11/15 北陸新幹線上越妙高駅西口に温泉施設オープン


右上がりに晴れてくれた過日11日の日曜日、今年の日曜日は雨が多く、大人の遊び処滑走路は度々の冠水と相なりフライトができたのは堤防の道路から飛ばした数回のみ。重機で堆積した砂を削り、平たんにし、その後の草を刈ること数回、やっと漕ぎつけたフライト可能の滑走路が写真の通りである。整備に投じた結構な額の経費は年金暮らしには辛かった。
この日ラジコンを持参したのは筆者だけ、小型ながらスポーツタイプの「カルマート」。
代表曰く、調整がいまいち。これでは今の腕では難しいのではないか。との温かくも厳しいご指導。加齢による身体の動きの鈍さに加えて、練習量も激減の昨今。当然と言えば当然の結果を甘んじて受けることに。
曇多き午前9時、予報を信じて待つこと一時間、集まった会員と家族友人で十数人となった。炭に火が着き、肉の焼ける頃には、快晴になっていた。

b0161371_19095921.jpg

b0161371_19092377.jpg
飛ばしたのは、小型スポーツ機「カルマート35」。きれいに仕上がり、
世界レベルのフライト「エアーレース」の日本代表パイロット守屋氏が操縦してもおかしくないきれいな機体である。

b0161371_20390137.jpg

この日は、筆者が写真撮影し、代表に操縦を依頼。しかし、熟練の操縦にシャッターが追い付かない、機体の追尾ができず撮ったつもりが画面の端っこに写る始末。

b0161371_19082649.jpg

当日は持参しなかったものの、筆者が保有する飛行機はカルマートとこのアクト2機のみ。
他に数機あったが全て海の藻くず否空の露となり墜落してしまった。
修理や新規購入も叶わず今は現存する愛機を落とさないように慎重に飛ばしている。
写真で見る限り、滑走路は整備され、草も刈ったとはいえ、ラジコンの離陸を阻むような大きな草の茎が残る。飛行機は数回のバウンドを繰り返して即離陸するようにエンジン全開で発進させた。



b0161371_19084649.jpg

11月15日(木)午後1時北陸新幹線上越妙高駅西口に温泉施設オープン
新駅ができたにも拘わらず、その開発は低速にして地元住民もやきもきさせていた。ホテルやマンションはできたが、地元住民が喜ぶ施設はなかった。
今、保養施設の一つができ、新駅効果が姿を表したように思えた。
写真は当日午前のオープンセレモニー前の会場である。花輪がずらりと並び、午後1時の開場を待っていた。空は青空オープンに絶好の日和

b0161371_12390102.jpg
この施設、直江津の下門前に数年前にオープンした「「門前の湯」の姉妹施設だと言う。見ればその佇まいはそっくり。
筆者この温泉ができた頃アフター60の職場のすぐ隣に出来上がったのでショッチュウ入っていた。どこかにある1000円近くの温泉ではなく、大人420円のリーズナブル入浴料金も市民には受けるに違いない。
一覧をコピーしてきた。

b0161371_16010834.jpg
玄関脇には関係企業からの花がたくさん飾られていた。

b0161371_16425928.jpg
温泉施設の名前はパンフレットにあるように「釜ぶたのという。なぜか古色蒼然として集客に影響が出そうな名前である。玄関に掲げられた看板は、村山上越市長の揮ごうによるものとのこと。偉くなるには書も達筆でなければならないと痛感。しばし偉くならずに済んでよかったと・・・。もっともパソコンでキーボードをたたく人物に読める文字を書けと言う方が無茶と言うもの。

オープンの挨拶は飛田テック(観光の)社長さん。
なかなかの人物らしく、旧皆川製菓の跡地に中田原団地造成をしているのも同社というから、大したもの。
久々に南葉山ろくに建設の槌音が響くようだ。

b0161371_16420456.jpg

オープニング後の初入湯は当然無料、15日と16日は無料開放というから嬉しい。妻とな並んだ甲斐あって
筆者の番号は、男性の4番、入って見て驚いたことは、外観も内部構造も全く下門前の1号館と同じである。休憩所のない銭湯と同じ構造、湯船の形や洗い場の広さ、露天風呂の構造まで瓜二つであった。
この値段でオープンした理由は、銭湯形式でお客の回転を早くしたことに尽きるようだ。風呂上がりのお客に長居させず、せいぜいコーヒー牛乳1本くらい飲んでいただいて退散願う算段のようだ。
二日の無料券を使い果たした筆者、3日目の土曜日10時に有料で入る。男子の入浴者数は僅か6名ほど、なるほど計算通りの客足だと経営者の計算に納得して帰る。それにしても1500m地下から汲みだした温泉はややヌルヌルして気持ちよく、いつまでもぽかぽかして筆者満足であった。

最近イラっとすること
その1 洗濯は自分のものは自分で洗って干しているが、昨今のハンガーは、ほとんどがプラスチックで出来上がっている。昔ならなら鉄の針金に細いビニールのチューブを巻いできあがっていた。シンプル&ベストであった。しかし、今のハンガーは便利を追求するあまりか、洗濯ものを押さえて風で飛ばないように両肩の内部に滑り止めがついたり、女性の下着が飛ばないように両サイドにへこみが付けられている。
爺さんんが干すときにこのへこみに洗濯物が引っかかり、えらい苦労することが多い。両手の動きが鈍くなってせいだということは分かるが・・・イライラのストレス蓄積は日常茶飯事である


[PR]
by m-gamano | 2018-11-13 19:35 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31