10/29 またもや台風の襲来

10月に台風の波状攻撃なんてあまり聞いたことがないニュースが選挙が終わった途端にテレビ画面のトップに躍り出てきた。卑近な例としては我がラジコン倶楽部の滑走路をどろんこにして、離陸不能にした関川洪水の例が挙がる。
 しかし、「〇〇と秋の空」と言われる秋空、その気まぐれな天気は週末にはこのようにカラリト晴れるから憎たらしい。空を見ながら洗濯物と布団干しのバランスを図らねばならない主夫は忙しい。晴れた金曜日、サロンの使用機材をライブラリーに借りに出向く。ランチタイムは久々の「松屋」だ。
何時もの牛めしを注文す。他店ではラ―メンがいっぱい7~800円という時代に牛めし並盛が290円とは貧民には嬉しい。肉は牛だろうが部位は不明。おしんこ80円を付けて、胃袋に落とし込む。

b0161371_18015955.jpg
翌日28日(土)は、早朝より地区の里山古道整備の動員がかかる。正式名は「後谷・名水桜清水の会」である。昔分校があり、集落もあったところに繋がる通学路。生活道路でもあった山道を整備し、地域の文化遺産にしようというもの。落下傘部隊のような非地元出身の筆者など団地に住む若者にとっては、年寄りの「ノスタルジア」だろうと冷ややかな視線も感ずる。
 春から獣道(けものみち)になっている山道を何回か切り開きながら、清水のこんこんと湧き出る最終地に至る古道の草刈り倒木を排除しながら、植樹する「オオヤマザクラ」を担ぎ、支柱を担ぎ、チェンソーや草刈り機を担いで20名は進んだ。南葉林道から横にそれた間道である。
写真は直径50センチ以上はある松の木の倒木、切り開き排除しながらの恐ろしい作業だ。


b0161371_18013299.jpg
南葉山林道から少し分け入った里道の一部、ここは御三階といって、今の新駅界隈が全貌できる一等地である。ここにも桜の苗二つを植えた。
b0161371_20051679.jpg

最終到達点は、斜面だが清水がコンコンと湧き出る場所。早速4本のオオヤマザクラを植える。
この苗木が添え木なしに一人立ちするころには本日作業した人はこの世にはいない筈。
 見渡せばほとんどの峰々は杉林、今の世の中これら杉林&山を不動産と言わず負動産というそうな。子孫のために植えた町内にある杉林だが、切り取ってもらって引き取ってもらって一本1万円以上の持ち出しになるという。ましてや「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の・・」の聲が聞こえる所の伐採などいくらかかるか空恐ろしい・・・という。相続されても困る山地と山林である。


b0161371_18030277.jpg

作業で失ったものは毛髪が少し、平地の散歩でもふらつく我が足だが、どうにか持った3時間30分の作業も終わった。筆者と同じ年頃のお隣の町内会長、3つの車輪が一列に並ぶ自転車で南葉林道を制覇した。豪傑である。初めて見た自転車をパチリ。普通子どもの乗る三輪車は分かるがこのタイプは珍しい。
b0161371_18012214.jpg
翌日29日日曜日は、月一の我が町内会のサロン。写真では青い新品畳も光線のせいか茶色に見えるから面白い。
台風接近のせいか、天気は良からず、足元が心配の中、17名のばっちゃが集まってくれた。
映写会は「おやじたちのバス旅行」30分を見る。昭和30年代初期の農村の家族の現風景。
皆当時を知るだけに、うなずきながらの視聴であった。
 次は、軽運動、手足の指先ほぐしや、ゴキゴキと音のする骨の柔軟運動はやや若い運動推進委員さんが担当す。
b0161371_18014451.jpg
三番目のレクは、元看護士さんが造ってきてくれた牛乳パックの輪切りを積み木風に積んで時間を競うもの。筆者7であった。賞品は手作りお手玉3つと嬉しいおみやげであった。

b0161371_18023322.jpg

最後は恒例のお茶会。一人100円の茶菓子代をいただくが、それ以上に持ち込みの気持ちがテーブルを飾った。ゴマ入りのおはぎ百目柿大根の漬物などなど・・自宅にこもらず、出てきて話をしてほしいと教科書通りの筆者の言葉に耳を傾けてくれた。嬉しかった。
 早朝jのラジオで聞きかじったことを二つ紹介す。
年をとったら次の二つのことを実行してほしい。
そえれは二つのことば。
その1 「教育」だがことばそのものではなく。「今日 行く」ことに替えてみてほし
      い。
    朝起きたら、本日はどこかへ行く 行く当てがあるようにしてほしい。
    出歩く先があることは素晴らしいことである。
その2 「教養」と書くが、決して勉強のことではない。「今日 用が ある」と読み替
     えてほしい。日々の生活の中に用事を見つけては、出かけてほしい。人と会い、
     趣味に遊び、身も心も充実した一日にしてほしい。

この二つを心がけることで心身ともにさわやかな毎日を送ることができるでしょうと。


b0161371_18024704.jpg






[PR]
by m-gamano | 2017-10-29 18:04 | 世の中のこと | Comments(0)