<   2014年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

8/29 星より麦の雫

この日は花金、午前中はパソコン講習会、エクセルを学んで完了す。エクセルはあまり一般的ではない。集まった方々は、町内会で会計になり、その集計をエクセルでやるために勉強にきたとの御仁が多い。

  この夜、月一の飲み会は遠くは清里区の坊ケ池湖畔の京ケ岳山荘となった。宴会の前に研修、ここは、清里ふるさと館の天文台、喧嘩否県下でも一を誇る80センチの屈折否反射望遠鏡を見せていただく。本来はこれで星を観察するのだが本日はガスがかかり不発となった。
 まずは、お迎えのゆるきゃらの「くしりん」くん。定位置はなぜかここふるさと館。頭に被っているのは確か隕石と覚えたが・・・。
b0161371_16372626.jpg

これは隕石、なぜここに落ちたのか、それは神のみぞ知るところ。落ちたのが田んぼの中でよかったとか。
いろいろな研究機関や団体から研究のための寄贈の申し出があったそうだが、当時清里村の村長はがんとして拒否、おらが村の宝物として現在に至っているとか。
b0161371_163752100.jpg

具体的には当時の新聞がこレを詳細に述べていた。目のいい人は読んでいただきたい。
b0161371_16374975.jpg

そしてこれが反射望遠鏡、そんなに大きくはないが30キロ先のソフトボール大のモノが見えるという。想像もつかないが・・。
b0161371_1638335.jpg

星のふるさと館へ向かうメンバー。内一人はここの非常勤職員。いつもはすぐに乾杯の音頭となるこの会だが
本日ばかりはアカデミックなスタートとなった。
b0161371_16384535.jpg

大広間に11人の団体、標高500メートルからの夜景はガスが抜けるに従って100万ドルとはいかないが迫力あるものとなっていた。まずは「プファー」から始まり、いつもの2時間コースへ突入となった。
b0161371_16391481.jpg

考えて見れば今時の宴会場はほとんど椅子と机の洋風仕掛け、高齢化社会になって当たり前のこと。すこし前までは椅子をお願いします・・・などという人は宴会を欠席せざるを得ない時代だったが今は椅子テーブルのない宴会場はそっぽを向かれる時代となった。そういう筆者も嬉しい年頃、腰と足に負担がかからないばかりでなく、移動が楽である。
b0161371_1641218.jpg

この夜、途中下車をせざるを得なかった筆者がたどり着いたのは客皆無の看板前のいつもの居酒屋、コップ一杯で1時間粘り、徒歩で帰ったせいでタクシー代は浮いた。疲れた暑気払いであった。
[PR]
by m-gamano | 2014-08-29 16:28 | 我が家のこと | Comments(0)

8/26 日本の住宅事情

 ゲリラ的な雨が全国を襲っている。中国・四国地方かと思えば北海道や東北、日本列島は文字通り災害列島となってしまった。インフラの損害としては大変な額になることだろう。
 それにしても何故、宅地開発は危険な山裾を駆け上がり、扇状地や山麓に家を建てるのかその気持ちは分からない。人が住むから、人が勧めるから、人が住んでいるから・・ではないだろうか?
 海の傍は風や津波があるのは当然、山の傍は山津波が来るのは当然、自然豊かなところほど危険は一杯の筈である。川から離れた平地を探す勇気はなかったのだろうか。山なら当然基盤は岩盤でなければならない。少しばかり地学の中の地すべりををかじったことのある筆者でさえ、こんなことは常識として覚えている。最近異常気象としてとらえているこの自然現象は決して異常ではなくなってきていることを自覚すべきだろう。こんな異常な自然現象の上に立つ原発で安全なものなど「ありのままの」ありえへん話であることをまだ知らないのだろうか。

昔の野球と今の野球の審判のカウント
 その昔「ツーストライク・スリーボウル」と下した野球審判のカウントだが、いつからだか筆者が知らない間に逆にカウントされるのには驚かされた。
 時代が変われば野球のルールも変わるのか? そういえば今でも不満が残る言葉遣い。ダントツは「全然いい」なんて表現だ。その昔の教えでは、自分で覚えた国語文法では、「全然だめだった」と全然の後に続く形容詞は必ず「否定」の言葉だった筈。
 若い子がまるきりおかしい。「全然きれいだね。」それってどういう意味?それを言うなら「全然きれいじゃないね・」だろう。
 不思議な雰囲気は「その時代その時代に社会がそれを受け入れれば文法上ではおかしくても、これを受け入れる方向になるだろう・・・とは国語学者も言い始めた。おかしな世の中になり始めたものだ。昭和は古くなったんだろうか・・・。読者の皆さんの意見も知り隊否たい。

エクセルは賢い
8月下旬、子供たちはそろそろ溜まった宿題に取り掛かる頃だろうか。はたまた既に終わってゆとりの月末を過ごしているころだろうか。NHK第一では小学生をを相手に科学子供相談室が連日開かれその道の専門家がかわいい質問者の難問・珍問に答えていた。ライブラリーでもシニア向けのエクセルパソコン講習会が今日から4日間にわたって行われた。町内会の会計になって勉強しに来ました。とか、グラフ化したいので来ました、と動機も様々だ。
b0161371_22494194.jpg

b0161371_22503034.jpg

b0161371_22502259.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-26 22:35 | パソコンのこと | Comments(0)

8/25 文理負け、夏祭り盛り上がる

週明けの24日は日曜日、子供たちにはそろそろ宿題に手を付けないと危ない週間だろうか?
そして、勝ち続けた日本文理には期待が膨らむベスト4入り、本日の試合対三重高校との試合を11時から観戦するも先日までの生彩はない。特に飯塚君はお疲れモードが漂う。(画像NHK総合TVより引用)
b0161371_15511067.jpg

 対相手の、三重は先手必勝とばかりに1回裏には1点の先制点をゲット。文理の打線は相手投手の力投に凡打が続くばかりであった。結局5X対0で完敗。レベルの差を見せつけられた試合であった。一人で投げ続けた飯塚くんの力投は素晴らしく、先手必勝を貫いた太井監督の手腕は誇るべきものがあった。文理の球児の健闘を称えたい。
b0161371_15514854.jpg

 文理負けに手は震え、画像全てがぶれてしまった。あしからず。

この日、我が町内会では夏祭りが華やかに行われた。午前中の高校野球が始まるころには時間的には早すぎる「夕立」があり、謙信公祭りとバッテンしたこの日、そして、子供会はキャンプ場でバーべキュー大会を行うとか、せいぜい老人会のイベントとなる雰囲気農耕否濃厚であった。

公民館前に張った筆者手づくりのポスターやチラシがこれ。
b0161371_1644250.jpg

筆者庶務係りにつき、企画立案、提案まで一手引き受けとなった現役時代だって一人でやったことなんぞなかった今年、来年はご免蒙りたいものである。開会式は町内会長のお仕事で。
b0161371_16483223.jpg

 3時からスタートしたゲームは「輪投げ」と「ゲートボール」、輪投げが人気を集め、19名の選手がチャレンジ、9本の輪を3回投げ、合計点数で順位を決めることになったようだ。
b0161371_16493943.jpg

b0161371_16494673.jpg

ゲートボールは、チームを組まず、意地悪をしないで自分だけさっさとセンターポールをたたけば勝ちと言うシンプルな掟、10名をしかメンバーはそろわなかったが和気あいあいの中で進められたようである。
b0161371_16515584.jpg

お天気を心配しながらの生ビール大会と映写会は公民館2Fにおいて実施。生ビールはガスが少ないのかちょろちょろしか出ず、カンビールを買って代打とする。
映画は16ミリ2本だが、映像ボラからサノ氏の応援を得て、暗闇の中でビール・酒を頂きながらの映画鑑賞となった。お酒が鼻に入らないか心配したのは実行委員、畳にこぼされたら大変・・が胸の内の筈。
b0161371_16552515.jpg

映画は、16ミリの2本立て、投映距離が長く、そして低いために投映の光軸の前を行ったり来たりする人の影が気になる人には気になった筈、マナーの指導が今後の課題となる。
その合間に、ゲートボールと輪投げの表彰式を行い、筆者手造りの賞状と賞品の授与、ペラペラの賞状、百均の賞品でもいただいたものはありがたく、喜々とした顔が印象的であった。
b0161371_16583184.jpg

最後はビンゴゲーム、たくさんの賞品に予定外のギャラリーも集まり、夏祭りらしくなった時間オーバーの7時30分であった。
b0161371_1731981.jpg

b0161371_1735094.jpg

 この日すべての日程を終えたのが上記の時間。筆者笑顔に支えられた実行委員の一人であったが最後がいけなかった。飲み過ぎてからみつく御仁の奥さんを呼んだが「そんなに飲ませないでください。」には参りました。そして、飲み過ぎて腰が抜け、歩けない御仁を消防部の若いお兄さんと肩に担いで強制送還して本日のお役目が完了となった。酔(悪酔い)うなら呑むな・・と言いたいが・・・・・。主催者のつらいところですな。

月曜日は小雨で明けた。朝の体操は本日が最後。駆けつけてみれば、数人が集結。大人も加わって、体操はしないがハンコを押してもらい、子供会と老人会は別れて参加賞をいただく。
b0161371_1734771.jpg

子供たちの参加賞は分からないが老人会は缶ビール1本。そして副賞として町内会長さんから売り物のねぎ(2本組)を一束いただいて今年の夏の巡回体操灰塚会場の締めとなった。明日からはゆっくりできるぞ。
b0161371_17342725.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-25 15:43 | Comments(0)

8/24 子供のための夏祭りは熱気ムンムン

週末となったこの日は「校区子供チャレンジ祭り」。ほとんPTAのメンバーだが午後2時からの開幕。新調ののぼり旗で迎えた会場は学校の体育館と玄関駐車場
b0161371_1191541.jpg

筆者は昨年と同様、後援会長とコンビを組んで中学生男子2名の応援をいただいて、紙飛行機の製作とフライとをしてもらうことに。飛距離と滞空時間を計測し、記録証を発行するものだ。
b0161371_1195142.jpg

「切り絵」コーナーもあり、これまたベテラン元美術教師の市道否指導で女の子の評判がよかった。
b0161371_11101346.jpg

飛行機は、イカ飛行機やツバメ飛行機、スピード飛行機など飛行目的に応じた機種が選定され、中学生の指導で熱心に進められていた。いただいた飛行エリアは体育館1/4、飛ばした飛行機のほとんどは場外へと飛んで出たことはいうまでもない。
b0161371_11114698.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-24 11:11 | Comments(0)

8/22 文理4強へおめでとう

 カメレオンのような一日であった。朝から30度超えの花金は午後の文理福島の聖光学園との試合が中盤にさしかかるあたりからおかしくなり、いわゆる大気が不安定となり、ライブラリーから帰る頃には空は一転にわかに掻き曇り、雷鳴轟きあられが混じるように豹変。(以下画像はNHK総合TVより引用)
b0161371_23295913.jpg

 一回戦から両チームとも一点をもぎ取るシーソーゲームとなったが大井監督の考え通り7回には一点を追加し、5対1でベスト4に駒を進めることになった。
b0161371_233598.jpg

b0161371_23321679.jpg

b0161371_23304713.jpg

9回までを投げ切った飯塚投手、そして、ここ一番といういうときにタイムリーに塁に出る池田主将、安打を打ちまくる小太刀など流石力量のある選手が育ったと感心しきりであった。
b0161371_23324527.jpg

ベスト4にに残ったのは数年ぶりとか。
是非優勝させてやりたいものである。あさっての日曜日には三重との対戦が待っているという。
面白くもない事件、事故、被害ばかりが目につく世相だが、今回ばかりはもろ手を挙げて応戦したい。そして勝ってほしい日本文理である。

我がGAMANO亭の玄関に続くアプローチにはアサガオの葉が繁茂し、グリーンカーテンが健在だ。色白の控え目な遅咲きの花が咲き、風が通り抜ける様は、正に軽井沢の別荘のごとくである。ここに椅子とテーブルを置き、75円の缶コーヒーをすすれば500円のコーヒーに思えrから不思議だ
b0161371_23341725.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-22 23:07 | 我が家のこと | Comments(1)

8/21 若さの激突、日本文理ついに富山商を下す

b0161371_1142263.jpg
 
(画像はNHK総合より引用)
逆転に次ぐ逆転、遂に正義は買った否勝った。高校野球のだいご味は九回裏まで分からない。

文理は富山商と第三試合、21日の一回目の試合となった。後攻めの文理は先ず一点をもぎ取り、2点追加の3対1とやや有利になったが魔の7回から流れは変わり、飯塚がつかまり、5対3と逆転され、遂に9回裏に持ち込まれた。
b0161371_11472065.jpg

しかし、そこは数年前の決勝で見せた文理の粘り腰、池田がヒットを打ち、出塁したあと、新井がまたもや逆転ツーランホームランをたたき出し6X対5で劇的な勝利となった。当初は気軽に構えていた試合展開だったがさすがに「越中富山のハンゴンタン」といわれるだけあって粘る富山勢にははらはらドキドキの後半であった。北陸勢の戦いとあって、本当は対戦させたくなった試合だった・・・。
b0161371_11482445.jpg

兎にも角にも飯塚と打撃勢を褒めたい。今日の晩酌は文理に乾杯である。兄貴に言わせれば野球なんぞ知らない筆者がよくぞ興味を持ったと驚くことだろう。
太井監督のケレン味のないインタビューがおもしろかった。
b0161371_11402730.jpg


災害に強い住宅を
 広島県の山沿い地方では短時間に相当の量の雨が降り、山を背中に背負った住宅はその山崩れや土石流に流されm40名近くの死者を出し、今尚多くの行方不明者がいると言う。
 このようなケースを聞く度に山国の日本ではがけや後背地が山のような所に住まいを作るのかが不思議でならない。地域とのつながりは分かるが自然災害を考えた住むに適切な土地を選択してほしいものである。
b0161371_11594837.jpg


我が家の「グリーンカーテン」はやっと遠慮勝ちに淡い水色の花が咲き始めた。孫たちが帰った玄関を風も通さないくらい込み合った暴風カーテンが元気だ。朝日さへ遮るほどの込み合いとなった。
b0161371_1215449.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-21 11:43 | 我が家のこと | Comments(0)

8/20 梨は幸水初物は美味

 千葉は鎌ヶ谷、長男の嫁さんの実家から初物の梨、その名も「幸水」がたくさん送られてきた。名産のたくさんある地域と親戚になるのはとても嬉しいことだ。梨もいろいろ種類があり、早生品種がこの幸水だとか、以下に続くのが放水否豊水、かおり、新高、振興と続くからうらやましい。
 早速妻といただく、妻はじいさん大口で喉に詰まったら大変と小さく、しかも薄く切ってくれる。
まるで子供用扱いだ。じいさんこれは面白くない。がぶりとやってみたいが「老いては妻に従え」と家訓いあったかどうかは知らぬが心ならずも元気がない。味は最高、自然の味に勝るものはない。雪国で自慢できるもの、特に上越はあまりない、桜は食せない、蓮も食せない。せめて、酒とお米だろうか・・・。しばし、喉に幸せを感じた夕食後のひと時であった。
b0161371_20105915.jpg

異常気象は全国規模、強風、竜巻、洪水など日本全国至るところで災害列島を証明しているが事(こと)新潟県、とりわけ上越は春から無風状態でそら恐ろしい感じもしてきた。

朝から気温はウナギのぼり、そして、福祉センターへ、いつものボランティア活動。相棒と一緒だが初めての挨拶は「暑かったですね。お変わりはありませんでしたか?」である。数年付き合っている方々、決してこの顔は忘れていないようだ。「どうやってお盆を過ごしましたか。」「体調は大丈夫でしたか。」「お孫さんやひ孫さんは帰ってきましたか。」などありきたりの言葉かけにも快く応えてくれた。
b0161371_2053619.jpg

そして持参した映画は「次郎物語」である。加藤剛、高橋恵子、泉ピン子、高松英郎、香川京子等々銀幕のスターの競演に大勢の利用者は酔いしれたいた。
b0161371_20515718.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-20 20:13 | Comments(0)

8/18 勝って嬉しや花いちもんめ

 蒸し暑い夜が明け、お盆休みに終止符を打って仕事始めの週明け、サンデー毎日組にとってゆっくり・じっくり応援できる高校野球。分離否文理対東邦の試合が10:20分から始まった。第一試合の対大分戦でははらはらしながら見たがやはりここでも、相手投手の好投に遮られ点数を稼ぐことはできない。逆に飯塚投手は相手に先制点を許すことに。
b0161371_1532401.jpg
(NHK総合TVから)
6回表になってやっと相手の球が読めてきたのか池田キャプテンなどぞろぞろとヒットを飛ばし、最終には3対2で逆転劇を演じることに。
b0161371_15341690.jpg

b0161371_15335531.jpg

b0161371_15404346.jpg

数年前の決勝で見せた意地が未だ健在であることを証明してくれた。
 この日、誰もいない居間で一人応援団に変身。次3回戦が楽しみである。思うに地元上越の関根学園の力量の大きさを改めて感じた試合となった。
[PR]
by m-gamano | 2014-08-19 09:44 | 我が家のこと | Comments(0)

8/17 シミュエーションではできるのだが

孫たちが帰っていった翌日は。NPO法人に属している団体の活動の今を市民に伝え、市民と活動を共にする「くびきの市民活動フェスタ」が市民プラザで行われた。後発ながら我が「上越ラジコン倶楽部」も仲間入りさせていただいた。まずは会員の持っている飛行機のいくつかを展示す。一番近いのがカザマ氏の90クラスの新品。テストフライトは未だとか。ゆっくりのんびり優雅に飛ぶとのこと。
b0161371_12304118.jpg

そして、夏休みではなく今年の冬じじ否筆者が夜なべしてキットから仕上げた「スカイラーク
あまり近くで撮ると皺ではないが雑な作りが見え見えで怖く、離れて撮った
b0161371_12313587.jpg

この写真は、メンバーがサポートして子供たちにラジコンの体験をシミュレーターでやってもらい疑似体験してもらおうというもの。墜落しても画面の中の飛行機でありヘリ、壊れないようなっている・・それにしてもい皆真剣だ。赤いシャツのお父さんはもっと真剣であった。黄色いのが我がメンバー。
b0161371_12271781.jpg

フェスタのメイン看板
b0161371_1227963.jpg

そして我がグループの看板である。
b0161371_12273573.jpg

マルコメ」三人組」が揃った。皆小学生のようだ。何回もチャレンジしてくれた。
b0161371_1229397.jpg

我がグループの前には柏崎・刈羽原発を考える会がギャラリーからシールで市民の意識調査をしていた。原発の廃炉はいつにするかの意識調査では「即廃炉」がダントツで多い。
b0161371_12313416.jpg

そして、原発再稼働の賛否はの問いでは「反対」がダントツであった。
b0161371_12315646.jpg

雨模様の午前から薄曇り、そしてやや晴れ模様の午後、市民プラザの周囲の田んぼでは緑の稲穂が頭を垂れ豊作の秋を予想させる雰囲気であった。
b0161371_12321524.jpg

[PR]
by m-gamano | 2014-08-18 12:29 | 趣味 | Comments(0)

8/16 我が家の夏終わる

 雷が鳴り、やや雨脚の強い降りで夜が明けたお盆の週末。二人の息子と孫3人は車と電車でそれぞれお母さんが待つ自宅へと帰って行った。台風一過のごとくの我が家の居間、そして、家の周りは孫たちが歓声を上げ、飛び回った足音が耳に、そして目に残像となって消えることはない。
 我が民宿「がまの亭」を訪れた第二陣のお客さんは大人が二人、孫が女の子ばかりの3人、計5人であった。
都会暮らしの孫たちに自然を満喫してもらうには散歩が一番。じじとばばは交代で近くの田んぼの草花、虫たちを紹介し、調べ学習よろしく歩くこと30分。あの頃の現役時代に戻るのにさして時間はかからなかった。
b0161371_1056844.jpg

 13日からのお天気はまずまず。14日のお天気は快晴、夏休み最大のイベント「海水浴」は郷津海岸海水浴場。入った浜茶屋はその名も「日本海」。離岸堤近くまで遠浅が続く、安心・安全の環境であった。子供の海水浴といえば「砂遊び」、息子も入って「砂上の楼閣」づくりに一生懸命となった。
b0161371_1165749.jpg

 この日の一番人気はゴムボート。エヤーポンプで膨らましたボートに孫3人は十分。パドルも使って息子が引っ張ること数回。波と風と海水の感触は忘れていた海水浴の醍醐味を思い出させるに十分であった。香しきは磯の香であった。
b0161371_11141291.jpg

 我がグループのすぐ上では大の男たちが熱い砂浜をものともせず、「甲羅干し」に余念がなかった。
b0161371_11212080.jpg

 昼は肌をこんがりと焼き、夜はその勢いでバーベキューにはまることに。子供が多いこのパーティには、アイス、お菓子、おにぎりなどが振る舞われた。筆者本日を含めて歓迎のビール・お酒は8日間を超えることに・・・「のど元過ぎれば熱さを忘れる」にならぬように注意、注意は自己責任。

翌日の天気は不安定、干した満艦飾の洗濯物、干した途端に天気雨、出したり取り込んだりの繰り返し、気まぐれ天気に翻弄される半日となった。
 野外のソーメン流しは諦め、駐車場でのソーメン流し。孫たちの田舎暮らしのスケジュールにはソーメン流しは欠かせないらしく、女の孫3人を含めたイベントは更に盛り上がった。
b0161371_1155637.jpg

三泊四日の第二陣の合宿は終わり、兄弟間の交流は予想以上の成績を納め終わることに。
都合により嫁さんは二人とも帰省はできなかったが、それだけ息子も孫たちの自由な合宿生活を送ったようである。「来て良し、帰って良しの孫帰省」で締めくくることにする。じじばばはしばし腑抜けの数日を過ごすことになることだろう。最後はじじ抜きの出発写真に納まる。
b0161371_12132662.jpg


15日は戦後69年となる終戦記念日、この日武道館では政府主催の全国戦没者追悼式がおこなわれた。出席された天皇皇后両陛下のお姿は年々弱弱しくなっていくようで気がかりである。安倍総理の式辞はいささか通り一遍の感じで平和を希求しているようには思えず、集団的自衛権と個人情報保護条例の実施に踏み込んでいこうとする気持ちが前面に出ているように思えたのは自分だけだろうか。
韓国、中国のみならずロシアともギクシャクが生じてきたようだ。八方ふさがりにならなければいいが。

夏祭りへどうぞ
b0161371_153942.jpg

映写会もあります
b0161371_15402562.jpg


ドラマ「撃墜3人のパイロット(後)」(以下の映像はNHKBSプレミアムから)
 孫たちが帰りひっそりとした夜久しぶりにドラマを見る。この時期定番と言え場定番だが戦争秘話のドラマ。太平洋戦争初期、ベテランパイロット源田実や坂井三郎などと並ぶ武藤という古参パイロットの米パイロットとの空中戦を経て生き残った米兵の追憶が武藤を語る。
b0161371_11192642.jpg

 戦争末期、米軍は歴戦の強者ゼロ戦をしのぐ新鋭戦闘機は投入する。制空権も制海権も奪われ劣勢となった日本軍は首都防衛のために「紫電改」を投じて高高度から爆撃するの大型爆撃機に対応せざるを得ない状況であった。これはコルセア感情否艦上攻撃機。
b0161371_121512.jpg

 武藤機は、米軍のパイロットと空中戦の末、双方とも被弾し、武藤は戦死し、米パイロットは助けられる。戦後生き残ったこの米兵が武藤の生き様を知り、その故郷を訪ねるところでドラマは終わる。これは武藤が搭乗していた紫電改の引き上げられた残骸。戦争は多くの者を失い、多くの不合理を生み、戦後69年経った今でもその傷は癒えることはない。してはならない残酷な選択枝だ。
b0161371_1225394.jpg









[PR]
by m-gamano | 2014-08-16 10:56 | 我が家のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano
プロフィールを見る
画像一覧