1/12 情報化社会の怖さ

 昨夜民放でスタジオジブリ制作「耳をすませば」

b0161371_16242629.jpg

のアニメ映画を観る。制作者が同じなので同じパターンかと思って観るが久しぶりにのめり込んでしまった。主人公の女子生徒、自分の未知の未来と今の自分を見比べながら模索し、可能性を見つけ出そうとするその姿に自分が歩んできた道のりを重ね合わせ、思わずぐっとこみ上げるものがあった。寝酒のバックも少しあったが・・・。
 年をとったせいか、情報が多すぎるのか、それとも情報選択ができなくなったか、前後左右上下のまぜこぜの情報に惑わされ、自分の判断のつかなくなった筆者になってしまった感がする。目についた最近の訳のわからないニュースがこれ!

b0161371_15563140.jpg


来年に迫った東京オリンピック大会招致にJOC会長が深く関わっていたとするフランスのからの情報 ▲金で買った東京オリンピックであってほしくはない。

b0161371_16062138.jpg

NGT48のメンバーを襲われた事件で被害にあった本人が記者会見で謝罪する不可思議な論理 ▲追っかけおばさんなら話は分かるが若いとは言え二十歳を過ぎたいい大人が情けない若年層、大丈夫か?これからの日本を背負って立てるか?

b0161371_16065577.jpg

福島の原発事故が国内外から叩かれている中、それでも国策として外国に国産の原発を輸出しようとする政府の愚。子孫に核のゴミを負の遺産として残さないと言いながら、汚染された水、使用済み燃料をどう処理しようというのだろうか。▲そう言いながらも、毎月第1・第3に出す燃えないゴミを出す市民の一人としてためらいを感ずるな。「もったいない」で使いきるか、壊れたトイレをさて、どうしたものか?

b0161371_15564883.jpg

「飲んだら乗るな」は車社会の鉄則、飛行機ではそうではないらしい。日本降空ならぬ日本航空では何人かのパイロットが酒気帯運転ならぬ酒気帯操縦を犯したという。しかも国際線である。

b0161371_15570656.jpg


車は二次元の乗り物、道路上を前後左右だけしか動けないが飛行機は三次元の空間を動ける自由な乗り物。広大な大空をバックを除いて自由に動ける乗り物。筆者もラジコン飛行機を操縦するが、高度をとれば電波が届く範囲ではほぼ自由にフライトできる。そこが醍醐味。離発着だけ細心の注意を払えば比較的楽である。
b0161371_15554363.jpg
自動操縦など車社会では今やっきになっているが、飛行機ではかなり前から当たり前の機能となっている。


三連休の初日、太平洋側は小雪かと心配、真逆のお天気。新潟は朝から快晴、雲なし、風なし、万歳の出だし

上越妙高駅から見た妙高山、やや逆光だが白い輝きが目に入る。手前の建物は釜蓋遺跡の展示場
b0161371_15561570.jpg
そして、でんと構えるは南葉山、通称おっぱい山
これを拝むと心が和む筆者だ

b0161371_15555751.jpg
その駅前西入口にできたマンションが「ポレスタ」「ホレスタ」ではない。もうじき完成。この傍に「東急イン」ができるとか。山が隠れないか心配の筆者。

b0161371_15573060.jpg

 
 
 

by m-gamano | 2019-01-12 10:58 | 世の中のこと | Comments(0)