<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 高校時代から書き続けた我が日記、何年になるのだろうか。多感な青春時代、将来のこと、今日のこと、学校のこと、恋人のこと等々書切れないほどのネタがあった。当時日記帳など買えぬ時代、B5のノートにところ狭しと書き綴った我が人生の記録、処分するタイミングを掴めず、家内の手に渡ることを恐れ、押し入れの奥底にて断捨離を待つ今日この頃だ。
b0161371_12164823.jpg
 さて、その日記だが、忙しさにかまけて数日ほおっておけば、我が頭の記憶状況は虫食い状態、キーワードなどでつながることもない。
 しかたなく、まずは直近の出来事から書き始めることになる。さっきのこと、そして、午前中のこと、昨夜のこと。それでも思い出せない。記憶の糸をたどる有力な方法を見つける。買い物のレシートである。いつ、どこ、何を買ったのか。嬉しいことに最近のレシートには購入時刻が記載してある。これで自分の行動パターンが分かるというもの。
 加齢によるものか、認知症によるものか原因は様々だが物忘れの激しさには驚くばかりだ。

町内会にサロンを立ち上げ3回目の集会をく。これまでは月一の日曜日午後の2時間、映写会を中心にした内容であったが、今度はいろいろなメニュー盛り込みながらの開催となった。まずは、40分の映画、短編物であったがロケ地が新潟県中条、実話を映画化したもの、題名も「いのちのあさがお」である。白血病になった小学生をとりまく人と人との心の触れ合いをテーマにした映画、高齢者にとってはまるで我が孫に重なり、咳払いひとつない映写会となった。筆者はこの朝、我が家のあさがおの種を取り、その場で撮った写真の封筒に種を入れて配布。「今日の気持ちを大事にしていただき、この種を来年咲かせてください。」と告げた。この種、筆者がここに移住してから育て続けた30年のDNAのつまった種であることも添えた。いのちのあさがおが来年にどれだけ開花するか楽しみである。
b0161371_12161899.jpg
次のメニューにカラオケを用意したが映画のテーマが重すぎたので、その気になれず、カットすることに。そして、軽運動をとゲームに入る。蛇の道は蛇?とはよく言う。
幸い町内役員の集金さん(👩)がこの担当になってくれた、市の「食生活推進委員」さんになっているという。この手の指導はお手のもの。椅子に座ったままの運動、棒運動もなんなくこなしてくれた。人材活用が成功のカギと痛感した一コマであった。
b0161371_12180654.jpg
本日の集会は90分と決めてある。最後はお茶会。一人100円をいただき準備した駄菓子とお茶、同じ町内とはいえ、机を囲んで話すことには慣れていない人たちばかり、ぎこちなさが目立つ。話題がなく、馴染みではないからだと察知。今後の課題となった。
 
b0161371_12155853.jpg
そして、サロンの命取りになりかねない問題も浮上す。ケガや事故への対応である。
高齢者はちょっとしたことでもケガをする。また、道中交通事故に遭わないとも限らない。その予防と対応をどうするか・・・。町内会の行事にかけた保険が効くときいて安堵した正午であった。






[PR]
by m-gamano | 2016-09-29 12:14 | 我が家のこと | Comments(0)
 高校時代から日記を書き続けて何年になるのだろう。多感な青春時代には将来のこと、今日のこと、学校のこと、恋人にことEtc実に描き切れないほどのネタはあった。日記帳など買えぬ時代、B5のノートにところ狭しと書き綴った我が人生の記録、捨てるに捨てられず、家内の手に渡ることを恐れ、押し入れの奥底にて断捨離を待つ。
 さて、その日記だが、忙しさにかまけて数日ほおっておけば、我が頭の記憶状況は虫食い状況となり、キーワードなどでつながることもできなくなる。
 しかたなく、まずは直近の出来事から書き始めることになる。今から、さっきのこと、そして、午前中のこと、昨夜のこと。それでも思い出せない。記憶の糸をたどる有力な方法があった。買い物のレシートである。いつ、どこ、何を買ったのか。嬉しいことに最近のレシートには購入時刻が記載してある。これで自分の行動が分かるというもの。
 加齢によるものか、認知症によるものか原因は不明だが物忘れの激しさは筆者も驚くほど多い。ブログのアップと同じく、アップなしの空白に日記の記載もない。


[PR]
by m-gamano | 2016-09-29 12:14 | 我が家のこと | Comments(0)

差別のない社会を目指して、国も地域も鋭意取り組んではいるが、この世の中、国の違い、貧富の差、肌色の違い、男女の違いなどで差別の中身も評価も変わり、時代が変わっても差別の根絶は絵に描いた牡丹餅に似て実現は困難である。
 人の生誕は皆同じ筈なのに、 身体に障害を持っただけで差別を受ける不平等は洋の東西古今を問わず、これまた無くなることはない。
 老いを除けば差別を受けた記憶はない極楽とんぼの筆者。還暦をクリアし、古希をクリアし、後期高齢者ゾーンにまっしぐらの今、障害者の行く末や我が身の老いることの意味を真剣に考えるようになった。
 ボラ連ではここ数十年、市内の障害者施設に入所している人たちと共に秋の一日を喜ぶ日を設けてきた。
 昨年に引き続き、旧牧村立川上小学校跡「笑学館」で「ふれあい広場」に参加した。
この村は筆者が昭和55年から3年間僻地展開で勤務したところ。山また山に囲まれた僻地小規模小学校が6校、中学校が2校。通学が困難なせいで小さな学校がほとんど。この学校も平成に入ってからろうか、閉校となり、当時の面影はを体育館に残すことにしたようで、天井、壁には当時の姿がタイムスリップしたように表現されていた。
b0161371_21193897.jpg
b0161371_21203781.jpg
障害者一人にパートナーとしてボラが一人付く。筆者のパートナーは21歳の若者、彼の目線はいつも筆者にあった。どこに居てもこの若者の目線を意識する。その気になりそうな4時間であった。
 この体育館、天井は構造物がむき出し、豪雪地の学校だけに雪下ろしには相当難儀したことだろう。イベントの一つはお買い物、ボラが提供した小物を一個10円で買うゲーム、3つまで買えるという。
b0161371_21190942.jpg
ゲームは続いた。「宝(ほう)引き」という。五円硬貨を5枚結んだ当たり紐と何も結ばない空くじの紐を同じ本数用意して、胴元の筆者は全員に紐を選ばせ、紐を一斉に手放し、当たりの5円玉を結んだ紐を選ぶというもの。当たった人には用意されたお菓子をプレゼント。「じゃんけんゲーム」、「風船つぶしゲーム」が続く。
そして、疲れもたまった頃、ちょうどお昼、施設の「笑学館」から提供されたお弁当、これも二人並んで食べることに。笑顔と素直さが最高の、この世の者とは思えない、若い男に惚れた筆者であった。

b0161371_21185335.jpg
最後は、おおきな紙風船模様の円盤を身障者みんなで引っ張り、ゴム風船を多数載せては高く放り上げる・・・ボラと一緒に大きな声でその場は盛り上がった。みんなでついた二臼の餅、喉につっかえないように注意しながら食べた別腹、額に汗をかきながらともに運動した今年のふれあい広場も無事に終わった。
b0161371_21182170.jpg

[PR]
by m-gamano | 2016-09-25 21:27 | 世の中のこと | Comments(0)
b0161371_21190942.jpg
b0161371_21193897.jpg
b0161371_21203781.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21182170.jpg

[PR]
by m-gamano | 2016-09-25 21:27 | 世の中のこと | Comments(0)
b0161371_21190942.jpg
b0161371_21193897.jpg
b0161371_21203781.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21182170.jpg

[PR]
by m-gamano | 2016-09-25 21:27 | 世の中のこと | Comments(0)
b0161371_21190942.jpg
b0161371_21193897.jpg
b0161371_21203781.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21185335.jpg
b0161371_21182170.jpg

[PR]
by m-gamano | 2016-09-25 21:27 | 世の中のこと | Comments(0)
ここ半月ほど雨と曇りの連続、稲刈りにはまことに都合の悪い日が続く。
今朝はやや弱いながらも晴れに向かいそうだ。衣類乾燥機を持たない我が家では、晴れだけが頼り、昨日まで生乾きの衣類をどっさり2階のベランダに満艦飾よろしく干した。
しかし、この天気、午後には曇りとなり、いつ降ってもおかしくない怪しい予報。
生乾きが続きそうな我が家の洗濯事情、フライト優先で仕方なく3時間で取り入れる。
ラジオは午後の定番番組「ぼや川(せん)」をやっていた。ぼや川=ぼやき川柳のことらしい。
毎週テーマを変えて家庭のじじばばやパパママのボヤキを専門に紹介する番組のこと。応募が多くて紹介されるのはほんの一握りとか。そのうちの一つを紹介したい。

「じじばばに 葉っぱばかりを 食わす嫁」  詠み人知らず

実機はほとんどの天候には左右されない。しかし、ラジコンはそうはいかない。機体が小さいだけに雨風には特に弱い。筆者雨天続きのここ半月ほど飛行場へ出向きことはなかった。
土曜日、天気、仕事がない・・・の三拍子がそろった本日、初飛行を狙って出向く。
行ってびっくり、滑走路に迫っていた柳の森は跡形もなく抜かれ、河川敷の砂利と泥がむき出しとなっていた。これで視界は100%開け、離着陸も容易となる。
しかし、その反面、エンストや不意の不時着の場合に軟着陸の草原がなくなり、大破や全壊は免れない。茶色になったところが工事を終えた個所である。
b0161371_19505417.jpg
この日持参した飛行機は、先回の飛行会で調整不良のために、やむなく持ち帰った45クラスの無名の飛行機、問題の燃料タンク内の燃料ナイロンパイプを交換しテストしよいうというもの。
このエンジン、2サイクルエンジンで倒立には不向きなのか、背面状態でエンジン起動し、正立したところでエンストする癖は変わらず、またもや持ち帰りとなった。今度の作業はエンジンを正立にすることになりそうである。面倒この上ない。
堤防上に置かれた飛行機、恰好だけは素晴らしい。このフォルムならきっといいフライトをすることだろう。期待が高まる9月24日土曜日の午後であった。
b0161371_19504353.jpg




[PR]
by m-gamano | 2016-09-24 19:46 | 趣味 | Comments(0)

9/23 今日は何の日?

県内最高気温は平均して20度。越後新潟のこの時期の気温だ。朝など羽毛布団を引っ張り出すほど寒くなる。我が家に断熱材は入っているのかどうかさえ怪しい。
 しかし、確か北海道仕様の筈。
b0161371_11280626.jpg
なにせ、部材を運んできたトラックのナンバープレートは確か「札幌」だった。
そして、窓が当時この辺ではなかった「二十窓」、おまけに屋根には「煙突」がつき、そのてっぺんには「風見鶏」(当時もっぱら中曽根康弘氏の代名詞)もついている。
 しかし、煙突は下まで続くも高価なストーブなど買える金もなく、ましてや薪の置く場所などない狭小住宅・・・正(まさ)に30数年経ったこのM社製木造住宅も今の価値は0円となった筈。
そして、9月23日「今日は何の日」朝6時50分頃、NHKのラジオで知る「何の日」は
分かるようで分からない日だ。

① 不動産の日・・・2(ふどう)3(さん)で語呂合わせだ
② 海王星の日・・・よく分からない
③ ふみの日・・・・わかるようなこれも語呂合わせか
④ 万年筆の日・・・これも商売からきたものか
⑤ 歩民(府民)の日・これも言葉遊びだ
⑥ 乳酸菌の日・・・23(にゅうさん)と読むか

よくもまあ、こんなに集めたものだ。

朝日新聞に見る読者の寸評「かたえくぼ」がズバリ本筋を突いている。

『実感』 辞めてよかった  舛添 要一
      (町田・ハリ男)
きっと、このことだろう。
b0161371_11281893.jpg
そして、続く
       サー     福原 愛



「しゃしゃむしゃ」に食われ、見る影もない我が家のキャベツ
半月前に一株98円で購入したキャベツ苗、「早く大きくなあれ!とばかり朝な夕なに水くれに励んだ結果、がこれ・・・。一夜明ければこの始末。
目には見えない青虫、その存在は黒い糞の固まりで分かる。柔らかなおいしい葉っぱだけを選んでの食い逃げ。
専業農家のキャベツ畑を見れば、目の細かな白い網をしっかりとかけて万全の防備、モンシロチョウが卵を産み付けるのを防ぐ対処法。農薬が嫌いな我が家、さりとて防虫網を被せるでもない・・結果はご覧の通り。
この状況を知ってか知らでか、散歩途中農家のおばさんから「キャベツいらんかね?」の声。野菜作りの難しさを知り、値段の高さを知った本日であった。
b0161371_11275299.jpg





[PR]
by m-gamano | 2016-09-23 21:37 | 世の中のこと | Comments(0)
子どもよりお年寄りに多い交通事故
毎日車を運転するが怖い実体験は多い。運転歴43年の筆者、ぶつけたりぶつけられたりの事故も数回。しかし、人身事故などは一度もない。その都度免許証の色が青に変わったりゴールドに変わったりするだけだ。
最近の話だが、追いついた前の車、「この車の運転危なっかしいな!」と危険を感じて運転席を見れば案の定おじさんやおばさんの顔。「ウインカー出さずに平気で曲がる。」「車の流れにのらず、定速で運転、ずらっと車列がつながる自分勝手な運転」「バックを見ながら思いっきり前進するギアの入れ違い運転」等々挙げればきりがない高齢者による一触即発の危険運転の例だ。
b0161371_23220750.jpg
人のことなど言えない筆者の運転も同様。駐車場でバックを怖がり、頭から突っ込み、何度も切り返しするも、白線に平行に駐車したためしはない。
 愛車は2000CCのミニバン9万キロ超え、加齢に比して運転操作の衰えは隠しようもない。多くの先輩たちは、小型車や軽に乗り換えるというが我が家の家計では、軽に乗り換える頭金も捻出不可能だ。車か筆者か、健康寿命であり続ける競争は既に始まっている。
全国的行事だが「秋の全国交通安全運動」が本日から始まった。
b0161371_23221843.jpg
立て続けに日本を襲った台風の数々、雨が降り、風が吹き、我が髪の毛も多く飛んで行った。騒ぎ立てるほどの受賞でもないのに新聞にも載ってしまった我が頭、左右の方が多毛のせいか、そのハゲ振りは隠しようもなかった。故に未だ新聞は見ていない。
 そんなことはどうでもいいことだが、本日は月一の傾聴ボランティア担当の日。傾聴ボラなら耳だけ持っていけば事足りるのだが、最近加齢のせいか、耳の聞こえも悪くなった。
利用者の多くはお年寄り、口はモグモグで言語不明確で意味不明、傾聴ボラの耳が難聴では話にならない。
そこで、筆者は映画一本でいくことに。映画を見てもらい、往時を思い出してもらって話をつなごうという趣向。
本日の映画は、先ず「命のアサガオ」が一本、長編作品を上映しても途中でお風呂があると途中で話が途切れること多く、風呂から帰ってきた頃にはストーリーはずっと先に進んでしまい、前編の筋など忘れてしまうのだそうだ。
b0161371_23215777.jpg
そして、もう一本は、北朝鮮に拉致された「横田めぐみ」さんを描いた「めぐみ」の映画。本作品はドキュメンタリーの域を超え、横田 滋さん、早紀エさんの忸怩(じくじ)たる心中を余すところ公開した映画であった。
じっと見聞きする利用者、そして仕事を続けながら耳をそば立てる介護人たち。
今日は皆(みな)食いつくような視線が目立った。作品の選定も大事な仕事である。
本日の担当ボラは、筆者を入れて3名。映画を集中して見られない利用者の話を聞き、お風呂上がりの濡れた髪の毛を乾かす仕事が忙しい。男の筆者にはできないことと筆者は決め込んでいる。
巷(ちまた)では、里に下りてきたサル軍団が民家の人を襲うニュースもあるがここの施設の壁に描かれたサルは元気を与えてくれるサルだ。
b0161371_23214436.jpg
ロビーの壁には、サルばかりが躍っているわけではない。額縁に納まって飾ってあったのはAさんの塗り絵の作品。塗り絵は簡単ではない。奥が深く、Aさんの作品は特に葉っぱに力を入れたのか、葉脈と葉っぱのいろがきれいに塗り分けられ、有名画家の作品かと思うような仕上がりである。
b0161371_23222937.jpg


[PR]
by m-gamano | 2016-09-21 23:24 | 世の中のこと | Comments(0)
子どもよりお年寄りに多い交通事故
毎日車を運転するが怖い実体験は多い。運転歴43年の筆者、ぶつけたりぶつけられたりの事故も数回。しかし、人身事故などは一度もない。その都度免許証の色が青に変わったりゴールドに変わったりするだけだ。
最近の話だが、追いついた前の車、「この車の運転危なっかしいな!」と危険を感じて運転席を見れば案の定おじさんやおばさんの顔。「ウインカー出さずに平気で曲がる。」「車の流れにのらず、定速で運転、ずらっと車列がつながる自分勝手な運転」「バックを見ながら思いっきり前進するギアの入れ違い運転」等々挙げればきりがない高齢者による一触即発の危険運転の例だ。
b0161371_23220750.jpg
人のことなど言えない筆者の運転も同様。駐車場でバックを怖がり、頭から突っ込み、何度も切り返しするも、白線に平行に駐車したためしはない。
 愛車は2000CCのミニバン9万キロ超え、加齢に比して運転操作の衰えは隠しようもない。多くの先輩たちは、小型車や軽に乗り換えるというが我が家の家計では、軽に乗り換える頭金も捻出不可能だ。車か筆者か、健康寿命であり続ける競争は既に始まっている。
全国的行事だが「秋の全国交通安全運動」が本日から始まった。
b0161371_23221843.jpg
b0161371_23214436.jpg
b0161371_23215777.jpg
b0161371_23222937.jpg

[PR]
by m-gamano | 2016-09-21 23:24 | 世の中のこと | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano