5/3 憲法記念の日

 これから5月3日は5歳になった孫の命尽きるまで誕生日であり、今までもこれからも5月3日は憲法記念日として日本が存在する限り国民の祝日として日本の行く末を語ることになると思う。。
 毎年この日を頂点として護憲・改憲の両派の論議が華々しく展開される。憲法がどう変わろうと、決して孫たちが戦場に赴き、他国の人々を殺めることのないような国になってほしいと祈るばかりだ。
b0161371_20290222.jpg
 祖国日本は負け、故に矛盾と言う言葉が示すように、戦いは致しません、武器も持ちません、軍隊も持ちません。と明快な不戦の誓いを世界に示したにも拘わらず、国家をなすためには無手勝流とはいかず、敗戦国の悲しさか・・戦勝国のアメリカのご指示通り、自衛のためと称し、警察予備隊、保安隊そして自衛隊と誰が見ても立派な軍隊を持つようになってしまった。派兵はしない、国内でもっぱら災害救助などに派遣されるきわめて高い信頼を集める自衛隊に自衛隊違憲論や不要論が出にくかった時代背景がここにある。
しかし、多くの国民は「軍隊である。」との矛盾の狭間に悩んだ筈だ。
b0161371_19181935.jpg
筆者は改憲を望まない。ここで言う改憲とは第9条のことを指す。この9条は偉い憲法学者をもってきもても、その論理は「矛盾」と同じく、どちらにも軍配は挙がらないと言う。
このために、学者も政治家も解釈において、持論を展開し、矛盾を飲み込んだまま、揺れ動く解釈論議で戦後70年間を乗り切ってきた。しかし、国内外において、解釈だけでは乗り切れなくなったために、国は改憲に大きく舵を切っていこうと一生けん命である。
 そう言っている内に夕方のニュースによれば、安倍自民党は、オリンピック開催の2020年に9条の1項2項を変えることなく、従来言われ続けてきた自衛隊の立ち位置を明確に示す改憲を行う、と明確に打ち出した。今後国会内外で大いに論議してほしいとその意気込みを吐露した。
 この決意のほどを言わせしめた背景には、時も政権に組するかのように一強他弱、日本の置かれている状況も同盟国アメリかと対北の牽制にやっきにならざるを得ない状況。尖閣諸島周辺における中国艦船とにらみ合い。北方領土の返還等々・・・バックにどれだけの軍隊を持つか否かで勝ち負けが決まる世界情勢になってきたことが大きく影響している。
b0161371_20081411.jpg
 その昔、無抵抗主義で通したインドのガンジー首相の生き方、施策の轍を踏むまでもなく、法治国家としての国民の叡智を結集すべき時が来たと安倍自民は考えたようだ。
 洋の東西古今を問わず、富国強兵はどこの国でも国策の最重要課題。
世界は大きな国ほどナショナリズムに傾倒し始めてきた、そして排他的になりつつある。国益を重要視するようになってきた。かつて辿ってきたあの忌まわしい歴史に逆戻りするようで余命いくばくもない無職の筆者は不安である。

祝日は静か
連休二つ目の初日、団地に子供の声もじじばばの姿も見えない。天気は晴れ、風さわやかである。隣近所の人は言う。「お孫さんたちは帰って来ましたか。」と。筆者息子家族でも迎えるように、芝を刈り、布団を干し、更に調子づいて玄関のドアの色まで塗り変え明るくまでして、待っていたがじじを喜ばせる文字をLINEに見つけることはなかった、
 きっと、金がかかるから、小学校高学年にもなれば田舎より、部活や友達づきあいが大事なんだろうともの分かりがよくなったじじ、無口な二人住まいの我が家は更に静かになっていくばかりの今日であった。
 築三十数年の我が家の玄関ドア、bbifore & afterがこれだ。
b0161371_17021082.jpg
玄関を変えても家主が変わらなれば意味がないことは分かっているが・・・。

b0161371_20010960.jpg
 

[PR]
# by m-gamano | 2017-05-03 16:01 | 世の中のこと | Comments(0)
縦に長い日本列島、昨日は5月を待たず早くも真夏日を味わった街のいくつかが紹介されていた。
 5月と言えば「風薫る」の枕言葉。その「薫る」を通り越して熱風が鳥取の砂丘を吹き渡ったと言う。
砂丘は既に熱砂と化し、足の水虫も焼ける高温になったとのニュースはなかった。
 テレビをつければ、米国のトランプ大統領は、昨日で政権に着いてから100日。鳴り物入りで政界のトップに上り詰めたトランプ氏だが、その評価はあまりにも厳しい。TPP離脱は100%の評価だが、外交、失業率、メキシコの壁建設、アメリカファーストの評価は以前50%に満たない。見掛け倒しの裸の王様の言葉は言い過ぎだろうか。
b0161371_20222276.jpg
 フランスの選挙、韓国の選挙、シリアの内戦、ロシアプーチンとのやりとり等々首脳の考えなど分かるわけがない筆者のような凡人でも今の世界、どうやってか舵取りをすべきか答えは見つからない。
 日本近辺はここ1カ月で急にきな臭くなった。北の軍隊の一斉射撃、度々のミサイル発射、金日成の生誕105年記念とは言え、アメリカの目線を自分たちの方に向かせようとする「憎まれっ子世に憚る」の北朝鮮金主席の態度は解せない。
同盟という 日米韓の固い契りを結んだ兄弟同士、北という共通の敵に対しての動きは、先の有事の際の同盟国への「駆けつけ警護」の付与にしたがって今回は「米艦防護」で日本の房総半島から四国沖まで米軍の輸送艦を警護しながら並走するもの。海上自衛隊大型護衛艦「いずも」である。ここでは日米の共同訓練、日本海では米韓の共同訓練で北に対して大いなる牽制をしていこうとする魂胆。
b0161371_20220977.jpg
 国内では、北のミサイル発射に敏感になってきた。先日のミサイル発射の速報に当地を走る電車をい10分間停車させると言う。
 南北朝鮮や国境を接する中東やアフリカなどの紛争は雰囲気で恐怖を感ずると言うが、地続きの国境を持たない島国の日本に危機感を感じない。誰かが言う平和ボケというやつである。
 外交交渉でどうにもならないは武力でという定義は、古今東西どこでも失敗している。

[PR]
# by m-gamano | 2017-05-01 16:30 | 世の中のこと | Comments(0)
世間並みに我が家にもGWが訪れるかと心待ちにしていたが、意に反して孫たちは来れないという。孫たちの駆けっこを夢見ながらきれいに刈り取っ隣の芝生は功を奏することなく間もなく雑草原と化すことだろう。

b0161371_10134759.jpg
 出たがり屋のじじに反して出たくないがり屋の妻を残して、昨日は、妙高市の高床山森林公園に出向く。29日と30日は公園開きと称してレクリエーションがあり、無料のトン汁が振舞われるという。
b0161371_10113115.jpg
 ここはそう大きな公園でもない。妙高山が望めるスポットでもない、ひと山全部がキャンプ場となっている。テニスコートもあるが訪れる多くの人の狙いはこの時期旬、春の山菜が目当てだ。
b0161371_10112109.jpg
 毎年この時期筆者が一度は訪れる場所がここ。山菜採りは後処理が面倒でほとんど手掛けない。誰も来ない週日、広場のど真ん中に陣取り、風が小枝を渡るささやきを聴き、新聞を見、寝ころび、コンビニのおにぎりにさば缶を添え、缶コーヒーをすすりながらしばし我を忘れる。筆者にとってこの上ない贅沢に浸るひとときとなる。
b0161371_10124257.jpg
 この日は、地元の方々が整備してくれたきれいな公園に居場所を確保、全国レクリエーション協会妙高支部の方の世話で、親子連れと一緒になって各種ゲームに興じ、童心にかえる。


同年代と思(おぼ)しき担当のおばさんのお誘いを受け、山のお遊びにしてはおよそミスマッチのゲームにはまる。写真の木枠の上下に二人相対し、与えられた14個の凹におはじきを自他の凹に順番に入れながら早く自分の凹のおはじきがなくなった方が上り・・・というアジアから入ってきた「マンカラ」というゲームにチャレンジ。頭も使うので脳トレとして、サロンでも使えそうだと収穫の一つをゲット。

b0161371_10115633.jpg
さらにゲームは続く。輪投げは点数を書いた動物にロープを投げる入れるゲーム。50点ゲットだとチョコの金メダルを首からかけてもらえる・・筆者も50点ばかりねらい3投目にしてメダルをゲット。一瞬だったが老心から童心にかえる。
b0161371_10121187.jpg
今回のメインイベントは昼食。持ちあわせてコンビニおにぎりにさば缶を加え無料のトン汁と共に胃袋に流す。この地域でこの時期のゴチはタケノコ汁、いただいたトン汁に持参のサバ缶を少し入れ、タケノコ汁に見立ててしばし孤食を楽しんだ。
b0161371_10114398.jpg

食足りて眠気催す。親子の歓声を遠くに聞きて青空ならぬ桜の木の枝を仰ぎ見る。白い桜の花は既になく、爛漫の青葉若葉が目に染みる。
北朝鮮のミサイル発射ニュースなど、ここに居る誰の頭にもない、のどかな森林公園の週末となった。

b0161371_10122604.jpg
 

[PR]
# by m-gamano | 2017-04-30 09:57 | 我が家のこと | Comments(0)
安倍総理のトカゲのしっぽ切りが始まった
 今村復興相が発した度々の東北の被災者をターゲットにした問題発言に安倍総理のトカゲのしっぽ切りが始まった。東北でよかった。」の言葉は被災者や東北に住む人たちを軽視したともとれる言葉であり、許されるものではない。さすがに総理も辞職ドミノを恐れたのか、今村復興相を即更迭した。

b0161371_19174635.jpg
 問題の発言は決して許されるものではないが、今「♯東北でよかった。」は違う意味でツイートされ、東北の良さや東北に生まれたことに誇りを持つ意味の言葉にすり替わりWEBサイトで流れ始めた。
 一強他弱と言われる日本の政界で、驕り・たるみの自民党の姿が自党内からも出始めた。5本の指に余るほどの大臣や幹部が辞任の憂き目に遭っている。
ある局のニュースキャスターは言う。「問題行動をしている議員は、在庫一掃組であり、力がないのに表舞台に立たされた非力の議員だ。」と痛烈だ。
 これほど国民や被災地から批判を受けても止まらぬ失言、失態劇が出るのは単に政権側のたるみだけにとどまらない。これを非難し、政権に緊張感を持たせられない野党の弱腰にも原因がある。
 今村復興相の辞任に同じ会派の長である二階幹事長は言う。「マスコミは議員の発言の全て記録し、その中にひとつでも失言があれば、これを突っ込み辞職を迫る。」と逆恨みし、事の重大さを認識しようとしない。政権側の忖度の構図が見えてきたここ数日の国政の醜いやりとりである。

極東はまるで軍事パレード
 日々北朝鮮、アメリカ、韓国、日本、中国の軍の動きを見ているとまるで軍事パレ―ドを見ているようである。まかり間違って不測の事態が実弾が飛んだら即第三次世界大戦に発展してもおかしくないと筆者はみる。
 アメリカのカール・ビンソン原子力空母を主力とする米軍部隊の極東への進出。そして米韓の共同訓練自衛隊の艦船と航空機を取り込んだ日米共同作戦
 対する北朝鮮陸軍の元山海岸における300門もの自走砲と戦車部隊の一斉砲撃演習、不測の事態でドンパチにはなってほしくない筆者だ。

b0161371_19170556.jpg

片や中国はロシアから譲渡された大型空母遼寧の二番艦を国産で進水させ公開した。今後海洋進出と領土拡大で周辺国を制圧することだろう。

b0161371_19171817.jpg
 
今の極東は国内外おいて、その昔日本海海戦時に東郷平八郎連合艦隊司令長官から大本営に打電した電文本日天気晴朗なれども波高し」に似て、不気味であり、予断を許さぬ状況と見た。

b0161371_19173206.jpg

もうすぐGW
 我が家の隣の空き地だが、地主は何を考えているのか分からない。ここに住んで既に30年を超えるが草刈りに来たこともなければ、顔を見せることもない。
 我が家の土地が狭いのを見越して、顔出ししないのは雪下ろし場所の提供と草刈りをトレードしているようにも見える。
所在不明の地主なら畑にもできず、小屋も建てられず、せいぜい芝生にして、盆暮れの孫たちの遊び場に供するのが関の山。写真に見る細い二本の木はハンノキとか。木のてっぺんは既に我が家の屋根のてっぺんより高くなっている。

b0161371_22495842.jpg
 GWに帰省するかと念入りに刈りとった芝だが、長男は仕事が変わり、帰省できないとのつれない返事。ならば、次男は、三男は・・・・と誘いをかけるが未だいい返事はこない。帰省した孫たちには特別待遇でもせねばと焦るじじだ
b0161371_19181461.jpg


[PR]
# by m-gamano | 2017-04-26 22:35 | 世の中のこと | Comments(0)
昨日の日曜日は、早朝より夜まで人様のお手伝いに追われた。
町内会館の掃除は町内各班の8人くらいで毎月2回実施。
昨今、どこの町内会館も建て替え時には椅子と机に切り替わり、床はフローリングやカーペットに変身している。
 高齢化社会にあって、宴席は椅子・テーブルでなければお客を撮れないご時世となった。我が町内会館は建ててすでに10数年は経つが、広い50敷場の畳は解放感があり、心が休まると人気である。
b0161371_14021900.jpg
この会館には「ヘキサンムシ」とか「カメムシ」とか言われる潰すと臭い匂いのする虫が多く出てくるようになった。例年なら秋口の暖かい日に木造の部屋のカーテン裏や戸口の間から出てくると相場が決まっているのだが、今年は年明けから4月の暖かさにつられてて出てくる越冬組が大半だ。

b0161371_14020239.jpg

毎月第4日曜日は、ライブラリー主催の映写会の日。
カメムシ相手の掃除を早々に切り上げライブラリーへと急ぐ。
晴れた直江津界隈、春風もさわやかに大勢の市民が映画に集うと思いきや、観客は意に反して6名と二桁に満たぬすこぶる低調となった。今月からライブラリー所長も代わり、心機一転のはやる気持ちに反した入りで出鼻をくじかれたオープニングとなった。
タイトルはご覧になった方も多いと思うがフランス映画「自転車泥棒」。地味な映画で筆者などこれが名画とは思えない作品とみた。

b0161371_14142566.jpg
4月は全ての活動が一斉に始まる月。田んぼでは春耕が始まり、5月連休明けには田植えが始まる。その前に田んぼに導水するための用水路の泥上げは欠かせない。通称「江掘り」という作業が午後には待っていた。普通なら農家組合が中心となって実施する農事だが、高齢化、耕作放棄が多くなった昨今、当地では人手不足のため、町内一般から人手を募り作業が進められている。役員の端くれ故、悲鳴を上げる老体に無理を承知でマウスをスコップに持ち替えてどっこいしょ。天気晴朗なれど寒さ未だ和らぐ気配なしの用水路にじじは足を踏み入れる。

b0161371_14024365.jpg
雪解け後の用水路には往々にして缶、ビニールが捨てられ、マナーの悪さはよそ者の仕業か町内の者の仕業か判断に苦しむ状態だ。しかし、時折目の保養ができるところもある。畑をやめ、花を植えて道行く人の心を和ます奇特なご仁もいる。色とりどりの芝桜が目に飛び込んできた。

b0161371_14014609.jpg
作業が終われば、一杯はつきもの。上り(あが)酒と称し、冷えた体に熱燗が染みわたる。
つまみはあぶったイカもあったがこの時期出回り始めた山菜が嬉しい。コゴミのマヨネーズ和えキャラブキ、ノビル、ウドの油炒め等々・・この時期乾き物は肩身が狭いようだ。


[PR]
# by m-gamano | 2017-04-24 13:51 | 世の中のこと | Comments(0)

孫よ来い


by m-gamano