連日続く猛暑、連日続くラジオ体操の場である吾人がつぶやいていた。「雨降らずは7月から連続して20日間続いている。」と。筆者その証拠を草刈りから見つけた。
昨日夕方隣の空き地の草刈りを行う。もちろん刈り払い機による。多くのところで草は枯れ始め、赤く変色している。草刈りの筈が手元狂い土に刃が食い込んだ瞬間、パーっと土煙が上り、一瞬だが視界不良で作業は中断す。それだけ地面の表面も中も水分は皆無状態であると見た。植物は枯れる寸前まできていた。


週末土曜日は我らが住む高田地区南部の霊峰南葉山(949M)の中腹にある南葉高原キャンプ場の祭りとなっている。


b0161371_15275998.jpg


市の広報では以下のように紹介されている。


b0161371_15310076.jpg

本日は暑さのせいか、すっきりと関田山系の山並みをみることはできなかったが、晴れた日は頚城平野や日本海をしっかりと目に焼き付けることとができる。
この南葉山だが、冬は直江津方面からは中腹に「種まき爺さん」の雪形を見ることができ、妙高山の「はね馬」と並んで市民から親しまれている。


b0161371_15302529.jpg
また、ここは上越でも中堅のキャンプ場であり、遠くは長野や松本、近くは地元の小中学校のキャンプ地として親しまれ、地域を知る上で貴重な地理的歴史的存在となっている。
本日は近くの小学校の児童がキャンプ生活に入るとのことでテントが数張整然と張られていた。

b0161371_15283750.jpg

オープニングには地元くろだ保育園の園児による鼓笛が演奏され、

b0161371_15290480.jpg

また、黒田小学校の金管バンドの演奏が披露された。

b0161371_15300403.jpg

筆者その昔、息子のキャンプに同道してきたがやはり暑く、そんなに快適な地ではないとの思い出がある。天に近いせいか太陽の照り付けは厳しく、下界とあまり変わらない。しかし、日陰を吹く風となると大きく変わっていた。
ここのイベントは、かき氷やおこわ、お菓子やかき氷の出店もあった。そのほかにニジマス釣りもあり小さな池ながら大勢の老若男女は汗を拭き拭き釣糸を垂れていた。しかし、誰一人として魚をゲットした瞬間を見た者はなかった。誰かが曰く、「気温が上り魚は池の真ん中で静かにしている。」と。
本日一番の売れ筋は「かき氷」であった。長蛇の列となっていた。

b0161371_15295197.jpg






[PR]
# by m-gamano | 2018-08-04 15:20 | 世の中のこと | Comments(0)
午前11時、ラジオ体操の疲れはすぐに出た。早朝より照り付ける太陽の猛攻は年寄りの体力を奪い、日本の国力をも奪っていきそうだ。

b0161371_12085475.jpg
遅すぎた洗濯、ズシリと重い筆者が纏った汗臭かった洗濯物、女子高校生もいない家内と二人住まいの我が家だが洗濯物の混在は許されず、男女分けての洗濯、自分のものは自分で洗うが鉄則の我が家。人様に頼らず自己責任、自己満足・・と今後のことを考えての自立した生活に慣れ親しむようにとのことらしい。
先日はサロンでエンデングノートをいただいてき、どちらが先に召されるか、紙のみぞ否神のみぞ知る運命だが、その時になってあたふたしないようにとの心遣いが嬉しくもあり、寂しくもある。
くだんの洗濯物だが、2階の下屋の上に作った手作りべ¥ランダ、銀色のトタン屋根に足を上げればそこはバーベキューの世界、足裏が悲鳴を上げる。外気温は35度だが、屋根の温度は既に肉も焼けるほどの高温、水虫は即死、面の皮より厚い足裏も簡単に赤くめくれ上がるほどである。
 筆者思わず、洗濯物の中の濡れた靴下を取り出し、それを履いて大過なく干すことができた。
本日の家事の5番目の仕事がやっと終わった。水くれ、新聞取り、食器洗い、居間掃除、洗濯物干し・・である。

日照り昂じて節水がそろり出てきた上越地方
近くの青田川だがカナチョロの姿に似て水流は川石の間をかすめて流れる程度、あちこちでポンプを使って、我が田んぼに水を引いている我田引水が散見す。〇〇用水組合に入ってはいるが・・・、水の取り入れ口に近い田んぼはなんとかなるが、末端の田んぼなどいくら入口を開いていても水は流れてこない。用水の利権を握っている用水組合長に掛け合っても給水の掟は厳しく、新参者に耳など貸さないのが水飢饉時の習わしだと言う。筆者聞いたことのある用水は中江用水、上江用水などがあるようだが、どこも同じだという。
b0161371_12132301.jpg


[PR]
# by m-gamano | 2018-08-01 11:47 | 我が家のこと | Comments(0)
雨ごいの神事でもしたくなるような快晴のじりじりが続く。毎日5枚くらいランニングシャツを着替える。ちょと表に出るだけで吹き出す汗。人間一日一回は汗をかくべし、とは昔から言われてきたが働きもしないのに、汗をかく日が続くとは人生70年このかた経験したことのない現象である。
26日夕方、ゴミ集積所付近の草はボウボウ、誰も刈ってくれるような奇特な人はない。このために役員に選ばれたわけではないが、町内会役員の端くれである筆者は、責任を感じて刈り払い機を持参し、人目に付くように人々が帰宅する時間を狙って嫌みの草刈り。(本心ではないが、)
 ゴミに関する苦情は毎週後を絶たない。燃えるゴミの中にプラゴミを入れて出す人。生ごみの中に燃えるごみを入れて平気で出す人。当番もたまったものではなく、その悲鳴は町内会長や役員に向けられる。 
 作業は草刈りだけではない。側溝にたまった雑草上げや土砂上げに要した時間は小1時間、汗は吹き出し、体力はヘロヘロとなりじいさんになった感はぬぐえない。

b0161371_08391977.jpg




今年の夏ほど酷暑が続き、報道各社から命を守れとの呼びかけがあった年はない。学校は早々の夏休み、そしてエアコンの整備も進められた。地区の小学校は25日から夏休みに入った。夏休みに入れば出てくるのが高齢否恒例のラジオ体操。
我が町内の小学生は20名と少ない。両親は仕事、一緒に体操ができる親は多くない。
そこで老人会も町内会も子供たちの安全を確保するために、一緒に体操することにしている。
決して若くない老体にムチ打って、連帯感をもってもらうことに。強い日差しはだれの体もを熱くし、汗を吹き出させる。参加者は日時計のように体操の間中(あいだじゅう)日陰を求めて駐車場を一寸刻みで太陽と共に移動する。

b0161371_08385077.jpg


草と泥だらけの滑走路、満を持して整備完了す。飛べるぞ
b0161371_19441207.jpg



この滑走路河川敷利用とあって、天敵は水。数年前からの度重なる異常気象から発生する大雨洪水、即滑走路は冠水。そして、滑走路を覆う大量の川砂。排水を考えて関川側には写真のように大きな排水路を数か所設けた。手前滑走路、上が関川に繋がる排水路。排水時はいいとしても、増水すればここから滑走路に大量の水が流れ込むのは目に見えている。水が入るのは仕方なしだが余計な砂利や流木は御免だ。


b0161371_16200819.jpg



この夜は、全国的に皆既日食、太陽、地球、月が一直線上に並び、夜半にかけて月が次第に欠け始め、全体が赤銅色に染まる。その一大天体ショーが始まる数時間前、西の山に沈んだ太陽が残した雲の写真がこれである。妻曰く「おどろおどろしい色だね。何か悪いことでも起きねばいいが。」と。
筆者には夕日は茜雲になるとばかり思っていたが、青い空と茜雲が段違いに重なって見える様は皆既日食の前段ショーかと思っていただけに人の感じ方の違いを見た思いであった。

b0161371_16205232.jpg

明ければ週末28日土曜日
地域起こしと言えるか、その昔黒田小学校の分校があったところから小学校まで子供や村人が通学し生活道路としてしも使っていた古道とも言える里道(さとみち)を再度整備し、昔の歴史に思いを馳せようとの取り組みが始まって3年になる。市から活動助成金を得ながら有志30名を超える一大活動組織までになった。筆者のような古老から現役世代までのやる気のある人達が結集す。本日午前中は手にチェンソー、刈り払い機、ノコギリ、ナタ、熊手などを持ち整備に取り掛かった。上越妙高駅などを俯瞰できる大三階(おさんがい)からの展望は労働で疲れた体に一服の清涼剤となった。ここ大三階は標高255メートル、南葉林道灰塚線から少し登ったところにある。絶景のロケーションである。上段右に上越妙高駅がかすかに見ることができる。

b0161371_16195435.jpg

草刈り、倒木を排除しながら、最終到達地「桜清水の地」へと到達す。下界は毎日猛暑、川も干からびてチョロチョロだと言うに、ここだけはチョロチョロながら15.6度の湧水が湧き出ていた。

b0161371_16202577.jpg


周囲には昨秋植えた各種桜の木が5本元気であった。周囲を草刈りし、集合者写真に収まる。

b0161371_16194388.jpg

この日の反省会は金谷山下の晴山荘にて行われた。
日本スキー発祥の地金谷山のおひざ元の料亭の一つである。
足の痛みは翌日がピークだろうと心配しながら流し込んだ生ビールは格別であった。


b0161371_15572556.jpg



●この日筆者は蜂に刺される。キイロアシナガバチでなくホットする。
蜂のダメージは日頃のアルコール消毒が効いたか後遺症は全く無かった。
道を間違えて大三階から標高差255メートルを徒歩で下山する羽目に、しかも刈り払い機持参である。スマホは持っていても古道は表示されず、一人ボッチの下山に膝がケタケタ笑っていた。
迷い道の足へダメージは1カ月後に出てくるだろうと踏む。




[PR]
# by m-gamano | 2018-07-27 08:37 | 世の中のこと | Comments(0)
雨が降りそうもなく暑さに喘ぐ人々、熊谷にみる41度以上の観測史上記録的高温となった日本列島一円、この記録は更に更新されるようで怖い。
 こんなに暑いのに干ばつのニュースは聞こえてこない。節水注意報なども聞こえてこない。
青田川などの流れはチョロチョロでそろそろ我田引水の騒ぎが起きてもおかしくない水騒動の頃だろうか。
国もメディアも「熱中症に気をつけてください。」と叫ぶ。「クーラーを適切に使用して」ではなく、「クーラーを早めにつけて熱中症を防いでください。」と躍起だ。 
 その頼りの綱とも言える電気だが電力会社からは「節電の声は聞こえない。原発がそろそろ再稼働し始めてきたからか、それとも火力発電がフル稼働して用が足りているからか、そのからくりは分からない。それともメディアは国から口を封じられているのか、西日本大雨復興のニュースとプロ野球、高校野球の各県代表校、トランプ氏とEUの貿易関税のつばぜり合い・・・・など、闇鍋(やみなべ)に入れた訳の分からない具(愚)のようで論評もできない筆者だ。
月の電気料金の請求が来た。なんと1万円の大台を超えている。年寄二人、50アンペア契約とは言え、高くはないか。飲みすぎ遅いご帰還で朝までつけっぱなしのマイルームの電灯。そのツケ、通帳は残高不足で注意のイエロカード。


野菜は自給に限る、ミニトマトは大当たり
春先に植えた4本のミニトマト。初もぎは1週間前だが成長が早く今食べ切れず、おすそ分けで喜ばれる。
同時に植えたキューリは十数本採ったところで枯れ始めた。くだんのミニトマトは完熟し、冬高値のトマトを買ったのが嘘のようだ。コレステロール値の高い筆者、リコピン含有量が多いこの野菜、今こそリコピンたくさん摂って動脈硬化などにさよならを告げようと必死の筆者だ。
 隣家にも喜びを分けてあげることした。もちろん見返りなど考えもしない。


b0161371_12063271.jpg


今朝起きて隣接する管理地を見る。ハンノキと見られる直径20センチの木の下に大量の茶色の落ち葉、黄色はなく、赤もなく、全て写真のように茶色で枯れ葉のように丸まっていた。秋口なら分かる話だが、今は7月どうやら暑さに負け、枯れて落ちてしまったようだ。不気味な症状である。
写真上部は樹木の根っこ、グリーンの若葉が見える。



b0161371_12061801.jpg

酷暑のこの時期、全国で多くの高齢者が熱中症で亡くなっている。
そのせいかどうかは定かではないが、我が団地でも月曜日夕方突然体調を崩し、亡くなられた女性の高齢者あった。
 デイサービスから帰り夕飯時に突然亡くなったという。暑さで体調不良が重なったところへ、更なる温度変化、体力がついていけなくなったのだろうか。筆者など頻繁にフクラハギがつって困る症状が出ている。
通夜と本葬時の町内参列者の受付を依頼される。
この日のサロンでは、包括センターの専門員から認知症とエンデングノートの書き方の説を受けたばかり、二つの出来事の関連が不気味だ。そして通夜と翌日の告別式の受付を依頼された筆者だが、いつかはこのような場に喪主か故人として関わるのだろうか・・・あなかしこ、あなかしこである。

b0161371_12134131.jpg

[PR]
# by m-gamano | 2018-07-25 16:05 | 世の中のこと | Comments(0)
]

何もこの暑い中火葬炉否滑走路草刈りをすることもなかろうに。鳴かず飛ばずの我が飛行クラブの重い腰に火がついたか、会長からの指示で伸びきった草を刈り取ることに
 とは言え、日中の草刈りなど愚の骨頂、筆者は単独行動をとることを申し出た
早朝6時から刈る取ることに。この時期太陽が出ればそこは熱帯地獄、じりじりの太陽熱が老いさらばえた老体を蝕むからである。
午前5時45分作業開始。


天気は晴れ、風はない。腰の辺りまで伸びきった雑草を刈り払い機で刈り取る。快晴が長く続いた滑走路には冠水し泥にまみれていた草、刈り始めれば土埃が舞い上がり、マスクでもしなければ肺がやられる。
 誰も来ない滑走路否草原を自分の思うままに刈り取るのはさわやかな気分になる。
 しかし、この作業屋根雪降ろしと同じく個人作業は極めて危険、川向うに見える中央病院の厄介にならぬように慎重に作業を進める。
下の写真は1時間ほどの実績。

b0161371_13045599.jpg


下の写真だが、刈り取ったところは畑の畝に見え、これから刈り取る場所はたわわに実った稲穂に見える。
写真は筆者が3時間で刈り終えたもの。
 滑走路全体からみれば未だ1/7にしか過ぎないが。この時点で後続部隊が何人かは分からないが相当に時間がかかるように見えた。
b0161371_13051217.jpg
b0161371_13044040.jpg
翌23日のことパソコンお悩み相談会の帰路飛行場を覗く、あの伸びきったグリーンは見事な砂地に変わっていた。筆者が刈り取った雑草は文字列の上のわずかな部分と分かった。聞けば後続部隊は新井の応援を得て総勢9人で刈り取ったとのこと。「数は力」だと言う慣用句の意味はこの歳になるまで自民党を中心とした与党のことだとばかり思っていた。恥ずかしく穴があったら入りたい、そんな穴は何処にもない。


b0161371_21315945.jpg


それにしても、ラジコンとは言え模型の飛行機、こんなに広い滑走路など必要なものだろうか?
ヘリは垂直の離発着が可能だし、ドローンにいたっては、畳数枚で離発着が可能な飛翔体。

b0161371_16514383.jpg


b0161371_16520779.jpg



手投げのグライダーなどはどこからでも飛行ができ、着陸は草原に軟着陸が可能だ。
体力と金力、そして視力に限界のある年寄りにはもっと手軽な飛行機を飛ばしたほうがいいと思うようになったもうじき後期高齢者になる筆者だ。
 音の出ない電池で走る自動車はおかしな乗り物だが、飛行機はやはりエンジン音がなければ面白くない。実機と同じで迫力はまるで違う。モーターで飛ぶ飛行機など、おもちゃに見えて仕方がない
昭和生まれの筆者である。

「パソコンお悩み相談」参加者は二人のみ
最近高齢者でパソコンを使う人が多くなってきた。スマホやタブレットがパソコンの機能に近くなり、抵抗が少なくなったおかげだと識者は言う。
確かに学校ではパソコンを自由に使って学習に役立てている。今どきスマホやタブレット、パソコンを使えないお年寄りなど「化石」と呼ばれそうで怖いのだろうか。下の写真だが、だれが受講者で誰が先生か分からないい。正にメダカの学校である。

b0161371_16161394.jpg

[PR]
# by m-gamano | 2018-07-22 13:03 | 趣味 | Comments(2)

幸せ探して


by m-gamano