<   2015年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

3/28 週末は♨へちゃっぽん

現役世代にとって年度末は師走より超多忙。天気晴朗にて穏やか。こんな時には気分も晴れやか、足元しっかり、そこで思いついたのが♨行きだ。途中の関所は郊外スーパー「清水屋」である。市価よりも相当に安い品物を売りさばき近くので民宿や大家族の家庭からは喜ばれているという。
 まずはこの地点から見るのが未だ白銀をいただく妙高山、先日妙高戸隠連山国立公園とネーミングが変わったという景色とこの白銀の山並みを前に長野は飯山トンネルを抜けて走る北陸新幹線の高架橋を一枚撮影する。「長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった」の北陸新幹線版だが高架が建設される前の景色は未だ脳裏を抜けおちてはいない。
b0161371_14503945.jpg

狙いは昔ながら馴染みの板倉区「やすらぎ荘」。ネーミングはなぜか老人介護施設を連想させるがそうではない。お天気で土曜日とくれば混雑が予想されたがあにはからんや駐車場はガラガラの閑散としていた。
b0161371_22175454.jpg

玄関には、白い花びらだからソメイヨシノ」b>だろうか、元気な枝ぶりの桜が小学校の入学式に負けじと自己主張していた。
b0161371_22121273.jpg

 「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聴く時ぞ秋は・・・・」の奥山の雪は融けず白無垢のままだ。
b0161371_22124654.jpg

 駐車場のすぐ下には、排雪のドンコロだろうか、ブロック状に積み上げられた雪塊がきれいに並べられていた。芸術祭不参加作品と理解す。
b0161371_221329.jpg

一寝入りを終え帰途についたがお天道様はまだ高い。仕方なく取り掛かったのがタイヤの交換作業。加齢は腕、腰、足の筋肉を弱め、それでなくても大きいバンタイプの車輪をますます大きく見せる。おまけに備え付けのダルマジャッキは力が要る。冬用タイヤを外し夏用に替えるにはおよそ15分はかかった。一つ終えるごとに心臓バグバグである。4本終わったところで車軸からだろうか直径7センチほどのリングが残っていた。はて?何の部品?と思い巡らして気づいた。タイヤのホイルと車軸をつなぐリングであった。先回も失敗したのを思い出す。結局5本取り替えたことになった。スタンドに出せば簡単なことだが出したつもりでお酒を買う・・・の下心には勝てなず追加作業となった。
b0161371_22132362.jpg

この日。東京勢からは孫娘たちの写真が送られてきた。リアルタイムで送られる写真に時代の進歩を感じてしまう。年離れて生まれた三女は上二人にとってお人形のようにコテコテにかわいがられている様子がアリアリ・・・。
b0161371_22323197.jpg

そして、これまた、大阪からは孫娘の卒園の証書とその満足げな顔写真が送られてきた。そばにいたらどんなにいいだろうかとは・・口には出さぬが妻の想いは分かるじじ。写真見る度にそして夏冬帰省する度にコマ送りのように成長していく孫の姿には驚かされるじじとばばだ。
b0161371_22285379.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-28 22:13 | 我が家のこと | Comments(2)

3/27 春は急速に

 春は気温の上昇とともに急激にやってくるようだ。昨日から急に春めいて朝からお天気模様。
24日6年生を送り出したばかりの学校も今度は先生方を送り出すことに。25日朝刊には地域の学校からの数人の先生方が異動すると出ていた。通常の勤務なら3年以上長くても6年というのが相場。多くの特色を持った先生方から学び、吸収することが学校生活では大事。
 昔から言われる先生への皮肉とも言えるお言葉に「今年は当たった。いや外れた。」とかの宝くじみたいに言われる学級担任の着任劇。今の時代に小豆島の「二十四の瞳」のごとき聖職者になれとは無理な話だが経験は少なくても、結婚はしてなくても、熱意と愛情と精神的若さでぶつかる先生方の姿に全権委任するだけの度量を持っていただきたいものである。甘いかも知れないが子供や親により先生も鍛えられることは確かだ。
 晴れて明けた今朝のお隣には、今しも消え去ろうとする雪形がまるで我が孫のような形をして朝日に輝きながら飛び込んできた。孫は雪形に化けて帰省したようだ。
b0161371_19582965.jpg

 そして、夕方西空に夕日が傾き、散歩に向かう東の山並みを見れば白く西日に輝く関田山系(信越トレイルコース)が目に飛び込んできた。
b0161371_204995.jpg

 そして、足を進めれば道端には残雪に負けじと伸び出した「つくし」がこれまた元気であった。
b0161371_2052547.jpg

 散歩コースも終わりに近づく頃、民家の庭先には一冬を食べられずに残った大根が数十本むっくりと天に向かって健在を示していた。「もったいない。」とは筆者。思わず「おでん」「大根汁」「大根おろし」が頭をよぎった。
b0161371_2081076.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-27 20:08 | 我が家のこと | Comments(0)

3/26 海外で事故・事件に巻き込まれる日本人多し

b0161371_10373021.jpg

 
(上の写真はイメージ写真で事故機ではない)

 飛行機事故のニュースが飛び込んでくる。先日はチュニィジアでテロ事件に巻き込まれた日本人3人が亡くなり数人が怪我をしたばかりだ。そして、今朝のビックニュースはドイツのジャーマンウイングス、LCC機エアバスAー320型機が山岳地帯に墜落、写真で見る限り正に粉々と散り無残な姿(原型をとどめていない)となっていた。飛ぶものは落ちる・・・のである。
b0161371_1452287.jpg

 それにしても筆者飛行機なら少しかじっているのでコメントしたいが、ハイパワーのエンジンを積んだ飛行機の翼は大体小さい。スピードが出るから小さな翼で揚力は十分得られる。しかし、万が一この飛行機がエンジントラブルやら何かの原因で低速になったりした場合はどうなるだろうか。乱暴な言い方だがまるでダチョウを空に放り投げた状態となり、滑空できず地上へドスンである。
 以前アメリカのジェット旅客機が離陸直後エンジントラブルに遭い、不時着を余儀なくされたがこの時は残ったスピードで元空軍パイロットのベテラン機長がその技をもって冷たいハドソン川へ不時着し、一人の犠牲も出さず生還を果たす奇跡を起こした・・・のを覚えておられるだろうか。
 今度の場合、墜落現場は見ての通り急峻な山岳地帯、滑空できたとしても軟着陸できる状況にはなかったようだ。世界各国に仕事や観光で気軽に出向けるグローバル社会において、避けて通れない交通手段だが
格安の飛行会社の安全確保は悩ましい。今は、ボイスレコーダーとフライとレコーダーの解析を待ちたい。事故に遭われた方のご冥福をお祈りする。

これでいいのか!航空機のセキュリティ情報筒抜け番組多彩
 いつもそうだがこの種の事件事故が起こる度に、原因究明と称して元パイロットや航空評論家が出演し、事故や事件までの経緯や背景からストーリーを仕立て、一般人が知ってはいけないような極秘情報と言われるセキュリティ情報までも開示して説明してくれる。筆者も航空関連の映画が好きで必ず見ることにしているがアメリカの9.11同時多発テロ事件を見てから、「待てよ!」と思うようになった。どんなハイジャック映画でも決まって犯人はハイジャックする飛行機の構造やセキュリティ情報、そして乗客やクルーについて熟知する。
 このことは事前に相当学習していることを示す。とすれば、今回のエアバス320型のセキュリティにについても(今回もハイジャックの可能性濃厚だが)犯人にとって原因究明の説明情報はテレビを見るだけでいとも簡単にその極秘情報を手にすることができる。
 故に「日本はスパイ天国」と言われる。これが防衛に関する機密情報だったらどうだろうか?。国会議員の金と政治の問題とは比べ物にならないレベルの問題だ。
[PR]
by m-gamano | 2015-03-25 11:52 | 我が家のこと | Comments(0)

3/24 誰の仕業か卒業式は雪模様

 一夜明ければそこは雪国であった。いやな予感とともに明けた今朝の外は12月初雪のごとく寒く、足元の悪い卒業式日和となった。
b0161371_1465773.jpg

地域の小学校も68回の卒業式を迎えることに。
巣立つ子供たちは26名。一年生の時のかわいい姿を覚えているのは親と地域の人たちだけ。
 「6か年の課程を修了し卒業証書を授与される者」と学級担任が呼び出し校長先生から受け取った卒業証書一枚に込められた思いは重い。筆者の証書など実家のどこにあるのかそのありかさえ不明だろう。
b0161371_1475178.jpg

 在校生と卒業生が対面し、呼びかけ式でこれまでの思い出を掛け合う、別れを惜しむ。バックには同じ月日を過ごし楽しかった学校生活や行事のプレゼンが映し出される。卒業生の脳裏にはその時の場面が走馬灯のようによみがえってくるのだろう、一人二人と声を詰まらせ、あふれ出る涙は嗚咽を呼ぶ。女子も男子もである。それにつられ在校生も虚空を見ながらじっと涙をこらえる姿がいじらしい。寒さに身も心も引き締まる体育館、凛とした空気が逆に心を溶かし始めた呼びかけの顛末であった。
b0161371_1419564.jpg

 現役時代、行政の期間を除けば筆者も数えること29回の卒業式。その時々は忘却の彼方だが卒業生を担任したのは5回か6回だろうか・・。悪事を働いて「この子は小学生時代どんな子でしたか?」とその筋から問い合わせがないことに今更ながら教え子に感謝しほっとしている小心者の筆者だ。
 式典最後「卒業生退場」では担任から一人一人に励ましとはなむけの言葉を添えられて花束が渡された。忘れてほしくない初心のスタートがここにある。
b0161371_14294470.jpg

 まだ小さかった頃筆者に「くそじじい!」」とかわいい悪態をついて逃げたお隣の6年生も卒業。いつも学校からお手紙を届けてくれる素直で立派な子に。「地域の子供は地域で育てる。」がモットーの地域社会のあるべき姿。目を掛け、手を掛け、たまに叱って育つことを忘れないで健やかにたくましく育ってほしい。
26名の卒業生諸君おめでとう!!

b0161371_1433117.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-24 14:04 | 我が家のこと | Comments(0)

3/23 春は気まぐれ

 カメラは好きだがドクターが操るカメラは身が引き締まる。予報通りの悪天候、ちらちらと降り始めた雪は寒の戻りか冬将軍のあがきか折角冬バージョンから抜け出そうとする越後の民を震え上がらせる。そんな中、身も心もきれいにして出向いたところはかかりつけの内科医。予約通りに鼻からは胃カメラ、お尻からは大腸カメラを呑む(?)。市の検診ではどうせ要精検だろうと初めからカメラを呑み始めて10年になろうか。胃カメラは経鼻になってからは楽になったが大腸カメラだけはカメラを呑む前の腸内洗浄の2リットルの食塩水が曲者。酒なら2リットルなど大したことはないがこればかりはギブアップしかねない。
b0161371_2322610.jpg

 検査にかかればポリープなどという嬉しくもない代物が発見され、組織をつまんで生検に回される。その結果を聞くまでが蚤の心臓を持つ筆者にとってまな板の鯉同様の気のおけない日々をおくることに。
花見の鮭否酒がおいしく呑めるかどうか・・・結果待ちのきわどいところだ。明日まではあと1時間しかないのに胃カメラ副作用でお腹は未だグーグーと鳴き止まない。

明日は寒い卒業式か
大阪の孫娘、4月からは新一年生とか。先週末に行われた卒園式の写真が数枚LINEで送られてきた。我が孫娘ながらよくもまあ大きくなったものだと感心しきり。ばばは喜び庭駆け回ることこそしなかったが嬉しさは隠せなかった。。
b0161371_23223161.jpg

 そして、東京の孫娘からはSMSで明日卒業式だとのメール。地元黒田小学校の卒業式も明日。6年間小学校の課程を優秀な成績で修了し、目出度く卒業する子供たちに大きな拍手を送りたい。
b0161371_23225323.jpg

 殺人や虐待や貧困のない、先ず子供たちが健やかに生活できる環境を整備したいものである。もちろん親の身勝手で離婚や再婚などしてほしくない。戦場のカメラマンであった後藤健二さんが強く望んでいたことは世界の子供たちが安心・安全に暮らせることだけだった。
[PR]
by m-gamano | 2015-03-23 22:55 | 我が家のこと | Comments(2)

3/22 名作の引力のすごさ

 寒の戻りの天気予報にびくつきながら明けた春分の翌日、快晴にほっと胸を撫で降ろしてライブラリーへ。年度最後の映写会。お天気良し、年度末とあらばお客は逃げると見るのが普通。ちなみに昨年度同期の映写会では「地獄門」に観客は23名と少ない入りであったが本日は概ね高齢者ばかり40名超えの大入りとなった。タイトルは「若草物語」。
b0161371_2146634.jpg

4人姉妹の心の動きがその行動とともに表現されており、今我々が暮らす家庭と南北戦争時代の家庭の違いを見せつけられた。
b0161371_21463212.jpg

 4月の映画は、「西部戦線異状なし」である。大勢の観覧をお待ちしたい。
3月は総会ばやり
 この日は午後も詰まっていた。町内の老人会の総会である。
当町内の会員数は104名、これを多いと見るか少ないとみるかは意見の分かれるところだが60歳からを資格要件とすればどうなのだろう。出席者は48名である。還暦となった老人会青年部の出席は少ない。
b0161371_2152846.jpg

 ごちは10月に開店したナルス南高田店の仕出し、そしておはぎやつまみなど会費は1500円であった。筆者明日はなぜか胃カメラと台帳否大腸カメラをいただくために本日は飲めない筈であったが医師否意思が弱く進められるほどに一杯が二杯となり、事前のパンフレットに書かれてあった「控えめ」を大幅に超えてしまった。明日の検査結果に悪影響なければと帰路反省しきりであった。
b0161371_21573720.jpg

 老人会の宴会に出し物はつきもの。カラオケあり、飛び入りの演芸があった。八木節踊りである。
b0161371_2232883.jpg

 宴会には万歳がつくもの。万歳要員というわけではないが先輩がうまく2時間半の総会・懇親会を締めくくり、万歳を三唱してお開きとなった。
b0161371_2272411.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-22 21:45 | 映像関連 | Comments(0)

3.20 学び支える心意気に弱い否齢〔よわい〕無し

 年度末の気温だが、19度に上がったと思うと翌日には一桁台に下がる年寄り泣かせの気分屋だ。降ろした屋根雪、除雪機吹き上げで堅く高く積もった頑固な雪であったが今は風前の灯。
b0161371_16382428.jpg

 自宅裏のこれまた市のブルが押し上げた雪もかき回してもらってこの状態。木の回りの熔けは早い。既にフキノトウが数個我が胃袋へ収まった。旬にして美味だ。
b0161371_16383722.jpg

「五月雨を集めて早し最上川」は有名な一句。パクリの句を一句「雪解けを集めて早し青田川」秀逸だろうか。夕方の散歩コース。南葉山をバックに雪解け進む3月の水は速く冷たい。水ぬるむ春よ早く来い。土手が緑に脱皮するのはいつのことだろうか。明日21日は春分の日。
 春休み、期待した長男&孫たちは体調不良で来れないとか・・じじばばが出向きたいけど・・・御身大事の臆病神は外出を許しそうにない。箱入りじじばばの今日この頃である。。
b0161371_16385231.jpg

散歩コース更に進めばそこはなんとか・というお寺、境内には毎年この時期に咲く寒桜だろうか、小さな花びらをつけて寒さに立ち向かっているけなげと言えばけなげだ。思わずカメラを向けるも遠慮が過ぎてピントを合わせてくれない。
b0161371_16391983.jpg

そして、本日20日はパソコンボランティアサーク本年度最後の研修会。年度末はだれにとっても一年の締めくくり、忙しい中をやりくりして集まったメンバーは9人。15人のメンバーから退会を表明する御仁は3名。少子高齢化は我がサークルにも及ぶ。学ぶ喜び、興味関心は十分にあるが体力や学習環境が整わず止む無く退会される方もおり寂しい限りだ。
b0161371_16394918.jpg

 本日の研修は忘れてしまったその昔のテーマ「USBを安全に取り外すには」「段組みに境界線を引くには」「均等割り付けを簡単に実行するには」「写真やイラストを挿入後透かしたり、文字挿入する術」等々多彩にして基本操作にチャレンジす。忘れてならないイロハのイだ。
b0161371_1640871.jpg

集まった錠剤否浄財が560万円とはすごいもの。水戸黄門さんの集金能力はすごい。この日、研修後に誘われたのが初入店のファミレス「里味」。出迎えたご仁が水戸黄門様(?)。
b0161371_16402543.jpg

そして食べたのが「牛すき」ならぬ「ぶたすき定食」これまた美味であった。一つ何点難点だったのは座席が掘りごたつ式でなかったことか。「今度は予約してください」とは係りの言。今どきの宴会は椅子式でないとお客はとれないとは常識。筆者も膝を痛めてこのかた、椅子がほしい一人となった。
b0161371_16404391.jpg

お腹を満たして振り返った里味店、見送りはこの椿、葉の色はやや薄いが赤い花は見事であった。
b0161371_9281053.jpg

 そして、この世否夜は大学前のとある居酒屋にて友人と情報交換す。新卒時代からの友人で年も同じ歳、何故か店のな前が「ねぶたや」眠たい・・の意味ではないらしく、東北の祭りの筆頭と言われる「ねぶた」祭りの意味らしく「ねぶた屋」であろうか。オーナーは青森の出という。そしてお店で接客するは女子学生さん。お客も学生さんが圧倒的に多く。本日のバイトさんは名札に「群馬県女子サッカー部00 00子」と所属までしっかり見える身元しっかり版であった。2月に亡くなったボラの友人に献杯をし、27年度の総括は時間を超越し、健康のこと、病気のこと、趣味のこと、家の中のこと等々と末広がりに広がっていった。「ねぶたや~」にならない二人であった。
b0161371_1012859.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-20 16:40 | パソコンのこと | Comments(0)

3/19 相変わらず世界は物騒なことばかり

 本日は終日チュニジアで起きた日本人観光客を含んだテロ事件でメディアはごった返していた。
b0161371_19575927.jpg

惨事は何処でも起きる。日本人は長い鎖国のような時代から戦後解き放たれ、安心・安全は国内と同じと錯覚し海外旅行を楽しみ始めた。筆者が人生で一回だけの現役時代のヨーロッパ旅行に旅立つ時は、よその国に行ったら言葉は悪いがすべて泥棒と思え・・と事前学習で叩き込まれ、現金は腹巻に、かばんは首に巻き付け、決して肌身離さず・・・という時代だった。
 それがいつの間にか危機感などそっちのけで若い女の子が一人、現地人さえ踏み込まぬ地域へ迷い込み被害に遭う・・・ことが多くなった。
 テロ行為は正にどこの誰様にも無差別に襲い掛かる危険極まりない所業である。幸い海外旅行など縁のない筆者にとって怖さは国内でのテロ襲撃だろうか。
 一年がやっと終わりました
 新幹線開業と待たれる観桜会、そして夜桜を待つ高田城・・こんな構成で福祉センターの一年締めくくりの壁面は飾られていた。月一傾聴ボラの日が昨日であった。3年だか4年があっという間に過ぎたボランティア活動だがめっきり腰やひざの動きが鈍くなり、時折「コキコキ」という喘ぎ声が聞こえてきそうな我が身体である。そういえば、昨年古希になったばかりだ。重い100吋のスクリーンは肩や腰にズシリと堪える。下界否外科医曰く、「重いものは持たないでください。」この世の中おチョコや箸以上の重いものを持たなくてもいいならばこれに越したことはないのだが・・・。
b0161371_15361223.jpg

 ディサービス利用者の多くは、時間をかけてお風呂に入ったり、ゲームをしたり、リハビリに励んだり・・・と自宅ではなかなかできないことを仲間と一緒に楽しんでいる。
パソコンでゲームをする御仁もいたが正常に起動しないという。頼まれてチェックしたがその昔愛用されたOSがXPの名機。しかし、フリーズしたまま次へと移らない。メッセージは全て英語、もっとスピードラーニングで勉強いしておればよかったと反省しきりの昨日であった。 
b0161371_15362692.jpg

 金沢一人勝ち
 北陸新幹線が開業し今日で6日が経過した。毎日新幹線のニュースが出ない日はないほどあれこれのニュースが出てくる。やはり金沢の一人勝ちは間違いない。
b0161371_200193.jpg

 そして、開業3日間の上越妙高駅と糸魚川駅にこける一日平均の乗車人員数が発表された。
それによれば上越妙高駅が2300人、糸魚川駅が600人という。これは予想通りに人数と言う。
今後この人数を増やしながら速達型「かがやき」の停車にシフトしたいところだろう。
[PR]
by m-gamano | 2015-03-19 15:36 | 我が家のこと | Comments(0)

3/15 新時代の幕開け北陸新幹線開通

北陸新幹線開通
念願の乗り継ぎなし東京へ直通の北陸新幹線が開通した。曇りながら、小粒の雨の洗礼を受けた一番電車が東京、金沢から出発したとのニュース。筆者も遅ればせながら10時に新駅舎へ。こんなない人が居いたかと驚かされるくらいの人混み。西口には上越各区からの見学者が乗った大型バスが横付け、小林幸子さんを見にきたか、新幹線を見にきたか定かではない。
b0161371_10401825.jpg

b0161371_10404256.jpg

 東西出口を結ぶ連絡通路も人人人の波。おそらく開業後もこれだけの人が集まることはないだろうとは筆者の乾燥否感想だ。ここは観光案内所だ。
b0161371_1043647.jpg

改札口では、「ようこすそ上越へ!」をコールするおもてなし隊が横並び一列のお出迎え。誰が客で誰が見学者なのかは分からないくらいのごった返しは続いた。
b0161371_10505068.jpg

 先日まで締まっていたシャッターが開かれ、カフェバーや酒蔵、お土産屋さん、弁当屋が所狭しと並んでいた。
b0161371_10571114.jpg

 ここはどこ、私は誰?にならないように気を付けたいがそこは新駅、勝手のわからないおばちゃん、若いスタッフに聞くに限ると質問攻めだ。時折3階ホームを通過する通貨型「かがやき」の音はすごい。
b0161371_10462039.jpg

東口ロビーには越五の国(上越市、妙高市、柏崎市、佐渡市、十日町市)から取り寄せた満開の桜が集まった人々に度肝を抜いた。
b0161371_10525521.jpg

b0161371_10532270.jpg

b0161371_10534378.jpg

東口には大勢が出たり入ったり・・そして行列のできるお店もあって。
b0161371_10555124.jpg

東口傍に出現した白い翁ドーム、ここでは開通記念式典が行われていた。国会議員団や泉田知事、」県議などのお偉方が並んで子の日を喜んでいたようだ。
b0161371_11332.jpg

ドームの中では、いろいろな名産品販売も行われていた、わかめ汁、ごはん、漬物等、筆者はこれらをゲットして外のテント傍で立ち食いすることに。実にうまい・・・ただでいただいたからだが。
b0161371_115111.jpg

お目当ては11時35分着の「はくたか560号」の撮影である。140円の入場券を求め、3階のホームへ。金沢発東京行きであり筆者は金谷山よりのホーム端に進入してくる「はくたか」を待つことに。
撮影に義理人情はない。先に身を乗り出したものが勝ちである。既におじさんたちがカメラを構えて対峙していた。電柱や構造物が邪魔だ。
b0161371_1195877.jpg

窓が小さいのはたまに傷だ。まるで飛行機に似て小さい。トンネルの多い北陸新幹線だから仕方ないが・・・。
b0161371_11101570.jpg

 この写真は最後尾である。
b0161371_11114128.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-15 10:34 | 我が家のこと | Comments(3)

3/13 ご当地ソングで歌謡ショーを

 開通後の上越妙高駅を暗示するかのように暗雲垂れ込め、雪女の舞うような天候に驚かされた数日だったが今朝は風は冷たいものの暖気が入ったせいか屋根雪の落ちる音が絶え間ない。
 こたつを占拠し、室内作業&デスクワークにはまり込んだ体は既にガチガチだ。
 明日の天気を心配しながら、今はご当地ソングの発表会に期待が高まる筆者だ。この地にしては珍しく虚空藏菩薩像を祀って創られた新曲が完成し、地域の同好会が明日、開通式後の午後2時から会館にて発表会の準備に余念がない。
 器用貧乏の筆者に回ってきた仕事は、人集めのポスター作りと当日の進行とか、演歌は好きだが人前に出るのが苦手な筆者にとって現役時代よりも酷な仕事。どうなるかはなりゆき任せのポセイドン。
とりあえず、作成したポスターをアップすることに。今頃になって・・とお叱りを受けそうだが興味と時間のある方は新幹線開通後に立ち寄っていただくと嬉しい。灰塚公民館が会場だ。
b0161371_1101546.jpg

(ワード上で作成した原板をプリントスクリーンでコピーしたのでノイズが出た。ご容赦願いたい。

余計なことだが
 「NHKあさいち」を見る。直木賞作家「西可奈子」さんが出場していた。面白い。
受賞作品は「サラバ!」である。私たちは今の一瞬一瞬をすべて終わりにしながら次のシーンに入り、この光景や雰囲気は絶対戻ってくることはない運命を背負って生きている、と言う。面白い発送否発想でユニークな雰囲気であった。プロレスが好きな関西生まれ・・・。その生き方に吸い込まれた30分であった。
b0161371_11185599.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-03-13 11:00 | 我が家のこと | Comments(2)

幸せ探して


by m-gamano