散歩がてらに酔った否寄ったコンビニ、発売されたか否か心配で書架を見れば下記の「日経PC21」を発見。すでにインストールが終わった筆者だが今後チャレンジするご仁のために買い求める。本号のメインテーマは「失敗しないwindows10」、ご自分でアップデートされる方はこの本を求めて自己責任でチャレンジしてはどうだろうか。成功した暁にはきっと自身否地震否自信がつき。これからのパソコンライフが面白くなること間違いない筈。ちなみにお値段は税込みで680円。かなり手順よく書いてあった。簡単な質問ならお答えできるかも?(本誌の表紙引用)
b0161371_2114431.jpg


遅ればせながら明日の映画の紹介
 明日30日(日)視聴覚ライブラリー主催の映写会が行われる。130分を超える映画だがお近くの方もお近くでない方も冷房完備、無料の映写会にぜひおいでいただきたい。筆者もボランティアでお手伝いに馳せ参ずることになっている。居眠りするか否かが心配だが。
b0161371_2122189.jpg

結果
 雨模様の当日、名画と言えるかどうかはその知名度で分かるというが、蓋を開けれスタッフを入れても10名と2月の大雪時の入りにに劣る観客、きっと夏の疲れがどっと出たものとスタッフの評価は冷静だ。
[PR]
by m-gamano | 2015-08-29 21:14 | パソコンのこと | Comments(2)

 台風一過の空は青い、そして、その爪痕は被災地の比ではないがいたるところに出てきた。葉が強風にあおられてチリジリなった朝顔の葉。自作の杉皮門塀の東海否倒壊。
 そして本日はエクセル講習会の最終日。「不登校なるかも」と漏らしていたご婦人もついに最後まで頑張り通した。windows10がリリースされて明日で1か月となる。インターネット上でのリリースだけに大きな動きにはならないが益々難しくなるソフトのインストールに果敢にチャレンジしようとする人は稀(まれ)だ。
 「まれ」と言えば朝のドラマに目と耳が止まった。昨日だったか「まれ」に双子の子供が授かった。生まれたばかりの赤ちゃんの姿は神々しい。思わず見とれ、抱いてやりたい気持ちになるから不思議だ。
b0161371_1430110.jpg

お盆時には家からあふれるほど居た孫8人。一人ひとりに声をかけただろうか?現役時代には「全体を見て、個々の子どもをしっかり見よう。」と口が酸っぱくなるほど職員に言い聞かせたが孫去って半月経った今、果たして一人ひとりの孫に声をかけてやったかと思えば・・やや評価の落ちるじじだ。
 孫を連れて来たい息子たち、そして、帰省したい息子たち。
新装開店した寿司屋「魚べえ」に行った時のばばの一声。「『たくさん食べたかね?』の一声が嬉しかった。」LINEに踊る息子の文字。ばば否母はいいもの。じじは負けそう。
b0161371_1543583.jpg

 ライブラリーが主催したEXCEL講習会が終わる。12名n受講者に新人のサポートデビューがあり、日々充実した講習会になった。所長さんのキメの細かな指導とその内容は受講者の頷きを見れば分かった。
b0161371_15474242.jpg

 筆者も4日目に30分のコマをいただき、7/29リリースのWindows10のOSの機能をいくつか紹介す。素人がインストールするにはやや難があり、「それをも恐れない人はぜひチャレンジしてほしい。」と結んだ。
 この日ゴミ出しのじじは夏休み宿題をたくさん手に持って登校する小学生に会う。2学期が9月1日から始まるのは昔の話、東北の学校や雪深い学校に限らず、全国的にも8月下旬からすでに2学期は始まるというのに「隔世の感」がする昭和生まれのじじだ。
この日が終わったのは午後9時、夕方から近くに住む教員OBの月1回の飲み会に出席、幹事役に専念す。5000円飲み放題コースが定番。今どきのじじたちは日本酒を嫌い生ビール党が多い。
b0161371_15432944.jpg

頑(かたく)なに筆者は酒で通す。八海山、酔鬼、千代の光、雪中梅、鮎正宗、吟田川等々メニューも豊富、一斉に出してもらい「利き酒会」を試みたが一杯入ったスカスカの頭に酒を判別する能力はなかった。
[PR]
by m-gamano | 2015-08-27 23:03 | パソコンのこと | Comments(0)

 疲労困憊の極みなのか、講習会二日目にしてサポートしながら居眠りに入りかける。暑さと子供たちの受け入れ、校区のチャレンジ祭り・・・等々年寄りの疲れは10日も後に出るとは本当のことらしい。腕組みしたまま「こっくりこっくり」を決め込んでしまったようだ。受講者も知ってか知らないでか・・筆者を呼ぶ声はない。
 夕べの飛行機づくりも眠りの原因の一つに間違いない。経費と性能と視認性を考慮して購入したのがその名も「コンバーター25」である。推奨エンジンは25クラス。高翼と低翼どちらにもコンバートできるトレーナー機(練習機)である。初心にかえって基礎基本を楽しむことに。
昨夜は胴体と主翼の接続を試みる。胴体が狭い、部品が細かい、しょぼしょぼした年寄り目の工作はパソコン以上に優しくはなかった。
b0161371_238476.jpg

 そして、今夜は、3時間かけてエンジンの取り付けを行う。古い機体から取り外し、再度乗せ換えする30クラスのエンジンはオーバーパワーであるが元気にループやロールなど楽しめる筈。
 もうすぐ明日。宿題は講習会一番に「Windows10」をアップデートした感想やWindows8.1との違いとなっている。さて、何を紹介したらいいのか・・・?
疲れがまた出そうな午後11時半である。
b0161371_23141965.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-27 23:03 | 趣味 | Comments(0)

 12名のエクセル受講者で欠席者は出ない。一人のご婦人が開始前につぶやいた言葉、「ついていけないので本当は休もうかと思った。」と。昨日自己紹介で「主人の仕事でパソコン入力などは自分が代行している。」伝えたご婦人。傍でサポートしたのは筆者だ。危うく不登校受講者を生み出すところであった。講師の指導もそうだがサポートの支援の仕方も問われるところであった。
 それでも本日は仲間の女性サポーターがついてくれ、少しは元気が出たのだろうか・・・その言葉は出なかった。と言う。
b0161371_20195424.jpg

ワードと違い、計算などを主とするソフト、一般的ではない感じがするがエクセルで文章を作成し重宝しているとエクセル党の吾人も多いと聞く。せいぜい町内会の会計係になって勉強に来たかな・・と思われる吾人の多い中、かなりの内容をこなす還暦超えの方も多い。
b0161371_2029451.jpg

 今年サポーターといしてデビューを果たした新人サポーターにはやや任が重たいようだが・・・。そこは同年代、講師にバトンタッチする術を心得ていたり・・・なかなかの滑り出しとなっていた。
b0161371_20251786.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-26 20:19 | パソコンのこと | Comments(0)

 台風15号の九州直撃から日本海抜けの影響で早朝より台風並み以上の大風が終日吹き荒れた。
暑い暑いと言っていた気温もかなり下がり、昨夜など冬物毛布でなければ過ごせない急激な温度変化、老体とともに過ごす筆者など骨身に堪える二日酔いの夜であった。
 パソコン仲間のシンボさんからは意気軒昂な山岳ツアーの写真が送られてくる。この人はどういう鍛え方をしてこられた方かと訝(いぶか)しがりたくなるほどの健脚である。妙高山も八海山も何時も飲んでいるがもはや登れる体力はない。数枚の中から二つ転載させていただいた。クルマユリとか
b0161371_6595138.jpg

そして、これは有名な妙高開拓団大洞原のひまわりという。見事だ。
b0161371_712849.jpg

 夕方の散歩は、最近さぼりまくるばかりである。夏まつり、暑さ、そしてやる気失せ・・・など多くの悪条件に負けカットしてきたが8月の下旬、「頭を垂れる稲穂かな」に誘われて近いコースに足を運んだ。風は秋、空の色も秋、雲も秋、昆虫も秋バージョン、稲穂はすでに垂れさがり、9月10日前後の刈り取りを待つばかりであった。山麓戦沿いの田んぼ風景である。
b0161371_771049.jpg

 今日から始まったエクセル講習会、4日間10時間コースに応募した方は12名、対応するボランティアが本日4名、予備軍が3名とこれまた多い。教育センターの2Fの小さな部屋だが2.5時間の時間はハセガワ所長の指導でまたたく間に過ぎていった。個人のテーマはそれぞれ違うが平均年齢65才だろうか、皆やる気満々には驚かされる。100円本が今回のテキスト、実によくできた本である。
b0161371_7131285.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-26 07:12 | パソコンのこと | Comments(0)

日曜日の朝は子ども会の廃品回収日、飲んだ缶ビールの空き缶は多いが軽い。子どもの数が少ない当地区、大人のお手伝いは欠かせない。
b0161371_1201553.jpg

 孫たちや息子たちからの評価は今ひとつだった「朝顔」筆者に似て自己主張は希薄。色も淡い水色、赤色などない、伸びすぎた今は玄関を暗くするばかりの遮光カーテンになってしまった。緑のそよ風は遮られた。次年度の課題、もっと少なくしよう・・・っと。
そして、雑草がないことをいいことに我が物顔でのさばってきたのが妻が種撒いた「かぼちゃ」。ヒトデの触手のように四方八方に伸び放題となった。
b0161371_20341325.jpg

 この後午後から夜にかけて町内夏祭りが執り行われた。次回に続く。
[PR]
by m-gamano | 2015-08-23 11:58 | 我が家のこと | Comments(0)

7/22 この日も忙しく

 寝不足は続くが「朝の「ラジオ体操」は待ってはくれない。夏休みから続いた「朝のラジオ体操」は本日で終わりとなる。遅寝遅起きの若年性気質の老人にはつらい日々であったが、ほっとしたというのが本音。大きな駐車場にパラパラの子供たちと老人。
b0161371_11301061.jpg

確か抜けた日は2日ばかりだろうか。本日のご褒美として老人会からは缶ビール1本とおつまみ、そして、町内会長さんからはスーパーに出す野菜の一つネギ2本が参加者に贈られた。近くにスーパーで値段を見たら1本98円。その高さに目をむく。やはり野菜は自作せねば・・と思うが土地がない、機気力もない、いただくのが一番と信じてやまない筆者には手の施しようがない。
b0161371_11353551.jpg

 昨日から始まった「謙信公祭」の二日目に今日、多くの市民は「ガクト」扮する「謙信公」の出陣の様子を見に行ったことだろう。その影響は毎年のことながら本日の「黒田甲区子どもチャレンジ祭り」にも影を落とす。参加したものが楽しければいい。と思えば何の心配も要らぬが。
b0161371_11452826.jpg

 「子どもチャレンジコーナー」では筆者後援会長さんと「お面づくり」で参加す。中学生5人のスタッフをいただき、マイ面を作ってもらうのである。ドラえもんあり、鬼あり、ひょとこありと多彩なお面が親の力も借りたりして2時間を過ごした。
b0161371_1145018.jpg

 そして、3回の練習の成果を発表することになった「学校運営協議会委員」による民謡「安来節」
御年70歳前後の町内会長さんが多い中、それぞれにかき集めた衣装や小道具で夕闇迫る校舎玄関にて元気よくざるを取り回し「どぜう」をすくっていた。観客の「ほとんどはPTA会員」であったが一瞬引いたのを筆者はビデオにとらる。
b0161371_11501262.jpg

 午後5時過ぎだと暗くなるハズ、と勘違いして借りたビデオライト3台だが、真昼の行灯よろしく、全く効果なし。むしろビデオにとらえた安来節の踊り子の姿をスクリーン東映否投影の方がよく見られていたようだった。
b0161371_11554236.jpg

最後は青田川温度否音頭の踊りを披露する。ここでもガクト扮する「上杉謙信公」の「謙信公祭」に客を奪われ、観客もそこそこであった。老いも若きも踊りが楽しければいい・・というふうに落ちをつけないと継続しないと思われた。演出の中には観客を巻き込んで楽しむ・・そんな細工も必要と感じた今回の祭りであった。
b0161371_1156368.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-23 11:30 | 世の中のこと | Comments(0)

8/20 久々の上越妙高駅

 久しぶりに上越妙高駅に立ち寄る。1時間の無料駐車を利用しての立ち寄り。新駅を超える建物が西口にその全容を現した。非常口があることから商業ビルでないことは分かる。マンションだそうな。
 雪国生活でつらいことの一つに屋根の雪降ろしがある。一軒家は若いときはいいが年をとり、足腰が衰え始めるとつらさを通り越して転落の危険が隣合わせとなる。高齢者にとって高層で雪の心配の要らぬ眺望抜群の住まいはやはりマンションに軍配が挙がる。当初40階建てのツインタワーの予定だったらしいが案の定需要がなく、12階建て一棟でチョンとなったようである。
b0161371_1440273.jpg

 新駅2階の東西を結ぶ連絡通路の壁面に新しい作品群を発見した。一見パズルのようだが目を近づけるとそれは5センチ真四角の市民の顔写真であった。文字に隠されたり、謙信公の写真に隠された作品であった。以前募集があったようだが残念ながら見逃してしまい筆者の顔はない。もちろんあっても目線近くの写真は分かるが天井近くの写真など識別できる筈もない。場所決定はだれがしたのだろうか。今でも不思議だ。
b0161371_14483760.jpg

 肖像権侵害すれすれの拡大写真だ。識別できないことを祈りたい。
b0161371_14485473.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-21 14:26 | 我が家のこと | Comments(0)

8/21 大人の学芸会

狭い日本の中で生徒がいい大人に殺害されるというショッキングな事件が起きた。
治安がよく、礼儀正しく、おもてなしの国日本、という文化国家としては世界に冠たる国日本で起きたおぞましい事件。しかし、その中身が開示されるにつれ、多くの内在した問題が結果として噴き出した必然的なものであことも分かってきた。年の葉もいかない未完で、無防備な男女中学生が夜中に出まくる・・なんておよそ戦中生まれの筆者の世代には考えられない事件。
 世の中を甘く、なめてかかっているとしか思えない行動が分かってきたという。無料通話のLINEの存在、自分の身は時運で守るという意識の欠如、夜中に俳諧するのは痴呆症の方ばかりかと思えば若者がそれを追う。24時間オープンのコンビニの出現、制度ができれば必ずそのデメリットがあることは自明の理、それをうまくコントロールできない青少年の健全育成が今こそ求められる緊急課題だろう。
 明日行う「青少年健全育成協議会主催の「子どもチャレンジ祭り」は地域からこのような事故事件を出さないための地域ぐるみの取り組みの一環なのに・・・。地域の子どもは地域の大人が見守ろう・・が主たるねねらい。
 最後の練習と調整に余念のないメンバー夕闇迫る4時から練習に突入する。
b0161371_22255133.jpg
 
 好きな人たちが好きな取り組みをして楽しんでいる・・などと言ったらメンバーの町内会長さんや防犯協会長さんは怒るだろう。65歳まで年金は支給されない、働かざるを得ない方々の出席は少ない。いきおい活動する方々の高齢化は進む、老人会青年部が組織化されない実情はどこにもある。古希を迎え、骨をコキコキさせながら動く筆者を人は「若いね・・・。」という。
昔ならとっくにお茶をすするながら新聞を読む毎日だが。男65歳まで働き、80歳まで生きたら、さらば・・とでも言いたげな政権の背策否政策。孫帰りのじじばばの疲労困憊は今頃になって出てきたようだ。踊り終わって記念写真に収まる面々。高齢者は記念写真が好きだ。後がないと思うのだろうか?(失礼)。明日の頑張りに期待がかかる。出る時刻は五時半からだ。
b0161371_22261185.jpg

[PR]
by m-gamano | 2015-08-21 14:26 | 我が家のこと | Comments(0)

b0161371_1516657.jpg

本日は8月19日、語呂合わせだろうが「バイクの日」という。中古50ccホンダのスーパーカブを駆って新聞配達した学生時代。ホンダのブランドは忘れ難く、新卒時代月賦で買った50ccの新車バイク、そして90ccの小排気量のバイクで無謀にも東北の実家まで走ったこと、170ccのモトクロスには彼女を乗せて黑四ダムまで往復したこと、小型ばかりだがバイクにかかわる思い出は多い。これらバイクとの付き合いはホンダの軽N360にバトンタッチするまで続いた。長年乗り慣れたバイクのおかげで筆者の脚がO脚になってしまったことは言うまでもない。

 光輝く若い力
福祉センターの入口にへんぽんと翻るのぼり旗。入ればそこにはいつもと違う二人の中学2年生の女子生徒。はにかみながらも月曜日から金曜日まで「職場体験」として入所者のお世話をするのだとい言う。社会の仕組みや職場の様子を実際に働いて学びとるという素晴らしい学習。そう言えば以前ラーメン屋で、ある時は駅のKIOSKで見つけることがあった。我らが中学生の頃にそんな場などなかった。福祉センターもKIOSKなどあろうハズもなく貧しいい水呑み百姓の子倅(こせがれ)はいつも忙しかった。
b0161371_20432439.jpg

30人を超える利用者に紹介される二人、我らの孫になりそうな年代だ。大きくなったら何になるのだろう?見てみたい彼女たちの10年後だ。 
b0161371_2044489.jpg

 この時期の壁飾りは以下のように「亀」と「カニ」と「イルカ」だろうか。涼しいもの「ばかりである。この日受けた映画はニュース映画、たまたま「38豪雪」があり、昭和38豪雪の高田市内の様子が記録されていた。ラッセル車が入る駅構内、大通りの雪は積んで保管し、3月になったらのこぎりで切り分け氷柱のようにして儀明川へ排雪、長い「とよ」をを使って屋根雪を排雪する様子など、昔を知る利用者さんの目は釘づけであった。
b0161371_20434331.jpg
 
[PR]
by m-gamano | 2015-08-19 20:44 | 我が家のこと | Comments(0)