南葉情報探検隊

gamano.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

6/29 夏も近づいて

 あと一日で6月ともおさらば。今年の梅雨は空梅雨模様、一向に降ってくれない。畑作は大変との声多し。
それでも時折降る雨はアジサイを元気にし、バラの花をひときわ美しく浮き立たせる。雨は優れた演出家
b0161371_21341748.jpg

b0161371_21343128.jpg

b0161371_2134454.jpg

 しかし、その雨も被写体が変われば突然秋バージョンとなる。秋雨に打たれる紅葉とでも言おうか。黄色くグラデーションのかかった桜の落ち葉。インター近くの歩道上の夏至前の風景だ。
b0161371_21431711.jpg

 以上は数日前の散歩途上で見つけた小さな秋
 昨日は終日晴れ、そして、夜はプファーの日。月一呑兵衛仲間と市内の隠れ家的居酒屋を探して飲むことに。高田駅前は既に仙台の七夕には負けるが元気いっぱいの保育園児の言葉の書かれた短冊が夜風になびいて美しい。「世界が平和になりますように」はできすぎだ。先生の手が加わったかそれでもかわいい。
b0161371_2283599.jpg

b0161371_2292649.jpg

 無心な園児たちの応援短冊に背中を押されてくぐった暖簾は富寿司駅前店。1名穴否欠のメンバーが集まった今夜の飲み会が盛大だったことは言うまでもない。
b0161371_22322364.jpg


独り言1
 新聞には数日前モック燃料がフランスから送られ福井の原発へ送られたというニュース。解説によればここで使用済みとなった使用済核燃料の残り滓は増え続け、処理できないようになっているとか。これがプルサーマル発電方式の図式。増え続ける処理不能の汚染物質は負の遺産として末裔の子供たちにのそかかる仕組み。借金のつけも子供たちへの図式。
b0161371_23201040.jpg

これらも全て負の遺産。遅きに失した日本のやること為すこと全て、身の丈ほどが大事だと気付き方向転換するのはいつのことだろうか。

独り言2
 昨日午後1時過ぎ練馬区で学童数人が悪漢(昔の漫画ではこう表現されていた)に切られ大きな事件になったという報道。
b0161371_23205143.jpg

またかよう・・というおぞましい事件が次から次へと起こる日本の社会。治安がいいなんてもはや言えない国・東京都になってしまった。ほとんどの場合「気違いに刃物」だ。我が地元の学校でも登下校時赤いベストを着た見守り隊が児童の安全な登下校を確保すべく頑張っておられる。改めて感謝したい。


 
 


 毎月月末に来る29日(肉の日又は憎たらしい日)が
[PR]
by m-gamano | 2013-06-29 21:21 | 我が家のこと | Comments(0)
 先月21日に田植えをしたK小学校の学校田、機械植えの苗だったせいもあり、まるでマッチ棒か爪楊枝のような大きさ。しかし、訪れた時の苗はまるで別物、植えた株数、伸びた背丈、深緑の色などまるで一般の田んぼのそれと遜色はなかった。
b0161371_16295150.jpg

 学校田の世話は5年生26名がまるごと任される。そしてこの作業を応援するするのは日中は時間に「余裕のある老人会」の有志。本日の作業は場所による生育の違い調査・・・と側溝堀りの作業の二つ。
 8畝ほどの広さの田んぼの取水口に近い所と真ん中、そして排水口の三ケ所。6株四方で36株ずつ、背丈と色具合、株数(分結具合)を調べることに。結果は歴然、取水口と排水口の株数や背丈は正に大きな相違。
加えて驚いたには田のそばに立つ防風林だ。日陰による生育の影響は大きいことも判明。
b0161371_16443594.jpg

田んぼの畦には成長記録を記入する看板が取り付けられ、児童が調査結果を記入できるようjになっていた。
b0161371_16413398.jpg

この日、全校朝会後の1限、5年生が集まった。指導する老人会長の話を聞き、コメが口に入るまでの長い道のりの一段階であるこの時期の作業を実感したようである。今問題になっているTPPなどを話題にしたらさらに食いついてくると思うのは私だけであろうか。
b0161371_16411769.jpg

 私が思うに農業体験から得る大きな収穫はズバリ「忍耐」であると確信する。現代農業は機械化され、肉体労働はかなり緩和された。昭和30年代の日本の農業は牛馬と一緒の作業であった。農家の小学生は立派な働き手とされ、終日いろいろな仕事が任され、農繁期などは大人顔負けの仕事をこなす羽目に。広い田んぼの向こうを見ながら一鍬一鍬乾いた土を掘り起こす作業など忍耐なくしてできる仕事ではなかった。忍耐×忍耐の連続であったように思う。
b0161371_20324320.jpg

今の農業体験は言葉は悪いがつまみ食いでしかないと言。現状では泥んこになって農業できる環境にはないのが残念で仕方なし。それにしても今の子供たちは多忙だ。筆者曰く・・・シンプル&ベストの学習を推奨したい・・・。きっと創造と工夫が生まれる筈・・・。
[PR]
by m-gamano | 2013-06-26 16:29 | 我が家のこと | Comments(0)
 不安定ながらもようやく太陽の顔を拝めた先週、日曜日の今日も外は蒸し暑いながら上越は晴れとなった。言わずもがなの湿気は最高水準、大根の切干しを作ったが一日だけの天気・数日曇りの陽気ですでにカビが生え始めた。上越の高田は湿気最高である。新幹線下車の方は特にご注意・・。
散歩途中で足を止めるのがこのガクアジサイ。住宅前の花壇を一層おとなしいが鮮やかに飾ってくれる梅雨時のヒロインである。
b0161371_13363060.jpg

 そして、ついこの間まで道路端や垣根を鮮やかにイエローに染めた金鶏菊は引き下がり、さらに色濃く花の真ん中が黒く情熱的な忘れな草(知らない花なので)がとって代わろうとしている。
b0161371_13453512.jpg

 今日は「沖縄慰霊の日」、沖縄は戦後68年目の夏をを迎える。最後の沖縄戦では多くの住民が戦禍に巻き込まれその尊い命を落とした。戦後日本の復興の陰で負の遺産を引き継がされた沖縄県民にとって耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んだ68年間、今こそ日米安保・地位協定の名に縛られた苦渋の生活から解放され静かな空を静かな町を取り戻させたい。
 しかし、戦後長く続いた自民党政権下、そして現自民党政権下では長く飴と鞭で手なずけられた歴史の逆戻りは難しい。慰霊のために総理以下の大臣、加えて米国のルース大使まで異例の慰霊をしたが怒り心頭に達した仲井真知事の笑顔の歓迎を受けることはなかったとメディアは報じている。
 当然の話である。戦後68年間国防最前線の楯となり、安保・日米地位協定の下で辛酸をなめてきた首長が笑顔で迎える筈がない。
b0161371_13534383.jpg

 80歳を超えた元兵隊やその軍属は今ようやくその重い口を開き始めた。新聞投書、テレビなど当時の生々しい状況をこの子等の将来にまで及ぶことのないように・・との想いからだろう。
 国民一同脱帽し心して聞くべきみ言葉である。

第四日曜日はライブラリーの映写会の日、今は昔懐かしい海外の名作を上映している。本日はオードリー主演表題の「シャレード」の上映だ。何回見たかわからないほど映画・テレビで見た映画作品の一つだ。
b0161371_13313520.jpg

 それにしても違和感があるのは、声優が変わったために映画そのものが大きく変わったと感ずることである。有名俳優の吹き替えは声優が没にならぬ限り変わることがないようだ。刑事コロンボなどそのいい例だが
最近は簡単に変えるのでむしろ日本語字幕スーパーにて原語でやってもらったほうがいい。韓ドラしかりだ。
b0161371_13552377.jpg

 今日の入りは25名。筆者の町内上映会は超えたがもう少しほしいところ。それでもリピーターが大半を占める状況はこの会の特徴でもある。
[PR]
by m-gamano | 2013-06-24 09:25 | 映像関連 | Comments(0)
 午前中のシニア向けの講習会だが無断欠席もなく、無事に終えることができた。各自それぞれ世界でたった一つの紹介チラシを作成し、児童画廊ではないがよくできたところや苦労したところを発表していただき持ち帰っていただいた。
 この日午後は校区の小学校のクラブ活動のボランティアを頼まれパソコン指導に赴く。シニアと違って年令差の大きな子供に教えことは難しい。扱うソフトもワードではなく一太郎スマイルというソフト。メニューは豊富で、名刺、お絵かき、絵地図、ワープロ、賞状など多彩な作品が作れるオールインワンソフトである。4年から6年と学年差もあることから一斉指導は不適切。それでも普段の授業規律がいいのだろう話はよく聞いてくれる。50分の初めのコマはあっという間に過ぎていった。今年のクラブはほかに切り絵、料理、アロマ、生け花など子供の希望に沿ったメニューとなっていた。さて、子供たちの要望にの一つにブラインドタッチがあり、シニア講習会では話題にもならなかったテーマだけにいい加減に打っていたこれまでが悔やまれる自分である。
b0161371_15371546.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-22 15:21 | パソコンのこと | Comments(0)
 パソコン講習会も3日目。そろそろ文字入力も慣れた受講者たち。互いの実力を発揮しながらボランティアとのジョークも出る仲となったようだ。
作成している案内状は高齢者向け「あるけあるけ運動」のチラシ。A4サイズで書体を整え、飾り文字を入れ、表を入れ、イラストを入れ、心も込めた立派な案内状となる筈。
b0161371_2054631.jpg

講習会で使用するパソコンは原則的には持ち込みだ。第一回ではWin8のOSが4名もおられたが今回は皆無、逆に先々々代のOSXPが数名、既に我らボラの安宅からXPやoffice2013は蚊帳の外の存在、聞かれて思い出し、触って思い出す始末。加えて仮名入力の御仁もおられ、ローマ字に堪能なメンバーもこれにはたじたじギブアップの体でであった。
b0161371_20542198.jpg

 弁当の習慣のない我が家、空腹になると人間が変わる我、駅前の、とあるホテルの日替わりランチへと向かう。仲間数名と行くのだが本日のメニューはメンチカツ定職否定食。680円が安いか高いかは不明だが食後にコーヒーが一杯飲めるお得感に負けてしまう。
b0161371_20544243.jpg

 この夜も酒が筆者を待っていた。学校の外部役員を仰せつかっており、その委員と学校側との情報交換会と言うのだそうな。なんの情報を交換したかは言えないが翌日にはすっかり忘れていることだろう。
 駅から本町商店街を進むと旧大和跡地にできたナントカの販売所があり百均やらソバ屋等のプラザ風の休憩所ありき。壁面には北城高校の女子書道部が書いた大きな書が飾ってあった。大きな筆、大きな紙、大きな気持ちで書いたであろう大作が人目を引く。
b0161371_20545860.jpg

 そして、旧司寿司、改め藤作にてプファーと3時間を過ごす。明日に4日目が控えていることも忘れて・・。
b0161371_20551598.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-21 20:52 | パソコンのこと | Comments(0)
やっと梅雨らしい大雨が昨日から我が屋根をたたきつける。西日本は大雨、観測史上最高との報道をいくつも聞く。
 月一回の傾聴ボランティアの日と大雨が重なってしまい、機材を保護しながらの搬入は珍しい。
本来ならば傾聴ボランティアは「耳なし芳一」なら無理だが筆者は耳二つを持っていけばそれで用は足りる仕事。だが聞く耳を持たぬ筆者の役目は機材・道具で菖蒲否勝負する仕事。おまけに相棒はここんとこお休み続きで一人で搬入となる。月ごとにしんどくなるのははっきりと分かる。パソコンボランティアの面々も「2階に上がるのにノートパソコンを持って上がるのはきつい」とこぼす。最近になって納得の言葉だ。 
 
 この日部屋に入ると先ず目に飛び込んで来たのがこの時期の大きな壁飾りだ。アジサイや高田城、そして七月を先取りしたように短冊と竹竿の七夕づくしである
b0161371_1624127.jpg

 「病気がよくなりますように」「家族みんなが元気でいられますように」「福島の人たちが早くふるさとへ帰れますように」と高齢者の願いは人の気持ちに寄り添うやさしいことばかりだ。しかし、現役世代のスタッフの願いは「宝くじが当たりますように」と超現実的だ。筆者も同じだが。
b0161371_1634614.jpg

 利用者のテーブルにはそれぞれの名札が置いてあり、その傍には好みのお茶の種類まで書いてある。煎茶とか、番茶とか、トロミづけ・・とか。細かな気配りがされていた。これを一手に引き受けているのが退職したばかりのお父さんである。利用者が入ってくるなり記憶演算装置がフル回転し、間違わぬように荷物のまとめや車いすの用意、お茶出しにかかる。実に見事な動きであった。今日のテーブルには専門学校の学生さんが生けたきれいな花が場の雰囲気を柔らかくしていた。
b0161371_163043.jpg

 本日の映画は昭和50年代の記録映画である。皆食い入るように青春時代のニュースや世相を反映した記録映像を見ていた。
 そのあとは手作業、塗り絵である。この女性は花札の札を見本にしながらきれいな塗り方をしていた。
b0161371_1645442.jpg

 この日、若者が5名利用者のために訪問。若いということはその存在だけでわくわくするようだ。事実筆者もその気になるから不思議だ。ハンドベルで心を癒してくれるという。技術的には今一であったが心に響いたのか演奏した小学校唱歌に口ずさむお年寄りも散見された。
b0161371_1652364.jpg

 ディサービスの日程はめまぐるしい。血圧測定、体温測定に始まり入浴、映画鑑賞、リハビリ、塗り絵、指先運動、発声練習、昼食等々正にめまぐるしい数時間があっと言う間に過ぎていく。
b0161371_166374.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-19 16:06 | 我が家のこと | Comments(0)

6/18

 「夏至も近づく八十八夜」なんて歌は聞いたことがありそうな。そろそろ我が南高田にも夏至が近づいた・・と報じるメディアは続けて「北陸地方は梅雨入りしたとみられる。」とやや無責任な言い逃れ的宣言をしていた。
散歩途中「赤い花なら曼珠沙華 オランダ坂に雨が降る。」の歌詞にあるようなきれいな赤装束の花に出会う。はて、これは何という花だろうか?
b0161371_17524768.jpg

 そして、青紫の「菖蒲」はこの時期ならでは花。いつもカキツバタとアヤメと区別がつかず筆者泣かせの花々の一つだ。
b0161371_20262126.jpg

こんなことなら筆者も宣言できる・・と書くと水野復興庁官僚の無責任ツイッターや岩手県議の病院での番号呼称に端を発した炎上事件と同穴になってしまう。そして、今日また自民党の高市議員は「放射能で死んだ人はいない」と不用意な発言をし野党はおろか党内の批判を浴びていた。学ばない人間は多く、脇の甘い人も多い、本音を抑えることのできる人は実に少ない・・・・そんなことを痛感したここ数日であった。炎上せず続けたい我が「南葉情報探検隊」である。

 6月2回目のシニアパソコン講習会が上教大センターで行われた。11名の受講者、最高年齢は82歳と意気軒高だ。支援するボラは5名、いつものことだが受講前のボラ紹介。さて、私は誰でしょうか。視力1.2の方は識別できる筈。
b0161371_17531892.jpg

一日目の講習も佳境に入ればこの通りマンツウマンの支援体制。初日はボラの新人が前面に立つことに。繋ぎはベテラン組も入って気が付けば3時間のコマは瞬きの間に過ぎず。
b0161371_17533243.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-18 17:48 | パソコンのこと | Comments(0)

6/16 父の日改めじじの日

 地味ながらも父の日がやってきた。このご時世息子にとって父とはいえ、孫がらみでじじの日と重なることは自然。筆者にとってお酒がなくなる頃にお酒が入ってくる。のん兵衛冥利に尽きるご身分だ。次男からは東京のお酒と地ビールが・・・。そして、相談した訳ではなさそうだが長男ファミリーからは孫のメッセージとビールコップ&ハンカチ他であった。もちろんその夜死因否試飲したことは言うまでもない。三男からは孫が急に熱を出して入院との報におたおたするじじ。御満悦気分からハラハラドキドキの気分へ急降下す。いかんせん越後から大阪は遠い。思いはあれども何もできないもどかしさ。大勢の孫をもった運命。この夜妻と二人で心配しながら祈るような気持ちで就寝に努めたがなかなか寝付かれず。
b0161371_22544690.jpg

 夜から時計を巻き戻すこと5時間。午後2時から6月の町内映写会を実施。映画題名は「ハムレット」の後編と「黄金花」の2本、ハムレットはDVDの頭出しがうまくいかず、ほとんど前回と同じ箇所から再生してしまう。2度見てもらった人がほとんど。それでも前篇を忘れた方はいい。記憶明快の御仁は我慢の映写会に。
 本日の観客数は堂々の15名。ライブラリーの映写会にも引けを取らない入りである。広い大広間が本日もやけに広く見えたのは一人筆者ばかりではなかったようだ。写真が如実に物語っていた。
b0161371_22551684.jpg

散歩コースにはいろいろな食材が植えられている。。皆取ってはいけないものばかりだ。これは確かキューイと聞いたが・・・・。
b0161371_2256497.jpg

 これもカラスが大好きな「クルミ」「サワグルミ」と「オニグルミ」しか知らないが・・・。
b0161371_2331326.jpg

これも熊やリスなどが大好きとか・・確か「コナラ」か「ミズナラ」の実と見た。どんぐりとは俗名か。
b0161371_22563964.jpg

空梅雨にもめげずに咲いた「アジサイ」。色は水色で最高の目の保養となった。
b0161371_2257852.jpg

この時期背高のっぽで知られる「タチアオイ」だが、白、ピンク、赤はどこでも見られるがこの黄色は珍しい。散歩途中に発見した逸品。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは言うがタチアオイは出てこない。
筆者には凛とした「見返り美人」に似て仕方なし。
b0161371_22572615.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-16 22:52 | 映像関連 | Comments(0)
 早朝より霧雨が降り始めた。何日振りだろうか一ケ月振りと記憶している。毎夜雨乞いの晩酌をしているがさっぱりの1か月、やっと願いが天に通じたか遠慮がちな降り方は一日中続いた。
 しかし、この天気「帯に短し襷に長し」の感は否めない。空は暗く気持ちも滅入るばかり、加えて洗濯物が乾かない。当たり前だが・・・やはり人間は身勝手な動物だ。
 
 話は変わるが、参議院選挙を前に各党の出足は多様だ。前哨戦と称される都知事選の取り組みもアベノミクスに支えられ独走態勢に入ろうとする自民党、未だ党内分裂状態が続く立ち直れない民主党、眠った子を起こすがごとく同和問題ではないが内外に波紋を広げまくる維新橋本代表・・・・・・。いつも変わらない姿勢の共産党。どこの誰に投票すればいいのか今回も迷うことしきりだ。

 阿部外交も表裏が一致していない。あれだけの原発問題を起こしておきながら、トップセールスでフランス、インド、そしてトルコなどへ原発を輸出しようとするからおかしな話。誰が彼の背後霊となって指示命令しているのだろうか。
b0161371_2219586.jpg

野田首相の時もそうであった。あれだけおかしくなっているのに現実を直視できず国政を投げ出した無責任さは・・いったいどこから出てきたのだろうか。完全に裸の王様になっているというのに。

 一方、波高し尖閣諸島では中国の海監数隻が言葉は悪いがハイエナのごとく日本の領海を自由に出入りし日本の外交と海上警備をあざ笑うかのように大胆不敵な態度に終始。
b0161371_2215661.jpg

 国内も一枚岩ではない。先日も復興庁のある高級官僚がネットを通じて悪口を配信し、ついに、お叱りを受けた・・・ペンは剣よりも強し・・・も使い方によっては毒の刃になることを心すべしと筆者もブログ作成に当たっては自戒することに。
b0161371_2231221.jpg


 母の日とは比較にならないほど父の日は地味だが・・・前日の今日息子たちからは、何かを送ったからとか・・お米が無くなったから頼む・・との電話あり・・・親はいつまでも親、頼りにされ、遊びに来てもらってなんぼの存在・・。海外旅行も国内旅行も縁遠いが孫一族と数日過ごす盆正月の田舎暮らしが我が家の一大イベントだ。明日はじじの日否父の日だった。
b0161371_2222946.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-15 20:26 | 我が家のこと | Comments(0)

6/14 虐待は許さない

 またまた30度超えの容器否陽気、ぐったりもこれだけ長くなると諦めムード。全国的に異常気象が続き今年は異常オンパレードの年になった。冬の到来が恐ろしい。
 暑い午後民生のブロック研修会、3つのブロックメンバー85人が集まり緊急テーマ「高齢者虐待の対応などについて考える」で実態を深堀す。
b0161371_1950915.jpg

 高齢者と言えば病気、認知症が主たるテーマとなりそうだが個々にはなかなか把握できない実態が問題を大きくしている。
b0161371_2015447.jpg

 開会後市の高齢福祉課から現状が説明され、対応策についての模範対応策が出されたがマニュアル通りいなかいのがこの種の実態。案の定ブロック別の分散会では仰天事例も報告された。
b0161371_19513389.jpg

 振り返って我が地域はどうだろうか、虐待など縁のない地域と素人民生の目には見えるが。どこの施設の問題かと極楽トンボの筆者の洞察力はたるみっぱなしだ。

気を取り直し映写会のご案内をしよう
 灰塚町内では以下の映写会を今度の日曜日に行います。老若男女大勢の方々のおいでをお待ちしております。
b0161371_20331358.jpg

[PR]
by m-gamano | 2013-06-14 19:51 | 映像関連 | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano