b0161371_16434897.jpg
6月30日アップのブログだが、多くの読者のアクセスに気を良くし明ければ7月1日早朝、誤脱を直し、追加の記事を入れようと書き始めた。この時文末にある保存釦をを押すべきところ、文頭右にあるを何故か編集再開のお隣の削除釦をを押してしまったらしく、さっき書いた名文ではないが気合を入れた文章がスッポリと消えていた。よくある失敗だが、この時ばかりは「オーマイ ゴッド」であった。何を書いたか、どんな言い回しの文であったか・・・・全て脳裏からはすっ飛んでいた。
 パソコンが怖いのはこれである。
書いたものは少しでもいいから上書き保存すべし、とは何回も教わり教えてきた基本中の基本の筈。
失敗は繰り返さなければ身に付かないとはいうが、忘れることの怖さも知るべきと7月に入って初めてのポカに怯えた筆者であった。
 
おめでとうございます。高円宮家三女の絢子様と日本郵船勤務の守屋 慧さんとのご婚約が内定し、本日記者会見の運びとなった。嬉しい話である。テレビでは初めて拝見する高円宮家の三女のお姿だが、健康そのもの、見識も高く、この前に世間を騒がせ、違ったニュース側面から取り沙汰された皇族のどなたかとは違うデビューである。とにかくおめでたい。
会見の中でさすが、と思わせられたことがあった。二人の生い立ちの中で避けることのできなかった事、どちらもご両親のどちらかを亡くされているとういう事実である。これを踏まえて絢子さまは、おおよそ以下のようなことをおっしゃったと記憶している。「明日がいつも今日に続いてあるものとは思わず、二人はいつも今日を大事にして生活をしていきたい。」と。

b0161371_17270496.jpg
 
[PR]
# by m-gamano | 2018-07-02 16:55 | 我が家のこと | Comments(0)

以前にも紹介させていただいたが、散歩コースの関所にこの居酒屋がある。
 その名も「甚六」

[PR]
# by m-gamano | 2018-06-30 11:46 | 世の中のこと | Comments(0)

b0161371_11423445.jpg
b0161371_11424872.jpg
b0161371_11444561.jpg
b0161371_11442205.jpg

[PR]
# by m-gamano | 2018-06-30 11:46 | 世の中のこと | Comments(0)

6/25 加齢か断捨離不足か

これで地震災害から逃れられるか?

b0161371_21543321.jpg
 昨日日曜日、上越市を震源とするM6強の地震が発生したとの想定で各種訓練が行われた。町内の自主防災組織が実施したものだが、東日本大震災や阪神淡路大震災の大地震の洗礼を受けることなく、空白地帯と称される上越市に住む市民の意識はすこぶる低い。我が町内の避難状況を見ても、116世帯320名の内、避難所とした町内会館に避難した住民は112名、1/3にしかならず非常に少ない。仕事・学校と自宅待機を合計するとこれまた189名と約60%に近い数字がはじき出された。

b0161371_21544555.jpg

 高齢者、身体障害者なら話は分かるが、参加したくないという引きこもりにも似た住民が多いのも解せない数である。


b0161371_05184538.jpg


 もとより自然災害は予告なしにやってくる。イベントのように飲料水やトイレが用意されいる所へ来る訳ではない。正にサバイバルが待っている状況である。

b0161371_21561668.jpg
 
今年は避難訓練時に避難グッズや救急グッズを携行して避難するように呼び掛けた。学校の避難訓練のように「何も持たずに避難」ではない。しかし、その結果の数字だが避難した112名中リュックを持参した人は僅か53名と半数にも満たなかった。


b0161371_21542094.jpg
 
災害時の救助に対する考えとしてよく言われるのが、自助、共助、公助の三つがある。地震に限らず、災害発生時には先ず、「自分の身は自分が守ることが鉄則。
 助けが来るまで身の危険を自分で回避する術(すべ)が問われる。毎年のことながら考えさせられる状況に直面する執行部である。

b0161371_21550236.jpg


この時期の花は美しい
 6月になって気温は30度を超すかと思えば、10度そこそこという日もある。気温の乱高下ほど高齢者のみならず成人にとって怖いものはない。やれコタツだストーブだ、やれクーラーだ、半袖だ、と日々の生活スタイルは着せ替え人形のごとくしっちゃかめっちゃかだ。
筆者は未だストーブを格納できないでいる。そのストーブだが・・・。
反射型で煮炊きができ、女房否暖房にもなる優れもの、電気が不要で昔から重宝されてきたものの一つである。
 話は飛ぶ。先日高田公園で緑を撮ってきた。グリーン一色の中、夏を飾る蓮の開花はまだ先だだとしても葉っぱは今盛んに成長している。
ところどころに水面が見えるが人間でいえば禿げている部分とでも言おうか少し経てば黒々ではなく緑々と生えてくることだろう。
待たれる夏である。

b0161371_05280842.jpg


b0161371_05273909.jpg


目をお隣さんへ転ずれば、そこは今初夏の花々が真っ盛り。
なんとかユリや、やっと覚えたタチアオイが我が背丈を越えて色とりどりに元気である。

b0161371_05180001.jpg


b0161371_05181562.jpg

日本一若い女性町長新潟に誕生
先日新潟県津南町に31歳と言う日本で一番若い女性町長が誕生した。若さと美貌、そして叡智をしっかりと身につけた二児の母。東大卒、地元の町を無くしてなるものかと町議会議員、議長の要職を経ての見事な町長トップ当選である。
若いから心配だ、などという古代人もいるそうだが、未来に向かって展望の開けない、現状維持の固い頭ではこれから町政、市政、県政、国政の舵取りなどおよそ無理な話。柔軟な頭脳でとことんやってほしい筆者だ。
ところでこのお方お名前はなんだっけ? お粗末な一席だ。
いや思い出した。確か桑原 悠さんとかいうお名前。名前もいい。
b0161371_05582107.jpg



[PR]
# by m-gamano | 2018-06-25 20:54 | 世の中のこと | Comments(0)

 先回のブログアップが9日、その後10日何もアップしないで頬かむりした筆者、アクセス数を見るのが怖く未だに開けることができないでいる。
 認知が近くなった筆者故、昨日の出来事さえままならず、それ以前の日記のネタなど砂浜から豆粒を探すに等しいくらい難しい。仕方なく、手帳、当日の買い物のレシートから出来事を繋げ、,虫食いながら一日の歩みを書くことにしている。
 余談はこの辺にして、昨日の大阪北部の震度6弱の地震には驚かされた。阪神淡路大震災を思い出すまでもなく、東日本大震災を思い出すまでもなく、地震の怖さを日本人は嫌と言うほど知っている筈。だが、実際その場に遭遇してみなければ、本当の怖さは分からないが。


b0161371_11263454.jpg
 「我が家は大丈夫だ、我が地区はこれまで地震はなかった・・・。」などと呑気に構えていないだろうか。
 一昨日我が町内会では、24日起こることになっている地震に対する防災訓練の説明会を行った。いわゆる「想定」というやつである。
「24日午前9時、上越市を震源とするM6強の地震発生」が当日の想定。昨日の大阪北部地震と酷似した想定である。日曜日の朝方、都合よく地震が発生してくれるとは誰も予想だにしないことは百も承知だが。
 今回の訓練の目的は大きく分けて三つ、一つは恒例の避難訓練。今回少し違うことは、防災グッズor非常持ち出し袋を持って避難することにしたことである。その昔、学校における避難訓練では「児童は何も持たずに体育館もしくは、グラウンド中心部に集合しましょう。」と指示していた。今回は、これとは違い、その場で自分が助かればいいのではなく、「数日間生き延びよう。」ということがメインとなる。


b0161371_11265075.jpg
 
そして、二つ目は、心肺蘇生法をAEDを使って体験するである。人の命を助けることとした。さらに三つめは、地震の発生に加えて生ずる建物火災と煙から避難する訓練をすることにした。
 町内には防災士が3名、消防団が数名がいる。市の消防署からも応援をいただくことになっている。誰かのために防災訓練はもちろんえあるが、自分とお隣近所の皆さんのための訓練と位置付けて取り組みたい、が町内会防災担当の筆者が願うものである。
下の表は防災訓練タイムスケジュール表である。文字が小さくので、ハハズキルーぺ(?)でご覧いただきたい。

b0161371_11270797.jpg



 昨日の地震だが、大阪に住む三男からは無事だと言う知らせがLINEで入ってきた。マンション11階の地震はどんな揺れ方をしたのだろうか。
ついぞ聞くことはできなかったが、遠方に住む息子たち、孫たちが地域に溶け込んで安全に生活できることを祈るしかないじじとばばである。

「父の日」はお酒に酔って
 

[PR]
# by m-gamano | 2018-06-19 10:24 | 世の中のこと | Comments(0)