人気ブログランキング |

3/19 あさっては春分の日

年寄りに毎日決まったスケジュールが組まれることは酷としみじみ感ずる今日この頃である。
現役時代は、仕事を天職と思い、一度たりとも休みたい、辞めたいと思ったことはない。
 しかし、後期高齢に登り詰めたせいでもないが、健康のためと始めた週2回のサロンは早3年目、女性ばかりの仲間が増え楽しいことは嬉しいが、いかんせん年寄りの冷や水、筋トレ脳トレ後の疲れは老体に巣くって消えそうにない。
 加えて、これも自分が手を挙げて始めたボラ、子供たちの登下校の安心安全を担保する見守り隊の仕事。自己満足で帰宅するも疲れはこれまた取れそうにない。


b0161371_21280914.jpg


 結局その除去には晩酌の酒の力を借りなければどうにもならない筆者だ。
 同道する子供たちの口から出る卒業や進級の話を聞くのは筆者、冥利に尽きるばかりだ。
 今春中学校へ進学する東京の孫娘の顔と声がふっと思い出される。きっと地元の皆から祝福されていることだろう。
ともかく卒業&進級おめでとう。

子ども特集になってしまったが、遠くは千葉で暮らす長男の孫たちから正月も終わった2月、書き初め展出品の二作品送られてきた。3人兄弟の一番上、5年生の孫(男)。見てびっくり。誰が書いた文字かと驚かされる。

b0161371_20515593.jpg

続いて3年生の長女(女)の作品がこれ、現役時代は管理職の授業だと言われ、恥をかいて習字を担当した。パソコンばかりいじっていたら文字などどうでもよくなった筆者。書き初め展に出した作品で入賞した作品はなかった。

b0161371_20501101.jpg


きっと向こうのじいさんとばあさんがしっかりと教えてくれたおかげだと感謝しきりである。そのほか、書道教室に通ったかどうかはついぞ聞かず仕舞だ。


by m-gamano | 2019-03-19 17:51 | 世の中のこと | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31