人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

南葉情報探検隊

3/10 三寒四温か四寒三温か

カメレオンのごとく日々変わる天気は、今の日本の政治のごとく掴みようがない。昨日のからからの天気と違い今朝は20センチの降雪、冬に逆戻りだ。
しかも終日北西の吹雪模様、炬燵と仲良くなって一日が暮れた。遅く起きた食卓を見れば赤飯、そういえば今日は大阪に住む三男の誕生日、影膳ではないが子を想う母の情の深さは脱帽もの。二人の子供をかかえカツカツの生活をしているだろう息子に我もこっそりとビール券と書かれたものを送ったが・・ビールに替わったかはたまた違うものに替わったか知る由もない。元気であればそれでいい。それが我が家の親孝行だ。
3/10  三寒四温か四寒三温か_b0161371_17494231.jpg
飛行機のこと
マレーシア航空の行方不明ニュースは毎日伝えられているがその存在は未だ把握できない。ボーイング社のこの飛行機、以前にも地上接触事故を起こすなどその経歴は芳しいものではないようだ。
筆者が今製作中のこのラジコン飛行機も双発だ。今行方不明の飛行機も双発、双発機は片方のエンジンがストップしても片肺飛行で飛行はできることになっている。筆者のラジコンだが、説明書では可能と書いてあるが実際にフライトしてみなければわからない。高度があれが不安定な片肺飛行よりも全部エンジンを停止してグライダーのように着陸させることは可能だ。毎日妻の視線を気にしながらコツコツと作って未だこの程度。主翼はできた。あとは胴体にバッテリーと受信機をセットし、フイルムを貼り、エンジンや舵の効き具合を調べ、調整を入念に行い、雪のない滑走路で初フライトの運びとなるのは花見の頃か。やはり冬の室内作業となってしまった。
3/10  三寒四温か四寒三温か_b0161371_1750280.jpg

3.11のこと
ここ一週間前から東日本大震災関連のニュースが紙面をそしてテレビでは多くの時間をさいて紹介されている。明日はあのおぞましい津波・原発事故からまる3年となる。地震をテレビやラジオ,新聞で知った者には時が過ぎれば次第にその衝撃は消えていくが現場で肉親を亡くし、避難を余儀なくされた者にとって時は止まったままであろう。忘れ去られていくことを一番心配している理由がそこにある。国は「復興なくして日本の前進はない。」と常々言ってはいるがマイナスから這い上がろうとする被災者にとって、普通の生活を送るにはあまりにも高いハードル、あきらめと喪失感だけが増幅していく・・・とつぶやく。忘れてはならないこの人たちのことをそして、福島を・・。いつ来るかも知れない自然災害を・・・




by m-gamano | 2014-03-10 17:50 | 我が家のこと | Comments(0)