5/17 残念な結末に

 新潟西区で起きた小学生女児の殺害事件は犯人が逮捕され、理解に苦しむ経過が明らかになった。
いとも簡単に幼子の命に手をてにかけ、その将来を無残に奪った犯人は23歳、犯人もまだ若い未来のある青年であった。なぜ、こんなことになるのだろう・・・・と思わず考えさせられる元教員の筆者は藤議だ。
 卑近な例を挙げればクリーン作戦に出向いたときのこと。南葉高原キャンプ場に通じる南葉林道の谷側に投棄された大型小型に様々な不法投棄の品々。これを捨てた市民はどのように児童生徒であったのだろうかと疑念が湧く。共同生活を送る法治国家日本での生き方には人に迷惑をかけてはならない。国民の日tp理と

[PR]
by m-gamano | 2018-05-17 14:26 | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano