8/19 すでに始まったか認知症?

 昨日のこと、玄関先の鉢物とその台を掃除す。台は数年前からそのまま、大きな鉢は蔦物で鉢から垂れ下がるように繁茂す。
 鉢をどかして台を掃除。鉢と鉢の隙間にあるメガネに鉢合わせする(笑)。見覚えのある縁なしメガネ…紛れもなく筆者のもの。6月の宴会の後、自転車を引いて地球に激突し、破損・紛失したと錯覚し、探し求めた数日間、あきらめて新調したいわくつきが現在の縁ありメガネ、このメガネやっと慣れたと思ったら出てきた古女房的メガネ、鉢に水やりは日課、我が愛するメガネは、2カ月間毎日筆者の愛の水を飲まされ続けた訳だ。妻には言えないが、知ればきっと言うだろう。「あなたは酒でだめになる人ね。」、と。もうだめになっているのだが。
b0161371_11570510.jpg
前日の水曜日、月一の傾聴ボランティア、朝からじっとり高温多湿の真夏日。
6時半のラジオ体操、早起きは三文の得、年寄りには何の苦もない早朝起きだが、夜型の筆者にとって早起きは地獄の沙汰である。
ややダークな頭を引っ提げ、この日ライブラリーから機材を借用し、出向いた上越市福祉センターでは、顔なじみの利用者が待っていた。我がグループは水曜日の利用者の顔しか知らない。他曜日の利用者は我らの存在は知らない。
 ホールの壁飾りは、日本の空に打ち上げられた花火のオンパレード。高度は1万メートルか、地球が小さい。
b0161371_11572480.jpg
塗り絵を得意とする面々の作品が心を和ませてくれる。色遣い、きめのこまかさ等、達人の域に達した作品であった。
b0161371_11571543.jpg
本日の出し物は綾小路公麿氏の、「あれから40年」のフレーズで始まる中高年の応援歌、下ネタに始まり人生終活の「おしめえー」までを巧妙な話術に織り込ませた漫談に会場はもちろん。センターのホールを笑いに巻き込む。「笑いは健康を招く。」正にその通りであると実感した3時間であった。
b0161371_11574011.jpg

オリンピックは連日メダルラッシュ
体操、競泳、バトミントン、卓球、レスリングなどは連日目が離せないくらいのメダルラッシュ。そのひとつひとつにドラマがあり、国内外で応援する人々がいる。
入賞した多くの選手は言う。「私を応援してくれる人たちがいたから勝てた。」、と。
これまで多くのベテランオリンピック選手の技量に掛かっていたメダル獲得だが、今回は違う。20代の若手選手の活躍がすごい。そのほとんどが「金メダルを取るために来た。」と言う。「参加するところに意義がある。」なんていう「クーベルタン男爵」の参加意義など化石に近い。
女子レスリングでは、新人が全て金を取り、4連覇をもくろんだ吉田沙保里選手の決勝敗退など時代の世代の交代を感じたのも今回の特徴と言える。

ブーメランのごとく無事に手元に帰ってきた愛機。
b0161371_14042788.jpg






[PR]
by m-gamano | 2016-08-19 11:59 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31