やっと晴れた日曜日、明後日は台風21号が日本列島に上陸し、福井や富山をかすめて上越にも最接近するというありがたくない予報。その日は4日の午後から夜にかけてだと言う。
ならばお天気の今のうちに家の周辺の後片付けをせねば、と孫たちの一番の遊び道具であった「シャボン玉」を膨らます道具。実にいろいろある。大きな玉をつくれるもの、小さな均一の玉を大量につくれるもの、ピストル型のものなど多彩だ。
玄関先で洗剤できれいに洗う。孫たちはこれでどれだけ遊んだことか。
ジジババはこの液を百均でどれだけ買ったことか。冬にはもう遊ぶことはあるまい。

b0161371_15591020.jpg

愛機の虫干し
猛暑の続いた今年の夏、きれいに整備された滑走路で思いっ切り飛ばす筈であったが、よく言われる一人でする趣味には別の危険が伴う.できるだけ友達や仲間と一緒にやること。の但し書きがつく。確かに広い滑走路で飛ばすのはいいが、熱中症で倒れたらどうするか、また、相手はエンジン付きの飛行機昨年のようにプロペラで怪我したときどうするか、また、飛行機が墜落した不時着したらどうするか、クラブの仲間の力を借りなければならない。
あれやこれやで、新滑走路でのフライトは未だしていない。
腕は鈍るものの、一緒に飛ばす仲間もなかなか見つからない。ついに虫干しになってしまった。
右が「ACT」で初級トレーナー機、そして左は「カルマート」でスポーツ機
どちらも名機で既に2~3機墜落させてしまった機体。墜落させて腕があがるのはどこの世界も同じである。

b0161371_15581015.jpg
 
雨が降れば雑草は育つ
半月前に整備された滑走路、猛暑で雨降らず、草は生えなかったがつい10日前位から雨の日が続き
先日滑走路はいかに、と見に行けばご覧の通り新しい雑草が生えていた。まるで毛生薬でも塗った頭のように元気な雑草が離発着を邪魔しているように見えた。


b0161371_19151613.jpg


超ド級の台風21号よ早く去れ
今年ほど早い時期から台風が多く誕生し、しかも過去に類を見ないほどの大型のものはない、と気象庁は言う。迷走台風であったり、雨台風であったり、風台風であったり・・・と異常だらけである。

b0161371_20361061.jpg
確かに本日の台風関連の報道に見る限り、大阪市内の駐車場ではまるでおもちゃの車が箱から地面に投げつけられたように大破し、多数地面に転がっていた。初めて見る光景であった。
また関空飛行場への連絡通路に台風の風雨に押し流されたタンカーが激突し、食い込んでしまった現場写真・・民家の屋根が至る所で飛ばされ路上に落下するさ様・・・などなど。
実に多くの被害を出した。日本海に抜けた21号は、その後スピードお更に上げ、日本海側各県に沿って北海道沖に進むと言う。


[PR]
# by m-gamano | 2018-09-02 16:00 | 趣味 | Comments(0)
最近世間を喜ばせ、人々に夢と勇気を与える記事は少ない。その中でスポーツ界の活躍事態は実に大きい。特にジャカルタ・アジア大会における日本選手団の活躍は目覚ましく、国ものがある。国民に多くの感動と夢を与えていることは周知のところである。


b0161371_17495680.jpg


その中にあって、よもや想像することさえあり得ないことが起きた。バスケに出場する日本男子4名の選手がこともあろうに公式ウエアーで夜の繁華街に出て、金銭を支払って女性とホテルに入る行為が露見したのである。あるまじき行為、あろう筈もない行為であり、関係者ならずとも暗澹たる気持ちになったの1は論を待たない。
少し前には、日大のアメフトに見るおよそスポーツマン精神に背くおぞましい行為も露見した。選手と指導者の間に介在する家族的と言えば聞こえはいいが古くて新しい封建的な指導体制は一体何なのか、問われたばかりであると言うに。
 そして今また、国レベルの競技の指導体制にパワハラ問題が噴出している。女子体操の宮川選手のコーチに対し、コーチが宮川選手に対し体罰的指導をしたとして協会側からコーチにパワハラをしているとのことで今度はその宮川選手がこの決定はやりすぎだ、と反発している。

話をタイトルに戻す
筆者も日々つつましく生活している。いろいろなお店や事業所に出向くがそこで働く人の中には普通の人とはやや違うな、と思える従業員がいることに気づく。以前からこれらの方々は法律により事業規模や働く人数により障害者を雇うことが義務付けられていることは知っていた。
 しかし、官公庁がこれらの制度を義務付けられているとは知らなんだ。しかも今回暴露された不可解な雇用実態の中には各省庁を含めて見権の一つである裁判所まで隠ぺい工作まがいの事実あったと言うから」驚きの何者でもない。
 障害者手帳を持たぬ人の雇用、雇用の水増し等々実態は半数しか雇用していなかった実態が明らかになった。
国の27の機関が3460人分の水増しをしていたとA紙は伝えていた。
民間企業には違反すればその会社名を公表し、反則金を課すなど厳しいお裁きをしながらその掟は自らの機関が犯した罪にはほお被りするというからデタラメの限りを尽くしているのが現政権とその直属の機関。
臭いものには蓋をし、知らぬ存ぜぬ、記憶にないなどと、国民を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい、筆者の思いであある。


駅前の変貌
過日上越妙高駅の通路から西口界隈を遠望した。
開業前からド田舎の新幹線駅だと揶揄された新駅だが、開業してみて何が不足で何ができそうで、これなら活性化するだろうと方向が見えてきたのが新駅のおくてのデビューの姿ととらえた。
駅前広場にタクシーはなく、レンタカーの事務所がでんと構えているのみ。時間が悪かったせいか送迎の車一台も確認できず。正にド田舎の新駅だ。

b0161371_20322800.jpg

駅に進入する路線は片側一車線しかなく、これから拡幅する余裕もないはなからバカにされた感じは否めない。大型クレーンが右往左往するが建物の外観さえ見えない。1棟のみマンションが建ち始めた、

b0161371_20324641.jpg

看板には大型商業施設と書いてあるがまるで見えないブラックボックスである。


b0161371_20321141.jpg

ただ一つ筆者あっち高齢者が期待する施設がある。それは温泉施設
かなり深く掘ったのだろうか、成功したのだろうか、それらしい平屋の和風の施設が遮蔽板越に見えてきた。しかし、ここは駅前施設一元客のために高額な入湯料であってはほしくない現地人否地元民は多い。500円だと嬉しいのだが。

b0161371_20315277.jpg

つい最近までは猛暑にかまけて夕方の散歩はサボっていた。しかし、2週間前ぐらいから雨が降り、気温も可成り下がったところでこんな一句を思い出した。「秋深し 首(こうべ)を垂れる 稲穂かな」だっけ。「秋深し 隣は何を する人ぞ」だったと思ったが。
すでにいずこの田んぼでは早生品種の稲刈りが始まったとか。台風とバッテンしませんように。
b0161371_20302718.jpg

近づけば首はかなり垂れ下がっており、もうじき刈ることだろう。

b0161371_20304404.jpg

後期高齢前夜、筆者の認知力は大丈夫か?
9月1日、巷は防災に躍起の体でマスコミに掴まった安倍総理、あちこちで防災に関する取材を受けていた。Ⓖパン履いておなかも膨らまず、軽快なフットワークで「若いね。」と言われる筆者だが、おつむの髪は抜け落ち、下半身の筋肉はアミノエールでも服用しなければ階段の将校否昇降さえままならない程衰えた。
今度の誕生日は後期高齢への入口、過日「認知機能検査通知書」なるものが贈られてきた。下手すれば免許証を返上しなければならない大変な通知。インタネットで内容を調べ、出そうな検査の模擬をしながら参加する。出題問題のパターンをゲットし、予習をした。①16枚の絵を覚えること。②筆者の名前や本日の年月日の確認 ③10行くらいのランダムに並んだ一桁の数字の中から検査官が示した二つの数字と三つの数字を問題用紙から選び車線で抹消していく。④時計の円を描き、時刻の数値を記入し、検査官が示した時刻を長短の針で正確に表示する。⑤初めに出された16枚の絵を思い出し、回答用紙に書く。これは8つの半分しか思い出せず、ヒントとしてだされた文章を参考に正解を記入すること。
時計は完ぺきにできた。該当数字も完璧のできた。絵を思い出すのは
14/16で満点とはいかず、やや不満の残り成績となった。
一安心である。予習はするものだとつくづく痛感した検査であった。
検査の中味をばらしてもいいかどうかは筆者は知らない。予習も勉強の内である。

b0161371_20312298.jpg


会場は下の自動車学校であった。


b0161371_20310886.jpg


[PR]
# by m-gamano | 2018-08-31 17:26 | 世の中のこと | Comments(0)

8/29今度は大雨

 暑さの中に大雨の追い打ち、スマホや災害情報連絡用のラジオからはひっきりなしに避難勧告や避難情報。人が集まれば携帯やスマホから一斉におびただしい数の災害情報。テレビは告げる、「魚沼地区では避難勧告・指示などを該当地区に要請したが避難した人は一人もいなかった。」・・・と。
ヒロシマやオカヤマでは大勢の人が避難勧告を無視し自宅に残ったために亡くなったという、行政は地区住民の動きの鈍さに手を焼いているようだ。
間もなく9月、防災の日周辺では防災関連の訓練がイベントが多い。
先日も避難所となっている地区の小学校で防災士や町内会役員に召集がかかり、避難所開設とその運営について図上訓練があった。避難所となっている体育館に避難してきた住民をどのように誘導し、安心安全を確保するのか、限られた時間の中で班毎に案が作成された。ケガ人、超高齢者、ペットの連れ込みの可否、介護人・看護人の配置、食料や備品の搬入とその位置等々、実に細かな配慮が必要であった。幸いにも上越地域は他地域と違い雪を除けば台風襲来など大きな災害に遭わず空白地帯であった。緊張感も希薄な空白地域と言える。予報士や行政マンは言う「避難は空振りでよかったね、と言えるように避難は確実にするように。」と。

変形 我が家の夏野菜
今年の我が家の夏物野菜の出来は、トマトがベスト、キュウリは10本くらいとったかな。枝豆は一回のみ、カボチャは写真のごとく、小柄ながらおいしそうにできたナスは紺色にならず、未だに成長途上にあるのか色は付かない。そしてこの形である。

b0161371_14130123.jpg

昨日28日の話だが、午前サロン終了後は近くの松屋にて昼飯「牛めし」を食す。手軽で値段も手頃、320円は財布にもやさしい。しょうがだけはたっぷりと入れた。最近食が細くなり、並盛でも結構なボリュウム。お年寄りがよく言う「ミニ」でもいいかなと思ってしまう。味噌汁付きがうれしい昭和生まれだ。


b0161371_14131950.jpg
この世否夜は嬉しい飲み会の日。南葉山の麓に住む同期13名の仲間が月一回集っての飲み会である。
本日の参加者は10名、寿司屋の2階で三種混合に酔いしれることになった。ビール・酒・焼酎である
筆者最近酒のオンザロックを始めた。わり酔いをしないためである。しかし、当初は水っぽい、酔わない、と悲観的だったが、健康のことを考えると「いいかなっ」と思ってしまうから不思議だ。
しかし、考えてみるといくら水や氷で割ってもたくさん飲めば味噌汁と同じこと。
結局当日記憶障害を起こすほど飲んでしまった2時間であった。

b0161371_14134296.jpg

本日29日何の日だろうか、と問えば、筆者など「憎たらしい日」とひねくれた答えを出すに違いない。インターネットで検索すると概(おおむ)ね以下のような答えがが出た。
★焼肉の日 「やき(8)に(2)く(9)」の語呂合わせから全国焼肉協同組合」が1993(H5)年から実施したもの。


b0161371_16502460.jpg


★文化財保護法施行記念日 1951(s26)s26年に制定 1950(S50)年国宝・重要文化財を保護するための基本となる法律

b0161371_16500575.jpg



★ベルばらの日 1974年(S49)年 宝塚劇場にて「ベルサイユのばら」が初上演された。

b0161371_17030324.jpg



★ケーブルカーの日 1918(T7)年大阪電気軌道(現近畿日本鉄道)(近鉄)の子会社で生駒山鋼索鉄道が奈良県生駒山の鳥居~宝山寺間で日本初のケーブルカーを開業させたことを記念した。

b0161371_16561590.jpg



★県の記念日(秋田県)
筆者は知らなかった。



 

[PR]
# by m-gamano | 2018-08-29 14:06 | 世の中のこと | Comments(0)

例年にない自然のいたずらか、ここ数日35度の猛暑日が続いた。先日新潟三条でも40度を超えるとんでもない高温を記録、上越でも40度超えが出たという。人間の平熱36度を優に超え、汗も出せないコントロール不能の数日が続いたことになる。
 昨夜も夜半午前3時には雷鳴と雨が叩きつける音で目が覚める。静かに日中に降ってほしいが自然はそんな忖度も斟酌もしない。お陰で起こされた我が身はこの後眠ることができなかった。湿度が高く体はジトッとして気持ち悪く、まんじりともせずラジオ体操まで目をつむることもできなかった。

今日は8月26日、毎月この日は風呂の日と決まっているとか、語呂合わせで大体分かるが今月になってから風呂は朝に入ることに決める。人に会うことが多く、二日酔いの酒臭さを取るためである。
 さて、まじめに8月26日の意味を調べてみる。するといくつかでてきた。
人権宣言記念日 1789年フランスの憲法制定国民議会が「人間と市民の権利の宣言」を採択したことから始まった。

b0161371_15221900.jpg
ナミビアの日 1990年3月に独立した南アフリカ南西の国ナミビアの自立を援助する日
シルマン・ユースホステルの日 ユースホステル創始者リヒャルト・シルマンを記念する日
レインボーブリッジの日
1993年(平5)東京で東日本最大の吊り橋レインボーブリッジが完成

b0161371_15224107.jpg
雨の威力をまざまざと見せつけられた滑走路上の草
  数日前、整備された滑走路は以下の写真のように砂と砂利であったがきれいであった。草一本なく、むしろ気持ちが悪いくらいであった。
それがここ2~3日にわか雨が降ったせいで、10センチから20センチの長さの雑草が一面に生えた。芝刈り機では車輪が沈むので指令は刈り払い機持参だと言う。密集したかなり長めの田んぼの土手を刈るのとは勝手が違い、まるで筆者の薄毛の頭の毛を刈り取るようでまるで手ごたえなし。それでも刈らねば離着陸時飛行機のペラが雑草を刈り取ることになってしまう。

b0161371_11575271.jpg

b0161371_15220643.jpg

[PR]
# by m-gamano | 2018-08-26 15:06 | 世の中のこと | Comments(0)
例年にない自然のいたずらか、ここ数日35度の猛暑日が続いた。先日新潟は三条でも40度を超えるとんでもない高温を記録、上越でも40度超えが出たという。人間の平熱36度を優に超え、汗も出せないコントロール不能の数日が続いたことになる。
 昨夜も夜半午前3時には雷鳴と雨が叩きつける音で目が覚めた。静かに日中に降ってほしいが自然はそんなことは聞きやしない。お陰でこの後眠ることができなかった。湿度が高く体はジトッとして気持ち悪く、まんじるともせずラジオ体操まで目をつむることはできなかった。
今日は8月26日、毎月この日は風呂の日と決まっているとか、語呂合わせで大体分かるが今月になってから風呂は朝に入ることに決める。人に会うことが多く、二日酔いの酒臭さを取るためである。
 さて、まじめに8月26日の意味を調べてみる。するといくつかでてきた。
●人権宣言記念日 1789年フランスの憲法制定国民議会ふぁ


[PR]
# by m-gamano | 2018-08-26 15:05 | 世の中のこと | Comments(0)

幸せ探して


by m-gamano