2016年 08月 22日 ( 3 )

8/22 夏の終わり

土日に行われた校区と地区の夏祭り。毎年のこととは言え、年ごとに難儀になってくる。
最も今年の夏は特に暑い、どこの老体にも堪える暑さだ。昨日と一昨日は台風の接近のせいか、フェーン現象のせいか殊の外暑かった。
 先週の土曜日は、午前が映写会とサロンのセット。そして、午後が校区青少協主催の「子どもチャレンジ夏祭り」のイベント満載となった。
夏の暑い中、冷えた大広間で、無料の映写会もいい、今回はライブラリー主催の映写会を凌ぐ22名の入りであった。上映映画は山本周五郎原作の「かあちゃん」である。
野上由美子主演のこに映画、見ごたえのある作品で観客を泣かせていた。
高齢化社会のご時世、どこの宴会場も椅子とテーブルがなければ客は来ない時代という。
我が町内でも畳敷きの大広間だが昨年度からは順次椅子を準備し、快適な座り心地を確保している。
b0161371_15172744.jpg
後半はサロン形式、椅子に座ったままの携帯葬否軽体操。手足を動かして血流を良くし腰の痛みを和らげ、むくみを抑える効果があると言う。こうなると椅子の効用は計り知れない。外は熱中症間違いなしの猛暑、35度超えの熱波の襲来は続く。
b0161371_16290238.jpg
温度計の赤いアルコールがぐんぐん上がる午後、青少年健全育成協議会主催の「子どもチャレンジ夏祭り」があった。所属する我が組織「学校運営協議会」も協賛することになり、「きり絵」と「お面づくり」が任されて数年になる。筆者は芸がないので「お面づくり」を担当。3名のメンバーだ。昨年までは子どもたちが描きたいお面を作ってもらったが時間短縮、見栄えを考慮し、「のめし」と言われそうだがインターネットから引っ張り出した著作権フリーのお面のイラストから選んでもらうことに。拡大プリントした作品の一例がこれだ。
b0161371_15354425.jpg
子どもを対象にしたチャレンジのイベントはこのほか、 切り絵、ペイント、輪投げ、
ストライクショット、水上ゴザ渡りなどが盛大に行われた。

一夜が明けた日曜日、この日も朝から気温はぐんぐん上がり、昼頃には猛暑日となった。
一昨日の土曜日から日曜日にかけて、上越市最大のお祭り「謙信公祭り」が行われた。
したがって、どこの町内会のお祭りもイベントもこの大イベントには勝てず、やや少ない地区民でお祭りを実施する羽目に。予想は的中し、遠くへ行けない高齢者や行きたくない人が集まる。昨年に比してやや少ないかなと思われる程度の参加者であった。
内容は、個人戦の輪投げ、ビンゴ、「青田川音頭」の踊り・・・・そしてビールとお酒をやジュースを飲む会となっている。
b0161371_16232668.jpg
b0161371_16234291.jpg
b0161371_16235439.jpg
 この暑さの中でいただく生ビールは最高の味、ビールがこんなにうまかったかと思うほどののど越しであった。発泡酒に慣れきった我が喉は本物の味にびっくりしていたようだ。





[PR]
by m-gamano | 2016-08-22 15:16 | 世の中のこと | Comments(0)

8/22 夏の終わり

土日に行われた校区と地区の夏祭り。毎年のこととは言え、年ごとに難儀になってくる。
最も今年の夏は特に暑、どこの老体にも堪える暑さだ。昨日と一昨日は大砲の接近のせいか、フェーン現象のせいか殊の外暑かった。
 先週の土曜日は、午前が映写会とサロンのセット。そして、午後が校区青少協主催の子どもチャレンジ夏祭りのイベント満載となった。
夏の暑い中、冷えた大広間で、無料の映写会もいいもので、今回はライブラリー主催の映写会を凌ぐ22名の入りであった。上映映画は山本周五郎原作の「かあちゃん」である。
野上由美子主演のこに映画、見ごたえのある作品で観客を泣かせていた。
高齢化社会のご時世、どこの宴会場も椅子とテーブルがなければ客は来ない時代という。
我が町内でも畳敷きの大広間だが昨年度からは順次椅子を準備し、快適な座り心地を確保している。



[PR]
by m-gamano | 2016-08-22 15:16 | 世の中のこと | Comments(0)

8/22 夏の終わり

土日に行われた校区と地区の夏祭り。毎年のこととは言え、年ごとに難儀になってくる。
最も今年の夏は特に暑、どこの老体にも堪える暑さだ。昨日と一昨日は大砲の接近のせいか、フェーン現象のせいか殊の外暑かった。
 先週の土曜日は、午前が映写会とサロンのセット。そして、午後が校区青少協主催の子どもチャレンジ夏祭りのイベント満載となった。
夏の暑い中、冷えた大広間で、無料の映写会もいいもので、今回はライブラリー主催の映写会を凌ぐ22名の入りであった。上映映画は山本周五郎原作の「かあちゃん」である。
野上由美子主演のこに映画、見ごたえのある作品で観客を泣かせていた。
高齢化社会のご時世、どこの宴会場も椅子とテーブルがなければ客は来ない時代という。
我が町内でも畳敷きの大広間だが昨年度からは順次椅子を準備し、快適な座り心地を確保している。



[PR]
by m-gamano | 2016-08-22 15:16 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して