2017年 07月 17日 ( 1 )

7/17 海の日は暑くて

 梅雨も明けない北陸だが、今年ほど大雨だ洪水だ、台風だ、地球温暖化、と騒いだと年はなかったのではないだろうか。
 今午前10時過ぎ、玄関先の寒暖計は30.5度と真夏日をなんなく突破した。午後2時ごろは何度になっているのやら空恐ろしい一日になりそうである。
 昨日の話だが、毎月第三日曜日は町内会のサロン。蒸し暑く高田でなければ経験できないこの暑さ。素肌にはカビが生え、水虫は蒸れた素足の指先で異常繁殖しそうなのが十数年前の筆者であった。
 水虫の話はどうでもいいのだが、サロンのメニューの一つ映画は、子どもたちが夏休みに入る時期に、地域で子供たちを見守るにはどうしたらいいのか、じじばばの目で考えようということで、以下のタイトルを選んだ。このポスタータイトルが不鮮明につき再掲すると「他人の子を叱る」である。
b0161371_11161206.jpg
次に軽体操をスタッフにお願いした。棒を持っての上半身運動、簡単な振り付けで踊る「炭坑節」、そして、一番人気が「輪投げ」であった。個人戦だが投げて入る度に、外す度に笑い・のけぞり、大きなどよめきで会館2階は揺らだ。
最高得点は32点のおばあちゃん、無心で投げたようだ。
b0161371_11153150.jpg
この日の入りは20名。ほとんどが女性、男性は筆者と町内会長の二人のみであった。

b0161371_11155153.jpg
我が家の西と北は空き地だが西の空き地の地主の顔は見たためしなし。不在地主で草刈りなど一回も拝見したこともなし。仕方なく、筆者が入居当初から草刈りを続けている。助かるのは冬の屋根雪の降ろし場所。我が家と隣との境までは2メートルほどしかない。高田では有名な豪雪地の当地故(ゆえ)、空き地は大いに助かる。筆者没するまで地主が現れないでほしいと願うばかりだ。
 その西の土地だが我が家より1メートルほど地盤が高い。その縁石上に毎年、蔓状で刺のあるおいしそうな赤いイチゴの付く植物がある。上の写真である。桑イチゴのような紫色ではないが赤く、実(み)はポロリと取れておいしい。刺はいただけないが。
筆者「ばらイチゴ」の名前しか知らないが本当はどうなのだろうか。教えてほしいものだ。一般的に「ばらイチゴ」といっても種類が多く。同じ形をしたイチゴをインターネットから引っ張りだしたのが下の写真。ぴったりである。
 これから採取し食してみることに、時刻は丁度お昼。気温は33度であった。
b0161371_11575538.jpg
根負けしたスイカの紐解き
 妻がスイカを買ってきた。食後の「デザート」にはぴったりの冷たく爽快感が癖になる。筆者は、食膳にいただくことに。一個丸ごと買うには勇気が要るが、ピースなら冷蔵庫の心配もなく、皮の処理も不要である。
 そこで、スイカのいいとこ取りのピースを10片くらい詰め込んだのを求める。お値段は390円。これを高いと思うか安いと思うかは別として、このシーズンはこれで行きそうである。妻は高いと思ったか、それとも特売であったのか大きなのを買ってきた。やはり皮つきでがぶりがいい。
b0161371_14233524.jpg
 スイカはすぐになくなったが、ビニールの包み紐だけが残った。「もったいない」の気持からエコ意識が鎌首をもたげ、知恵の輪ならぬ紐解きにチャレンジす。

biforeがこれ!
b0161371_13571250.jpg

afterがこれ!

b0161371_13570284.jpg
結局解けずばらばらに切り刻んだ。使いものにならず。根負けの午後のひとときを無駄に過ごしただけだった。

今日7月17日は「海の日」だがそのほかに何の記念日だろうかと探すと
● 国際司法の日 (1998)
● 漫画の日   (1841)
● 理学療法の日 (1966)
● 東京の日   (1868)
だとさ!

鎌ヶ谷の宝さんへコメントです。
暑中お見舞い申し上げます。5月26日にいただきましたコメントを今さっき拝見しました。最近コメントをいただくこともなかったものですから、



[PR]
by m-gamano | 2017-07-17 11:00 | 我が家のこと | Comments(0)