人気ブログランキング |

 帰省と介護、飛ばす機体無しでしばらく休んでいたフライトへ出向く。持参したのは小型癒し系のメダリオンと電動機小旋風の2機、小旋風は調整したがすぐに地球へ激突、ペラを折ってThe Endである。あまり改造したせいか。
 次に飛ばしたメダリオンは、キャブレターが不調ですぐエンスト、2フライト中初回は、上空でエンストす。グライダーで無事着陸した。今日は1勝1敗である。
 さて、飛行場では既に検定受検者4名が華麗なフライトに磨きをかけていた。ヤマザキ氏、コジマ氏、マルヤマ氏、タキザワ氏である。みな素晴らしい機体を持ち、華麗なフライトを披露してくれた。機体名は横文字でよく分からなかったが、順不同で紹介したい。フランケンシュタインのような私の機体など1機もない。
# by m-gamano | 2009-09-06 21:23 | 映像関連 | Comments(0)

9/5 新作機完成間近

 メールにて、PCネットによるライブラリーの中級研修が無事終了下との連絡。嬉しい限りである。内容も昨年度までのものとは大きく変わり、インターネット中心の研修とか。オバマ大統領ではないが、さしずめ「We can Change」であろうか。大いなる変化を期待したい。メンバーにはお疲れ様を伝えたい。

 さて、写真の機体は、京商の「カルマート40」に似せた中国製の「Venus-40L」である。恐らくライセンス生産をしているものと思われる。パクリではないとう思うが、形はそっくり賞、値段は約半分と安い。日本で売られているおもちゃのほとんどが中国製であることから考えるとやはり、とうなずける。
 手持ちの飛行機も古くなり、サノ工房から手配して頂いた半完成機で真新しい逸品。毎日少しずつ組み立てている。今月の連休には、初フライトにこぎ着けたい。楽しみながら狭い8畳一間の仕事部屋で組み立てに励んでいる。

 先日多彩な趣味を持っている友人もラジコンへりを2機購入してとのこと。とはいっても1万円以内のへりだが。飛行機とは違った飛び方をするので楽しみとか。みな自己実現しているようだ。負けられない。河川敷で高齢者二人が飛行機とヘリを飛ばしていたら、筆者たちと思っていただきたい。あまり傍へ寄るとけがをするので注意、注意。
# by m-gamano | 2009-09-05 22:55 | 映像関連 | Comments(0)

9/2 実家は遠し秋の風

 3泊4日で実家(羽後の国)へ里帰りした。父母義理の兄の三本の法事に出席した。それぞれ、十七回忌、七回忌、三回忌である。

生ある者は滅し、平家のごとく「盛者必衰(現内閣にも当てはまるが)」も世の常。皆いずれ亡くなるのであるがなんとも寂しい気持ちはぬぐえない。結婚式や出産祝いならウキウキだが・・。
 それにしても筆者には片道300キロ越えのドライブはややキツイ。タイヤを替え、ETCも付け、JAFに加入し、準備万端ではあったが、一人ドライブはやや厳しかった。1000円効果は嬉しかったが。
 田舎は田んぼと山が点在し、自宅前から国道が無くなってからは、静かさこの上ない別天地となっていた。
墓参りに広がって歩いても平気なのである。子どもの声無し、車はほとんど通らないのである。

 翌日は東北の小京都とも言われている秋田の角館を訪れた。町並みは全て大きな武家屋敷で構成さていた。石黒邸、青柳邸など、そぞろ歩きもいい。人力車も風情があった。「いぶりがっこ(ダイコンの薫製漬け)」を2本求めた。

 その日のうちに岩手県境にある秋田駒ヶ岳麓の「乳頭温泉」鶴の湯に入る。ひなびた湯治温泉で白い硫黄系のにおいが鼻をついた。「日本秘湯を守る会」の提灯がまぶしかった。訪れる車も北海道、横浜、名古屋など多様であり、穴場であることも頷ける。



 今夜のお泊まりは、「田沢湖高原観光ホテル」とか、すぐ前は駒ヶ岳高原スキー場が広がり、冬もにぎわう所とか、納得であった翌日は、田沢湖を訪れる。「たつこ姫」の像は見れなかったが、日本一深いとのこの湖の傍には、秋田の芸術が多く発生しており、農民芸術が発展した「わらび座」なども楽しそうだ。
 遠景、近景をカメラに収めた。
# by m-gamano | 2009-09-02 15:34 | 我が家のこと | Comments(2)

 残暑厳しき中、地デジテレビのチャンネルを回す。ほとんど「選挙」と「酒井法子容疑者と麻薬」それに字幕スーパーで「地震速報」がオンパレードである。主夫の仕事も1ヶ月を越えたが毎日何を作ればいいのか、目玉焼き、カレー、ソーメン、酢の物、きんぴらぐらいしか知らない筆者にはネタ切れで、思い切って木田食堂へ飛び込みたい心境である。
 暑い日中ではあるが、朝夕は風がもう秋色、7月に買ったキャンプ用のテーブルとパラソル、それに椅子の使い初めである。朝日がきらきら光り、涼しい朝なら本でも読む気持ちになる。前を通る車や住民からは、「サンデー毎日で公務員上がりはいいね~。」と冷やかしながら通り過ぎる。もう十分働いたのに。まだ、働けってか?
 しかし、ここも午後になると「蚊」なるものまで出没し、香取線香を焚き、足を上げて涼まねばならない。季節なら10月くらいがちょうどいいかも。男一人には誰も近寄らない。今度はお茶かコーヒーでも出してお客をゲットすすつもりだ。雌の蚊が寄ってくること間違いない。(^^)

 夏の花々から秋の花々へバトンタッチか。芙蓉の大きな花びらががきれいだった。
# by m-gamano | 2009-08-27 22:53 | 我が家のこと | Comments(0)

8/24 日本文理ここにあり

天地人!粘りの越後:「日本文理」ここにあり!!
 越後人の粘りは、昔から聞いてはいたが、これまで粘るとは驚きであった。正にサプライズであり、越後人として野球から誇りと元気をもらったのは私だけなく、大勢の越後人がそうであったに違いない。解説やアナウンサーも繰り返していたが9回の2アウトから中京の10点の1点差まで追い上げたことは過去に経験がない・・とか。初めての決勝進出の新潟県勢、43年ぶり7回目の中京大中京の劇的な最終回であった。一人はしゃいでいた自分に「はっと」気がついたのは3時過ぎ、2時間余に亘る激戦であった。最後まで投げ通した伊藤投手、タイムリーな安打を打ち続けた高橋隼之介内野手、その他つなぐ全員野球を成し遂げた文理、中京の選手に万歳である。
「日本文理」は、来年甲子園に忘れた優勝を取りに戻ることだろう。がんばれ日本文理、そして新潟高校野球児諸君!前期高齢者も応援しているぞ!!

一雨毎に秋深まる
 高校野球の後は自転車で散歩?だ。団地傍の田んぼでは、既に黄色い稲穂が垂れ下がっている。長雨、低温など作物にはよくなかった天候の中でよく実ったものだ。日本の食料自給率でダントツが米、もう少しお天道様が出てほしいところ。これもコシヒカリだろうか?

 更に進むと南葉山麓を走る筈の北陸新幹線の建設中の橋脚が姿を現した。開通まであと5年か、それまで生きていたいものだ。橋脚の間にシルエットで南葉山が見える。
# by m-gamano | 2009-08-24 15:42 | 我が家のこと | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31