2/27 もったいない結婚式場の取り壊し

 ここ数日終日快晴が続く上越高田である。例年にない大雪に悩まされたのは高田よりもむしろ北陸は福井や富山、そして関東地方の東京や岐阜などの内陸部とは皮肉なもの。
新潟県は降り積もった雪を除排雪しなければ片側2車線が確保できず事故を誘発しかねない危険な状態が続くと、雪処理のための追加補正を組んでこの場を凌ごうとしている。時がくれば全て水になるこの雪は雪国にとってスキー場を除いては百害あって一利なし(あるか?)の代物。
 筆者山麓線を通り、直江津方面に向かい向橋地区を過ぎた頃金谷山側にあった結婚式場「アンニヴェルサリオ」の建物の取り壊し現場に出会う。
写真左側の母屋はすでにない。あるのは正面玄関の構造物のみ。
手前の斜面は歩道と車道から吹き上げられた雪の壁。
おおよそ、ここで結婚式などあげようとは思わないのが大方の声と聞く。前は車列の続く県道。そして後方は金谷山とおおよそ新婚がスタートする環境ではないように思うが・・。挙式を廉価に設定すれば延命は可能だったかも・・・貧乏人の考えである。



b0161371_17143291.jpg

築15年以上は経つこの結婚場、何回となくこの前を通るも結婚式を挙げていた場面を見たことは1~2回だけと記憶だ。「由美かおる」は水戸黄門のタレントだが「桂由美」の作品が売りの結婚式場であった筈。右後方には外壁しか見えない。
ある人の話によれば内部はほとんど新品同様であったという。売りに出たがこれを求める会社はなかった、という。そして即解体の憂き目に。このまま売れるのを待てば法外な固定資産税が発生することを案じたのだろうか。まさに「もったいない。」の一語に尽きる。
ここで結婚されたカップルの心境今や如何に・・・である。

b0161371_17230063.jpg


取り壊される建物があると思えば、ここでは新築のテナントが入る商業施設が建築中であった。ウエストタウンの道路を挟んで昨年できたスーパーナルスの前である。
大和ハウスの企業体で鉄骨仕様の大型テナントビルである。見たところ3階建てか。我が家の前にできたナルス南店を取り囲む商店群は一戸建てであるのに比べて、ここはビルでテナントを募集するという。
 聞けばここには、ラーメン店、コインランドリー、ドラッグストアなどなどが入るという。きっと雪害を考えてビルにしたのだろうか。スタンドもできるという話もあり・・道中の給油が可能と嬉しい。



b0161371_17131296.jpg




b0161371_17123527.jpg



by m-gamano | 2018-02-27 16:58 | 世の中のこと | Comments(0)