレンタインデーにチョコは1個も届かなかった。
当ったり前田のクラッカーではあるがややダークな気持ちで近くのスーパーにて居直りの一袋248円のチョコを買いほおばる。やや甘苦い初恋の味ではない。
b0161371_21391840.jpg

 筆者の青春時代にバレンタインデーの習慣はない。当時日本国は24節気にちなんだ行事ばかりであった。横文字のバレンタインデーは女性が男性にその想いをつ伝える数少ないチャンスとして普及し、商業ベースに乗って盛んとなった。「愛があれば・・」なんて郵貯否ゆうちょなことは言っていられない少子化時代、結婚しない選択肢もある・・・なんて言っていられない日本の将来。周りをみれば結婚できない男性のなんと多いことか。結婚したくない女性のなんと多いことか。若者の置かれている環境は厳しい。晩婚まっしぐらの婚活世代。今の新婚世帯は必ずしもバラ色ではないらしい.待機児童の多いヤンママ。そこには働きたくとも働けない多くの若者がいる。不幸なことである。
 結婚は努力の結果勝ち取る成果物。星の王子様は待っても来ない。青い鳥のごとく捜し求めるもの。
 若者よ常に追い求める精神を持とう。失敗を恐れず恋に夢中になろう。春の来ない冬はないのだから。

 イントロが長すぎたが本題はこれから。今日は月2回のパソコンボラの研修日。課題は「プリントスクリーン」機能を使ったテキストづくり。「挿入」モード」から「図形」を選び参考とするパソコン誌そっくりのテキストづくりである。これから数回シリーズで行われる。
 この研修はこれまで研修したものと応用力が問われる。”円を描く、色を付ける、前面と背面を使って図形を重ね合わせる、線を描く、線だけを消す、テキストボックス機能に習熟する等々”が延々と続く。皆真剣そのもの。特に新しく入った新人にはとてつもなく高いハードルに映ったことだろう。筆者でさえ1時間かかってもここまでがやっとというところであった。
b0161371_21425912.jpg

 終わりは見えず宿題になったことは言うまでもない。

終わってみれば12時、研修後は有志で昼食会に突入。居酒屋風の「一作」。新人も古人もなく、おいに食べ語り今後の方向を模索したことは言うまでもない。皆元気印、老いの「お」の字も見えず。
 筆者の食したのは、ミニ海鮮丼とミニうどんそしてコーヒー三昧であった。
b0161371_2132430.jpg

 
[PR]
by m-gamano | 2013-02-15 17:33 | パソコンのこと | Comments(0)
 毎朝枕元の携帯ラジオのスイッチを入れることにしている。「△△年□□月◇◇日はこんな日でした。」のアナウンスあり。昨日は日本の建国記念の日、そして、一夜明ければ午前11時59分北朝鮮の地下核実験と見られる大きな地震があったとマスコミは報じていた。いろいろ有りすぎる毎日、新聞テレビに目を通さない日はなく、我らの神経すり

 そんな時は無心になり集中できるものがほしい。先日非力なRC飛行機にフロート2本をつけて水上ならぬ雪上から離陸ならぬ離雪を狙って作ったが本日北朝鮮が核実験を行ったので日はよくなかったが天気は最高、近くの未完成山麓線バイパス上にてテストフライト二チャレンジす。
b0161371_2230030.jpg

 機体の重心も不明、エンジンテストもしない。不安だらけのテストフライトであった。
 始めに見舞われたのはエンジン不調、吹かすと息切れをおこし、まるで除雪中の我が心臓のごとくであった。十数メートル進んでフライトせず停止、次は凹凸のある雪原を飛び越える元気もなく横転する始末。
挙句の果ては安定を保つための主翼の上反角が横風をもろに受けてこれまた風に向かわず側転する始末。
非力な小型飛行機に長大なフロートは無理なことが分かった。
b0161371_22305075.jpg

 もともとフロートは水という液体上を滑るもの、柔らかいといえども雪は固い。
それでも雪上を滑らかに滑る機体の恰好はほれぼれするものであった。再度チャレンジしたい。
 幸い誰も見ていない。筆者だけが独り占めした老人の楽しみであった。
b0161371_927530.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-02-12 21:44 | 我が家のこと | Comments(0)
 一夜明ければ30センチ超えの降雪。お天気の後降り続く雪に昨日までの雪消し何だったのかと無力感にさいなまれる雪国の人々の姿は毎日だ。そして気を取り直せば今日は建国記念の日
 国政を任された阿部内閣の支持率は71%に跳ね上がった。国の内外に山積する課題に右傾ながらも毅然と対応するであろう阿部内閣に対する期待の数字と読んだ。
b0161371_1123247.jpg

 久々にタケシの「TVタックル」を見る。韓国、中国のジャーナリストと日本の現役大臣の顔ぶれ。
 国民が政治に関心を持ち、日本の未来をどう描くか適切な判断材料を提出するのがメディアの仕事、とは言え、番組が国のかじ取りに関する秘密材料をオープンにすることはいかがなものかと首をかしげさせられる。それでなくても日本の情報のガードの甘さは世界に類を見ない程超ザルとか。壁に耳あり障子に目あり、だれが本国へ重大な秘密情報を送っているかは知る由もない。
b0161371_11234316.jpg

 将棋・碁で言えば数十手も先を読んで国の外交をタイムリーに進めることが不戦を誓った日本の外交努力に向けられた宿命と覚えてほしいもの。
[PR]
by m-gamano | 2013-02-11 10:16 | 我が家のこと | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano