6/11 ほほえましい青空床屋

散歩に出発しようとする夕方、隣接の庭先では最近めったに見られない青空床屋が行われていた。奥さんの妹さんがお姉さんの一人娘のカットをしている風景。ほほえましくもあり、うらやましくもあり、撮影の諾否を取りパチロと。戦後ならどこでも見られたこの風景、戦中生まれの筆者も子育ての時代は3人の息子を順次坊主刈りした記憶がある。当の筆者も小学生時代父のバリカンの被害にあった一人。「痛い痛い」と言っても我関せず、指の運動が遅いために切れない髪の毛を引きずる痛さは今でも脳裏に焼きついて離れない。亡き親父を思い出す唯一のメモリアルである。優しげな奥さんには筆者も刈ってもらいたい心境に・・。
b0161371_20505318.jpg

 さて、この時期散歩コースは花盛りだ。筆者「ホタルブクロ」と思いきやどうやら違う植物のようだ。ホタルブクロは下向きに花をつけ、写真とはまるで違う。知っておられる方はぜひ教えていただきたい。
b0161371_20512398.jpg

 次も同じ仲間だようだが下を向いている。同じ格好はしているが花の色はまるで違う。
b0161371_20514485.jpg


 さて、本日の感動巨編映画は夜9時からの映画「ウオーターボーイズズ」。その昔2回くらい見たが今回も素晴らしい青春の息吹に圧倒された2時間であった。馬齢を重ねる毎「青春の素晴らしさ」に恐れ慄く。若さっていいいものだとつくづく思い知らされる。監督の山本晋也さんの言に頷くこと多大であった。
b0161371_23372324.jpg

[PR]
by m-gamano | 2012-06-11 20:51 | 我が家のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano