7/25 アクト操縦不能→墜落

 今日から学校は夏休み、子ども達は昨日どんな通知票をもらってきたのだろうか、それぞれの家庭では話題になるところ。蒸し暑い夏休み初日となった。先般埼玉から見舞いにきれくれた親類は、「上越は涼しくていいね」、ときた。私にすれば「どこが?」と言いたいのだが、最近は太平洋側も暑いようだ。
 さて、介護のために、しばらく休んでいたフライトに午後出向く。3機持参す。エンジン載せ替えたアクトを指導を受けながら調整し、元気いっぱい離陸を試みた。飛ばして見ると更に再調整が必要だ。なぜか姿勢が安定しない。たまらず、ベテランH氏に送信機を手渡して操縦してもらうことにする。しかし、機体は反応せず、関川対岸の土手にまっさかさまに墜落した。万事休すである。捜索に出向く。柔らかな土にめり込んでいた。被害は機体のみであり、まずほっとする。航空鉄道事故調査委員会からは来てもらえないが、自分で原因を考えてみた。結果があれば原因もある筈。思えば今回はバッテリーは一回分しか充電できず、テストフライト前にスロットル調整で受信機のバッテリーが上がっていたようだ。指導者からはノーコントロール状態だったとのこと。バッテリーがなければ当然のことだ。フライト前の初歩的なバッテリーチェックをしなかったことが大破の憂き目を招いたのである。機体は本日をもって廃棄処分とすることにした。またもや尾翼だけが残った。合掌
[PR]

# by m-gamano | 2009-07-25 21:17 | 映像関連 | Comments(0)

7/14 町は祭り一色

 昨日から始まった上越祭り、夜の民謡流しは圧巻だったとタイムスの記事、本日も本町通りはホコ天専用となり、車の乗り入れはアウトであった。いろいろな露店あり、子ども達がよろこぶようなイベントあり、でお天気に恵まれた祭り本来の賑わいをみせていた。
[PR]

# by m-gamano | 2009-07-24 19:35 | 我が家のこと | Comments(0)

7/23 デジカメ教室1回目終了

 今年1回目のデジカメ教室が上越教育大学学校教育実践研究センターで行われた。今回は一般の受講者6名に対し、11名の指導・支援のボランティアがついた。正にマンツーマンの指導体制である。リピーターも数名おられたが、皆さん日頃勉強されているようで即作品が仕上がった。各自パソコンとデジカメを持参、それぞれ撮影した画像の取り込みや画像の加工に集中していた。5年間の講習会の記憶にはないが1時間も早く終了したのは初めてである。

デジカメ持って撮影に出かけた。近くには高田公園があり、春の夜桜と同様夏の蓮祭りは、公園の大きなイベントとなっている。蓮の種類も多彩であり、古くは大賀博士の蓮や洋物蓮もあるとか、筆者の頭には、昔田舎でお盆の墓参り時蓮の葉っぱに供物を載せて備えた記憶。未来が見えるという食用レンコンしかない。
そして蓮の花の色は盆菓子の色である。ありがたい花である。

 公園に行く途中、とある民家のアンテナ上にて夕食の話をしていた3匹の子豚ならぬ3羽のカラスを発見した。これから下界の何をねらうか、を相談中なのだろうか。案の定帰路このカラスの1羽とおぼしきカラスがアブラゲのようなものを加え、低空で飛び去った。そいえば、公園付近は鳶も訪れた人から弁当をさらっていくとか。

 さて、筆者も高齢者パソコン講習会に関わって6年目、支援いただいたボランティア団体もその形がしっかり整い、ライブラリーも新体制になったことから、そろそろ「古い上着よサヨウナラ」の時期と考える。組織のマンネリ化を防ぎ、常に新しい感覚で活動を進めることは、体制を維持する上で不可欠の条件。前期高齢者に突入したこの機をターニングポイントととらえ、立つ鳥後を濁さず、自己実現に向けた新たな飛翔にチャレンジしたいものである。
[PR]

# by m-gamano | 2009-07-24 10:26 | パソコンのこと | Comments(1)

7/22 隣のきれいなカズラ

 この季節あちこちの電柱や塀に辛みつくきれいな大きな花、確か「ノウゼンカズラ」とか、そういえば田舎の古い電柱に絡みついていたな。(^^)懐かしくも心和む逸品である。携帯から転送した画像である。
[PR]

# by m-gamano | 2009-07-22 23:13 | 我が家のこと | Comments(0)

7/22  日常茶飯事

 日本中が皆既日食の天体ショウーに浮かれていたころ、妻は10日間の入院を終え、無事退院した。正に切って貼って終わりの感の入院であった。早期発見早期治療が最高とか、この年代では、病魔は平均寿命にまで生かせまいと待ち受けているようだ。皆既日食という記念すべき日に退院でき嬉しい限りであった。これからは妻をいたわり、人という字のごとく、支え合って生きたいものである。

 さて、昨日にさかのぼって記すことにしたい。用事があって直江津に向かう、数日前から気にかけていた「土根性00」を発見。山麓線春日山神社入口の交差点付近の流雪溝」からはい上がった「土根性グラジオラス」である。雨にも負けず、車の騒音や排ガスにも負けず、きれいな姿を提供してくれた。一初めは交通事故死の供養の供養花かなと思ったが、そうではないようだ。戻って撮る。よく見ると、心ある人だろう、茎が折れるのを白い発砲スチロールで支えていた。ご覧頂きたい。

 すり減った愛車のタイヤを替えにオ商社へ出向く。ガソリンも上がり気味、車が大きいとタイヤも高い、しかし1000円高速道路はいいが、タイヤがスリップでは元も子もない。メーカーで値段が変わり、グレードで値段が変わる。いつものことながら「中の上」をかうことにした。気持ち静かになったようだ。

 紫陽花は終わり、蓮の花以外に垣根を飾っているのはこんな花々である。ひとつは葉がサボテンのように太く海外からきたと思われる「松葉菊」とあとひとつ分からないのがこれ「???」である。

静かに頭を下げ気味でひっそりと咲いている様子は、筆者と同じようだ。お分かりの方はお知らせ願いたい。
先日講習会の折教えていただいた「アガパンサス」もしくは「ムラサキクンシラン」とのこと。いやはや植物名は難しい。

 明日は久々にデジカメ教室、どんな講習になるやら心配半分不安半分である。晴れたらいいな?
[PR]

# by m-gamano | 2009-07-22 22:37 | 我が家のこと | Comments(0)