人気ブログランキング |

3/28 孫帰省して早8日

3人の孫を迎えた平成最後の年度末、孫ぴったりの民宿生活も一週間を数える。
益々老いていく老婆老爺、反対に日々体力も知力も盛んになっていく孫たちとの生活のギャップは大きい。外に出れば「一緒にリレーやろうじいちゃん」「一緒にかけっこしようじいちゃん」と無理難題にできないながらも負けず嫌いの筆者の負担は正直大きい。民宿もどきの名前は掲げたはいいがじじばば二人の力量は知れたもの。預かった孫からの解放を二日後に控え、「早く来い来いお正月」ではないが待たれる孫のご帰還である。
 ここ数日寒暖の差は激しいものの、終日快晴のお天気は嬉しい。毎日たくさん出る洗濯物、孫と一緒の洗濯物干しは助かる。ベランダが珍しく上っての物り干し、取入れは孫の仕事、ゴチづくりや食器洗いも分担する。夫婦共働きの家庭ならばどこでも有そな風景だが、進級すれば6年、4年、新一年生で同じ小学校へ通うことにあんるという。孫が通う学校の見守り隊ならどれだけやり甲斐があることだろうとはじじの想い。
少子高齢化社会に歯止めの一つでもとの貧乏子沢山を嘘吹きたい筆者だ。

27日そろそろ露天商の店の組み立てが始まる高田公園観桜会場、公園内のあちこちには立てぼんぼりや吊るしぼんぼりがセットされた。

b0161371_09301334.jpg

お城を望む内堀をまたいでこれまた大きな立てぼんぼりが大きい。


b0161371_09295532.jpg

全国にばらまかれた観桜会ポスター。全国的に知られる三大夜桜の一つがここ高田公園にある。4千本とも5千本とも言われるソメイヨシノの桜が開花するのもあと数日か、待たれる観桜会だ。
観桜会の風情を知らない筆者は昔からそう思っていた。「たかが桜ごときにこんなに馬鹿騒ぎをするのだろう。」と、しかしこの地に永く住み続けてその謎が解ける。
上越地方でもとりわけ高田はスキー発祥の地金谷山のおひざ元にある名だたる豪雪地、一晩で100センチの降雪も珍しくない。冬期間の4カ月を雪に苦しめられることを考えると、待たれる春に雪からの解放を喜ぶのは道理、親類縁者、会社仲間、友人同士で白い花を愛でて飲み明かすのは




b0161371_10102565.jpg

b0161371_09314362.jpg


b0161371_09322068.jpg


b0161371_09312001.jpg




by m-gamano | 2019-03-28 09:34 | 趣味 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31