7/21 健康器具を作ったが

過日18日も日本全国蒸し風呂に入ったような陽気が終日続いた。
勿論新潟もその一つ、川端康成の小説「雪国」を思い出せば少しは涼しく感じるかと思ったがそうはならなかった。当日は新潟県南魚沼郡湯沢町(合併前)が会場の「新潟県コミュニティ・スクール(以下CSと表示)研修会」へ参加。このCSだが全県小中学校が参加している訳ではない。聖篭町や上越市は当初から全市、全町で参加した組であり所謂先達と言える。


b0161371_13242441.jpg
 

CSは一口で言うならば学校教育に対して「応援団であり、ご意見番」的存在。
学校運営や学校教育に対してかなりの部分で校長先生に意見具申をしたり、教育委員会に対してもの申す存在である。
 PTAや保護者会、青少協などと違って表にはめったに出ない陰の存在である。当校においては、町内会長や後援会長、PTA会長や学識経験者など多彩なブレーンが入っており、その活動、お既に6年目。

下の写真だが、湯沢を目に前に早めの昼食を摂ったところは関越道「塩沢石打SA」
そこから撮った写真は虎皮模様のゲレンデ。南魚では有名な「石打丸山スキー場」かなりの高低差があり、東京から近く交通至便ということもあり、昔からスキーのメッカとも言われたスキー場である。
このスキー場を抱える塩沢町で3年のご奉公をさせてもらい、スキーの腕は上がらなかったがうまい本場のコシヒカリをいただき、きれいな水で仕上がった端麗辛口の八海山などで喉を潤すことができた至福の3年間であった。
本当か嘘かは知らぬが人は言う。上越よりも中越が住み易いと。その訳は簡単、サラリーマンだろうが赴任地としては知人や親類縁者が少ないからだと言う。納得の言葉であった。
筆者など中越地域で知る人など皆無であり。リセットして仕事に励むことができたのも、義理人情に縛られず、真っ新(さら)な気持ちで子どもたちと接することができたからであろう。
 旅はいいものだとつくづく思う後期高齢間近かの筆者だ。
しかし、世の中甘くはない。昨日節目の歳なのか、警察から「認知機能検査通知書」なるものが送られてきた。毎日お酒で胃袋を洗い、酔っては脳の細胞を多数死滅させている筆者、「免許証返納」のお札が目の前をチラつき始めた。


b0161371_13231104.jpg


十日町や南魚沼界隈の食堂では、お蕎麦をいただくことが多い。そのお蕎麦の元祖は十日町に本店を構える「小嶋屋の蕎麦」である。長野も有名な蕎麦屋が多くあるが、色がまず違う。多くは「つなぎ」に何を使うかで決まるという。ごぼう、たまご、小麦粉?などなど。ややグレイがかったものや茶色系のものが多い中、小嶋屋の蕎麦の色は。萌黄色というか黄緑色。海藻の「フノリ」を使っているからだと言う。
口当たりはつるっとしてのど越しがよく、おいしさは絶品と言われている。お勧めの一品として今年から我が家のお中元の仲間に加わった。

だが、当日筆者が食したのは、下の写真のメニュー。「野菜炒め定食」である。「生姜焼肉定食」すでに売り切れであった。



b0161371_12093418.jpg


もういくつ寝ると夏休み
 パソコンに向かい、キーボード打ちの練習やマウス操作の練習にいそしむパソコンクラブの子どもたち、1学期最後のパソコンクラブの学習風景である。今年のクラブ員は4年生から6年生まで10名で構成されている。女子はいない。
 4年生はローマ字入力が不得手な子もいるが逆にゲーム時代の子どもらしく、操作に長けた子もいる。
 本日のテーマは、操作以外に絵地図づくりと名刺づくりである。
個人情報の取り扱い方に注意する立場から、住所や電話番号はダミーでよいか、などとシビアな質問だ飛び交う。

b0161371_12101098.jpg


健康器具を作ったが
日々衰えていく体力、その下降カーブをどうにかしてなだらかに、ゆっくりにしたいものと自作可能な健康器具で思い出したのが「青竹踏み」である。この器具、簡単そうだが実はそうではなかった。竹の直径がどれくらいのが一番足裏に刺激が伝わるのか、また、足裏のどこにどんなツボがあるのか、全くの素人であり、刺激が感ずればそれでいいのではないか、といい加減な素人考えであった。。
材料はホームセンターにあるもので間に合わせた。従って青竹ではなく、茶色竹となった。
購入した竹だが、足裏に刺激を与えるだけの刺激にはならず、面(つら)の皮の厚くなったように足裏の皮も厚くなったことを実感した。

b0161371_20475256.jpg



[PR]
by m-gamano | 2018-07-21 09:25 | パソコンのこと | Comments(0)