人気ブログランキング |

10/6 離陸するには先ず草刈り

夜半のメールは草刈りのご案内
果実否過日台風24号は上越地域を夜半に通過したようだが、酩酊し昏睡状態の筆者に被害はなかった。
むしろ吹き返しの風が金曜日の朝から午後にかけてひどいものがあった。
夜中にはラジコンクラブから明日土曜日には飛行場の草刈りがあるので是非参加してほしいとのメール。さらに町内カラオケクラブからは今月のカラオケの日程メールが入り、是非参加してほしいとのこと。
飛行場整備に9月末には、一人35,000円もの手痛い出費、自動車税と同じ、年金生活者にはずしりの負担であった。
猛暑の夏には青息吐息の雑草だったが、秋口には台風の接近や前線の影響でたっぷりの雨、きれいに整備した滑走路にも無数の雑草が息を吹き返していた。
下の写真は作業中と作業後の滑走路の状況である。一枚目の写真だが茶色の箇所は草刈り前と草刈り中の混在の写真。
二枚目の写真は、芝刈り機で刈り終えた滑走路。刈り取られ散らばった雑草のために一面白い綿のように見える。明日から離着陸可能だと言うが、小型機では刈り取られた草にギヤ(車輪)を取られエンストか前転を覚悟しなければならない。
下の写真だが、グリーンは堤防の法面、その右端は堤防の散歩道、作業中のメンバーが真ん中に小さく見える。

b0161371_16232460.jpg
下の写真は南西方向から県立中央病院を望みながら刈り取り後の滑走路を見たところである。手前から堤防のグリーンの法面、滑走路、関川の順となる。本日のメンバーは筆者を入れて3名のみ、皆飛ばしたいメンバーばかりだ。

b0161371_22322365.jpg


b0161371_16233609.jpg

2時間の大仕事を終えて帰宅、シャワーを浴び、冷しうどんをそそくさとかっこみ、ブログをアップし始めると既に時刻は3時、外気温は33度と下がること知らない。台風25号のフェーン現象だと誰かが言っていた。

自宅西側を二階から見ると逆光になるが無数の小型ドローンのごとき飛翔体が舞っていた。なぜか赤みを帯びた虫のようなものがホバリングを繰り返して隣家の家の周りを周遊していた。
きっと山から下りてきた「アキアカネ」だろうと推測す。写真からはピントが甘いのでしっかりとトンボを確認
はできないが、もっといいカメラであれば、ホバリングも静止画にできる筈。

b0161371_16240253.jpg


by m-gamano | 2018-10-06 16:28 | 趣味 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31